東京大学 分子細胞生物学研究所 加藤茂明グループの論文捏造、研究不正

東京大学 分生研 加藤茂明教授の研究室による類似画像掲載論文について (うっかりミスか?偶然か?研究不正か?)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

類似画像掲載論文に使用された科学研究費 (文部科学省、日本学術振興会関連)

2011-12-29 00:54:00 | 画像類似論文と科学研究費(文部科学省)
公的研究費No.1
・ 研究課題番号:21780091、研究種目:若手研究(B)、研究代表者:藤山沙理
課題名:「miRNAプロセシング調節機構におけるRNAヘリカーゼの作用機序の解明」
2009年度 研究実績報告書に、論文#2論文#4が記載されている。

公的研究費No.2
・ 研究課題番号:21390085、研究種目:基盤研究(B)、研究代表者:伊藤敬
課題名:「ヒストン翻訳後修飾のクロストークと遺伝子転写開始制御」
2009年度 研究実績報告書に、論文#2が記載されている。

公的研究費No.3
・ 研究課題番号:20591089、研究種目:基盤研究(C)、研究代表者:北川浩史
課題名:「炎症制御に関わる核内受容体機能の分子基盤の解析」
2008年度 研究実績報告書に、論文#5が記載されている。
また、2009年度 研究実績報告書に、論文#4論文#5が記載されている。

公的研究費No.4
・ 研究課題番号:20580123、研究種目:基盤研究(C)、研究代表者:五十嵐庸
課題名:「ビタミンD受容体の新たな生体内高次機能の解明」
2008年度 研究成果報告書に、論文#5が記載されている。

公的研究費No.5
・ 研究課題番号:20052010、研究種目:特定領域研究、研究代表者:北川浩史
課題名:「炎症シグナルによる未知核内受容体転写抑制メカニズムの解明」
2008年度 研究実績報告書に、論文#5が記載されている。
2009年度 研究実績報告書に、論文#3が記載されている。

公的研究費No.6
・ 研究課題番号:19791019、研究種目:若手研究(B)、研究代表者:中村 貴
課題名:「JNKシグナル系による骨代謝制御機構の解析」
2007年度 研究実績報告書2008年度 研究成果報告書に、論文#8が記載されている。

公的研究費No.7
・ 研究課題番号:19790225、研究種目:若手研究(B)、研究代表者:松本高広
課題名:「性依存性精神神経疾患の分子基盤の解明」
2007年度 研究実績報告書に、論文#12が記載されている。

公的研究費No.8
・ 研究課題番号:19591890、研究種目:基盤研究(C)、研究代表者:矢野哲
課題名:「新規GHRHアンタゴニストの婦人科腫瘍及び卵巣機能に対する効果と作用機序の解明」
2008年度 研究成果報告書に、論文#5が記載されている。

公的研究費No.9
・ 研究課題番号:18659084、研究種目:萌芽研究、研究代表者:武山健一
課題名:「エピジェティックス制御破綻を介した神経変性機構の分子基盤の構築」
2006年度 研究成果報告書に、論文#11が記載されている。

公的研究費No.10
・ 研究課題番号:18657054、研究種目:萌芽研究、研究代表者:柳澤純
課題名:「哺乳類の新規DNAメチル化酵素の解析」
2006年度 研究実績報告書に、論文#13が記載されている。

公的研究費No.11
・ 研究課題番号:18055007、研究種目:特定領域研究、研究代表者:北川浩史
課題名:「新規ATP依存性クロマチンリモデリング因子複合体WINACの機能解析」
2006年度 研究実績報告書に、論文#11が記載されている。
また、2007年度 研究実績報告書に、論文#7論文#8論文#10が記載されている。

公的研究費No.12
・ 研究課題番号:17390014、研究種目:基盤研究(B)、研究代表者:柳澤純
課題名:「核内レセプターを制御するユビキチン・プロテアソームシステムの解析」
2005年度 研究実績報告書2006年度 研究実績報告書2006年度 研究成果報告書に、論文#13が記載されている。

公的研究費No.13
・ 研究課題番号:17109009、研究種目:基盤研究(S)、研究代表者:名和田新
課題名:「アンドロゲンとその標的因子による中枢性肥満と動脈硬化の制御の分子メカニズム」
2008年度 研究成果報告書に、論文#12が記載されている。

