文化と心と平和の平成クラブ

日本の文化と日本を思う心と先生が平等のため戦争しろといったので平和を入れました。日常の事や政治や反共について書きます。

雇用は選挙で大切、外人労働者を使わずに高齢者を使わないと選挙で負けます

2017-09-06 13:55:01 | 国際・政治
内閣官房と自民党に次の意見を送りました。
「雑誌Wedge9月号の記事「世界は若者、日本は団塊が”反乱”克服に必要な雇用創出を急げ」で「雇用という切実な問題で「政策実績」が若者層の政治意識に反映している」とか「65歳で定年を迎えた人は働きたいのに満足な働き口がない。そんな不満をくすぶらせる高齢者がいる。」とか「高齢者を一律に弱者としてとらえるのではなく、働けるうちは働ける仕組みをつくることが大切だ。」とか「経済政策運営の軸足をぶらさず、雇用をつくることが欠かせない。」と書いてあります。まさにその通りです。それなのに7割の高齢者が就職を希望しても2割しか就職出来ないと言う話ではないですか。働きたい高齢者は沢山いるのです。これで外人労働者を使うという動きがあるではないですか。ほんとこれで外人労働者を使ったら、週刊誌SPA!2016年9/6号で「ISより恐ろしい老人自爆テロ」と言う記事のように老人の自爆テロが横行しますよ。」
高齢者に雇用を。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加