パッション120%

さあさあさあ!!
今日も全開で・・・
パッショネイトにイカねーと♪♪

マネーの公理

2018-07-16 22:26:27 | 本・映画・テレビ


お金のことをおおっぴらにするのは
きたないような、欲深いような
あまりいい目で見られないことが多いように思う。


「お金」
生きていく中で、絶対に切り離せないもの
向き合わなければいけないもの
感情を揺り動かさせるもの

義務教育の中で
お金についての勉強をした記憶はありません。
生きていく中で、すごく身近にあるものなのに。
古文とかなんかよりも、よほどに身近だと思います・・・


向き合えばいいんですよね
気になるなら学べばいいんですよね
どっぷりと浸かればいいんです



本書がかかれたのは30年近く前
翻訳されたのも10年近く前
市場の中での儲け方を直接に語る本であれば
化石と言っていいだろう

個別の銘柄や、細かな投機方法を記した本ではない。

心構えを学ぶものであり
人間の感情の動きを説明していき
心理バイアスを理解することであったり
書かれていることは
日常生活に応用可能な部分も多い
長期計画を考えるための
人生指南書としても役に立つだろう

おっと、この本では
投機の長期計画は危険だと説いている。


12の公理から本書は成り立っている。
どれもこれも、自分自身に突き刺さってくる言葉ばかり。
今までの投機経験で
自分が取ってきた間違った(?)行動が
そのままに書き出されている
それだけでも、非常に学ぶところが多く、そして大きい。


リスクについて語っている
何かを得るためには
リスクにさらす必要がある
何も賭けずに得られるものなど
たかが知れている、と語る。

これはお金に限らず
生き方全般において当てはまるだろう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分との約束

2018-07-12 00:30:55 | 日々を歩む
最近調子が良くない

今月に入って、ずっとではないだろうか
もしかすると、先月からかもしれない

原因に気が付いた
「やるべきことをやれてない」

時間の調節を思い通りにできていない
起床時間・就寝時間も乱れている


やるべきことをやれていない
それは私にとって
自分に課した約束を守れていないことと同義である

一日のやるべきことを列挙する
できなかったことは
次の日にまわされる
またできなければ
さらに先送りになる

自分との約束を守れていない
それがどんどん積み重なっている
そうすれば
目には見えずとも
自分の中に、約束を守れていない負の感情が
少しずつ沈殿していっている
それがたまり、身動きが取れなくなっていく
悪循環のサイクルにはまってしまう


らくじゃない
確かにらくじゃない
でも、らくをすれば
後々で苦しくなる
矛盾したような言い方になっているが
それは事実だ

自分の中で決めたやるべきこと
それは自分を成長させるためのものでもある
もっと成長したい
らくはしていられない

自分との約束
破らずにいこう
そうすれば
もっともっと楽しくなる
もっともっと成長できる

甘えちゃいけない
自分に甘えちゃいけない
他に変わりはいないのだから
自分のことは、自分しかできないのだから
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

印象に残らないラーメン

2018-06-26 18:31:15 | 日々を歩む
その日は、夕方から仕事が立て込んでいて
食事をとる時間を作れなかった。

終わったのは日付が変わる30分前

仕事の途中で空腹をかんじ
「終わったら、何を食べようか・・・」
という思考で頭が埋め尽くされる瞬間もあった。

「よし、ラーメンだ」
と、心の中で決めた。
鉄のような固い意志でラーメンを食べることを決める。
浮気は許されない。

帰り道の途中
駅前にバイクを停めて、ラーメン屋さんを探し回る。
滅多に来ない駅。
さらに、時間は夜12時を回っている。
ラーメン屋さんを見つけれど
どこもシャッターが降りてしまっている。

鉄のように固い意志に
少しの亀裂が入りはじめる・・・

と・・・
2軒、営業中のお店を発見する。

気分はこってりだ。
とんこつラーメンのお店の方に
迷わず足を進める。

はじめて入るお店だ。
ヘタなことは考えず
お店の名前を冠したイチオシを選択

真夜中でも、元気たっぷりの店員さんが2人
もうちょっと、声のトーンを落としてもいいのでは・・・
と、思ってしまうぐらいに元気のいい声だ。


空腹であれば、基本的になんでもうまい
空腹時に「マズい」とかんじるものは
私の中では救いようのないものだ。

スープから飲んで、少しばかりの味の濃さはかんじたが
まあ、気に留めずに完食した。
奇をてらったかんじもなく
よくあるとんこつラーメンなかんじだった。

店を出て歩きだす。
まあまあ、おなかはいっぱいだ。

「で、どんなラーメンだったっけ?」

ほんの1分前まで食べていたもの
振り返ったら、何も出てこない・・・

「あ、ちょっとしょっぱかったな」
それ以外、驚くほどに印象が残っていない。

刺さるものがないラーメン

それは本当か?
食べる側に問題があったのでは?
私の感じ方がおかしいのでは?

