v6くるくる日記

「幸せな社会のための技術を語りたい?」日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タイIPv6サミット

2006-05-04 17:55:06 | IPv6

連休をつぶして、タイのバンコクに出張に来ています。

思うと毎年、ゴールデンウィークは海外出張です。去年はICANN Address Councilの会議がアフリカのレジストリであるAfrinicの会議(APNICのアフリカ版)に併設されていて、モザンビークまで行きました。AfrinicがICANNから認定されてから最初の会議でして、北米、南米、欧州、アジアからAddress Councilが集まり、ある意味で「Afrinic設立おめでとう!」という雰囲気の会議でありました。シンガポールで1泊し、そこからヨハネスバーグ(南ア)を経由してマプートというモザンビークの首都まで、とても長い道のり。まあ、二度といくチャンスはないでしょうね。その前は、毎年RIPE会議(これはAPNICの欧州版)に出かけてました。


今回は、Thailand IPv6 Summitで招待講演をするのと、Asia Pacific IPv6 Task Force(APv6TF)の会議を仕切るためです。

発表は今さっき、終わりました。NTT西日本の光プレミアムサービスをはじめとして日本では商用のサービスが提供されていて、ユーザがそれと気づかぬままにIPv6が進んでいる現状を紹介し、いつもの3つのIPv6 Deployment Modelとその例を説明しました。メッセージとしてはキラーアプリをいたずらに求めるのではなく、ちょっとした効率アップやコストダウンをモチベーションにIPv6を進めることができるだろうという内容です。

APv6TFは今日の夕方の予定。書くべきことがあれば、のちほどご報告しましょう。

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« IPv6素朴な疑問集その8 「I... | トップ | バンコクにて(I) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

IPv6」カテゴリの最新記事