ベッラのブログ    Bella Cantabile  ♪ ♫

世界に誇る国士議員が集う『次世代の党』を熱く支持!!
日本を愛し生涯音楽に生きる声楽家ベッラのブログ。

『「戦後70年談話」に関する報告書について物申す! 抂霏叱望 AJER2015.9.1(7)

2015年09月01日 | 政治
  
『「戦後70年談話」に関する報告書について物申す! 抂霏叱望 AJER2015.9.1(7)


・「フーバー大統領の回想録」を日本語に訳すべきと主張してきたがなかなかできないようだ。
・「フーバーの回想録から読み解く」を書いた。

・「安倍談話」について評判はどうか、
日本の歴史認識を間違えたのではないか? アジアを日本が侵略した、思わぬ戦争をしたという表現をした。
こういう談話は出さないほうがよかった。他

★ これはお薦めです。風邪をひいていない時の稲村先生のスムースな会話(ラジオですが)
時間が長いので区切りながらでもどうぞ。(私は家事をしながら一気に聴いてしまった・・・)


【稲村公望】 マット安川のずばり勝負 2015年08月15日


★ 私のブログに稲村先生の許可を得て「プレミアムメールマガジン」から『フーバー大統領の回想録』を転載しているので、まだご覧になっていらっしゃらない方は下記のリンクをクリックなさってください。


稲村先生の「フーバー大統領回想録」http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/91d88b218e1d01dc966d2d138179dd35(その1・2)
http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/bff71e65cc5dc652747190e6d304ac2a
(その3)

http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/1f7dcbd75e3e208e857b3ba6a30dba9c(その4・5・6・7)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦後日本と靖國神社と次世代の党と【HD】

2015年09月01日 | 政治

Bera Channelさまが作成してくださいました。
万感胸に迫ります。
ご英霊のことを忘れず、誇りを持って生きたいと思います。



戦後日本と靖國神社と次世代の党と【HD】




・・・グアムにて英霊に祈りを捧げる三宅博前衆議院議員(昨年)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月29日は大阪「次世代の党タウンミーティング」、30日は四国で三宅博先生の講演を聴きに行きました。

2015年08月30日 | 政治

充実した2日間でした。

29日は大阪八尾の三宅博事務所にて「次世代の党」タウンミーティング、その前に大阪駅前の「次世代の党」街頭演説の様子を見に行き、そして地下鉄で35分、八尾南駅で下車、三宅博事務所に急ぎました。

三宅先生の事務所は大きなホールもあり、準備されている席では足りず、会場の後ろに多くの方々が「立見」で講演に聴き入ってくださいました。

最初に「特定失踪者調査会」の荒木和博氏、続いて10月から平沼赳夫氏から「次世代の党」党首を引き継ぐ中山恭子氏、そして三宅博氏のお話に満場の参加者は聴き入りました。

お話の内容はYoutubeが三宅先生の[WEBサイト]にありますので、どうぞご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/yaonomiyake/e/382229834db50562273c2ea534f55508

また翌朝、新幹線で岡山、そして特急「しおかぜ」に乗りかえ、観音寺駅で下車、三宅博先生の講演会を聴きに行きました。
「しおかぜ」の車窓から見える海の景色は絶景、電車の中で読もうと用意してきた本も開かず、景色に見とれていました。

会場は400年の歴史をもつ神社で、私は一番乗りでした。
方向オンチの私は予定よりはるかにはやい新幹線に乗っていたので、会場にはやく着くのは当然ですが。
会場は広い畳敷きの広間で、さっそく窓を開け空気を入れ替えたり、地元の係の方の会場準備を手伝いました。
それでも時間が余ったのでテーブルを拭いたりこまごまと仕事を見つけてイキイキと動き回っていました。

やがてお客さんも次々といらっしゃって、会場の席はすっかりうまり、三宅先生のお話が始まりました。
熱気に満ちたお話が約二時間、三宅先生のお話が面白くてあっというまでした。
質疑応答の時間も予定の30分を超えて、熱心な質問が多く出され、三宅先生がひとつひとつ丁寧に答えていらっしゃいました。
これもyoutubeが出る予定です。

私は日帰りを強行、帰宅したのが夜遅かったのでブログにいただいたコメントのお返事をするにも頭が回らず、そのまますぐに眠ってしまい、申し訳ありませんでした。

このエントリは、31日午後に書いています。
一応、ご報告まで。






コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

高山正之 「よそ者の節度」、そしてチャンネル桜のコメントご紹介

2015年08月29日 | 政治

★ なかなか面白いのでUPしました。

高山正之 「よそ者の節度」



★ ところでチャンネル桜のコメント欄にこんな文がありました。ご紹介まで。


安倍総理にNOと言うよりも、安倍政権のしているおかしな米国ウォール害寄りの経済政策にNOと言っている人が多いと思うんですが...
米国のやっているおかしなグローバリズムに対して、反対の狼煙を既存の左右の枠を超えた処で、桜で反対活動をして頂けないでしょうか?
シナ共産党やら中東の独裁者やテロ組織を育てているのが、これら欧米のグローバリストなのではなかったでしょうか?
政治である以上、安倍政権が直接米国の支配層であるこれらグローバリストに抗議できよう筈もなく、世論のせいにして踏み出せる様に、草莽がある程度動ける素地を創って戴きたいと思います。

他のTVでは、保守系番組であっても、盛んに出演している安倍総理が、戦後体制(=米国)を直球で問いかける桜に、敢えて出演していない背景にも、ある種の計算と言うか、国民の覚醒を待つと言うな意味があるんじゃないでしょうか?
(安倍さんが出演している番組も、保守系とは言え、既存の戦後体制の枠内の番組ですよね)
このグローバリズムと言う魔物を直接政権が批判できない以上は、国民(草莽?)側がサポートしていかないといけないかと思いますが..
正直、ここまで日本経済を壊して国民を貧困に貶めてきた米国の言いなりの自民党やら官僚は信頼できませんよね(外資系金融屋に事業仕分け人をさせる民主党も同じ穴の貉)。
郵政を米国に売り渡してきた連中や、構造改革的な事を盛んに言っていた連中が、居未だに保守系知識人と自称する人達におりますが、こうした米国のエージェントが日本の政治を誘導する限り、国民の不幸はいつまでも続きますよね。(以上)




コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

リヒァルト・シュトラウスとその恩師リヒァルト・ワーグナー、ドイツの素晴らしい名歌手の演奏で。

2015年08月29日 | 歌曲

★ ドイツの名歌手をふたり、最初はディートリッヒ・フイッシャ―=ディスカウのバリトンでリヒァルト・シュトラウスの歌曲「明日」

Dieskau Sings "Morgen" By Richard Strauss



Morgen!

Und Morgen wird die Sonne wieder scheinen, und auf dem Wege, den ich gehen werde,
wird uns, die Glücklichen, sie wieder einen inmitten dieser sonnenatmenden Erde...

Und zu dem Strand, den weiten, wogenblauen, werden wir still und langsam niedersteigen.
Stumm werden wir uns in die Augen schauen,und auf uns sinkt des Glückes stummes
Schweigen...






★ 次はワーグナーです。
往年のワーグナー歌手、アストリッド・ヴァルナイ(ソプラノ)が歌うワーグナーのオペラ

 「タンホイザー」から〜歌の殿堂

Astrid Varnay as Elisabeth in Tannhauser

・・・これは素晴らしい!!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加