そんな考えまで巡らせてしまったのだが
ここまで印象に残らなかったラーメンは
今まで出会ったことがないかもしれない。

マズいなら、それはそれで残る
うまいなら、もちろん残る
どっちでもない


後に残らないラーメン
これはこれで
作るのが神がかり的なのかもしれない・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サバープラス

2018-05-23 07:54:25 | 料理・食べ物


SABAR+
サバープラス


サバなのかバーなのか
はたまた
プラスなのか米なのか

そう、どちらもだろう

店内はこれでもか、というぐらいに
サバサバしています。
サバサバサバイバルです。
サバがとってもイバッてます。



ほらね



サバしかおらんでしょ。



背中もサバに預けます。


SABAR(サバー)
様々なサバ料理を出すお店
店舗によって多少業態が異なり
今回は定食メインで営業しているお店

上野のマルイの地下にあるお店です。



鯖の塩焼き定食

ぜんぜんサバサバじゃねえよ
あぶらしっかりのってるよ
レモンと大根おろしでサッパリするけど
鯖だけだと、あぶらたっぷりでパンチあるよ

出汁と薬味もついてきて
お茶づけでも楽しめる
1回で2度おいしいってわけだね♪
ご飯のおかわり自由だし♡

実はここのお店、お米にも注目
「神明」というお米屋さんと
「鯖や」のコラボのお店

噛み応えのある「ぷちぷち玄米ご飯」
(おかわり無料!!)
ふんわりもっちり粘り気のあるお米ではないけど
お米ひとつひとつの食感は、強くかんじれる
(人によっては、硬めにかんじるかも・・・)

たまには、ちょっとぜいたくな鯖ご飯
お茶づけも、かなり美味でした♪



スタッフさんもサバサバ・・・
なんてことはございません。
ご安心を。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パシフィック・リムとハヤシメシ

2018-05-14 21:30:02 | カレー
ただいま、絶賛2作目が公開中のパシフィック・リム
1作目から監督が変わり
ストーリーが引き継がれていないようですが
最近、私はやっと1作目を観ました。

KAIJUという言葉を使っていたり
主演が日本人俳優だったり
蘆田愛菜ちゃんが出ていたり
メカデザインが日本人
そして、監督は日本の漫画大好きな人(らしい)

楽しめたことは楽しめたのだが・・・



ハヤシメシ

もう、これにしか見えなかった(笑)


パシフィック・リム


ちなみにパシフィック・リムは2013年
ハヤシメシは2017年


ハヤシメシとは
みんなご存知カレーメシからの派生商品
れっきとした日清食品の公式(?)キャラクター
ハヤシメシという商品もホントにあります。

そして
ハヤシメシのデザインは
パシフィック・リムのメカをデザインした人。
そりゃあ似るわけだよ。

ってかね、



似せ過ぎでしょ!

映画観ている人なら
このシーンが、パクリ度マックスなことはすぐにわかる。

でもね
ハヤシメシは
怪獣にメシを食わせて落ち着かせる。
そんなコンセプトのメカである。
さすがは日清。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Greatest Showman

2018-05-13 00:39:43 | 本・映画・テレビ

The Greatest Showman

何人からも「この映画は素晴らしい!」
サントラ買った!
DVDも買うつもり!!
そんな声を耳にした。

さらに、近所の映画館では
アンコール上映までされていた!
ナイスタイミング♡

それだけ、人気があるっていう証拠
だって、今月DVD発売されるのに
まだ映画館で上映しているってね!
しかも、平日昼間で、けっこうお客さん入ってた。

ミュージカル映画だから
家のテレビで見るよりも
映画館のスクリーンで見た方が
50倍ぐらい楽しめるのだろう。


ステキ過ぎるよ、ヒュー・ジャックマン
もう惚れちゃったよね♡
ダンディーだわぁ


「サーカスとミュージカルの親和性の高さ」

ここがポイントのような気がする。
どちらも華やかさがたっぷりだし
ありえないようなことを目の前で披露するものだし
非現実感を観客は味わうことができる。


ストーリー
全体を俯瞰的にみると
明るくハッピーな方向性を向いている
頑張れば報われる
どんな人も平等に扱う
家族の絆
仲間たちとの結束
未来は自分でつかみ取れる

