ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

なぜ現職の国会議員はこのようなことを調べない?下野している吉田康一郎前衆議院議員が「NHKの捏造」と。

2017年01月25日 | 政治

「次世代の党」の国会議員だった吉田康一郎前衆議院議員がツイッターでNHKの嘘報道を明らかにした。
このように日本には下野した議員が必死で国の為に頑張っているのです。



吉田康一郎
‏@yoshidakoichiro

・NHKによる捏造報道でした。
「アパホテルに本の撤去打診 冬のアジア大会組織委」とのNHKの報道につき、私が同組織委事務局に問い合せたところ、
「その様な打診をした事実はありません」
「今後もする予定はありません」
「NHKに同報道について問合せをしているところです」
との回答。


・私からは、「アパホテルに本の撤去打診 冬のアジア大会組織委」とのNHK報道が誤報であるとの組織委の回答について、組織委として公式に声明する事を要請しました。
長年、局を挙げて様々な歪んだ工作報道を繰り返してきた「公共放送」に値しないNHK、本当に解体が必要だと思います。

・まさに今回、NHKは、N 捏造 H 報道 K 協会 だと言わざるを得ません。
 
(以上、吉田氏のツイート)


★ 三宅先生が国会質疑で仰ったようにNHKにはかなりの特亜の職員がいる、このことについて明らかにすべきです。
同じく売国の日本人についてもです。
吉田先生は三宅先生の盟友、どうかこの件の追求をよろしくお願いします。
お給料はないのに、手弁当なのに・・・国の為に尽くす姿に頭が下がります。

なぜこのような重大なことを「現職の国会議員」は調べない?

自国の企業であるアパが大変な時に素知らぬ顔か? 

情けなくて涙が・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャイナ共産党政府がアパホテルの利用中止要求!!

2017年01月24日 | 政治

★ 中国政府、何を慌てているのでしょう。

アパホテルの利用中止要求 中国政府、国内旅行業者に
朝日新聞デジタル 1/24(火) 17:11配信

 アパホテルの客室内に南京事件などを否定する本が置かれ、中国で反発が強まっている問題で、中国の国家旅遊局は24日、国内の旅行業者や宿泊予約サイトに対し、同ホテルの利用中止や広告の撤去を要求したことを明らかにした。国営新華社通信のニュースサイトなどが伝えた。大手予約サイトでは、すでに同ホテルの予約ができなくなっていた。

 同局は「日本事務所を通じて、日本側に厳正な申し入れをした」としており、観光客にも同ホテルを利用しないよう呼びかけている。広報担当者は「中国の観光客に対する公然の挑戦であり、旅行業界の基本道徳に反する」と話した。

 ホテルを経営するアパグループは「日本には言論の自由が保証されており、一方的な圧力によって主張を撤回するようなことは許されてはならない」との見解を示しており、本の回収は考えていないとしている。(北京=延与光貞)
.
★ チャイナは何をヒステリックになっているのでしょう。
一ホテルに国ぐるみ抵抗するか?
拍手喝采、アパホテル。

APAというのはJAPANから得た名前のようです。
これくらいで怒るならもっと日本、いいえ世界も怒ることは山ほどありますよ。

安倍談話・日韓合意、などと絶対に認めてはならない「日本貶め」を平気でやった政府には
自民党支持者も本心ではいいとは思っていないことでしょう。ただ「信者」を除いて。

私も少し回復してきました。
元気がでてきました。

でもこんな時に菅官房長官は「過去より未来志向で」とは情けない。
これだったら何も言わないほうがマシ。「ノーコメント」のほうがマシです。
「過去」って何?まるで日本が悪いようではありませんか。
まあ、安倍さんがバカなことを言ったのでどうしょうもないけれど。
中韓はその上に乗って物事を言いやすくなった。
また外国で「日本はそんなことをしていない」と言っても「総理が謝罪したではないか」と
取り合ってもらえない状況ときく。



自民党支持者にお願いです。
安倍政権支持でも、ぜひ「これはダメ」ということを内部から発信して下さい。
国の為に・・・。



ブログのティールーム



風邪で寝込んでいた時、歌唱の原点でもある名歌手カルーソの歌を聴きました。
ドナウディの歌曲「限りなく美しい絵姿」

Enrico Caruso - Vaghissima sembianza. Digitally remastered.


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少し回復しました。朝ドラ「べっぴんさん」に疑問を感じる。

2017年01月24日 | 政治

久しぶりの強い風邪ですぐに通院しました。

政治の事も気になり、国会中継を見ています。
この国会にどれほどの憂国の政治家がいることでしょう。

朝ドラを見ています。
「べっぴんさん」は私が住んでいる街が舞台なので興味があるのですが、ヒロインのすみれの娘、高校生のさくらの夜の街の出入りについてアンバランスな展開に疑問を持っています。
家出したさくらのことを江波杏子扮するジャズ喫茶「ソートロー」のママが、娘を探しに来た母親のすみれに「よく家出したよ」というのはあまりにもひどい、「いいかげんにしろ!」と思いました。
もともといいかげんなドラマなのでどうこうは言いたくはないのですが、大変不快です。

正しいことが通らない世の中になる、そんな道を作っているような気がしてなりません。
バカバカしいドラマに頭に来ても仕方がないのですが、私が怒っているのは「脚本の理不尽さ」です。

