IDDM 14年目

~病気のこと・日々のこと~

写真を見たら腫れていた

2017年11月29日 | その他通院治療のこと
親知らずを抜いて1週間が経過した日。

歯を抜いた後の抜糸のため盛岡まで行ったついでに
学校帰りのあやと待ち合わせをして「ジョバンニ」でランチブッフェ。



いろいろなお料理を少しずつとってきて食べます。



デザートもいっぱい!!

固いものも食べられるようになったし、
糸も取ったら、はさまる心配も半減。
痛みはまだあるけど噛むのとは関係しない痛みということで…

まともに食べられるって、やっぱり最高~!!





思えば…
抜歯で腫れるのも心配だったけれど、

右頬がパンパンに張っていたので触れば痛く、
洗顔などは優しく優しくと気を使ったりしましたが
見た目はそれほど腫れることはなくて、

記念に画像残しておきたいくらいおもしろい顔に
なるんじゃないかと心配したのが無駄になりました。

抜歯から1週間経ってもいるし、もうとっくに腫れはおさまっていた
つもりでいたのですが、あやが撮った写真を見たら…


あらーまだ腫れてたじゃないー

微妙に、バランスの悪い顔のまま1週間を過ごしました。。



いつまで続くのかと悩まされた抜歯後の痛みは
2週間してやっと、落ち着いてくれました・・・

「親知らず・抜歯後の痛み・いつまで」ネットで検索すると、

3日で痛みは治まるだとか、
1週間も続くのはおかしいだとか、
10日もしたらドライソケットが疑われるとか、
そんな感じの情報ばかりでしたが、

私は…ぴったり2週間痛みが続きました。

まだ薄ぼんやりした痛みはあるにはありますが、
ここまで来ればもう治ったようなもの


痛みはいつか治まるものですね。。。。。

この痛みはもうぶり返すこともないでしょうから…ひとつ、
肩の荷が下りました。




まだ耳の下、上の歯、五十肩は痛いけれど、
ひとつでも解決したことにほっとしています。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静脈麻酔で親知らずを抜歯 そのに

2017年11月28日 | その他通院治療のこと
点滴の針を刺し直しされイラっとした気持ちも一瞬で消し去る
ありがたい麻酔薬が注入されると、ほどなくしてついに!先生登場。

担当の、優しい口腔外科の先生です。

さぁ、いよいよかしら…



先生は、気持ちよく横たわる私に向かって優しい口調でおっしゃいました。



「終わりましたよ」 って

は? 終わった、とは?あっ!




先生の次に目に飛び込んできたのは自分の口から出ていると思われる
ガーゼの端っこ!!意識ないのに、ちゃんとガーゼかじってるし?

ええーーっ!いつの間に?信じられない…

「まだ麻酔効いてますからね、もう少しこのままね。
 痛み止め出すからね、早めに飲んだ方がいいよ」

と言いながらさわやかに微笑み、交換用のガーゼを私の左手にそっと
握らせて先生は麻酔科を出て行きました…


まどろんだまま寄り目でガーゼをみつめ、
夢見心地のまま横になること数分
鼻の酸素や点滴やいろいろが外され身軽になりました。

ゆっくり立ってみて、と言われ、立つと、まだふらふらなのに
「じゃ、おわりです」って・・・えーーー

すみません、くらっくらで私…

これって傍から見たらまっぴるまのよっぱらいじゃ…


こんなこともあろうかと付き添ってきた親のいる場所に行き、
しばらく動けずにうとうとしつつ座っていましたが、
ぼんやりと聞いていた先生の
「痛み止め早めに飲んだ方がいいよ」って言葉を思い出すと
一刻も早く薬局に行かなくては!と焦りを覚え
付き添いに会計を任せ、千鳥足で院外の薬局に急ぎます。

出された痛み止めはいつも飲んでいるロキソニンを1回2錠。2錠!?
念のため確認をしたら、頭痛の時は1錠しかだめですよって。
今回の抜歯にあたっては2錠で、とのこと。

ここでもまた私の薬嫌いが本領発揮、2錠なんて、無理。

で、1錠のんだけれど…やっぱり骨まで削るほどの抜歯だっただけに
痛みも強力なのか、嫌々2錠飲んでやっと痛みに耐えられるという感じ。

3日間は痛み止めがかかせませんでした…





抜歯した帰り道は、まだ血も止まっていないけれど、
もう食事もOKが出ているし、お腹が減っているというわけではないのだけれど、
なにしろ、ロキソニン2錠です、
麻酔当日の決まりのため、朝7時から食べてないし、
薬飲むのに何か食べなくては胃がやられてしまう!



