岐阜 柳ケ瀬お化け屋敷「恐怖の細道」公式ブログ

山口敏太郎プロデュース!岐阜市・柳ケ瀬商店街にて開催されるお化け屋敷「恐怖の細道」の公式ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やながもんの唄~祭りのあと~

2017-08-24 10:04:45 | 日記

やながもんの唄「祭りのあと」

 

 

 皆様、今年の「岐阜柳ヶ瀬 恐怖の夏祭り」はいかがでしたでしょうか?
私の感想から言わせていただきたい。

すっげ~楽しかったよ~

 何が楽しかったって、毎年の仲間と会えて一緒に働ける!思い起こせば2011年から一緒に同じ夢を追ってきた仲間たち・・・こりゃあたまらん!汗まみれの血走った目で走り回ってくれる一人一人の仲間たちに想いをはせると、たまらなく愛おしいのです!!

 

 それから、お客さんたち!

 毎年お化け屋敷に足しげく通ってくれた・・・最終日には涙を浮かべながら口裂け女たちとの別れを惜しんでくれた子どもたち、常連の、もはやファミリーとも言えるオッサンたち(片付けともしてくれてありがとう)、そして、今回炎天下の中を並んで「肝試し」に来場いただいた2日間合わせて1300人ものお客様方、本当にありがとうございました、楽しんでいただけたでしょうか?
 また、定員オーバーのため肝試しに入場いただけなかったお客様には本当に申し訳ありませんでした。ごめんなさい。

 それから、柳ヶ瀬の恩人や仲間たち、ずっと応援してくれたTV、新聞、ラジオ、各メディアの方々、皆様のご協力無しでは、この成功は成し得なかったと感謝しております。

 そして、協賛いただいたJAさん、柳ヶ瀬街づくり会社さん、後援いただいた多くの団体の皆様への感謝も忘れてはおりません。

 毎回、手弁当で駆けつけていただいている私たちのプロデューサー山口 敏太郎さんとタートルカンパニーの皆様・・・

 本当に、ありがとうございました。

 私たちは、そういった皆様に囲まれ支えられ、今年はたった二日間でしたが、キラキラしたステキな時間を過ごさせていただいたことを心より感謝しています。

 

 振り返れば2011年の「口裂け女祭り」から足掛け7年を数えるに至りました。お化け屋敷「恐怖の細道」、美川さんを招聘してのイベント、そして本年の夏祭り・・・

 私たち「やながもん」の足跡を振り返るにあたって、一つ皆様にお話しておきたいことがあります。

 

 私たちは我が故郷、岐阜、柳ヶ瀬に想い焦がれ「何かをしたい!」という想いを滾らせて行動を起こした者として、「柳ケ瀬者」=「やながもん」を名乗る市民団体です。それぞれが町おこしとは無縁の仕事を持ち、仕事や生活に四苦八苦しながら生きている者たちの集まり。お化け屋敷を仕事にしているわけでも、イベントを仕事にしているわけでもない、ボランティア性の高い集団です。

 それでも毎年夏のイベントを継続している理由は、やはり「何かをしたい!」という強い思いがあるから。冒頭にも書きましたが、2011年から一緒に同じ夢を追ってきた仲間たち。そんな「やながもん」たちを僕は心から誇りに想っています。

 

 祭りが終わり、いつものように私たちは日常に戻っていきました。

 また次の夏に会えることを願いながら・・・・・・

 

 ありがとう、また会いたいよ!

 柳ヶ瀬お化け屋敷製作委員会「やながもん」代表 吉村 輝昭

コメント

第2回「妖怪プロレスワールドカップ」レポート②

2017-08-21 17:07:59 | 日記

8月14日(月)に開催しました、「第2回妖怪プロレスワールドカップ」レポートの続編です。
果たして優勝した妖怪は?そして前回覇者の口裂け女はどうなった?

