(新) 日本の黒い霧

日本航空123便ジャンボジェット機墜落事故の真相、その他の未解決事件、改竄された歴史について考える。

JAL123便墜落事故-真相を追う-そしてミサイルは発射された(10)

2010-02-11 02:47:13 | JAL123便墜落事故
ご心配をおかけします。今日も何とか生きています。昨日、1週間ぶりに千葉県市川市内の喫茶店で国際軍事評論家のB氏と打ち合わせを行いました。いつもどおり、公安、警察の関係者数名に周りを張り込まれた、緊張の中での接見でしたが、何とこの中で電子銃を向けられるというとんでもない事態に遭遇しました。

鈍感な私は相変わらずなのですが、打ち合わせ後半にはB氏がすっかり神経を参らせてしまい、場所の移動を余儀なくされました。場所が場所なので人にカメラを向けられませんでしたが、電磁波測定機のメーターを動画に撮りましたのでそれをご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=0b-B2mPDGB8

それにしても、無関係な店のお客さんや店員さんはもちろん、同じく内偵に来ていた当局の調査員まで、この店に来ていた全員がこの強い電磁波を浴びせられ続けていたわけです。荷物を隠して怪しいそぶりを示していたのは店の奥に座っていた、既に退官していると見られる初老の元自衛隊員風の男性。場所を選ばず、敵味方の識別などもおかまいなし。こんな狂った連中なら、日航機を落とそうが、生存者を抹殺しようが、サリンやVXガスを撒き散らかそうが、菊の御紋を踏み荒らそうが、とにかく何でも平気でやってのけるわけです。それはともかく、当局関係者を含め、店にいた他の皆さんの健康状態が気になります。


■写真に刻まれたRC-135のエンジン

今回は少しだけ本題に触れたいと思います。「そしてミサイルは発射された(9)」で、第3エンジンの写真がB747(ジャンボジェット)のものかRC-135のものか考察を行い、結論としてB747のものと判定しました。ところが、先週、上野村の「慰霊の園」の展示室を訪れたとき、それに関連するとんでもない写真を見つけてしまいました。まずは、その写真をご覧ください。


写真1:エンジン回収作業中の写真(「慰霊の園」に展示してあったもの)

ここでもう一度、両機種のエンジン径に関する情報を掲載しましょう。

    B747: P&W JT9D系 約2.3m (モデルにより数センチ程度異なる)
  RC-135: P&W TF33系 約1.0m (軍機なのでカタログ通りとは限らない)

上の写真はどちらのエンジンに見えるでしょうか?もしこのエンジンがB747のものだとしたら、ここにいる作業員は全員プロレスラー張りの大男たちということになります。まどろっこしい表現は止めましょう。径から見れば、このエンジンはTF33系エンジン、B707もしくはその軍用版であるRC-135のエンジンなのです。


写真2:米空軍のRC-135

オバマ大統領訪日に寄せて」で、その機体破片から米軍RC-135の墜落可能性を指摘しましたが、回収されたエンジンからもそれが裏付けられたわけです。これが言い過ぎだとしても、少なくともB747以外の航空機が、事故当日に墜落していたことを証明する貴重な一枚であると言えます。

このブログで出したからには掲示を取り下げられてしまうかもしれませんが、ぜひ、読者の皆さんもこの写真を見に、群馬県上野村にある「慰霊の園」に訪れてみてください。この写真がなくなっていたら、上の写真のプリントを見せて「ここに掲示してあったはずだ」と管理人に問い合わせてみてください。また、慰霊の園の右奥の林の中には、目立たぬようにECCM(対電子妨害攻撃)アンテナ塔が立っています。こんな所に立てておいて、携帯電話用アンテナとは言わせません。こちらもぜひ見学していってください。よろしければ、現地の民宿に宿泊して事故当時の話などを尋ねてみれば、きっと今でも新しい知見を得られることでしょう。


写真3:慰霊の園の傍に立てられたECCMアンテナ塔


* * *


OMNIS QUI ODIT FRATREM SUUM HOMICIDA EST ET SCITIS QUONIAM OMNIS HOMICIDA NON HABET VITAM AETERNAM IN SE MANENTEM
あなたがたが知っているとおり、すべて兄弟を憎むものは人殺しであり、人殺しはすべて、そのうちに永遠のいのちをとどめてはいない

管理者
『事件』 ジャンルのランキング
コメント (713)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JAL123便墜落事故-真相を追... | トップ | JAL123便墜落事故-真相を追... »
最近の画像もっと見る