そんなかんじだろうか

物語の後半
なんとなくハッピーエンドなのだろうなぁ
と、分かってきた時に反転した

この内容の映画が、多くの人に選ばれている
それって、現実の裏返しなんじゃないの??

今の世の中
頑張っても報われないし
ぜんぜん平等じゃないし
明るい未来は、なかなかつかみ取れないし

今の現実に相反しているものが多い気がした。
現実では得られないから
せめて映画の中では、そんな物語を観たい。
そんな心理があるのではないだろうか・・・

そんな野暮ったいことを考えた。

しかしだ
文句なしに楽しめる映画であることは間違いない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Re又造

2018-05-11 00:56:13 | アート

Re又造

日本画をデジタル技術を駆使して
新たな鑑賞方法で展示されている企画展

作品数30点
その割にはチケットが割高なのだが
展示作品を見てゆけば
それも納得できた

Re使われ方として意味はなんとなくわかるが
正確なそれは理解していない。
「再び」とか「繰り返し」とか
そんな意味なのだろうか・・・
シチュエーションによっても変わってきそうだ。



又造×スバル

企画の展示場は、スバルビルの中
見事にラッピングされた車だ
前も横も後ろも又造デザインが施されている
しかも
この車、実際に走るのだから驚きだ。



春秋波濤

作品をデジタル映像化し
空間レイヤーで、表現されている。
作品の中に入ったような感覚を味わえる。



墨龍  雲龍図

「墨龍」 山梨の久遠寺
「雲龍図」 京都の天龍寺
2つの天井画が、実物大で
同時に再現されている
まさに圧巻



火の島

又造の内面の感情・感覚をはじめて作品にぶつけた傑作
横は3メートル半を越える大作だ。
それがデジタル映像として展示されている。
なんと作品が揺らめいている。
赤い島がゆらゆらと動いているのだ。


おぼろ

G7伊勢志摩サミットで展示された陶板の作品
空間全体が作品となっていた。
周りには桜の花びらが舞い散るような
デジタルアートが投影されている。
写真では青白くなってしまっているが
ピンクの桜がはらはらと散っている。
揺らめくろうそくのような灯り
手前の下は水面のようになっていて
作品が反転して映し出されていた。
静謐でいて、なおかつ上品
しかし、気持ちが落ち着く空間でもあった。
何度も戻って、この作品を味わっていた。


デジタル技術によって、映像化され
展示されている作品たち
素晴らしいとは思うのだが
作品自体の力というか
情念のようなものは伝わってこなかった。
本物ではないから当然だろう。


自分の思いをぶつけて描いたとされる「火の島」
展示されている空間は、その作品一つ
空間全体が赤くなっていた。
その場所に入った瞬間は
少しあとずさってしまったぐらいだ。
しかし、その作品を目の前に対峙していても
あてられるような感覚は起きなかった。
映像化されているから、そんなものは削ぎ落とされてしまっている。

墨龍、雲龍図の実物は、もっともっと力に満ちているのだろう。


デジタル化によって失われるもの・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルーティンの再構築

2018-05-04 15:23:55 | 日々を歩む
4月はボロボロだった。
やるべき事がほとんどできていない1か月

「イレギュラーなことも多かったから仕方ない」
実際にそうだとしても、それは言い訳に過ぎない
5月もイレギュラーだらけかもしれないわけで
また同じ言い訳をすることになると
一生それが続く。
腐った人間の出来上がりだ。

自己評価
43点


コツコツ毎日やるべきこと
「こなすべきこと」
と言ってしまうと、義務的な感じが強くなってしまうが
自分で決めたやるべきことなので
自らに課した義務でもある。
まあ、43点なので半分もできていない。
実際できていたのは1/3ぐらいなものだ。

