Talk to Oneself

日々の出来事、趣味のことなど、好き勝手に書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

旅名人の九州満喫きっぷ

2008-04-17 17:27:56 | TRAVEL

旅名人の九州満喫きっぷ(JR九州)

JR九州は、九州内の鉄道が乗り放題となる「旅名人の九州満喫きっぷ」を
2008.04.18から発売する。
3月まで発売されていた切符だが、新たに5社が追加された。
10,000円で3回分、普通列車自由席が乗り放題。(もしくは3人で1日乗り放題)
発売利用期間は4/18~7/13と9/12~11/30
この切符で、のんびりローカル線の九州旅がしたくなった。
ただ夏休みに設定がないのが残念。
コメント

北斗星の旅

2007-11-28 17:23:55 | TRAVEL

11月初旬、”秋休み”が取れたので初冬の北海道へ行ってきた。
今回は久々の寝台特急北斗星に乗る。
16時間を超える長旅である。

11月4日、上野16時50分発、北斗星1号に乗車。

B寝台の下段。オフだというのに下段は喫煙車しか空いていなかった。
やはり失敗。煙はキツかった。

函館駅。朝5時前だというのに、なぜが騒がしい。
先頭付近でテレビドラマのロケである。
高橋英樹、愛川欽也、森本レオに遭遇。
テレビ朝日系の土曜ワイド劇場とわかった。
放送はいつなのだろうか。

札幌9時18分定刻到着。
長旅ではあったが、タバコの煙以外は、まずまず過ごせた。
個室のほうがよかったのだが。
ちなみに帰りは、B個室を当日でゲット。
疲れもあったのか、わりと快適に眠れた。
ただ車両の老朽化は進んでいる。
近い将来、2往復から1往復に減るらしい。
消えゆく東京駅発ブルトレ 「銀河」来春に引退(朝日新聞)


◎今回使用した切符。

ぐるり北海道フリーきっぷ。
北海道への往復は北斗星のB寝台(B個室のソロOK)
もしくは新幹線+特急、急行の利用となる。
道内特急指定席乗り放題。
5日間有効で35,700円。この値段ならかなり安い。
ただし7月~9月は45,200円となる。(繁忙期使用不可)
ぐるり北海道フリーきっぷ(JR東日本)
コメント

”三連休パス”発売中

2007-06-20 22:12:24 | TRAVEL

夏の三連休パス(JR東日本)

7月14日~16日の3日間、JR東日本全線乗り放題のきっぷが発売されている。
特急もOK(普通車指定席は4回迄)でほかにJR北海道(函館まで)、
北越急行などが利用できる。
大人26,000円。
秋以降の発売については、今のところ載っていない。
土・日きっぷよりは範囲が広く、函館まで行けるのはいい。
八戸までは楽だが、その先は、いくら特急でもかったるい。
少々覚悟が必要とみた。
これは鉄道旅を好む人に限るでしょう。
夏休み1週間前なので出番ナシだが、9月、10月に発売があるなら、
このきっぷを使って旅をしてみたい。
コメント

福岡・小倉レポートPart4-ぶらり編-

2005-09-05 17:29:00 | TRAVEL

もう1ヶ月過ぎてしまいましたが、これが"夏旅"最後のレポートです。


8/1、福岡を離れ佐賀県の嬉野温泉へ向かった。
バスも考えたがJRの特急を利用。武雄温泉までの2枚きっぷ(4,500円)を購入。
武雄温泉からはバスで30分ぐらいで嬉野温泉に到着。
バスターミナルから近くの共同浴場もとゆ温泉(写真)に入った。料金は350円。
湯はぬるめで入りやすかったが、源泉温度が93度なので加水しているようだ。
もったいない感じがするのだが、やむを得ないのかな。
ずっと不安定な天気だったが、この日は大雨。
結局、散策もせずに嬉野をあとにする。


博多に戻り、地下鉄に乗り天神まで行く。そこから歩いて10分ほどで
天神ゆの華に到着。どこにであるスーパー銭湯だが、天然温泉である。
平日の午後ということもあるが、すいていたのでのんびり過ごせた。
湯もぬるめで満足。料金は700円。