そして親はバカ娘が強く反抗するに耐えられるほど実際は強くはないのです。
NHKは子供の非行についてまるで賛同しているのではないと思うのですが、とても不快なのです。あほらしいバカドラマを見ている私も私ですが・・・。

またこのドラマの父親のありかたも疑問です。ただオロオロしているだけに思えるのです。
あ、またこのバカドラマにまともに意見を言っています。

「ファミリア」で売っているベビー用品は私は妹の子供に贈っただけです。
ぬいぐるみなどかわいいのもあります。
このドラマは「ファミリア」をモデルにしているようですが、事実とは違い、ヒロインの娘は非行などなかったのです。

今から少し外出します。
帰宅してまたエントリします。

メッセージなどで私にお見舞いの言葉を頂き、誠にありがとうございます。
心から感謝しております。




・・・クリックで拡大できます。ローマの「スキピオ」凱旋。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本日ブログ休みます。

2017年01月23日 | 政治

病気の為本日ブログを休みます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍総理が一度でも「日本第一」と言ったことがありますか?(あるサイトの記事より)

2017年01月22日 | 政治

安倍総理が一度でも「日本第一」と言ったことがありますか?


私たちは、アメリカの産業を犠牲にして、外国の産業を豊かにしてきました。

(日本は日本の産業を犠牲にして中国と韓国の産業を豊かにしてきました。)


中間層の富は、彼らの家庭から奪われ、世界中で再分配されてきました。

(日本人の税金は世界にばら撒かれ国内でも外国人にばら撒かれています。)


この瞬間から、アメリカ第一となります。貿易、税、移民、外交問題に関するすべての決断は、アメリカの労働者とアメリカの家族を利するために下されます。

(「外国人が労働・定住しやすい国に」政策を経団連の要請通り実行中。)



ほかの国々が、われわれの製品を作り、われわれの企業を奪い取り、われわれの雇用を破壊するという略奪から、われわれの国を守らなければなりません。

(水道事業などを多国籍企業に売り、雇用は外国人に単純労働まで解禁し、待遇を日本人と同等かそれ以上と決め、日本人の低賃金化を加速。)


私たちは2つの簡単なルールを守ります。アメリカのものを買い、アメリカ人を雇用します。

(ODAですら他国より多い国際入札。厚労省が外国人の就労支援<外国人労働者への職業紹介、外国人労働者の雇用管理の改善へ向けた事業主への指導、留学生の就職支援等を行っております。>)


アメリカ人の手によって、アメリカの労働者によって、われわれの国を再建します。

(<政府が外国人労働者の大量受け入れを本格的に検討!働き方改革実現会議で具体案、介護や建設を柱に!>)


私たちは、世界の国々に、友情と親善を求めるでしょう。しかし、そうしながらも、すべての国々に、自分たちの利益を最優先にする権利があることを理解しています。私たちは、自分の生き方を他の人たちに押しつけるのではなく、自分たちの生き方が輝くことによって、他の人たちの手本となるようにします。

(日本人の輝きを奪って、外国人が輝くようにしています。)



最後に抜き出した部分は、非常に大きな意味を持っていると思います。

価値観ではなく、アメリカの損得で動くということを宣言したのです。


「他人の家のことはもう知らない、その家のやり方もあるだろうし、だからお互いに干渉しないで自分のことをしっかりやろう。そのうえで友好関係を築きたい。」ということだと思います。

そうなると侵略者や犯罪者たちは、しっかりしていない家を狙います。

ドイツはドイツの損得ではなく価値観(人類愛ですか?)で動いてあの惨状です。


これからはその国の才覚が問われます。


外国人と外資優先の狂気じみた政策が自慢の安倍総理は、シージンピンと相性がよいグローバリストですが、日本が中国人厚遇なのと違い中国は日本人が大嫌いです。

だから付き合うとしたらお互い中国ファーストになります。


日本ファーストということをトランプ氏は認めるようですが、そうなると、では自分で国を守れということになります。

自分で国を守れないなら、アメリカファーストに付き合うことを要求されます。

元々が外資ファーストの安倍総理なら、そのために簡単に日本をアメリカの利益のために差し出すでしょう。今まで同様に。


自分で国を守れない国は、このような状況の中、どんどん酷いことになっていくでしょう。


日本以外では軍人は尊敬されます。

その意味が理解できるときには、もう手遅れかもしれませんね。(以上)


★ 自民党にいる多くの議員は何をしているのか?
次の選挙の「公認ファースト」で何も言えないではないか。
これでも「安倍さん以外誰がいる?」・「何をしても安倍絶賛」でいくのですか?
何かおかしいと思いませんか?
私はささやかな抵抗をしています。
もし「安倍さん」でなかったら保守は一斉に今の政治を正そうとすることでしょう。



そして私は年末以来再び気管支炎が・・・今日は寝ていました。
しかし神社には参拝しております。「日本の為に」全力を尽くす至誠の国士はNHK・朝鮮総連問題・部落解放同盟・文科省と大手教科書会社の癒着と「反日教育」・・・の実態を下野しながらも訴え続けています。
そして「日本国民はいつになったら眼が覚めるのか」などの執筆をされている三宅博先生、
ローマの「スキピオ」のように救国の国士はなぜ元老院から疎まれたのか・・・などと考えています。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加