ベッラのブログ    Bella Cantabile  ♪ ♫

世界に誇る国士議員が集う『次世代の党』を熱く支持!!
日本を愛し生涯音楽に生きる声楽家ベッラのブログ。

【討論!】選挙結果とこれからの日本[桜H26/12/20] ・ マスネ『ル・シッド』ドミンゴのテノーレで

2014年12月20日 | 政治

◆選挙結果とこれからの日本

パネリスト:
 河添恵子(ノンフィクション作家)
 佐藤健志(評論家)
 石平(評論家)
 筆坂秀世(元参議院議員)
 三浦小太郎(評論家)
 三橋貴明(経世論研究所所長・中小企業診断士)
 三輪和雄(日本世論の会会長・正論の会代表)
司会:水島総

1/3【討論!】選挙結果とこれからの日本[桜H26/12/20]



2/3【討論!】選挙結果とこれからの日本[桜H26/12/20]



3/3【討論!】選挙結果とこれからの日本[桜H26/12/20]



★ 結局、自民党が公明党を内包して、そして公明党は地域の方々の面倒もよく見て・・・ということに落ち着いたのでしょうね。
 (この「討論」、水島さんっていつも同じ話ばかり。)政治家は処世術ばかり長けているのが必要ってこと?
  これをおかしいと思えないのか? 盆踊りに地域の遠足・バス旅行・観劇など・・・
  先の選挙特番で「菅元総理は朝5時から街頭に立っていた」と称賛していたが、例えば、三宅先生は朝4時から「特定失踪者」事件の現場に行ったり、それも自分からは仰らない。
  チャンネル桜の水島さんの選挙前からの誘導的なやりかたや「厚顔無恥な仕切り」には疑問だらけ。
特に「大阪14区」を仕切る動きは、長尾氏と三宅氏が同じ政治姿勢とでも思ってのことか?
  あきれて信頼などもうない。また、政治家が政治に専念できることが必要であるのは、当然のことだ。


  力士は土俵で、作家は作品で、オーケストラはステージで本領を発揮すべきである。
  オーケストラが集客をしようとしてビラ配りなどで練習が減り、演奏どころでなくなることもよく見てきた。
    これでは「本末転倒」である。
  そんな状況でよい演奏、仕事などできるはずはないではないか。



  本来の「政治」はどうあるべきか? 政治家がどんな活動や国会質疑をしているか、公平に報道することを要求すべきだ。
  神社は寂れて打ち捨てられ、靖国神社すらも穢され、「拉致問題」のポスターも破られる。
  かわりに創価学会が、左派が、地域活動にネットワークを広げる。かつて日本のどこにでもあった「地域の力」が削がれる。
  人数の少ない「保守」にはそれを補う力はない。
  「保守」国士の政治家は国民の盾になり、前面に立ってきた。それが、矢折れ刀尽きたように報道。

  民主主義とはひとつ間違うと「エゴ」にもなりうる。
  ネット民は動かない? 私は動いた。ネット民もいろいろいろ、保守ばかりではない。「離間の計」か?
  「現実を見る」ことは大切、「真の現実」を見たからこそ、命がけだった国士。
  この「討論」、佐藤健志氏、また石平氏の警告が迫る。
  そしてなぜ「西村幸佑」氏を出さない?
  水島氏、また「西部先生」の発言を曲げている。どういう意図かわからないが・・・。

  何が「現実」か? 沖縄は? 小笠原はどうだったか? 尖閣は? 報道機関に「しっかりせよ」と言い続けたい。
  日本は西部先生の仰る通り「ジャップに成り下がった」、佐伯啓思先生も「偽善栄えて国滅ぶ」と・・・。


★ 佐伯啓思『日本の宿命』より(新潮新書)

「人物」とは、政治家に限らず、あらゆる分野で何かある「価値」を持った人です。
それは、頭のいい人でもなく、要領のいい人でもなく、雄弁な人でもなく、面白いというだけの人でもありません。