第三試合 妖怪プロレスワールドカップ決勝戦
恐怖のミイラ男(エジプト代表)VSキラークラウン(アメリカ代表)

一回戦でジェイソンを破ったものの、ジェイソンの持ち込んだナイフが腹部に刺さってしまったキラークラウン。
やはりダメージが抜けていないのか、入場する足取りが重い。

短期決戦を狙って、果敢に恐怖のミイラ男に攻めかかるキラークラウン。しかしミイラ男にはあまり効いていない様子。
自分からは攻めず、ひたすら攻撃にノーダメージをアピールする、往年のグレート・アントニオのようなファラオ戦法に、
手を焼くキラークラウン。




が、キラークラウンの本業はピエロ。隠し持っていた青いゴムバンドを取り出し、ミイラ男の腕を封じると…



一気にスクールボーイで丸め込み!腕を封じられたミイラ男はキックアウトすることが出来ず。
妖怪プロレスワールドカップ決勝戦は、まさかの短期決着となりました。

○キラークラウン(1分28秒 スクールボーイ)恐怖のミイラ男●
※キラークラウンが「第2回妖怪プロレスワールドカップ」優勝



優勝したキラークラウンには、本大会のプロデューサー・山口敏太郎氏から前回覇者・口裂け女への挑戦権利書が手渡されました。
そう、まだこの大会は終わっていません!メインイベントで前回覇者・口裂け女との最強決定戦が残っているのです。

メインイベント 妖怪プロレスワールドカップ 最強決定戦
キラークラウン(アメリカ代表)VS口裂け女(柳ヶ瀬代表)



不気味なムードを漂わせながら、メインイベントのリングに向かう口裂け女。入場テーマは、もちろん「口裂け女のブルース」。
柳ヶ瀬をホームとする口裂け女は、アメリカからの刺客・キラークラウンを倒すことが出来るか!?

が、いよいよメインイベントが始めるというその時!

「待て待てーい!なぜ今回ワシがエントリーされていないのじゃ!」



マイクアピールと共に乱入してきたのは、前回ワールドカップ決勝戦で口裂け女に敗れた天狗!
そして、その傍らには、なぜか十四代目トイレの花子さんの姿が。

「あれから5年、ワシはお前に復讐を果たすために山ごもりをしていたのじゃ!
だが、なぜこのワシに出場のオファーが無いのじゃ!」

と怒鳴り散らす天狗に対し、

「連絡取れなかったんだから仕方ないですよね」とクールに切り返す山口プロデューサーでしたが、
怒り心頭の天狗はリングに乱入!


挑戦権利書を狙い、キラークラウンと乱闘を始めてしまいます。必死に抵抗するキラークラウンでしたが、



やはり2試合をこなした後の体力面の不利は否めず、天狗のフライングラリアットに轟沈。完全にノックアウトされてしまいます。

△口裂け女(無効試合)キラークラウン△


結果、この最強決定戦は無効試合の裁定に。完全にトーナメントをぶち壊した形の天狗には客席から大ブーイングが飛びますが、
どうあれ挑戦権利書を手にしたのは天狗。この状況に、

「お客さんもこのままでは帰れないでしょう。口裂け女と天狗の一戦を最強決定戦として認定します!」

と山口プロデューサーが試合を認定。特別試合として口裂け女vs天狗の最強決定戦が行われることに!

特別試合 妖怪プロレスワールドカップ 最強決定戦
口裂け女(柳ヶ瀬代表) VS 天狗(日本代表)



急遽決定した、天狗と口裂け女の一戦。天狗にとっては前回大会のリベンジマッチですが、前回大会と違うのは、セコンドに花子さんが居ること。
天狗いわく「日本の妖怪を代表する花子様の力があれば、ワシに負けはない!」とのこと。
どうやら妖怪の世界にも上下関係は存在するようです。



そんな花子さんは、天狗が捕らえた口裂け女を言葉責めしたり、「パンツ見えちゃう★」と言いながらスカートをめくろうとしたり、自由奔放に試合を妨害。



会場の雰囲気を察したか、天狗は超滞空のブレーンバスター!色んな意味で会場がヒヤヒヤしましたが、口裂け女(のスカート)は何とか踏みとどまりました。

一方的な天狗ペースの中盤でしたが、一瞬のスキをついた口裂け女はドロップキックを発射!
そのまま3連発で天狗を追い込み、一気にペースを奪い返します。



が、ここで花子さんがリングに乱入!口裂け女に「ポマード!ポマード!」と言葉責めを連発し、一気に口裂け女は窮地に追い込まれます。

調子に乗った(?)花子さんは、更に某T田議員ばりに「ポマード!このハゲーッ!」と言葉責めをエスカレート。
だが、密かに自身の頭髪の薄さを気にしていた天狗にも精神的ダメージを与えてしまいます。リング上は両選手が悶え苦しむ、というカオスな展開に。

