⑦パパの「頭の中は575」

元は「子育て日記」だったが、子供達も全員大人になっており、最近「俳句」の記事が増えたのでタイトルを変更しました。

俳句ポスト佳作「原爆忌」

2022-09-28 11:34:36 | 創作・俳句など

広島ブログ
広島ブログ ランキングに参加していますので、1日1回ポッチンの応援よろ
しくお願いします。

 

毎月最終週は、選者が夏井いつき先生の「俳句ポスト」の結果発表週。今回の

兼題は「原爆忌」

以前の俳句ポストは選が甘かったのですが、新しくなってから選が辛い辛い。

今の佳作(水曜日)は、以前は「人選」で250句くらい選ばれていたのです

が、最近は50句程度。並選ですら全投句数の2割ですから、8割は没ですの

で、昔はガッカリしていた並選が「おめでとうございます」「ありがとうござ

います」に挨拶が変わりました。だから、佳作は以前の地選並に嬉しい結果です。

中継の始まりは蝉広島忌 ⑦パパ

毎年思うのですが、記念式典の中継はナレーションよりも先に大きな蝉の声で

始まり、式典の中継中ずっと鳴き続けていますよね。蝉も夏の季語なのは百も

承知ですが、広島忌のインパクトで、どちらが主季語かは分かると思い敢えて

の季重なりの句を投句しました。中級者以上の投句は一人一句なので(以前は

制限なし)冒険がしにくいのですが、思い切って季重なりで投句したのは、事

前の勉強句会でたった4点(この時の1位の句は30点)しか入らなかった。

俳句教室にも出したのですが、こちらも1点(ここは5点が最高点)。どちら

も季重なりを指摘されての低評価だったのですが、夏井先生を信じて、あえて

この自信句で挑んだので、金曜日並に嬉しい結果でした。知っててのあえての

季重なりの入選は、3度目だと思う。

 

↓ ラインスタンプ ➜ 購入画面

広島ブログ

ママと長男次男と月火でわんこと泊まれる岡山の旅館に行ったフィリップ。


コメント (12)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 幻の芋焼酎「熟柿(じゅくし)」 | トップ | 焼き芋焼酎黒瀬 »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (摂田屋酵道)
2022-09-28 16:50:08
改めまして中級入選おめでとうございます🎈🎈

改変前を知らない(投句してない)のですが、水曜日の入選少なめでしたね。

勉強会で僭越ながら季重なりを指摘こいてしまいごめんなさい🙇‍♀️。
Unknown (どくだみ)
2022-09-28 17:00:24
おめでとうございます!!!

この句から記念式典の光景がありありと思い浮かびました。
あの静寂な重々しい雰囲気の中に、蝉の声。
その蝉の声によって、余計に真夏に黒服で集まっている人々の姿が重々しく感じるような気がします。

あえての季重なりに挑戦なさるのはさすがパパ様!
Unknown (Dr.でぶ)
2022-09-28 18:29:48
おめでとうございます。

季重なりだよなぁ・・・と思ってたん オイラ・・・
反省。
Unknown (ふぃーゆパパ)
2022-09-28 18:53:56
一句できました。
中継の終わりは蝉広島忌
ほぼ盗作^^;
摂田屋酵道さん (⑦パパ)
2022-09-28 19:32:44
ありがとうございます。

季重なりに気が付いたあなたも偉い!
そうそう、初心者部門で入選おめでとうございます。
どくだみ茶さん (⑦パパ)
2022-09-28 19:39:19
ありがとうございます。

蝉、本当にうるさい時期なんですよね、平和記念式典。
そして、平和公園は蝉の棲家の樹木に囲まれているのです。

一句しかだせないから、考え方を少し変えたんですね。
ボツを恐れて無難な句を出して、ボツのだった時のショックより
ボツ覚悟の冒険句で、佳作秀作を狙った方が性に合うと
Dr.でぶさん (⑦パパ)
2022-09-28 19:44:08
ありがとうございます。

勉強句会で「季重なり容認」とハッキリ書いてくれたのは千鳥城さんだけでした。
季重なりの許容は難しい判断なので、「季重なりですよ」と気が付いただけでもすごいと思います。
ふぃーゆパパさん (⑦パパ)
2022-09-28 19:49:40
そのパクリ句、中六で字足らずです。
「お終いは」としなければ

俳句部に入って勉強しますか?
Unknown (ソフィー)
2022-09-28 22:04:30
おめでとございます!
佳作への扉をひらいてくださいました!あとに続けるように自分も頑張らなくちゃと思いました。

テレビ中継でしか見たことのない広島の平和式典・・そこへ 響き渡るようん蝉の声 
中七を「蝉」で言い切ったところで言葉に勢いがついたなあと感じました。
あえての季重なりと言うことでしたが この句を読んで 季重なりのおもしろさもかんじました。特に忌日に季節を盛る働きをしていると思いました。
Unknown (maco)
2022-09-29 07:42:53
人選おめでとうございます。
季重なりでの作句は(知らずにやらかす以外)私にはまだ生意気な技だと思っていますので、パパさんレベルにはちゃんと強弱をつけられるのがすごいと思います。
式典のしんとした中のうるさいほどの蝉の声が聞こえてくる一句です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

創作・俳句など」カテゴリの最新記事