人を引きつけ、人を信頼させるような何かを持った人です。
今日の日本では、確かにあらゆる領域でそういう「人物」を見つけることは大変に難しくなりました。
それに代わって、民主政治は「人気者」を、市場経済は「売れる人」を続々と提供しています。
まさにそこに日本の「無脊椎化」が示されています。(以上)

 
★ マスネ作曲『ル・シッド』より プラシード・ドミンゴのテノーレで。(歌詞はフランス語)
おお、裁きの主、父なる神よ Ô Souverain, Ô Juge, Ô Père
Placido Domingo - Le Cid - O Souverain



コメント (4)

「次世代の党」再び!!Giuseppe di Stefano "Il mondo" ・ 「討論」のお知らせ

2014年12月20日 | 政治

 ★ 「次世代の党」再び!! 
  マリオ・デル・モナコとイタリアオペラの2大テノーレとして活躍したジュセッペ・ディ・ステファノの歌声を・・・ 
  曲名は『世界』  イタリア語で「イル・モンド」といいます。

Giuseppe di Stefano "Il mondo"



★ 中山なりあき氏のツイート

中山なりあき認証済みアカウント
‏@nakayamanariaki 今朝11時から次世代の党の選挙対策本部の会議が開かれる。二人を除いて大敗した反省会になろう。皆次回を目指して立ち上がっているという。一年半後の参議院選挙を別として、当分衆議院選挙は考えられない。長い雌伏の期間になるが、どうサポートしていくか、前向きの議論を期待したい。


★お知らせ・・・本日夜遅くなりますが、「討論」あります。UPの予定。
佐藤健志氏や石平氏も出演します。


◆選挙結果とこれからの日本

パネリスト:
 河添恵子(ノンフィクション作家)
 佐藤健志(評論家)
 石平(評論家)
 筆坂秀世(元参議院議員)
 三浦小太郎(評論家)
 三橋貴明(経世論研究所所長・中小企業診断士)
 三輪和雄(日本世論の会会長・正論の会代表)
司会:水島総




★ 今日はさすがに(精神的に)バテていました・・・。

コメント

井沢満先生・世界遺産の吉水神社宮司さまのブログより、そしてイタリアから、ミルティリさまのお返事

2014年12月19日 | 政治

このたびの選挙について井沢満先生、吉水神社からのエントリをご紹介させていただきます。(許可を申請済)

★ 井沢満先生 (脚本家・作家・読売テレビ「番記者」コメンテーター)

選挙の翌朝に
2014-12-15 | 日記


結果についてはもはや感想を言う気もない。

予想そのままの、何のためにやったか解らない選挙。

(安倍自民にとっての論理があるのは承知の上で)

一抹の奇跡と民の進化を期待したが旧態依然。

そして本当は一番日本を考えている一群がほぼ消された。


綺麗過ぎたのだろう。清濁合わせ呑まねば政治の濁流は

渡れぬ。頑固に美し過ぎる党首がいる。好きだが、それは若者の姿勢。

手練の政治家が取るべき姿勢ではなかろう、と後追いで言うのもフェアではないか。

それにしても、これが民度。そして棄権者の一団。それも含めてこれが今の日本のレベル。

舛添氏のリコールもこれでは期待できぬのだろう。

・・・・・・と言ってしまっては、気勢を削ぐか。

それでも出来るだけのことはやろう(以上)
http://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/604ab58e55e204fe5e7e046002b653cb


★ 世界遺産の吉水神社宮司さまから「ニコニコ顔で、命がけ!」



「西村眞悟先生」・「三宅 博先生」
寒風の中をお疲れさまでした。


お風邪を引かれていませんか?

大丈夫ですか?

