goo

シリア軍はISから油田を奪う

 
シリア軍は、イスラム過激派の後退によってラクカ南西部の油田を押収した。

ロシアの大規模な空爆に支えられたシリア軍は、ラクカ南西部の石油井戸を押収し、イスラム過激派の後退国が自国の残りの領土を守るために戦っている。

国営のイクバリヤ(Ikhbariyah)テレビは、土曜日に軍隊がラッカカ(Raqqa)州の南西にあるワハブ、アルファッド、ダイバサン、アル=クシェール、アブ・アル・カトー、アブ・カタタンの油田と砂漠の村を支配したとし、

押収された油田は、ラサファとその石油井の町の南に横たわっています。この油田は、先月、武装勢力から州内の最初の主要な領土奪取で奪取されました。

軍隊とイランの支援を受けた民兵は、ここ数カ月間、アレッポ市の東に進んで、ユーフラテス川の西方の領土を握って、ラプカの事実上の首都を守るために撤退した。都市部の裏側の軍隊。

シリアの人権監視委員会は、ハマム東部からホムス東部、ラクカ州とデアゾール州の端にかけての広大な領土で軍隊の握りを強化すると発表した。

ロシア空軍は、5月末に地中海で軍艦から発射されたロシア巡航ミサイルの標的であるUqairbatを含む地域の武装勢力が保有するいくつかの目標と町でストを打ちました。

軍の次の目標は、イラクとの国境を接するDeir Zorの東部への玄関口であるSukhnaの町を再就航させることであり、Raqqaが落ちれば、シリアで最後の主要な要塞となる可能性が高い。

陸軍とイラン側の同盟国はまた、過去数日間、古代都市パルミラの北東にある砂漠で、Hailのガス田を捕獲し、Sukhnaのほぼ18km南に運んだと発表した。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア軍は東... アイボリー・... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。