Lignponto

ある物観の旅の記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本人のための平和論(Paco teorio por japana:People's peace)

2017-07-09 15:30:22 | 読書感想文
著者:ヨハン カルトゥング(Johan Galtung)

発行所:ダイヤモンド社

以前からカルトゥング氏の著作に興味がありましたが読んでいませんでした。

カルトゥング氏は、平和学の父と言われてます。

最新刊は、日本にとての米国、北東アジアの国々、ロシアとの関係改善のために取り得る政策についての代替案を提示してあります。

読んでいて非常に示唆に富んだ内容だったと思います。

現在、これからの日本について考えるのに良書かもしれません。

個人的には、必要箇所を再読したいと思っています。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« サイバーテロ(Cyber teroris... | トップ | 科学と宗教と出会う時 Kiam ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書感想文」カテゴリの最新記事