goo

シリア10月18日、過激派の戦争の概要は、アレッポを拒んだ、ダマスカスは、CAAの飛び地しなければなりません

シリア10月18日、過激派の戦争の概要は、アレッポを拒んだ、ダマスカスは、CAAの飛び地しなければなりません

19:32 2016年10月18日 141 印刷用バージョンビュー 印刷用バージョン
シリア軍はアレッポの北東に成功した戦いを行っています。一方、反乱軍は、ロシアは「人道一時停止」を提案にもかかわらず、街を拒みました。一方、ダマスカスより野党の飛び地の州で政府軍の慈悲に降伏。

シリア10月18日、過激派の戦争の概要は、アレッポを拒んだ、ダマスカスは、CAAの飛び地しなければなりません

テロリスト集団「イスラム国家」(IG)*「Dzhabhatアル・ファテアル・シャム」(旧称「Dzhabhatエンヌスラ "*)だけでなく、禁止された組織の他の過激派に対するシリア・アラブ軍(SAA)の継続的な操作。航空宇宙ロシア軍(VKS RF)の空軍基地Hmeymim(ラタキア)に分割した軍隊CAAサポート。

この時点で、シリアでの戦争の最新ニュース、 -の材料でIA「ニュースピープル」

アレッポ

シリア・アラブ軍は、北部および中部地域における「アル・ファテアルシャムDzhabhat「テロリストや他のグループと成功の戦いを実施し続けアレッポシリアの軍事筋によると、パレスチナ軍旅団の支援を受けて「リワアル・クドゥスは「南の地域のいくつかの位置を占め、アレッポの北東に移動しているバンドン

VKSロシア、シリア空軍はアレッポで空爆を停止しました。一方、アレッポで武装反対の様々な派閥の過激派は、防衛省の休戦後、市内を拒みました。

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/CxL6_MW-idk" frameborder="0" width="854" height="480"></iframe>

一方、「ヒズボラ」一緒にアレッポ、シリア軍の南に同盟国単位での過激派は、道路に沿った位置襲わカーンTumanを道路に沿ってアレッポの空軍基地と高さの近くにテロリストの要塞化された分野に進出政府軍は、過激派のキャンプで死傷者の報告がある-いくつかのイスラム教徒を殺害し、より多くの数十人が負傷しました。

 rebels capture Qa'r Kalbin, al-Ghawz, Tanouzah & al-Mas'oudiyah. 2 IS militants also captured

 

一方、反政府勢力「自由シリア軍アレッポの北部州の盾ユーフラテス川""操作の枠組みの中で、「イスラム国家」トルコ国軍では、テロリストと戦ったままにします」。ツイッター、村に筋によると、アル・グースアルBurkan Masaudiyaとトルコ国軍の一部と一緒に動作するPASと同盟グループのコントロール下になっていました。

View image on TwitterView image on TwitterView image on TwitterView image on Twitter

Pro-government rally in  town Qudsaya after rebel fighter pull-out.

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« すでに軍艦も... ダマスカス »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。