公的研究費No.14
・ 研究課題番号:17082012、研究種目:特定領域研究、研究代表者:伊藤敬
課題名:「分泌性シグナルタンパク質の細胞外環境における動態とその作用機構」
2007年度 研究実績報告書に、論文#8が記載されている。

公的研究費No.15
・ 研究課題番号:17054032、研究種目:特定領域研究、研究代表者:伊藤敬
課題名:「ヒストン蛋白質修飾によるクロマチン構造変換機構」
2009年度 研究実績報告書に、論文#2が記載されている。

公的研究費No.16
・ 研究課題番号:17054005、研究種目:特定領域研究、研究代表者:柳澤純
課題名:「核内レセプターの転写を制御するユビキチンリガーゼ複合体の研究」
2005年度 研究実績報告書に、論文#13が記載されている。

公的研究費No.17
・ 研究課題番号:17054013、研究種目:特定領域研究、研究代表者:澁谷浩司
課題名:「発生分化を制御するDECODE回路の解明」
2007年度 研究実績報告書に、論文#8が記載されている。
また、2009年度 研究成果報告書に、論文#4が記載されている。

公的研究費No.18
・ 研究課題番号:17013023、研究種目:特定領域研究、研究代表者:加藤茂明
課題名:「発癌における核内受容体機能の解析」
2005年 研究実績報告書論文#13が記載されています。
また、2006年度 研究実績報告書論文#11論文#13が記載されています。
また、2007年度 研究実績報告書論文#6が記載されています。
また、2008年度 研究実績報告書論文#6が記載されています。
また、2009年度 研究実績報告書論文#2論文#3が記載されています。
また、2009年度 研究成果報告書に、論文#2論文#3論文#4論文#5論文#6論文#7論文#8論文#11論文#12論文#13が記載されている。

公的研究費No.19
・ 研究課題番号:16687008、研究種目:若手研究(A)、研究代表者:武山健一
課題名:「分子遺伝学的アプローチによる染色体構造調節因子の検索」
2004年度 研究実績報告書に、論文#16が記載されている。

公的研究費No.20
・ 研究課題番号:16207009、研究種目:基盤研究(A)、研究代表者:加藤茂明
課題名:「染色体構造を調節する新規核内複合体群の検索及び機能解析」
2006年度 研究実績報告書に、論文#11論文#13が記載されている。

公的研究費No.21
・ 研究課題番号:16086207、研究種目:特定領域研究、研究代表者:柳瀬敏彦
課題名:「性分化に及ぼす性ステロイド合成・作用系異常に関する基礎的、臨床的研究」
2008年度 研究成果報告書に、論文#12が記載されている。

公的研究費No.22
・ 研究課題番号:16086205、研究種目:特定領域研究、研究代表者:武山健一
課題名:「性ステロイド受容体による転写制御を介した脳の性分化機構の解明」の2004年度 研究実績報告書に、論文#17論文#19が記載されている。
また、2006年度 研究実績報告書に、論文#11が記載されている。
また、2008年度 研究成果報告書に、論文#4論文#6論文#8論文#9論文#11論文#12論文#13論文#14論文#15論文#16が記載されている。
また、2008年度 研究実績報告書に、論文#6が記載されている。

公的研究費No.23
・ 研究課題番号:15659348、研究種目:萌芽研究、研究代表者:加藤茂明
課題名:「ステロイド受容体転写共役因子SRC-1による骨代謝調節機構の解明」
2004年度 研究実績報告書に、論文#16論文#17が記載されている。

公的研究費No.24
・ 研究課題番号:15659013、研究種目:萌芽研究、研究代表者:柳澤純
課題名:「転写因子の不活性化制御機構の解析」
2003年度 研究実績報告書に、論文#18論文#19論文#20が記載されている。

公的研究費No.25
・ 研究課題番号:15380067、研究種目:基盤研究(B)、研究代表者:柳澤純
課題名:「ユビキチンシステムによる核内レセプター不活性化機構の解析成」
2003年度 研究実績報告書論文#18論文#19論文#20が記載されている。
また、2004年度 研究実績報告書2004年度 研究成果報告書概要に、論文#17が記載されている。

公的研究費No.26
・ 研究課題番号:15201014、研究種目:基盤研究(A)、研究代表者:遠山千春
課題名:「ダイオキシンとポリ塩素化ビフェニル複合曝露による毒性の遺伝子プロファイルの作成」
2003年度 研究実績報告書に、論文#19が記載されている。