すると突然、「花子のお仕事は終わったから、お家帰るね。天狗頑張って」と言い残し、リングを去ってしまう花子さん。自由すぎるにも程があります。



想定外の事態に勝負を焦り、突っ込んできた天狗をかわし、バックに回った口裂け女は、
前回大会でもフィニッシャーとなった飛びつきスリーパー!(柳ヶ瀬スリーパー)

哀れ、天狗は前回に引き続いてこの技で絞め落とされてしまい、レフェリーストップ。
試合前にゴタゴタはありましたが、妖怪最強決定戦
口裂け女の勝利となりました!

○口裂け女(9分52秒 柳ヶ瀬スリーパー)天狗●



勝利の咆哮をあげる口裂け女。どんなに追い込まれても音を上げない、そのファイトは柳ケ瀬商店街に勇気を与えてくれました。

「私は、この柳ヶ瀬が…好き…。みんなが柳ヶ瀬を愛してくれる限り、私は負けない。」
口裂け女のマイクアピール。その表情には、歓喜と安堵が入り混じっていたように見えました。


というわけで、立ち見を含めて60名超!という大観衆に観戦いただいた今大会。
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。次回大会はいつ開催されるか不明ですが、
またいつかお会いしましょう…。そして、会場をご提供いただいたSPORTS BAR M's Cafe様、そして
解説を務めていただいた山口敏太郎さん、ありがとうございました。

次回ブログでは、メイン会場・金公園で行われたイベントの模様をレポート予定です。お楽しみに!

コメント

第2回「妖怪プロレスワールドカップ」レポート①

2017-08-19 15:22:29 | 日記

「岐阜柳ケ瀬 恐怖の夏祭り」は、無事二日間の開催を終えることができました。ご来場いただいた多くのお客様に心より感謝を申し上げます。
金神社さんの多大なご協力をいただき、「夜の神社で肝試し」という新しい形で開催させていただいた今回のイベントは、ご来場いただいた皆様にはどう映りましたでしょうか?

「肝試し」をはじめ、さまざまなイベントが開催された「恐怖の夏祭り」。このスタッフブログでは、何回かに分けて当日の模様をリポートさせていただく予定です。どうぞお付き合いください。
まずは、立ち見も出るほどの大盛況となった、第2回「妖怪プロレスワールドカップ」の模様から。

第2回「妖怪プロレスワールドカップ」

この「妖怪プロレスワールドカップ」、そもそもなぜ第2回なの?という方も多いのでは。
前回大会は2012年、お化け屋敷「恐怖の細道」開催初年度に開催され、口裂け女・鞍馬天狗・フランケン・砂かけ婆の4選手がエントリー。この時は口裂け女が鞍馬天狗を破り、見事優勝を果たしました。
今回の「第2回」は、前回優勝の口裂け女への挑戦者を決定するべく、5年ぶりに開催された大会となります。前回大会のレポートはこちら。併せてお読みいただけると、よりレポートをお楽しみいただけると思います。



今大会は柳ヶ瀬のスポーツバーM's Cafeにて開催。実況をM's Cafeオーナーのマッキーこと柚原真紀さんに、そして解説を今大会のプロデューサーである山口敏太郎氏に務めていただきました。



そして、試合開始前には「出禁系アイドル妖怪」こと十四代目トイレの花子さんによるミニライブも開催!このライブはこの後場所を金公園に移して延長戦を開催することになるのですが…そのレポートはまた別記事で。

第一試合 妖怪プロレスワールドカップ一回戦
ジェイソン(アメリカ代表)VSキラークラウン(アメリカ代表)

一回戦は、共にアメリカ代表、「13日の金曜日」の主人公ジェイソンと、米国史に残る連続殺人犯、ジョン・ゲイシーことキラークラウンの一戦。
共にサイコな一面を持つ二人の戦いは、当然のようにリング内では収まらず、果てしない場外戦からスタート。



ようやくリング内に戻ると、今度は打撃の打ち合い。ラフな展開が続きます。
埒が明かないと見たか、ジェイソンはリングインの際に持ち込んでいたナイフを持ち出します。
やはりこの二人の対決となると、流血の惨事は避けられないのか!

