ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

マスコミが報道しない「種子法廃止」で忍び寄るモンサント、三宅博前衆議院議員が強く危惧

2017年04月23日 | 政治
 
森友学園疑惑追及の裏で進行するヤバイ事態!マスコミが報道しない種子法廃止で忍び寄るモンサント!【三橋貴明】


「三橋貴明」氏は、森友学園問題報道一色の中で先週、国会では農作物種子法と農業機械化促進法の廃止案の質疑と即日採決が行われ、自民公明などの賛成多数で可決されたことに、種子法を変えるなら分かるが廃止になることが全くマスコミで報じられずに衆議院を通ってしまったことにビックリしたと、種子法がある限り行政が責任をもって種子を管理することになっており、モンサントの遺伝子組み換えを主流にすることはできないが、これが無くなってしまうモンサント法だと、今バイエルンによる買収話が進んでいる多国籍バイオ化学メーカー米モンサントと日本農業の行く末を語った。


全く報じられなかった、モンサントの遺伝子組み換え、農薬のラウンドアップ、すべての農作物を潰す農薬だが遺伝子組み換えの種子だけは無事、
怖ろしい問題がある。
ラウンドアップは強力な除草剤だが使い続けると土地がダメになる。
大変恐ろしいことです。
モンサントは大変なロビー活動を続けている。
日本は都道府県に優良な種を管理していたが、この法律そのものがなくなる。
今の種子法があるために企業が儲かっていない、というのが「種子法」を廃止した。
政府は公的な部分は管理すると言っているが、いつまでもそれはできない。
せめて情報を国民に知らせるべきなのに、そうされなかった。
マスコミは一切このことを報道しない。
食の安全は「企業の儲け」だけで破壊されるのか。



モンサント驚愕の農薬練り込み済みスイートコーン|竹田恒泰チャンネル


日本で「国産」にする可能性も?

「種子法」廃止は国民の食の安全を全く考えていません。
「森友学園」の騒ぎの裏でひっそりと「種子法」廃止してしまった政府。

三宅博前衆議院議員は次のように危惧されています。安倍政権は国民生活の基礎基本に「冷淡」、国民はこのことを全く知らされていなかった。やがて食材が安全でなくなることを考えるだけでも辛い。
「種子法廃止」にして何を考えているのでしょうか。