盛岡の駅ビルで抜歯したてほやほやでも食べられそうな、
「たまごスープ」をみつけて

いただきます。
これね、たまごがちょうどよく柔らかいかたまりになっていて
抜歯後の食事としては最適でした。
ゴマはじゃまでじゃまでしょうがなかったけれど。


このたまごスープの味も、ずっとずっと忘れないんだろうな。


麻酔が完全にきれていないのか、帰りの新幹線でも、車の中でも、
ちょっと座るとうとうとしてしまいます。

自宅に戻ると、眠くてなんにもできず、即、爆睡・・・・・・・・・・・・・

目が覚めたら口の中が血だらけでした。

でも…終わったんだって実感して安心感に包まれながらまた寝て深夜、

激痛で目覚める。 やっぱりね、そうだよね。

の繰り返しが3日間。

腫れはたいしたことはなかったけれど一応3日目まではマスクで過ごしました。
もともと顔が腫れぼったいのでそれほど目立たないというか…。

痛みだけはしつこくいつまでも続き1週間が経ってもまだ痛かったけれど…
もう、抜いてしまえばこっちのもの。
日に日に良くなる、数日で消えるとわかっている痛みだもの
五十肩に比べたらぜんぜん大丈夫、たえられるわ~と、
ノーテンキでいられました。


それよりも問題なのは、長く悩まされてきた右耳下の痛みです。
しばらくは抜歯の痛みにまぎれているのか、
めでたく抜歯で解決したのか、
よくわからないまま数日を過ごしましたが、


はっきり言って・・・・・

痛みが・・・・・


増強されています。

その上、上の歯も痛んですけど・・・・・


というわけで、1週間経ち、抜糸の日、先生に話してみたところ
「しばらく様子見て。そのうちよくなって行きますよ」と言われ…
それっきり、次の予約もなく…

医大での診察はこれにて終了。。。。。えー見捨てないでー


解決してないヨーーーー!


これって、もしや、懸念していた、「抜き損」にはならないだろうか…







右肩の五十肩、右下の歯の抜いたところ、右の耳の下、右の上の歯…
結局、前より痛い場所が2カ所増えて・・・・・・・・・

執り行うまでに何年もかかった私の
右下顎水平埋伏智歯抜去手術は終了したのでした。  終わり


・・・・・・


・・・・・・


・・・・・・




って、痛いし!

終わり じゃないよ


10日経って、やっぱり、痛い。また夜中に起きてしまうほどの痛みだし、
こう続くともう痛みに耐えられなくなってきて、もともと通っている
地元の歯医者さんへ報告がてら、相談へ


抜いたところを確認してもらって、消毒してもらって、痛いところを
叩いたり風をあてたりして調べてもらった結果、


「経過はいいね。しばらく様子見て。そのうちよくなって行きますよ」
医大の先生と同じことを言われ…

神経がいっぱい通ってる場所だから、関連痛ってあるからね、と…





そう言われちゃあしょうがないです。けれども
続く痛みに挫折しそうな心をどうやって支えたらいいのか

左手首のTFCC損傷から始まり、五十肩、右耳下、親知らず、
ぶっ通しの痛みとの戦いに疲れ果ててしまっている今日この頃。



痛みのない日常って、やってくるのかなと、右の顔に手をあてて
途方に暮れてしまうのでした。。。。。。






































コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

静脈麻酔で親知らずを抜歯 そのいち

2017年11月27日 | その他通院治療のこと
旅行の興奮さめやらぬ11月某日…

数年前から「私の顔のお荷物」だった右下の親知らずを
とうとう、 取り除く日がやってきました。。。。

大学病院、口腔外科にて静脈麻酔での抜歯です。
初めて訪れた病院内の印象も、説明を受けたときの先生の印象もいい。
歯医者嫌いな私的には意外にも、不安はそれほどない状態でした。