公的研究費No.27
・ 研究課題番号:14370329、研究種目:基盤研究(B)、研究代表者:松本俊夫
課題名:「骨芽細胞の分化誘導シグナルの解明とその骨形成促進治療法の開発への応用」
2004年度 研究成果報告書概要に、論文#21が記載されている。

公的研究費No.28
・ 研究課題番号:14360048、研究種目:基盤研究(B)、研究代表者:加藤茂明
課題名:「染色体構造調節因子複合体の機能解析」
2003年度 研究実績報告書2003年度 研究成果報告書概要に、論文#17論文#18論文#19論文#20が記載されている(論文#17に関しては、タイトルが一部誤植により異なっている)。

公的研究費No.29
・ 研究課題番号:13877175、研究種目:萌芽研究、研究代表者:門脇孝
課題名:「CBPによる脂肪細胞分化・肥大化及びインスリン感受性の調節メカニズム」
2002年度 研究実績報告書に、論文#20が記載されている。

公的研究費No.30
・ 研究課題番号:13760235、研究種目:奨励研究(A)、研究代表者:荒尾行知
課題名:「哺乳動物生殖組織の成熟過程におけるAUF1の機能解析」
2001年度 研究実績報告書に、論文#24が記載されている。

公的研究費No.31
・ 研究課題番号:13027214、研究種目:特定領域研究(A)、研究代表者:武山健一
課題名:「内分泌撹乱物質による性ステロイドホルモン攪乱作用メカニズムの解明」
2001年度 研究実績報告書に、論文#22論文#24が記載されている。

公的研究費No.32
・ 研究課題番号:12672108、研究種目:基盤研究(C)、研究代表者:柳澤純
課題名:「脂溶性ホルモンによるクロマチン構造変換の分子メカニズムの解析」
2001年度 研究実績報告書2001年度 研究成果報告書概要に、論文#21論文#24が記載されている。

公的研究費No.33
・ 研究課題番号:12557093、研究種目:基盤研究(B)、研究代表者:門脇孝
課題名:「PPARγ内因性リガンド同定による肥満・インスリン抵抗性の新規診断・治療法の開発」
2001年度 研究成果報告書概要に、論文#20が記載されている。

公的研究費No.34
・ 研究課題番号:12219206、研究種目:特定領域研究、研究代表者:加藤茂明
課題名:「核内レセプター転写制御の分子メカニズムの解明」
2000年度 研究実績報告書に、論文#24が記載されている。
また、2001年度 研究実績報告書に、論文#21論文#22論文#24が記載されている。
また、2002年度 研究実績報告書に、論文#20論文#21論文#23が記載されている。(論文#20に関しては、タイトルが一部誤植により異なっています。)。
また、2003年度 研究実績報告書に、論文#17論文#18論文#19論文#20が記載されている。
また、2004年度 研究実績報告書に、論文#16論文#17が記載されている。
また、2004年度 研究成果報告書概要に、論文#17が記載されている。

公的研究費No.35
・ 研究課題番号:12137202、研究種目:特定領域研究、研究代表者:柳澤純
課題名:「脂溶性ホルモンによる骨代謝制御の分子メカニズムの解明」
2003年度 研究実績報告書に、論文#18論文#19論文#20が記載されている。

公的研究費No.36
・ 研究課題番号:11556065、研究種目:基盤研究(B)、研究代表者:加藤茂明
課題名:「核内ステロイドレセプターによる性ステロイドホルモン様化合物評価系の構築」
2000年度 研究成果報告書概要に、論文#24が記載されている。

公的研究費No.37
・ 研究課題番号:11470227、研究種目:基盤研究(B)、研究代表者:松本俊夫
課題名:「破骨細胞分化誘導シグナルと骨吸収性病変におけるその異常の解明(細胞接着から分化制御遺伝子の発現に至る情報伝達機構)」
2001年度 研究実績報告書2001年度 研究成果報告書概要に、論文#21が記載されている。

公的研究費No.38
・ 研究課題番号:11460035、研究種目:基盤研究(B)、研究代表者:加藤茂明
課題名:「脂溶性生理活性物質をリガンドとする新規核内レセプターの検索」
2000年度 研究成果報告書概要に、論文#24が記載されている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加