goo

外交官:米国は、カーン・シェイク(Khan Sheikhoun)の化学兵器攻撃に関与している

2017年7月14日4:52
 
外交官:米国は、カーン・シェイク(Khan Sheikhoun)の化学兵器攻撃に関与している
 
(`・ω・´) 米国に死を
 
【テヘラン(ロシア)】ロシアの外交官は、シリア政府の招請と安全確保の意思があるにもかかわらず、国際兵士がシリアのホムスにあるシャーアラト空軍基地を訪れて絶望的に化学兵器攻撃を行ったとKhan Sheikhoun旅行の

ロシア外務省の核拡散防止武装統制部のミハイル・ウリヤノフ部長は、最近、カーン・シェイクンの近くにサリン爆弾を投下することについての諜報情報を持っているとの米国の主張に深刻な疑念を提起した、とノボスティは報告した。

「シリアの空軍機から空中爆弾が落とされたことについての米国版は、深刻な疑念を生む」とウリヤノフ氏は述べた。

「化学兵器禁止条約に違反する国際レベルでダマスカスを犯罪とするために、ワシントンは国連とOPCWの専門家によるシェイラトへの緊急訪問を主張していたはずだ」と彼は付け加えた。 4月4日の化学事件の3日後にサイトを攻撃した。

しかし、米国は、シリア政府の招待状と安全性を保証しようとしているにもかかわらず、国際人員が空軍基地を訪れるのを避けなければならないと強調した。

アイドルブ州で4月4日の事件の現場で野党が撮影したとされる映像にコメントし、ワシントンが町の化学的攻撃の可能性のある証拠として撮影したウリヤノフ氏は、これらの写真やビデオクリップの多くでは、空爆の火口ではっきりと見ることができるものは金属管であり、サリンで詰め込まれた弾薬は、Khan Sheikhounの領域を支配する武装集団によって地上で爆発されたことを示唆している。

「大都市ではなく、人口4万人の小規模な地方の町では、そうした高度な対応が可能だということは、「救助者」が起こる前に現場にいたことを示唆している」と述べた。

「特に、サダムフセイン大統領の大量破壊兵器を取り巻く混乱の記憶がまだ新鮮であるため、未知のまま残っているアメリカの情報機関における反駁不能な証拠の存在への言及は、信頼性を持たない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  モスクワ:ホ... サウジアラビ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。