たったひとつの心配事は、
抜けばこの耳の下の痛みと確実におさらばできるのかな ということで…



だいぶ前から続く右の耳の下の痛み、
これが親知らずが原因かどうかははっきりしていないので、
痛みが取れなければ「抜き損」ということにもなりかねません。

わざわざ盛岡までやってきて…
静脈麻酔で抜いて…
解決しなかったら…

考えたくもないです。



さて、当日。

病院に着き、歯科麻酔科に案内されます。
研修医のような先生に呼ばれ、歯科用の椅子に座ると、
血圧計とか心電図を見るものなのか、腕に2本ほど管をくつっけ
「きれいな空気入れますよ」と鼻の穴にも管が入れられました。

次に、手の甲から「抗生剤を点滴します」だそうです。

こうなれば身動きはとれません。さぁ、とうとうその時が来た。
もう、逃げられません!逃げるつもりもないけど。

このまま、麻酔科でやるんだね、抜歯って。

ていうか、点滴の針を刺す研修医が下手で(怒)!!

指導の先生に叱られながら何度かぐさぐささし直しをしてるんですよ。
これ、大学病院で治療するさだめみたいなものですかね。
お医者さんが練習する場所ということで。
と理解は示したいけれど、

注射は平気な私でも、もー、痛いしーー!!
ちょっと気分が下向きになりました。

でも、そのあと、「じゃ麻酔入れて行くので少し眠くなりますよ」
と処置されると早速…

ほわわぁ~んと気分がふわふわいい気持になって
ゆ~ったりと落ち着いて…

さすが静脈内鎮静法ってだけあるね。

酔っぱらったことないけど、お酒飲むとこんなふうになるのかしら?
もしそうだとしたら飲みたくなる気持ちもわかる感じかな。



さーそしたら、準備は整ったみたいですよ。

どうぞどうぞ、抜歯のほど、よろしくお願い致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口・広島旅行 行程

2017年11月25日 | 旅のこと
岩手→東京・羽田から山口へ




1日目
山口宇部空港→角島→おおはま食事処→元乃隅稲成神社→千畳敷
→別府弁天池→大谷山荘泊



元乃隅稲成神社の景色、すばらしかった。。。。。
道も狭く、場所も遠く、もう2度と来られないと思うけど
あの景色、忘れることはないでしょう。





2日目
大谷山荘→秋芳洞→秋吉台カルスト展望台→ジオパークセンターカルスター
→いろり山賊玖珂店→宮島口→宮島→宮島口→三井ガーデンホテル広島チェックイン
→広島三越→お好み村大丸堂



100枚皿を見ていると、
日本じゃないどこか外国の秘境に来たような気持ちになりました。



受付でもらった光る腕輪、
洞窟の受付のぶっきらぼうだけど憎めないお姉ちゃん、
楽しかった思い出ばかりの秋芳洞。

そして、宮島、厳島神社の感激。
いつかまた絶対にもう一度来たいと思います。

親を、そして老後はいとこEを、おみちが連れて来てくれた
この場所に今度は私がこの景色を見せたい人を連れて
必ず、また来ようと思います。




3日目
三井ガーデンホテル広島→広島平和記念公園→原爆ドーム
→島田水産→錦帯橋→岩国錦帯橋空港→羽田



今回の旅行は…
スイーツも食べてないし思ったより食欲もわかなかったりして
食べることについては心残りもあったりするけれど、
そんなのは楽しかったからどうでもよくって、それよりも
行った場所のほとんどがすばらしすぎて感動の連続だったという…

最高の旅でした。。。。。。

ていうか毎年毎年、最高最高って思うんだけど、
ほんっとに山口・広島よかったなーと思うんです。

宮島にはまた、すぐにでも行きたいなー。


羽田で
スターウォーズの飛行機に会いました!

最後まで、感動の旅だったよ。

18時の新幹線に乗り、20時30分、地元に到着。
あー終わってしまった~

けれど、

もうすでに、来年の旅先候補も決定しました。

おみちとの途切れることない楽しみを胸に、


さあ!!

楽しい後は…待ってましたの 「埋伏智歯抜去」 
容赦なく4日後にとり行われます。

人生は楽しいこと、辛いことバランスよくやってくるらしいです。

すんごく楽しかった旅の後なんだけど…抜歯さ、
すんごく辛いとかいやだよ?

