お湯の国 日本

「泉研ブログ」美しい日本の温泉地中心の旅記録 【ブログ記事・映像は著作権、人権保護により無断使用を禁じます】

姉戸川温泉(東北町小川原)

2017年07月13日 | ♨ 青い森名湯巡里 ・

入浴速報♨青い森名湯 2017.7.13 平成29年(2回入湯)≫    📷 iPhone6

(本日録)
 窓の外青い森鉄道列車が小川原駅に停車。一番風呂でお湯はあと少しで満杯。
 相変わらず温湯(38℃)が鉄パイプからドドドバ落ちてくる。夏は姉戸川温泉
 今日はトド寝挑戦。向かって右側に零れる源泉に背中を漬け楽しむ真夏の日
(記録3)
 夏、GUスポーツの半袖に半ズボンで夏快適装で姉戸川温泉に挑戦
 久し振りに経営者と面談した。湯温の低下という悪条件ながら気丈
 夫に最後(?なんの)まで営業を続けるといつもの元気言葉で語る。
 今日も、ネットで紹介するからね!って言
ったらいつもありがとう
 という明るい言葉が返ってきた。本当にいい湯なので皆応援してね
(記録2)
 今日姉戸川温泉一番乗りだ。未だ浴槽に8割ぐらいしかお湯が貯ま
 っていなかったがものの15分くらいで溢れてきた。正面右側にお湯
 が零れ落ちる。ここでも身体ケアの儀式を済ませトド寝に挑戦した。
(記録1)
 旅をするとどうしても疲れを癒す為掛かりつけ湯に浸かりたくなる。
 筆者のフィールドは青森県だから県内に数か所掛かりつけ湯を決め
 ている。今日その内の一つ姉戸川温泉で心と体をケアする。湯快だ。
(記録0)
  :12月の気候で心配しながらの入浴であったが、外が寒い分だけ、
   温かく感じる。湯口39℃、浴槽38℃ギリギリの温度が心地よい。
   肌に纏わりつく湯感はこの温泉が名湯とされる所以なのである。

泉質:単純温泉(アルカリ性) 44.5℃ PH8.94
  {ナトリウムイオン63.2㎎,塩素20.6㎎
炭酸、水素85.1㎎、炭酸21㎎}  
計測湯口38.5℃、湯船37℃(2017.6.3)、湯船38℃(2017.7.13)

記録:平成28年(6回入湯)

『青森県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« JR蘇我駅(千葉県京葉線) | トップ | エゾフウロ(種差海岸・花の渚) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。