東京大学 分子細胞生物学研究所 加藤茂明グループの論文捏造、研究不正

東京大学 分生研 加藤茂明教授の研究室による類似画像掲載論文について (うっかりミスか?偶然か?研究不正か?)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NHK: 東大 論文“不適切疑惑”調査

2002-04-05 20:55:02 | 報道一覧
NHK: 東大 論文“不適切疑惑”調査
4月5日 18時58分

東京大学分子細胞生物学研究所のグループが発表した複数の論文にデータのねつ造や改ざんの疑いが指摘されていることから、大学は、調査委員会を設け、不適切な行為がなかったか詳しく調べることにしています。

データのねつ造や改ざんの疑いが指摘されているのは、東京大学分子細胞生物学研究所の50代の男性教授のグループが発表した複数の研究論文です。
東京大学によりますと、ことし1月、この教授が関わった24の論文に「データのねつ造や改ざんの疑いがある」という情報が学外から寄せられたということです。
このうち、平成15年にアメリカの著名な科学雑誌「セル」に掲載された論文は、先月29日に掲載を取り消す措置が取られていたことが分かりました。
大学は、ことし1月に調査委員会を設けて関係者の聞き取りなどを続けていて、今後、不適切な行為がなかったか詳しく調べることにしています。
研究グループを指導する教授は、分子生物学や生化学などの分野で国内の第一人者とされ、複数の学会で受賞歴がありますが、一身上の都合を理由にことし3月末で大学を辞職しています。

http://megalodon.jp/2012-0405-2054-09/www3.nhk.or.jp/news/html/20120405/k10014245331000.html

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120405/k10014245331000.html
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西日本新聞: 東大が論文不... | トップ | 読売新聞:東大、論文不正疑... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。