喉が痛いでしょうね・・・

そして

奥様・・・・・寒さの中を本当にご苦労様でした

毎日毎日・・・ニコニコされながらもしんどい戦いでしたね。


選挙は、ふたを開けて見るまでわかりませんね。


当選すれば「衆議院議員」


落選すれば「ただの人」


でもね・・・誰も恨まないのですよ


何故なら・・・「神様が落選」させられたのです。


きっと・・・・またチャンスは来ます。


捲土重来を「ニコニコ」しながら、「喜んで」待つのですよ。


西村眞悟先生・三宅 博先生

「本当に、辛く・・・悲しいのは先生方を本気で応援した

支援者ですよ。


国会を去る先生方を惜しみ心で泣いているのは

西村眞悟応援者・三宅 博応援者ですよ


どうか・・・次の選挙まで

地球規模で自分を見つめましょう


地球に比べたら・・我々は小さいのです

まるで塵のように吹けば飛ぶのです


落選という試練は「修行」です。


修行の月日は辛いですが

がんばれ「眞悟」

がんばれ「博」


なんてこともないぞ!

命までとらないから


とりあえず

周りの人に感謝

あなたこなた・・・投票してくれた人も

投票してくれなかった人にも


感謝・・・ありがとう・・・ありがとうの感謝を

忘れないで


とりあえず


小雪の中を

吉水神社に感謝の参拝を忘れるな!!

西村眞悟先生

三宅 博先生

「落選」・・・・それこそは「神様の思し召しと喜べよ!」(以上)
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/63687648.html
★ 私ベッラは今回は神様が危険から、西村・三宅先生を護ってくださったような気がします・・・。


★ イタリアのペルージャからミルティリさまのお返事。

Alla Signorina Bella,
ベッラベッラベッラさん、
長身、美形コレッリの「やがて来る自由の日を」
どうも有り難うございました。

シュヴァルツコップのレオノーレを初めて聴きました。
すごいですね。

私はこのようなのを貼り付けてみますね。

https://www.youtube.com/watch?v=sHsFIv8VA7w

https://www.youtube.com/watch?v=V33JKXnYHtg

https://www.youtube.com/watch?v=FWI5Utco5M8

マーラーの第二番「復活」と名付けられた交響曲です。
長いですので、細切れでどうぞ。
第五番の第二楽章が「ヴェニスに死す」です。

箇条書きで見やすかったのでこれも貼り付けます。

http://wachauf.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-d252.html
次回からは国民一人一人が納得の行く可視性の選挙に
するよう、メールを3か所に送りました。

★ ミルティリさま、ありがとうございました。
リンクでお知らせいただいたcocologブログの名前はワーグナー「マイスタージンガー」の歌詞にありますね。
  "wach auf!" そのブログ主はワーグナーの理解者でもあるのでしょうか。政治の記事ですが鋭いと感嘆。

  「ヴェニスに死す」はトーマス・マンの原作。
  私は高校時代、トーマス・マンをよく読んでいました。
  ドイツ文学の奥行きを知ったころです。

  チャンネル桜の水島さんがドイツ文学専門でトーマス・マンを研究したというので、
  同時にマーラーやワーグナーもくわしいようなので、「美学」を期待したのですが・・・そうではなかった。

  ドイツ文学でやはり素晴らしいのはシラーとゲーテ、巨匠としての大きなスケール、
  「ヴィルヘルム・マイスター」(ゲーテ)などは「ミ二ヨンの歌」として≪あこがれを知る者だけが≫≪君よ知るや南の国≫
  などでリートがありますね。またゲーテの「生涯の悔い」として≪野薔薇≫≪糸を紡ぐグレッチエン≫(シューベルト)
  モーツアルトにも≪すみれ≫があります。ドイツリートの歌詞は文学として最高。

  シラーはヴェルディの壮大なオペラ「ドン・カルロ」の原作・・・泣けてきます、カップッチッリの歌うロドリーゴ、
  そして天使のようなエリザベッタ、
  ローマカトリックの権力の前に王冠もひざまずかねばならないのかと泣くフィリッポ二世、
  あのスペインの「無敵艦隊」を誇ったフィリッポ二世(フェリーぺ二世)も泣くのです・・・。

  それを読んでいたトーマス・マンは「王様が泣いているよ」ってもらい泣きします。
  もちろんトーマス・マンの作品にそう書かれていて、それを読んで私ももらい泣きしました。