改めてルーティンに落とし込む必要が出てきた。
一度、日常に落とし込むことができれば
その後は、たいした苦になることはない。
だが
その日常に落とし込むまでが
まあまあ骨が折れるのだ。
意志を強く持たなければいけない状況が続く。

らくなこと、かんたんなこと
目先のことに心を奪われず
少し先、もっと先のことをイメージし
やるべきことを続けいていくことで
得られるプラスのことを考えなければならない。
目先のらくに負けぬように。


自分自身との問答になる。
「自分はどうしたいのか」
それを問い、行動を選ぶ。
全ては自分次第なのだ。



5月の目標自己評価
80点だな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボリカレー

2018-04-29 23:34:00 | カレー

居酒屋ちどりでボリカレー


半年ぶりぐらいでしょうか?
毎週水曜に開店していたカレー屋さん
店主ボリさんの都合上
長らくお休みでした。

先日行こうとした行きつけのピザ屋さんが
お休みだったので、そこに向かう途中
チラッ見ると、ボリカレーの看板が!!!

自転車で勢いよく通過したのですが
5秒ほど考えて、さらに勢いよくUターン♪
ピザはまたまた今度~



チキンカレープレート

以前食べた時よりも格段においしい!!

カレーもうまいが付け合わせのバランス感がバツグンになっている!

やさしい味で、スパイスのパンチをリセットしてくれる
3種の豆の炊いたの

ピクルスのようなとってもすっぱさのある
ナスの炒めもの(和え物?)
全体の引き締め役なかんじ


ジャガイモとカブの茎の炊いたの
ジャガイモのほっこり感だけでなく
カブの茎の苦みがしっかり効いている!


カラフルな彩りも見逃せない部分!
見た目のおいしさ大事です。
ワンプレートで魅了するには
配色バランスも大事!

ムラサキタマネギ
パクチー
ピンクペッパー

お米は粘り気の少ない北海道米
ターメリックライスと普通の白米
別々に炊いてミックスしています。

細かなこだわりが随所に散りばめられています


そして、ここが一番のポイント
食材の味であったり
味覚の違いがしっかりと感じ取れたこと。

カブの茎の苦味
ナスの酸味
カレーの塩味
お肉の甘味

いつもそこまで感じることはない気がする・・・
なぜだろうか??

店主ボリさんと食材について話しながら食事できたことが
理由の一つかもしれない。
食材一つ一つ、詳しく聞きながら食べること
当然、味を感じようと意識が高まることになる。

「あれ、昨日食べたセロリの葉と
パクチーの味って似てないか?」
味の記憶の照らし合わせ♪

「ただ食べる」ことが
とても豊かなひとときになったこと。
お店を出た後にうれしく思えた。


今のご時世
食事って、カンタンに済ませることが多いように思う。
豊かな食時の時間をたくさん持つことができれば
人としても豊かになれそうな気がするね。



ポークビンダルー

酸味と辛味を強く出すのが一般的だが
どちらも少し抑えめで
後味で肉の甘みが口に広がる
驚きの逸品でした!


ボリカレー← クリック
次の営業日は未定です。
Twitterでチェックしてみてください!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PASSION FASHION COLLECTION 25

2018-04-08 00:56:52 | FASHION


ハートのモチーフを
アイヌ文様でアレンジしてある。
そんなカーディガンを見つけて一目惚れ♡
インスタグラムを通じて
はじめて商品を購入しました。



胸・袖口・裾
ハートだらけです。
普通のハートマークだったら
けっこうイタイ洋服になってしまいそうだけど
アイヌ文様にアレンジされたことで
とてもクールなカーディガンに変身しています。
見事なものです!


道産子の私としては、気になる部分。
直接アイヌの人と関わる機会はなかったのだけど
関心が向くのは確かです。

実はネックレスもアイヌのデザイン。





絵柄のついたストールなので
これだとちょっと
ハートのデザインとケンカをしているような気がします。
アイヌ文様を強調するには
ストールはない方が映えますね。
配色的には、ブルーが入っている方が
全体のバランスがいいようにかんじますけど・・・


女性もののカーディガンなので
ちょっと袖丈が短め。
その部分は
バンクル&ブレスレットでカバーできるかな?

なんにしても
お気に入りの一枚になりました♪

他にもたくさんアイヌ文様のお洋服にアイテムが揃っています。
EZONA ←クリック
コメント
この記事をはてなブックマークに追加