ー 天衣無縫 三宅の一刀両断!ー

アメリカによる安全な食料体制潰し

日本の食料安全保障が絶望的状況にある。

アメリカによる日本の食に対する攻撃が熾烈を極めている。

今後数十年取り返しがつかないだろう。


「推定無害」のあやふやな論理のもとで、今後は日本から安全な食物が一掃されるであろう。

画策しているのはアメリカの穀物メジャーでありウオール街であり、多国籍企業群である。

日本国内でこの動きの片棒を担いでいる先頭を切っているのは、代表的な政治家は小泉進次郎であり、

日本の国会・各省庁・マスコミ挙げてアメリカの指導のもとにこれを推進している。

また犠牲になるのは日本国民のみならず、勿論善良なアメリカの国民もそうであり、
 
世界中の多くの人々も巻き込まれてしまうのだ。

どのようにしてこのような状況から日本は脱却することができるのか。

アメリカ国内の善良な国民が気が付き、怒りを爆発させた時に彼らと一緒になってこの困難な窮状を脱却する以外にないのだ。

おそらく20~30年はかかるであろうと思う。


世界中がこのグローバリズムの動き、内容はカネさえ儲かればどれだけの犠牲を一般の方々が払っても

平気で利潤の追求に走る一部の連中による恐怖ともいえるその行動である。

日本一国ではもう既に手遅れで、何もできない。


アメリカの、そして世界の善良な方々と手を結んで一緒に本来の食の安全を取り返すしかないのだ。

日本一国ではもう既に越えてはならない一線を越えてしまった。

農協の株式会社化、農協潰し、有料種子保存法の廃止、こういったものはその代表的な動きである。
 
しかし何十年も家族や国民の健康を危険にさらされるわけにはいかない。

人類全体の大問題である。

                                 前衆議院議員  三宅 博

http://blog.goo.ne.jp/yaonomiyake/e/91421d12d31e5f6f085d0c0e1b26ef05





『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【3億8千万円強奪事件】多額... | トップ | 三宅博先生ご逝去、謹んでご... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
種子法で精子に異常来せば、滅亡か。 (katachi)
2017-04-24 11:40:20
悪名高きモンサント。
ベトナムで枯れ葉剤散布で奇形児が、生まれた事は、記憶に新しい。
何故種子法が、すんなり通ったのか?詳細に解っていないものを口にするのは、怖いですね。
モンサントも似非ユダヤ金融(アメリカハンドラー)の傘下ですよ。
最近キッシンジャーが、画面(TV/ネット)頻繁に顔を出す様になり、トランプに寄り添った方向転換しているようだが?
キッシンジャーが、公聴会に呼ばれ発言するところを市民が罵倒する場面が有りましたが、アメリカ市民もキッシンジャー一派に疑念と反感を持った人が居るんですね。
日本には、伝わってきませんが、アメリカは、国内内紛状態と言うガセか事実か解らない情報も流れています。
キッシンジャーの発案した世界秩序が崩壊したことは、確かなようです。
彼も老い先は短い。
彼の考えは、何としても日本人を雑婚させ民族の消滅を考えていたそうです。
何故それほど憎むのか解りませんが、昔から一貫して憎んでいるし日本人もそれを感じ取っていますよね。
偽物は、どうあがいても偽者ですから、彼らの指針となっているのは、タルムードで有り宗教解釈と処世術が一緒くたになった書物がマニュアルです。
マルクス論もそこから生まれました。
タルムードは、初期の頃は、純粋に宗教解釈書だったと思うが、カザールの似非ユダヤが混入して現在の様な歪で邪悪な書物に変身したようだ。
これをもとに世界人口調節を彼らの浅知恵でモンサントを使った種子を世界に買わせると言うとんでもない行動をしている。
医療に関してもアメリカ方式を戦後日本は、押し付けられている。
クスリを大量に飲ませるやり方で有り、アメリカ製薬会社が、儲かる仕組みです。
日本が、自立しない限り、アメリカ似非ユダヤ金融の餌食で有り続ける。
今アメリカも岐路に来ている。似非ユダヤの野望が、挫折するのと期を一にしている。
安倍が、此処で憲法改正に踏み込めれば良いのだが。
安倍の不可解さは、統一教会と日本会議を後ろ盾とあるが、統一教会は、ロックフェラーとも関係を持っており北朝鮮とも繋がっている。しかも公明創価共繋がっている。
正に呉越同舟の様な背景である。
アメリカハンドラーは、ジャパンハンドラーを使って現在まで操って来たが、今後どうなるか。
キッシンジャーは、未だ諦めずに第三次に持ち込もうとしているのかな?
やはりカリスマ的指導者は、そう簡単に生まれない。
綿密な背後の策略があって成しえるもの。
ヒットラーもユダヤ人の血が流れておりあの様に育てられた訳で、全てやらせの世界史で有ります。
マルクスもそうでありマルクス論は、タルムードの宗教解釈の中で神と言う単語を省いて文章化すれば、唯心論から唯物論に変わる訳です。
全て壮大なフェイクで日本は、江戸末期以降ピエロの様に踊らせれて来た。
安倍も似非ユダヤと日本を天秤に掛けながら綱渡りしたと思うが、潰される前に憲法改正をして欲しい。
キッシンジャーは、何故か小沢一郎押しなのだ。
彼は、鮮人の血が流れた異民族であり、キッシンジャーは、どうしても日本を潰したい様である。

国民に知らせなかったこと (katachiさまへ)
2017-04-30 23:13:49
この件はほとんどの方々が知らないし、恐ろしい内容も知らされていないようです。
食材の安全は国家の基本のひとつです。
日本は食材を安全でおいしく、市場に新鮮なまま流通させてきました。
何でも外圧のままではこれからなめられてしまいます。
食の安全は国防でもあります。
katachiさまのご意見は全く同感です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事