でも今は、旅の思い出に浸り心が豊かになっていて
どんなことでも乗り越えられそうなくらい、
気持ちに余裕ができたように思います。
なので抜歯するには最適な時期かな






今まで知らなかった景色を見て歩き、
旅でしか得られない感動とか、感謝とか、
支払った旅行費用の何倍もの大きな価値のあるものを得た喜びに
いつまでもいつまでも、浸っていたいです…




山口・広島旅行記、おしまい。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口県岩国市  錦帯橋

2017年11月24日 | 旅のこと
山口・広島の旅、最後の観光地は岩国市の錦帯橋。
橋がかかる錦川の河原が駐車場になっていました。
石の河原の駐車場、とても広いです。何台停められるんだろう…

早速橋が見えましたが、想像以上のスケールですよ!


ははー、すごいね。


入橋料を支払って渡ります。

5連のアーチ、登って下って登って下って…
これが結構急な坂でしたよ。


渡りきって、対岸からの景色を楽しんだら、


そのたもとには有名な「100以上の種類豊富なソフトクリーム屋さん」が
ありました。
おみちが興味深々だったけれど、ここでもまた時間があまりない!!
戻りながら食べられればいいのだけれど橋の上は飲食禁止…

急いで食べればいいよ!って言ったけど、あっさりとあきらめていました。
私がソフトに興味あれば…ちょっと無理をしても食べていたかもしれないなと
思ったら申し訳ない気持ちになりました。

いつも、いろんなことが苦手だったりして、できない私のことを気遣って
くれるおみちに、私はなんにもお返しができない…って反省。。。。。

それなのに、ぜんぜん嫌な顔もしないで、めんどくさい私のいろんなことを
理解してくれて、



そればかりか、「あのときこうしなくてごめんね」とか言って、
いつもいつも、私への配慮を忘れないんだよね、おみちは。

なあんて人よ~っ!てたまに、思う。


そんなおみちとの今年の旅もこれでおしまい。




錦帯橋から空港までは約20分。

ガソリンスタンドで満タンにしたらレンタカーを返して、
14時の飛行機で岩国空港から羽田へそして岩手へと帰っていくのです。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島かき小屋へ

2017年11月23日 | わたし的グルメ
山口・広島の旅の最終日、

お昼にはちょっと早いのですが帰りの飛行機の時間も早いため
11時を目標にお店に行きます。想定外の渋滞があり焦りましたが
8分だけ遅れて無事到着です。

宮島口近くの

島田水産。かき小屋です。

まだおなか減ってないよ…でも私、スィーツ系は無理だけど
カキなら、別腹OKだよ。

とはいえ、昨日の今日なので…食べ放題ではなく殻付き1キロの量り売りを注文です。
ふたりで2キロね。
1キロ1,100円だったのですがだいたい10個で1キロ。
これって…お得じゃないですか?
じゃああと、さざえも、あ、カキフライもお願いしまぁす。

旅行の段取りから運転までいろいろ他にもお世話になったおみちに…
ここは、私の奢りだよ~。これくらいじゃお返しになんないけど…


前払いで座席についたら、さーキタキターーー!!どんどん食べようー!


岩手の三陸かき小屋だと鉄板の上での蒸し焼きですが、
こちらは炭火です。

貸してくれた軍手をはめて炭火の上に



平らな方をのっけて2分、ひっくりかえして2分、
蓋をして…

汁が残っていると焼けていません、
加熱不足・食べ過ぎによる食当たりは自己責任でお願いします
って書いているのでしっかり焼きましょう~

さてさて…焼けたかな?じゃじゃーーーん


オー!

じゃ、食べるよっ!

はぁ。。。。。おいしすぎます。ため息が出るよ…

カキフライもおいしかったし、

さざえをおかわりしに行ったおみち、
私が「ホタテも食べたかったねー」って言ったのを聞いていて、
ホタテまで買ってきた。奢ったところがなくなっちゃうじゃん!


