goo

レバノン総領事、ISILに対する今後の攻撃の前に軍隊を訪問

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

ベイルート、レバノン(10:15 AM) - レバノン軍のチーフ・オブ・スタッフ(ハットム・マラク大将)は、イラクに対する今後の攻撃の前に、彼の軍隊と最前線を調べるため、金曜日にバアルバク高地に行った州(ISIL)。

マラク大将は、カア・バレーンとバアルバク・ハイランドに配備された将校や兵士と会い、戦闘面やシリア国境付近に新しく設立された軍事基地を見学した。

レバノンのナショナル・ニュース・エージェンシー(NNA)によると、マラク大将は将校と軍人を会い、イスラム国家に対する攻撃を実行するのに必要な指示を与えた。

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

「大統領は、アルサールやシリア難民キャンプの町へのテロリストの侵入を防ぎ、そこでの人口の保護を確保するという点で、ここ数日の間に軍人の努力と犠牲を払った」とNNAは付け加えた。

"軍隊は、レバノン人とシリア人を結集させた長年の歴史的関係と兄弟姉妹の精神で、移住したシリア人を扱っている"と総裁は述べた。

大将はシリア難民にレバノン軍と協力し、テロリストとの対決を避けるよう求めた。

「テロとの戦いは、東部国境のすべてのイオタが解放されるまで継続される」と強調し、次の戦闘が決定的となることを示した。

「軍は、テロ組織に直面する以前の勝利と同様に、必然的な勝利を達成する」と、軍の戦闘効率に敬意を表するとともに、軍隊の様々な構成員がレバノンに軍事機関とコンセンサスに委ねた信頼その国の役割について

また  、シリア軍が動員する中で、ロシアのジェット機がラクカ南東部の最後のISIL拠点を奪う

マラクは軍事的にもっと警戒し、近い将来に期待される任務を実行する用意があると言いました。

 

ソース:NNA

 
この記事を共有する:
 
インターナショナルニュースデスクは、世界中の問題や出来事について報告しています。
    
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« イスラム武装... 開発中:シリ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。