論文捏造

論文捏造・二重投稿・盗用の研究不正疑惑を追及。論文捏造反対!論文撤回、訂正も監視します。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

慶応大血液内科の2本

2012-02-01 | 慶應大学 血液内科 : 論文撤回Watch

慶応大血液内科の2本

Retraction Watch / 2011.09.21 00:10 / 推薦数 : 2

 現在、慶応義塾大学医学部血液内科でがんばっておられる方にとっては、歯がゆい思いでしょう。

しっかり、けじめをつけて

診療、研究に取り組んで頂きたいと思います。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

慶応血液内科よりネイチャーへの手紙

2012-02-01 | 慶應大学 血液内科 : 論文撤回Watch

慶応血液内科よりネイチャーへの手紙

Retraction Watch / 2011.09.20 00:12 / 推薦数 : 1
 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

証拠は消えたはずだったのに

2012-02-01 | 慶應大学 血液内科 : 論文撤回Watch

 

証拠は消えたはずだったのに

Retraction Watch / 2011.09.17 00:04 / 推薦数 : 2

 ネイチャーメディシンに掲載された

 論文に訂正の記事がでました。

Reactive oxygen species act through p38 MAPK

to limit the lifespan of hematopoietic stem cells.

Ito K, Hirao A, Arai F, Takubo K, Matsuoka S, Miyamoto K, Ohmura M, Naka K, Hosokawa K, Ikeda Y, Suda T.

Source

Department of Cell Differentiation, The Sakaguchi Laboratory of Developmental Biology, Keio University School of Medicine

In the version of this article initially published, two micrographs in Figure 2c, corresponding to the conditions BSO(−) Lineage and BSO(+) Lineage, were incorrect. These micrographs have been replaced with the correct micrographs in the HTML and PDF versions of the article.

 

下に示した図2のうち2つの写真が誤りであり、正しい写真に差し替えたとのことです。

 

そして差し替えられた正しい写真が以下です。黄色で囲んだ二つの写真がどうやら正しい写真のようです。

 

 それでは、最初の写真のどこに誤りがあったのでしょうか?

 

下に示したように、赤で囲んだ2つの写真が同一のもののように見えます。

さらに、青で囲んだものは、同論文中の図4の写真に大変似ています。

 

 

ただし青で囲んだ二つの写真は似ていますが、微妙に違います。

図4では、なぜだか細胞が8つほど増えています。

 

最初に掲載された論文中の誤った図はすでに新しい図に差し替えられており、

ネイチャーのサイトからでは、誤った図はもう閲覧できません。

しかし、ここ から閲覧できます。証拠は押さえられていたのです。

 

論文が掲載されたのが2006年、

訂正の記事は2010年にでました。

 

いったい誰が、これらの誤りに気づいたのでしょうか?

 

ところで、

誤りが故意によるものと思われる方

こちら ↓

 


誤りが単なる不注意によるものと思われる方

こちら ↓

 


 

をクリックお願いします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加