カキもサザエもホタテも、とってもおいしかったけど、
やっぱりカキ、カキをもう1キロ追加してもよかったんだけど、

私たちには、時間がないーーーーーーーー

いやいや、満足だよ、もう。

おいしかったもの、広島のカキ。
三陸カキもおいしいけど、広島カキもおいしいね。

安芸のひとつぶってでっかいのもあったみたい…後で気づきました。
それも食べてみたかったけどでも今日はこれで大満足だよ。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島平和記念公園

2017年11月23日 | 旅のこと
三井ガーデンホテル広島に泊まり、朝ご飯の後、
チェックアウトの前に
広島に来たからには寄らなくてはならない場所へ向かいます。

ホテルから徒歩でやってきました。
平和記念公園。
慰霊碑の前では係りの人が献花を整えている最中でした。

原爆の子の像の元にあった石碑。

これはぼくらの叫びです これは私たちの祈りです 世界に平和をきずくための

そして、原爆ドーム。

観光とは違った思いで訪れましたが、自然と「考える場」に来たんだ
という気持ちになります。

あたりまえの平和があたりまえでないこと
昨今は考えさせられることが多いのですが、

あらためて核爆弾の恐ろしさを感じる時間でした。



ドームの上に、

アオサギ?

寒くなってきたからかふっくらふくらんだアオサギがドームの上にとまる
のどかな景色を写真に撮ると、
こんなにこんなに、今日は平和だけれど、
この平和の前には悲惨な過去があったのだということを
考えずにいられなくなります。
歴史を伝えるため、世界遺産としてここに遺されている原爆ドーム。
ここは空気感がよそとは違いました。



紅葉がきれいだった元安川沿い。
広島が、日本が、世界が、平和であって欲しいと願うひととき。

これまで、映像や写真では見て来たけれど
実際にあの場所に行って確認することができたこと、

有意義な旅だったと  振り返っています。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島のお好み焼き

2017年11月22日 | わたし的グルメ
広島の宿泊は三井ガーデンホテル広島。

チェックインしたのが19時10分。
そこで私たちの目当てのもみじ饅頭が買える場所を聞くと、
広島三越の中にあるけれど、閉店が19時30分とのこと。

ここから歩いて行っても…道も定かでないし、
残念だけど…ギリギリ間に合わないよね、

と言う私をしっかり導いてくれるおみち選手!!
大丈夫!間に合う!って

もらった地図片手に颯爽と向かいました。
そして、無事、三越に着いたのは閉店6分前。

こうして、私だけなら絶対に買えなかった「にしき堂」のもみじ饅頭を
めでたくゲット!!

宮島口の店でいくらか味見したもののピンとこなくて買わずに来たけれど、
もう、こうなれば時間もないし、
どこの店のもみじでもいいよって思ったものでしたが…

にしき堂のもみじ饅頭、食べてみたら…やっぱりコレだよ!という味。
会社へのお土産もおいしいもみじが買えました。
これもまたおみちのおかげです。

その三越に行く道の途中で



お好み村ーーーー???

楽しそうーーーー!

ですが、私たち、どうしたことでしょう、まだお腹が減らないのですよ。
宮島で揚げもみじ饅頭食べたとは言っても、
いつもならこんなもんじゃないのに。

せっかくの広島の夜だけれど…無理。食べらんない。。。。。。

でもでも、本当に、それでいいの?

広島まで来て、夜ごはん、食べないなんて、そんなのアリ?

やーもう、本当に困りました。
食べたいのに、お腹が減らない。
無理をしても食べられそうにないとか、ほんと一体どうしたんでしょう。

朝ご飯がここまで尾を引くなんて、


これって・・・・これもまた・・・
加齢による消化液分泌の低下・・・?
老化現象ですかー!? 涙。。。

食べられないものはしょうがない、あきらめてホテルに戻り、
お部屋で荷物をまとめたりして…

そうしている間も葛藤です。

広島焼き、楽しみにして来たよね。ここまで来て、本当に食べないで帰るの?
メインの夜ごはんだよ。朝ご飯食べたっきり、昼は骨付き鳥と一口そばだったよ。
一口だよ、ひとくち。しかも骨付き鶏とか、私半分残したっけよ。
あとはコーヒー飲んだのと、揚げもみじ食べたけど。いつもならば、
こんなもんじゃないでしょ。もっともっと食べ歩きとかして鍛えてるじゃない。
朝ご飯だってさ、食べ過ぎってほど食べてないのに、どうして?
このまま寝たら夜におなか減って…そしたら、そしたら、後悔するんじゃない?