713 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2010-02-11 03:31:50
管理人さんは疑問形のコメントはコメント返しだけの記事で全部答えて欲しいです。
お願いします。
朝鮮進駐軍いまだ健在 (自由主義万歳)
2010-02-11 06:03:35
RC-135を撃墜するような反米反日組織は朝鮮進駐軍しかないはずです。
日本人の皮を被った反日組織で自衛隊の内部にあり最新兵器を揃えている在日朝鮮軍恐るべし。
日本は内側から食い荒らされています。
北朝鮮人や韓国人が帰化して自衛隊や警察や消防や政治家内に秘密組織を作って活動しています。
オウム教、統一教会、創価学会、共産党、民主党、社民党、自民党、敵は日本国内に様々な形で入り込んでいます。
敵は日本政府内に強固な組織を築いています。
管理人さんは米国大使館やCIAにコンタクトを取って生命の保護や協力を求めた方が良いかと思います。
いざとなったら米国へ亡命しなければならなくなるかも知れません。
日本政府は自国民の主権を守ってはくれません。
勇気を持って真実を追究している管理人さんが反日本人勢力に殺されないかとても心配です。
たくさんの日本人がブログを読んで応援しています。
しかしここまできたら強力なバックアップが必要かと思います。
Unknown (Unknown)
2010-02-11 06:58:52
このエンジン回収の写真を見て、事件の真相について信じることができるようになりました。
墜落した飛行機のエンジンについてはもちろん情報があるので、それ以外のエンジンが落ちているということは…
Unknown (Unknown)
2010-02-11 08:05:32
B747のエンジンとしては確かに小さすぎますよね。本当に恐ろしいことです。
Unknown (Unknown)
2010-02-11 09:04:57
いつも興味深く拝見しております。
JT9Dのようなバイパス比の大きなファンジェットの場合、ファンを除いた部分は意外と細いものです。
http://www.nasm.si.edu/exhibitions/gal102/americabyair/abaImage.cfm?webID=414.p4
http://en.wikipedia.org/wiki/File:Aircraft_engine_IP%26W_JT9D.jpg
などをご覧ください。
エンジン径 (747)
2010-02-11 10:07:42
エンジン径、大きさの印象については、ぜひ実際整備をされたことのある方の意見をお聞きしたいですね。どなたかお願い致します。
電磁波測定器 (Unknown)
2010-02-11 11:03:18
今いちよくわからない。

日常生活では常にレンジ・PCや携帯等から電磁波に曝されてる、ぐらいは常識だが、かと言って測定器なんてどの家庭にも置いてあるという物でもない。
「こんな数値が出るのはあり得ない現象だ」と、主から言われても理解しかねるんだよ。
ゆうつべ映像にしたって、入店時の数値も観れないし、その不審者が現われてから針が急変動した様子も映ってない。
主が、これこれの数値だから危険なんです!と声高に叫んでみたところで、こっちは「はぁ、さいですか…」と反応するしかなんだよなぁ。
その店の設置状態でも影響するのでは?付近にネット喫茶があるだけでもそうなんじゃないの?
失礼だが、バケタン動画と同じレベルにしか受け取れないんだよ。
Unknown (Unknown)
2010-02-11 11:10:53
日本を売国奴から守る為の行動なら、とりあえず喫茶店の中の主達に対する電磁波攻撃の巻き添えくってる人をまず避難させるなりして守れよ!

後から健康状態が気になるって…その場ではほったらかしかよ!
11:10のコメ者へ (Unknown)
2010-02-11 11:34:25
避難させるなんてそれは無理だろ、どう考えたって。もし実際に電磁波攻撃を受けていたとしても、その反応はかえってヤツラの思う壺。
「みなさーん!危ないです!逃げてくださーい!」
そう騒ぎ立てたら、すぐ警察が確保に来るだろうね。秋葉の事件とかが起きてる昨今だぜ?ほいで重度のトーシツ患者として強制入院。陰の勢力は一安心。
んなこともわからんの?それとも君が主の立場だったらそうしてたかい?やれないくせに。
B氏の体調だけじゃなく周りのお客さんにも迷惑が掛かるから早々に退出した、それぐらい文面から読取りなよ。
面白半分にくだらん意見を書き込む前によ~く考えてくれな。
Unknown (Unknown)
2010-02-11 11:44:40
私が同組織に狙われている立場なら
外食はしないようにします。
致死量にみたない薬物でも喫茶店の店員に
なりすまして混入も可能と考えるからです。

特定のスーパーなどでも食品は買いません。
いや、コワくて買えません。

車に乗るなんてもってのほか。
ブレーキに細工されたり、いろいろとコワい。

山に行く...絶対にしません。
しかも銃を持ってる不審者がいるような山なんて
何が起こるかわかりません。

うむ~管理人さんは勇気ありすぎ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

JAL123便墜落事故」カテゴリの最新記事