帰りはバスで博多駅へ。天神付近で大渋滞、30分ぐらいかかった。
ホテルにもどり一時休息。起きたら夜7時だった。

ヤフードームへ行くつもりだったが、博多駅で池田綾子さんの駅コンに立ち止まり
またまた聴き入ってしまった。
(帰ってから、アルバム「Lunarsoup」を購入、これ、かなりいいです)
終わったら8時近くになっていたのだが、一応、地下鉄でヤフードームに向かってみた。
この日は大濠公園の花火大会で地下鉄は大混雑だった。
唐人町で降り、花火の音を聞きながらドームまで歩いてみた。かなり遠い。
やっぱりバスのほうが便利だ。
着いたら、帰る人が続々。というのも8回まで進み、ホークスが敗色濃厚となっていた。
さっさと博多行きバスに乗り帰ることにした。
途中、渋滞もなく、すんなりと博多到着。


もうかなり疲れ切っていたのだが、もうひと踏ん張り。
歩ける距離ではあるが、バスでキャナルシティに向かった。
目的はラーメンスタジアム。店はだいぶ入れ替わっていて、
ラーメンスタジアム2になっていた。
以前食べて気に入った久留米大砲ラーメン(写真)を食べ本日終了。

翌日2日、午前中の新幹線に乗り博多を離れた。
7/29~8/2、車中1泊を含む4泊5日の旅は終わった。

おまけ

老朽化により8/28で引退した”SLあそBOY”号の写真。
2002年夏、熊本駅で撮影したものです。
廃止になるとは知らず、1度乗っておけばよかった…。

福岡・小倉レポートPart1-池田綾子ライブイベント編-
福岡・小倉レポートPart2-小倉競馬場編-
福岡・小倉レポートPart3-サンライズ出雲編-
コメント

福岡・小倉レポートPart3-サンライズ出雲編-

2005-08-24 12:34:05 | TRAVEL


九州へ向かうのに、高松・出雲市行きの「サンライズ号」に乗車、
岡山駅で降りた。翌日の早朝の新幹線に乗れば、乗り継ぎがない分料金は安く、
到着時間もさほど変わらないのではあるが。

これは、たまたま切符が取れたので乗ってみようと思った。
実際乗車するのは2度目だが、今回は寝台ではなく”ノビノビ座席”
というものを選択した。これは運賃と特急指定席券で乗車でき安く済むのです。
上下段で28席(岡山までは2両で56席)あり、人気があるようです。
この日は満席でした。

写真のように寝るところの頭の部分は隣とは隠れるようになっている。
カーテンは通路側にしかない。(手前が通路側になる)
プライバシーが気になる人はやめたほうがいい。
荷物置き場もなく、当然貴重品は身につけて寝る。
カーペット敷きだが、やはり硬い。毛布はあるが枕はナシ。
なぜか枕カバーらしきものはあった。あとはモーターの音が気になった。
それでもこういうのもアリだと思う。この程度ならガマンできる。
また乗ってもいいと思った。

岡山到着6時27分、定刻に到着、かなりの人が下車した。
ここから新幹線に乗り換え、なじみのない”ひかりレールスター”
に乗り九州へ向かった。

福岡・小倉レポートPart1-池田綾子ライブイベント編-
福岡・小倉レポートPart2-小倉競馬場編-
コメント

福岡・小倉レポートPart2-小倉競馬場編-

2005-08-12 12:13:27 | TRAVEL

7月31日は、博多から小倉競馬場へ向かう。
何で行こうかとあれこれ考え、ここは思いきって新幹線を選択した。
他には、天神から直通バスで行くか、在来線で行く方法がある。
もちろんバスが安く片道1,000円。ただし1時間以上かかる。
在来線特急を使うと”2枚きっぷ”という割引切符で片道1,300円。
小倉まで50分ぐらい。

新幹線は、よかよかきっぷという土日限定発売の
往復切符を使う。片道1,500円。(通常片道は2,050円)
小倉まで最速だと15分ぐらい。
これなら新幹線でいいと思った。

小倉からは、北九州高速鉄道というモノレールに乗り
10分ほどで競馬場へ着く。
中山や東京と違い、降りたらすぐ入口というのはいい。

まずはA指定席(1,500円、禁煙)に整理券を受け取って並ぶ。
ゴール前は既に満席で、少し過ぎたぐらいのところが取れた。
(重賞競走の無い日なら、開門の9時に行けば指定席は取れそうです。)



馬券のほうは、安いのは当たる。大穴は当たりません。
武豊が人気で飛ぶのが多かった。(画像は新馬戦クロスブレイク号、8着)
メインレースのKBC杯(オーガストバイオ)も最後に失速した。