  ヴェルディの役には「悪役」はいない、どのキャストもヴェルディは光を当てている。
  だから「悪役」という狭い決めつけはない、そこがまた素晴らしく、あのエボーリ公女もまた魅力的なのですね。
  そこがプッチーニの「トスカ」に出てくるスカルピアなどとの書き方の大きな違い、作曲家の大きさの違いでもあります。

  このたびの選挙のことで、要所要所にメールを送っていただきありがとうございます。

  「三国志」の劉備玄徳の一行は、英雄豪傑を持ちながらもそれを束ねる「軍師」がいなかった、
   諸葛亮を三顧の礼で迎えるように「次世代の党」にもそれを望みます。

  諸葛亮は巨大な勢力を誇る曹操には「勝つよりも負けない戦い」をすすめる。
  それでも・・・最後は「出師の表」そして五丈原、でもこれって「永遠の勝利」では?
  「ドン・カルロ」のロドリーゴも。


★ 「表現者」最新号を昨日買った。
  西部先生がエウリピデスの「王女メディア」のことを、今の日本の状況に例えてお書きになっていた。
  古代のギリシャ悲劇はいくつか10代のころ、読んでいました。
  オペラでもマリア・カラスの歌う壮絶なケルビーニの「メデア」(イタリア読み)、
  グルックの「タウリスのイフジェニア(イフゲニア)」
  また、ドイツオペラでもモーツアルトやリヒアルト・シュトラウスのギリシャ悲劇を題材に作曲したものがあります。

  西部先生のお説は、王女メディアを「朝日新聞」と例えられた。何となく理解できるようなできないような・・・。
  何度も熟読して考えます。「メディア」という王女の名の固有名詞に「メディア」を考えられたのかも知れないけれど、
  オペラを知る者はもしかしたらベッリーニのオペラ「ノルマ」の巫女ノルマの固有名詞も「ノルマ」に???
  なんてよけいな心配。

  後刻、「表現者」の西部先生の論文、大変よくわかったが「メディア(オペラでは「メデア」イタリア読み)」で例えると
  私の場合、音楽が優先してしまう・・・。西部先生の論文の終わりごろに、「メディア」の例えを芸術と切り離した時、
  怒涛のように「本質」が迫り、理解できたような気がしました。

★ マリア・カラス、オペラ「メデア」を歌う、歴史的名演です。
イタリア語歌唱。夫の不実を激しい言葉でなじります。「誰ですって?私はメデアよ!!」
カラスの一声はヒロインの性格を表現してしまいます。
メデアの恐ろしい復讐、わが子を殺し・・・異常なまでの悲劇、カラスがフィナーレを歌います。
夫は自分の運命を悲しみます。なんといいましょうか。その凄まじさに、古今を通じてこの役はカラスを超えるソプラノはいないでしょう・・・。そしてカリスマのあるソプラノもここまでは。(字幕はギリシャ語、マリア・カラスはギリシャ人)
日本人女性は、私などはすくみます。もちろんマリア・カラスも「想像を超えた役だった。私には理解できない、私は古風な女なのよ」て・・・。でもこれはカラス以外、無理でしょう。

Maria Callas - E CHE? IO SON MEDEA (Greek Subtitles) 1957



コメント (7)

西村眞悟氏 「負け戦であっても、魂は死んでいない」 これぞ国士の言葉!!

2014年12月18日 | 政治

西村眞悟氏 「負け戦であっても、魂は死んでいない。」H26.12.14


★ 西村眞悟氏、「まことに幸せな候補者でした。みなさんのおかげです」

一方、八尾の三宅博事務所でも、「全身是肝」の三宅博氏が、支持者に感謝を述べておられた。
「みなさんに恥をかかせてすみません。私の力不足でした」

私はこのことばを聴いて、「小笠原はどうなるの?」と三宅先生に不安な気持ちを述べた。
三宅先生は「尖閣が先に心配だ」とお答えになった。

私は言葉には出さなかったが「恥をかいたのは先生でも私たちでもない」と・・・。

私があっけにとられたのはhttp://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/12f7d46f2f71e1df8954f8755ec6379cである。