ちょっと待った、やっぱり行こう!!!きっと食べられる!

と、そのころにはおみちも行く気になってましたーー!

時間は21時。ダイエットとか旅には無用。
ダイエットなんか気にする奴に旅人になる資格なんてない!


で、やってきましたお好み村。楽しそーーーーー!

ホテルのカウンターでまたまたおいしいお店情報を仕入れてきたので迷わず4階へ。



いろんなお店があって、鉄板を囲むようにお客さんが座っています。



少しだけ食欲にまだ自信がないので、麺を半分にしてもらって…
ニンニクとキムチのお好み焼きにしてもらいました。

おみちはチーズをトッピング。

鉄板で食べるかお皿に乗せるか聞かれて、
熱すぎてガツガツ食べられないのが嫌な私はお皿に。
おみちは鉄板を選びました。



さー!これが、これが、本場の広島焼きだね!

はぁ~おいし。。。。よかった、来て、本当に。



ですが、やっぱり空腹は気のせいだったようで、
2切れ食べたらもうお腹がいっばい。ヤバイ。
目の前に焼いてくれた店の人いるし、残すなんて無理。

おみちもがんばって食べ終えました。
私も…時間がかかったけれど、なんとか完食!



ちょっとちょっと、これは予想外の展開すぎたよ。
本当の私は「もう一軒はしご行くよ!」ってギャル曽根よろしく、
広島焼きを堪能するはずだったのに


でもでも、食べられてよかった。
おいしいと苦痛があいまったりしたけれど…

来なきゃ一生、後悔したよーーーー


で、満足したら就寝。。。。。。。。。。。






そして、山口・広島の旅、最終日の朝。

朝ごはん、もう失敗は許されません。

今日のランチは広島牡蠣を食べるんだもの。
予約もしてるし、食べられないとかナシだよ!

けれどバイキングって誘惑が強すぎます。意志の弱すぎる私だし…

なんとか欲望を抑えたラインナップがこちら。


昨日の朝と比べると、確かにパンがいっこ少ないけれど…


えー昨日もそんなに食べ過ぎてないでしょー?

てことはやはり、老化による…って悲しい現実?

あ、

昨日はパンのほかに海苔で巻いたご飯も食べたっけ…




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕暮れの宮島

2017年11月21日 | 旅のこと
山口から広島に入り宮島口に車を停めフェリーに乗ってやってきました。

夕暮れの宮島を歩きます。



岩国から急ぎ足で来たけれど、日が暮れるまでのちょうどいい時間に着いたみたい。



時間は16時20分。今日の日没1時間前です。



朝からずっと写真撮りっぱなし。電池を気にしながらの写真撮影。
いい景色だらけ。撮らずにいられないし、電池よ、もってくれー。



さぁそれでは、世界遺産・厳島神社に向かいますよ。


そこで「ハッ」と、今頃気づきましたが…この、厳島神社!



今日は海に浸ってないじゃない?

そっか、時間によるのか。今更ながら気が付きました。
常に海の中というわけではないのですね。

私的には、海水に浸っていないなんて、そしたら普通の神社と変わらないじゃん!
えさし藤原の郷とそれほど…いやいや、それはないけど…

などと思いましたが、



これはもう、どうしようもないです。



鳥居は海水の中なんだから…って、え?


あ~れ~ぇぇぇ

だいぶ水が引いてない?