だが、もみ合いの末ジェイソンはナイフをキラークラウンに奪い取られ、一転して大ピンチ。
真剣白刃取りを試みますが、失敗して大きなダメージを負ってしまいます。



ここを勝機と見たキラークラウンは、一気にランニングボディプレスを叩き込み、カウント3!
キラークラウンが決勝進出を決めました。

○キラークラウン(7分17秒 ランニングボディプレス)ジェイソン●



が、ジェイソンは3カウントを取られる直前にナイフをキラークラウンの腹に突き立てていました。
腹部にグッサリナイフが突き刺さってしまったキラークラウン。このダメージが次の試合にどう影響するか…?

第二試合 妖怪プロレスワールドカップ一回戦
恐怖のミイラ男(エジプト代表)VS赤殿中(徳島代表)

 



一回戦もうひとつのカードは、エジプト出身ながら名古屋のプロレス団体・東海プロレスに所属しているという謎の存在、「恐怖のミイラ男」と、徳島を代表するタヌキの妖怪、赤殿中(あかでんちゅう)の異色対決。
動くたびに謎の粉が体から吹き出すミイラ男と、開始早々「おんぶして!」と連呼する赤殿中。組み合う前から場内は異様な雰囲気に。



多くのお客様にご来場いただき、まさに超満員状態の客席でしたが、構わず場外戦を繰り広げる2体。やはりそこは妖怪ですから。


ようやくリングに戻った両者。赤殿中はしつこく「おんぶして!」とミイラ男におねだり。
この赤殿中、子どもに化けて現れ、道行く人に「おんぶして!おんぶして!」としつこく纏わりつく妖怪なのです。
ここで場内から「おんぶ」コールが発生!プロレス界広しといえども「おんぶ」コールが発生するのは、おそらく妖怪プロレスワールドカップだけでしょう。


恐る恐る、赤殿中を抱っこしようとしたミイラ男でしたが、赤殿中は「抱っこはいや゛ぁぁぁ!おんぶして!おんぶして!」
と駄々っ子モードに突入。仕方なくおんぶの体勢に入るミイラ男。


と思ったら、赤殿中は背後からスリーパー!本来害のない存在とされる赤殿中ですが、このリングに現れた個体はずる賢い悪ダヌキだったようです。


何とかエスケープに成功したミイラ男は、赤殿中に怒りのミサイルキック!強烈に顔面を捉えたこの一撃で赤殿中の動きを止めると、


最後はエジプト王家伝統の秘技、
ミイ・ラ・マヒストラルで3カウント!
恐怖のミイラ男が決勝進出し、キラークラウンとの間で第2回妖怪プロレスワールドカップの優勝を争うことになりました。

○恐怖のミイラ男(9分51秒 ミイ・ラ・マヒストラル)赤殿中●

優勝を果たし、前回覇者の口裂け女への挑戦権を獲得したのは恐怖のミイラ男か、それともキラークラウンか!?

続く決勝戦、そして波乱の展開となった前回大会覇者・口裂け女との戦いは次回記事でレポートします。

コメント

開催まであと1週間!「肝試し」「妖怪プロレス」最新情報。

2017-08-04 19:11:19 | 日記


いよいよ「恐怖の夏祭り」開幕まであと1週間!今年の「恐怖の細道の肝試し」は、なんと入場無料!
ただし、入場には当日配布の整理券が必要になります。


【入場整理券の配布について】

・8/13(日)14(月)両日とも、肝試し入場整理券は15:00より、金公園会場の本部ブースにて配布開始します予定枚数終了しだい、受付終了となりますのでご了承ください。

整理券を入手されたお客様から、ご希望の入場時間をお選びいただきます(17:00~21:00までの1時間単位で指定)。希望時間帯の定員が一杯になった場合は、他の時間帯をご指定ください。

希望された時間になりましたら、放送にて整理券記載のナンバーを申し上げますので、肝試し会場前にお集まり下さい。入場時間は、多少前後することがございます。

・一枚の整理券でご入場いただけるのは、お一人様一回までとさせていただきます。

・同時に入場いただける人数の関係上、1枚の整理券で確保できる枠は4人分とさせていただきます。ご友人との待ち合わせ等で、先に整理券をしたい場合は、上記の旨ご了承ください。