しかし、西村眞悟・三宅博両氏は「男の中の男」である。
決して汚れた言葉は口に出さない。
憂国と日本への愛であり、そして支持者への感謝であった。

「士は己を知る者のために死す」、史記に書かれた言葉があるが、支持者も同じ気持ちである。
支持者からは激励の言葉が相次いだ。
あとは楽しい同志の語らいになり、私は周りの支持者の方々の前で勝手に「サンタルチア」をナポリ語で歌った。
これは故郷を思う歌、八尾を思う、また堺を思い、そこから日本を思う西村・三宅両氏への「賛歌」だった。


西部邁先生の講演から再び抜粋

大衆(mass)というバラバラの者が風に吹かれるように集まって、不安定な大量化現象、資本主義も民主主義もさらされて、いったい自分たちは何をやっていたのか
どこかでこの人たちが自分たちのあまりにも至らなさに、自分たちのあまりにも愚かさに、はたと沈黙する時がくる、
その時なのです、多数者の支配が終わるのは。
何を言っても聴いてもらえなかったことが、当たり前のことが人々の心の中に素直に染み渡っているときが来るのではないかと・・・



このブログに寄せられた激励のコメントより最新のを。

・西村眞悟さん、結果は残念でしたが、「公明党を切り離す!」という次世代の主張を少なくとも今回の選挙で、有権者に知らしめたことには意味があったと思います。

この言葉は言いたくとも言えず、聞きたくとも聞こえない今の政界では、封印された言葉なのですから。 

東で、田母神さん、西で西村さんにより連呼されたこの言葉に、創価母体の公明党は相当危機感を募らせたことでしょう。
これだけでも偉業を成し遂げられたと思いますよ。 

西村眞悟さん、負けてもなお日本を憂慮し愛国の念を燃やす勇気ある政治家。

再起をお待ちしています。(ichigoさまより)



・選挙の勝敗に拘るのなら、
政治信念などかなぐり捨てて選挙協力をすることも、
選択肢のひとつであるのでしょう。

しかしながら自分たちの政治理念を守るために、
苦戦を強いられるのは百も承知で臨んだ選挙でした。
信念を貫いていることの清々しさは、
あの維新と合流したときとは、
比べようもなかったのだろうと思っています。

選挙前に森本敏氏が
民主党の安全保障は今や共産党と同じで、
野党としての保守の姿は全く見えなくなってしまったと
笑えない話をしていました。

次世代の党には暫く雌伏のときが続くことと思いますが、
来るべき『捲土重来』の日を切望しています。(さらりんさまより)

★ 「次世代の党」支持者だけでなく「自民党支持者」の方々からも、暖かい激励のお言葉をたくさんお寄せいただきました。
  日本を愛し、思う心は同じです。



・・・神功皇后親征


・・・楠正成公

★ マリオ・ランツァが歌うナポリ語の「サンタ・ルチア」

Mario Lanza sings "Santa Lucia"


清き波間に 神秘は魅了する
輝ける月 そして夜
潮風が来たる 心地よき芳しさよ
わが灰色の帆は 遠く消え去り
わが小舟に 信者は来たれり
聖ルチア! 聖ルチアよ

さらば美しき夢よ 輝ける灯台よ
ああ! われを導くわが母
行け 勇気をもって より多くの難船に 
波乱に立ち向かうのだ! 希望は甦る
ああ! 我が守護聖女よ われに代わり 導き給え 
聖ルチア! 聖ルチアよ




コメント (11)

総選挙での衝撃の不正が発覚!卑劣な次世代の党つぶしの数々!青山さん語る。

2014年12月18日 | 政治

総選挙での衝撃の不正が発覚!マスコミが報じない卑劣な次世代の党つぶしの数々!これはもはや民主主義の崩壊だ


★ 青山繁晴氏が語っている動画です。



コメント (2)