角度の関係もありますが、どんどん水が引いていきました。


後であやに、あやが行ったときはどうだったか聞いたところ、
神社も鳥居も水浸し、
鳥居の近くまで行きたかったから満潮で残念だったという話で。

私は神社が水浸しじゃなくて残念に思ったのに…人それぞれですね。




潮の満ち引きによっていろんな景色をみせてくれる厳島神社と大鳥居。



17時20分の日没が近づきます。

ここに来るまでずっと曇りだったからね、ここで天気が回復したとか、
うちらって、なんて強運の持ち主なんだろうねー。



夕日は山に隠れてみられなかったけれど、夕焼けの大鳥居にまた感動でした。

おみちは過去に一度ここに来たことがあるそうです。
私の気がすむまで何分でも、この景色をみせてくれていたおみちに、
心から感謝です。

戻る道は商店街。


学生さんの行列ができていたのは



揚げもみじ



もみじ饅頭の揚げたやつですね。チーズが売り切れだったのでクリームにしました。



揚げたてのもみじ饅頭。おいしかったよーー。

18時。復路のフェリーも結構な人で中には座れないけどいいよね、
デッキで。
少し風が冷たかったけれど…せっかくの景色、ずっと見ていたいから。



広島湾から見る夜景。

今夜は宮島泊なのかな。
すれ違う宮島行きのフェリーから小学生らしき声が。
こちらに向かって「バイバーイ、バイバーイ」って叫んでいます。
そうだよね、テンション上がっちゃうよね、こんな夜は。
わかるわかる。その気持ち。私も叫びたいしはしゃぎたい。

叫びたいのをがまんして無言で手を振り返します。
小学生に私の振る手は見えただろうか。五十肩なのも忘れ振った手が。





宮島口に着いたら、今日泊まる広島市街へ車を走らせます。
県庁所在地の運転は絶対無理な私。

おみちの運転でホテルまでゴー!!

ほーらやっぱり車多いし車道多いし車間距離狭いし渋滞してるし
おまけにチンチン電車の車道まであるよ。
都会は絶対走れないと改めて思い知らされたのでした。
おみちはすごい、同じ田舎出身なのに。
東京の高速走ってるだけあるわ。。。。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島県廿日市市  宮島へ

2017年11月20日 | 旅のこと
山口から広島県へ。

空を覆う雲のすき間から、青い色がみえたり、雨粒が落ちてきたり、
コロコロ変わる空模様に一喜一憂しつつのドライブでした。

いろり山賊玖珂店を出たのが14時30分。
宮島口フェリー乗り場に着いたのが15時30分。

夕暮れが迫ってきていますが、空は!!!

青くなってきたー!晴れたよ!!すごい!!嬉しいー。



とうとう、夢に見ていた場所へと出発します。

NHK大河ドラマ「平清盛」で見た厳島神社。
あの時から「行きたい、けど遠い、無理っぽいな」と思っていて、
ここに来ることは半分以上「夢」でした。

あややすずが高校の修学旅行でいとも簡単に私のあこがれの場所
宮島に行っていて、それをうらやましく思っていたものでしたが…

とうとう私も、ここまで来ました!!!
奇跡的に天気も良くなって…もう嬉しくて子供のようにはしゃぎたい気分です。

あやーーーーちゅんちゃんもとうとう厳島神社に行くよーー!



宮島行きのフェリー。
デッキチェアを選んで座ると、
眩しい西陽、強めの風、体に響いてくるエンジン音…

短い船の旅を満喫です!




「JRのフェリーだと鳥居の近くを通る」ということをおみちが事前に
調べてくれていました。

徐々に徐々に、近づいていきます。

鳥居の姿をはっきりと捉えると…もう、喜びが胸にこみあげて…

ああぁぁなんか、カンドー。。。。。。

海に浮かぶ大鳥居。
そして、その奥に、厳島神社が見えるよ。。。うるうるうるうる…

ダメ。涙で鳥居が滲んじゃうよ。

フェリーはあっという間に宮島に到着。
戻るフェリーの乗り場にはさすが世界遺産・日本三景ってだけあり、
修学旅行生や観光客の長い長い行列ができていました。

フェリーを降りたら、ここに来たいと思ったきっかけになった平清盛公に

こんにちは。「わたしが、来ましたよ」とごあいさつ。
だよね、清盛だよね、松ケンじゃないんだよね
清盛公、来年生誕900年だそうです。

かわいくて人懐っこい鹿さんもお出迎えしてくれました。

天気もすっかり回復。私たちは運がいい…。

夕焼けの鳥居がみれそうだよ。

海に浮かぶ鳥居。すばらしすぎてため息が出ます。


宮島にとうとうやって来ました。


時間は15時40分。
今日はここが最終の観光地。あとはホテルに戻るだけだから…
日が暮れるまでゆっくりと歩くことにします。


あー、本当に来たんだね、宮島に。
夢じゃないけど、夢のような、現実。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加