・18時以降、中学生以下の方が入場される際は、保護者の同伴が必要となります。

・夏祭り会場ではアルコール類の販売も致しますが、泥酔状態のお客様は、整理券をお持ちでもスタッフの判断で入場をお断りすることがあります。また、20歳未満の方の飲酒は固くお断り致します。

 今回は、整理券をゲットしたお客様から、順に希望する入場時間帯(17:00~21:00)を選べるシステム。恐いのが苦手な方は明るさのある時間、スリルを味わいたい方は暗くなってから、なんてことも可能です。ただし、入場いただける数には限りがございます。予定枚数の配布が終了しますと、その日はご入場いただけません。今回は2日間限定開催です。入りたいのに、入れなかった…なんてことがないように、早めに整理券を入手くださいね。

 そして、こちらも見逃せないイベント!「妖怪プロレスワールドカップ」のご案内です。



 開催発表以来、多くの反響をいただいております「妖怪プロレス ワールドカップ」。実はこの「妖怪プロレス」、2回目の開催となります。

 2012年に開催された第1回は「恐怖の細道」初年度に開催され、口裂け女・天狗・砂かけ婆・フランケンの4体の妖怪が参加しました。この時のトーナメントでは決勝で口裂け女が天狗を破り、初代チャンピオンになりました。今回開催される第2回は、口裂け女への挑戦権をかけて4体の妖怪がワンデートーナメントで戦います。果たして勝ち残るのはどんな妖怪なのか!?そして迎え撃つ口裂け女の運命は!?激闘の模様は、本イベントのプロデューサーであります、山口敏太郎氏の解説付きでお楽しみいただけます。

 

 そして、昨年の「やながもん音楽祭」にも出現した、出禁系アイドル妖怪「十四代目トイレの花子さん」のライブが電撃決定!ライブ開始は13:00から。こちらのライブは、「妖怪プロレスワールドカップ」のチケットと共通券でお楽しみいただけます。そして、どうやら花子さん、過去に何度かプロレスのリングでイベントを行ったことがある模様。もしかしたら試合中に乱入、なんてこともあるかも知れません?

 現在、前売りチケットの残り枚数が少なくなってきました。ご予約はどうぞお早めに。

 

【妖怪プロレスワールドカップ】
日時:8月14日(月) SPORTS BAR M's Cafe 岐阜市柳ケ瀬通3丁目9番地

12:30 開場
13:00 十四代目トイレの花子さんLIVE
14:00 プロレス入場受付開始
15:00 妖怪プロレスワールドカップ試合開始

※初出時、開場を14:00とご案内しておりましたが、ライブ開催決定に伴い12:30開場と変更させていただきます。
 販売開始以降の時間変更となり、大変申し訳ありませんが、何卒ご了承ください。

チケット:¥2,000(1ドリンク付き)※中学生以下¥1,000

 

チケットのご予約・お問い合わせは、yanagase.obake@gmail.comまでメールにてお願いします。


コメント

やながもんの唄~「岐阜柳ヶ瀬 恐怖の夏祭り」開催にあたって~

2017-07-20 18:50:53 | 日記

 一年ぶりのご無沙汰です。柳ヶ瀬お化け屋敷製作委員会「やながもん」の代表を務めております、吉村です。まず冒頭に代表として、この夏の岐阜柳ヶ瀬お化け屋敷「恐怖の細道」休催をお詫びさせていただきたい。

「ごめんなさい。諸事情により本年のお化け屋敷をお休みさせていただきます」

 

 夏の柳ヶ瀬のお化け屋敷を楽しみにしていただいている市民の皆様、特に子どもたちには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいであります。私たち、柳ヶ瀬お化け屋敷製作委員会「やながもん」は、岐阜・柳ヶ瀬の町おこしを目的として結成された有志団体です。それぞれが自分の仕事を持つ者たちの集まりであり、イベント開催や、お化け屋敷の運営を本業にしている者ではありません。
 そうした中、それぞれのメンバーが抱えている事情、あるいは会場との交渉の不調といった諸事情が重なり、残念ながら本年は「休催」という選択をさせていただくことになりました。どうかご理解いただきたいと存じます。ただ、今回はあくまで「休催」であり、これで「恐怖の細道」の物語が終わったわけではありません。来年以降の復活開催を目指して活動を継続していく所存であります。