最終12Rは薄暮レース、とはいっても16:50。とても薄暮といえる状態では
ないのだが、外に出てゴール前で見る。この日の天気は不安定で晴れたと
思ったら雨が降るという状態だったが、この時間になると、そんなに暑くはなく
風が気持ちよかった。

ゴール前の攻防。(ピントが合っていないが)

最後は武豊のセイシュンジダイ号(2番人気)が勝った。

トータルは予定通り負けましたが、じゅうぶん満足。
また来年。


ところで関屋記念ですが

自分にとって1レース4,000円の投資は、思いきったほうです。
ここは17サイドワインダーに決め込んだ。
1頭流しなんて、滅多にしたことがないのだが。
400円づつ馬連10点買った。馬連というのが、かなり弱気だった。
やっぱりダメかと思っていたら、最後に来たー。
ものスゴイ追い込みだった。
やった、当たった!!
しかし、
一番安いやつが来た。配当900円にガックリ。
3,600円しか回収できず、結局マイナス400円。
疲れたー。


おまけ画像

小倉競馬場のゴール板。
なぜか”ターフィー”&”キティちゃん”になっています。

福岡・小倉レポートPart1-池田綾子ライブイベント編-

コメント

福岡・小倉レポートPart1-池田綾子ライブイベント編-

2005-08-09 08:10:09 | TRAVEL

7月30日から8月2日にかけて福岡、小倉を旅してきた。
ひとつの目的は小倉競馬観戦だが、せっかくの旅、それだけではつまらない。
見知らぬ街をいろいろと歩いてみた。といっても福岡は何度か来ているので、
かなりわかってはいるのだが。

7月30日、天神を歩き回っていたら、
天神岩田屋の前でJR九州のイベントをやっていた。
その会場のステージで、これからライブをやるとのことだった。

そして登場したのが池田綾子さん。
JR九州のCMソングを歌っている。
といっても東京ではCMは流れないし、本人も知らない。
30分ほどライブを行った。

ちょっと客が少なかったので、前のほうで聴くことができた。
なかなか聴き心地もよく歌もうまい。すぐに彼女の世界に引き込まれた。
感動
いい発見ができ福岡の旅の初日は終わった。

池田綾子さんは九州駅コンツアーを行うとのこと。
8月1日は博多駅の博多人形像の前で路上ライブをやっていた。
夜7時半頃見に行ったら、今度はすごい人だった。
パンフレットを配っていたのでもらった。

CDの即売をしてくれたらよかったのに。
かなり売れたと思うのだけど。

帰って近所のTSUTAYAに行ってみたが、
デビューアルバムの1枚がレンタルであるだけだった。

歌もルックスもいい。だけどメジャーになるには
シングルのヒット曲が欲しい。
この旅を機に、彼女を応援しようと思った。

池田綾子、九州“駅コン”から凱旋帰京!(サンスポ)

池田綾子作品を調べてみました。
・シングル曲
「ヤサシイウタ」 (TBS系 愛の劇場「温泉へ行こう3」主題歌)
「LIFE」 (TBS系ドラマ「愛なんていらねえよ、夏」主題歌)
「はなびら」 (MBS-TBS系TV「世界ウルルン滞在記」エンディングテーマ)
「I will」 (TBS系ドラマ「愛するために愛されたい」挿入歌)
「僕たちのTomorrow」 (JR九州「つばめ2枚きっぷ」CMソングほか)
・アルバム
「Water color」(2002.10.7)
「Lunar Soup」(2005.7.6)

池田綾子オフィシャルサイト
↓↓↓
http://www.ikedaayako.com/
コメント   トラックバック (2)

三連休パス

2005-06-22 21:44:37 | TRAVEL


JR東日本が毎年発売しているトクトク切符で三連休に合わせて
使用できる日が設定されている。
JR東日本全線とJR北海道の函館まで指定日3日間乗り放題になる。
北越急行などの一部の会社線も乗車可能。
もちろん、新幹線も特急もOK。指定席も4回まで利用できる。
これで普通車用は26,000円である。通常料金より9,000円ほど安い。
飛行機嫌いな私としては、かなり魅力がある。
7月分は7/16~18になっており、既に発売中。
7月なら函館競馬開催中なので行きたいところだが。

函館オススメグルメ①
ラッキーピエロ

函館にしかないファーストフード風レストラン。カレー類もある。
写真は人気のチャイニーズチキンバーガー。


函館オススメグルメ②
ハセガワストア

こちらも函館限定のコンビニエンスストアのやきとり弁当。
”やきとり”といっても中身は”豚肉”、店内でも食べられる。

コメント