goo

シリア軍の兵士たちは、ダエシュ武装勢力に大きな損失を与えた

Tue Jul 11、2017 1:40 PM
2017年7月9日に発表されたシリア合同作戦指揮官のメディア局が提供したビデオからのこの枠組みは、シリア軍がパルミラ砂漠のシリアのパームチラ砂漠で、政府軍とタクフィリ・ダエシュ武装勢力との戦いの際に立場を取っていることを示している。 (写真提供:AP)
2017年7月9日に発表されたシリア合同作戦指揮官のメディア局が提供したビデオからのこの枠組みは、シリア軍がパルミラ砂漠のシリアのパームチラ砂漠で、政府軍とタクフィリ・ダエシュ武装勢力との戦いの際に立場を取っていることを示している。(写真提供:AP)

シリア政府軍は、アラブ首長国連邦のダール・アル・ザウール東部でタクフィリ・ダエシュ武装勢力に対して新鮮な作戦を展開し、多大な損害を与えている。

シリアの公式報道機関であるSANAは、シリア空軍の戦闘機が、アル=フセイニア、アルボジリア、パノラマ、ハットラ、マラート、マズロームの各地で、ダシェの地位を攻撃し、大量の武装勢力を殺害し、その軍需品の

この開発は同日、同国の首都ダマスカスから北東に450キロメートルに位置する州都デイール・アル・ザウアーのアル=ジョウラ、アルコスール、ハラベシュ周辺に上陸した外国人テロリストのタルフィリテロリストが発砲したいくつかのモルタル砲が発射された、巨大な材料損傷を引き起こす。死傷者の直接の報告はなかった。

さらに、地元の情報筋は、ハメド・アル・ノウリ(Hamu al-Nouri aka)のアブ・ハムザ・アル=カラヤニ(Abu Hamza al-Qaraani)を含む数多くのダエシュ武装司令官が、

これとは別に、シリアの軍隊はパルミラの古代都市の北東にあるAl-Heil油田の支配権を回復し、Daeshテロリストに大きな損失を与えた。

<iframe src="http://presstv.com/Default/embedattached/531300" frameborder="0" width="555" height="312"></iframe>

南西部のスエイダ州のどこかで、シリア軍はタル・シハブ山岳地帯を完全に支配した。

シリアの戦闘機は、おそらくダマスカスの東に衝突した

一方、フリー・シリア陸軍の南部戦線に所属する外資系の過激派組織は、火曜日にシリアの軍用機で対空機銃を発砲したと述べ、

"男性は飛行機を標的にし、煙が飛んでくるのを見た。それは、政権が管理する領土に向かって後退した」と、東アフリカ・ライオンズのスポークスマン、サード・アル・ハジ氏は語った。

シリアの人権天文台は、ダマスカス郊外のアル・シネ軍空軍基地に墜落したため、飛行機が壊れたことを明らかにした。

ファイル写真は、シリア空軍の戦闘機がロケットを発射している様子を示しています。(写真提供:ロイター)

レバノンに本拠地を置くアラブ言語のアル・マヤディーンのニュース・ネットワークとダマスカス・ナウのニュース・ウェブサイトはまた、ウム・アル・ラマム地域で飛行機が撃墜され、墜落したとの主張を却下した。 

シリア軍からの直接のコメントはなかった。

国連:最大5万人の民間人がラッカに閉じ込められた

さらに、国連は、数十万人の人々の状況について深い懸念を表明しており、彼らはシリアの武装したラクカ州の北部に閉じ込められている。

「国連は、30〜50,000人がラクカ市内に閉じ込められていると推定しているが、確かに数字を上回っているが、アクセスが不十分なため正確な数字を得ることは困難である。食糧、水、医学、電気およびその他の必需品の入手可能性は、状況が急速に悪化するにつれて減少している。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のAndrej Mahecic事務所のスポークスマンは、ジュネーブの記者団に対し、火曜日に、閉じ込められた一般市民が、安全、避難場所、保護に達するための安全な通路を確保することが不可欠であると述べた。

彼は、Raquqahを離れることを試みた人たちが、テシスト集団と戦っている米国主導の連立政権が実施している大規模な空爆に自分自身をさらしていることを強調し、6月だけで2万人が市を去ったと付け加えた。

彼らはいずれかのどちらかを選んだのですが、激しい戦いや戦闘中に死ぬ危険性がある、あるいは逃げようとする標的になる危険を冒してしまう危険性があります。同様の状況、類似のパターン、モスルの同様の行動様式を見てきました」とMahecic氏は指摘しています。

シリアは、2011年3月以来、様々な外資系の過激派とテロリストのグループと戦ってきた。シリアの国連特使は、昨年8月、その時までに40万人以上が死亡したと推定した。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 太平洋におけ... トランプの義... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。