岐阜 柳ケ瀬お化け屋敷「恐怖の細道」公式ブログ

山口敏太郎プロデュース!岐阜市・柳ケ瀬商店街にて開催されるお化け屋敷「恐怖の細道」の公式ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「恐怖の細道」~消えた子どもたち~開幕!

2019-07-26 01:23:20 | 日記

7月20日土曜日。
遂に、3年ぶりとなる岐阜柳ケ瀬お化け屋敷「恐怖の細道」が開幕しました。

今回、お化け屋敷の舞台として場所を提供いただいたのは、ドン・キホーテ柳ケ瀬店さま。
かつては「岐阜メルサ」としてファッションの発信地であったこのビルは、現在ドン・キホーテ柳ケ瀬店として地域の若者たちが集まる場所となっています。
実は、ドン・キホーテの創業者は岐阜県の出身。今回、私たちの熱い思いに応えて、会場を貸し出していただく運びとなりました。

午前10時、ドン・キホーテ柳ケ瀬店の前にテープと紅白幕付きのやぐらが出現。いよいよ、オープニングイベントのスタートです。

オープニングセレモニーの最初は、テープカットから。左から、岐阜柳ケ瀬商店街振興組合連合会・林理事長、ドン・キホーテ柳ケ瀬店・荻原店長、ご協賛いただいておりますJAぎふ・辻様、「恐怖の細道」プロデューサーの山口敏太郎氏、そして「やながもん」の吉村代表。

プロデューサーの山口敏太郎氏。今回はプロデュースに加えて、会場を盛り上げるべく「ツチノコの干し首」や「ジャッカローブ」といった秘蔵のコレクションを展示用に貸し出していただきました。「恐怖の細道」ご来場の際は、ぜひコレクションも御覧ください。
「やながもん」吉村代表。「岐阜から、地域アミューズメントの価値を再生する!」と力強く宣言しました。実は今回、お化け屋敷の工事が難航し、完成したのがオープン当日の朝3:00!というハードスケジュール。なんとかオープニングイベントに漕ぎ着けたその顔には安堵の表情が浮かびます。
そしていよいよテープカットのセレモニー。これから9月23日まで、魂焦がして「恐怖の細道」を運営してまいります。

が、これだけでは終わらないのが「恐怖の細道」のオープニング。
通用口から、口裂け女が姿を現しました!そう、すっかりお馴染みとなった「口裂け女の歌謡ショー」の始まりです。

歌うのはもちろん、「恐怖の細道」テーマソングである「口裂け女のブルース」。そこには、先日の口裂け女オーディションに合格した2体の口裂け女の姿も。
この歌謡ショーは、今後もお化け屋敷の会場(7F)にて、週末を中心に不定期開催の予定です。お化けと触れ合えるお化け屋敷、というのは全国的にも珍しいスタイルではないでしょうか。運が良ければ、口裂け女たちと写真を撮ることも出来るかも?

最後は、口裂け女6体そろって一礼。ちなみに、ここには登場していない口裂け女も居ます。一体今年はどれだけの口裂け女が登場するのか、それはぜひ貴方の目で確かめてください。

そして、最後はこちらも恒例、「菓子ぶつけ」!
東海地方では嫁入りなどの慶び事があると「お菓子撒き」を行う風習がありますが、口裂け女は容赦なくお菓子をぶつけてきます。
このお菓子をゲットすると、幸運が訪れるとか?
ひょっとしたら、開催期間中に再度「菓子ぶつけ」を行うことがあるかも知れません。その時はまた告知を致しますので、どうぞご参加くださいませ。

***************

「まちおこし」の旗を掲げながら、そして多くの方に開催を期待いただきながらも、「恐怖の細道」を開催することが出来なかったここ2年は私たちにとって悔しい時間でありました。ですが、その溜めていた思いや情熱、そして構想していたさまざまな仕掛けを今回の「恐怖の細道」にぶつけたつもりです。

今まで来ていただいていた方も、初めて来る方も楽しんでいただけるお化け屋敷になっていると確信しておりますので、どうぞ3年ぶりのお化け屋敷「恐怖の細道」に足をお運びください。

※「恐怖の細道」の最新情報は、SNSにて発信しております。フォローのほど、よろしくお願い致します。

「恐怖の細道」Facebookページ
「恐怖の細道」公式twitter

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 口裂け女サチ復活!夜空カフ... | トップ | 帰ってきてくれて、ありがとう。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事