goo

シリア軍の急速な進歩に伴うDeir Ezzurのテロリスト崩壊

9月23日5:7
 
シリア軍の急速な進歩に伴うDeir Ezzurのテロリスト崩壊
 
テヘラン(FNA) - ISILはシリア陸軍が引き続き州内で進軍を続けているため、デイル・エズール州で未知の告発で司令官の一人を処刑したと地元の筋が明らかにした。

情報源は、ISILのテロリストは、東西Deir Ezzurの軍隊との戦闘で、裏切りと最近の失敗と敗北の原因を互いに訴えていると語った。

彼らは、ISILがDeir Ezzur北西部のHama al-Shamiyehの村にあるAl-Tabnの町にある自らの指揮官であるAbu Abdul Sattar Libia'eiを実行したと付け加えた。

情報源は、ISILの広報担当者、ISILのEmir Ziyad Eidan Al-Saleh、Huweija SakarのISILのEmir、ISILの指揮官Ali Amar nom deを含むISIL司令官の新しいグループが、ギリシャのアブサラクチェはシリア軍との戦いを免れた。

報道によると、陸軍軍は西デイル・エズールでISILの防御線を襲い、Shiheh、al-Hama Shami、Wad Abu Shahri、Mount al-Qasbi、Ma'adan Atiqなどの村落や町を占領したという。

現地筋は、軍が数十名のISILテロリストを殺し、ラクカ州東部の国境沿いの地位を強化していると報じた。      

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア兵士た... シリア陸軍虎... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。