Talk to Oneself

日々の出来事、趣味のことなど、好き勝手に書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

福岡・小倉レポートPart2-小倉競馬場編-

2005-08-12 12:13:27 | TRAVEL

7月31日は、博多から小倉競馬場へ向かう。
何で行こうかとあれこれ考え、ここは思いきって新幹線を選択した。
他には、天神から直通バスで行くか、在来線で行く方法がある。
もちろんバスが安く片道1,000円。ただし1時間以上かかる。
在来線特急を使うと”2枚きっぷ”という割引切符で片道1,300円。
小倉まで50分ぐらい。

新幹線は、よかよかきっぷという土日限定発売の
往復切符を使う。片道1,500円。(通常片道は2,050円)
小倉まで最速だと15分ぐらい。
これなら新幹線でいいと思った。

小倉からは、北九州高速鉄道というモノレールに乗り
10分ほどで競馬場へ着く。
中山や東京と違い、降りたらすぐ入口というのはいい。

まずはA指定席(1,500円、禁煙)に整理券を受け取って並ぶ。
ゴール前は既に満席で、少し過ぎたぐらいのところが取れた。
(重賞競走の無い日なら、開門の9時に行けば指定席は取れそうです。)



馬券のほうは、安いのは当たる。大穴は当たりません。
武豊が人気で飛ぶのが多かった。(画像は新馬戦クロスブレイク号、8着)
メインレースのKBC杯(オーガストバイオ)も最後に失速した。

最終12Rは薄暮レース、とはいっても16:50。とても薄暮といえる状態では
ないのだが、外に出てゴール前で見る。この日の天気は不安定で晴れたと
思ったら雨が降るという状態だったが、この時間になると、そんなに暑くはなく
風が気持ちよかった。

ゴール前の攻防。(ピントが合っていないが)

最後は武豊のセイシュンジダイ号(2番人気)が勝った。

トータルは予定通り負けましたが、じゅうぶん満足。
また来年。


ところで関屋記念ですが

自分にとって1レース4,000円の投資は、思いきったほうです。
ここは17サイドワインダーに決め込んだ。
1頭流しなんて、滅多にしたことがないのだが。
400円づつ馬連10点買った。馬連というのが、かなり弱気だった。
やっぱりダメかと思っていたら、最後に来たー。
ものスゴイ追い込みだった。
やった、当たった!!
しかし、
一番安いやつが来た。配当900円にガックリ。
3,600円しか回収できず、結局マイナス400円。
疲れたー。


おまけ画像

小倉競馬場のゴール板。
なぜか”ターフィー”&”キティちゃん”になっています。

福岡・小倉レポートPart1-池田綾子ライブイベント編-

コメント   この記事についてブログを書く
« 2005年上半期の話題の注... | トップ | クイーンステークス&小倉記... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事