 決断をしたのは5月の末のことでした。休催の決断から数日後のある日、とあるラーメン屋のカウンターで一人ビールを飲んでいると、隣の若いカップルの会話が聴こえてきました。

「ねぇ、柳ヶ瀬のお化け屋敷に行ったことある?私は去年やっと行けたんやてぇ~メッチャ怖かったけど・・・なんやろう?メッチャ楽しかったわ・・・今年もあるんかなぁ~?」

 ・・・私は思わず「お~やる!やったる!待っとれ!!」と口走りそうになりましたが、そこはグッと堪えました。私自身、お化け屋敷への情熱は今も変わることなく燃え続けています。それだけに、今回決めた「休催」という判断はとても悔しく、重いもの。
 されど、このアミューズメントが消えた街に対して、この何年かで果たした役割と、責任を改めて感じた瞬間でありました。

 私は、あのキラキラした目で今年の夏を待っていてくれる子どもたちや市民の方々に岐阜、柳ヶ瀬ならではアミューズメントを何らかの形で届けたいと思いました。

 そこで辿り着いた答えが、神社で行う肝試しを軸とした夏祭りでありました。

 話は少しずれてしまいますが、昭和39年生まれの私が小学生だった頃の日常はだいたいこんな感じでした。

朝起きて6:30からのラジオ体操に行く
         ↓
そのまま友だちと遊んでから8:00に朝ごはんを食べる
         ↓
夏休みニコニコ大行進だったか?妖怪人間ベム、黄金バットとか、マッハGOGOが放映されているアニメ特集を昼まで観る
         ↓
昼ごはんを食べてから、学校のプールに行く
         ↓
ひと休みしてから近所の神社で晩ごはんの時間まで遊ぶ

 神社は格好のかくれんぼスポットでありましたし、鬼ごっこや花火ができる素敵な場所でありました。そんな少年時代の記憶を辿っていくと・・・神社で肝試しをした記憶が蘇ってきました。町内の大人たちが設営してくれて夜の神社を懐中電灯をもって恐る恐る進む、怖い・・ドキドキする・・・楽しい・・・なんとも複雑な特別な体験であったのです。
 その後はみんなで花火をしたり、スイカを食べたり、ジュースを飲んだり。肝試しの後の開放感もあって、とても楽しかった少年時代の思い出が私の心に残っております。
 私は、おそらく多くの昭和の少年たちが体験したであろうこの体験をこの夏に多くの平成の時代に生きる少年少女や市民の皆さんに楽しんでいただきたく、2日間限定の「岐阜柳ヶ瀬 恐怖の夏祭り」を企画させていただきました。


コンセプトは「怖くて楽しい夏祭り」。

 これまで開催してまいりました「恐怖の細道」のノウハウを活かした肝試しをはじめ、メイク体験ブースや音楽イベント、フラッシュモブなど楽しんでいただける企画を数多く用意しております。もちろん、口裂け女たちも登場します。

 また、この夏祭りの肝試しはより多くの人に体験していただきたいという思いから無料で行わせていただく事にさせていただきました、さらに金公園での縁日においてはJAぎふさんの好意によって、ぎふ産の農産物(すいか、枝豆、とうもろこし等)の素晴らしさを多くの皆様に味わっていただきたいとの思いからJAぎふ農産物無料配布のコーナーを設けさせていただく予定であります。

 今回の会場になります金(こがね)神社はその歴史を成務天皇の御代(西暦135年)にさかのぼり、長く美濃、岐阜、柳ヶ瀬の歴史を見守り続けた歴史の深い御神徳あらたかな神として、”こがねさん“という呼び名で地域に親しまれている神社であります。私たちは、この機会に金神社のみならず神社が地域に果たした役割や存在を広く知っていただき親しんでいただく機会になればと願っております。

 たった2日ではありますが、長く皆様の記憶に残る楽しい夏祭りになるように、私たちやながもんはこの夏も魂焦がして頑張っていきます!

どうか、多くの皆様のご来場を心からお待ちしております。

                              やながもん

                              代表 吉村 輝昭

 

コメント