v6くるくる日記

「幸せな社会のための技術を語りたい?」日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1989年発行のNewton別冊を発見して

2006-07-23 02:25:19 | IT社会論とでもいうべきもの

ちょっと書棚を整理していたら、1989年に発行されたNewton別冊「21世紀はこうなる」というのがでてきた。個人用のチューブで行き来する未来都市とか、宇宙への進出だとか、人口比率の変化のトピックとか、まあ書いてありそうなことが書いてある。

で、通信については。。。。。
いわく、「マルチメディア切り札、統合ISDN網であらゆる種類のトラフィックを統合的に、効率的に配信できるようになる・・・」 いたたー。
「電話も進化する。」 テレビ電話、会議電話、自動車電話・・・といろいろ写真やイラストつきで。自動車電話とかはステアリングの中央部に電話機が内蔵されている(笑)。しかし、さすがに「電車の中でメール、ゲームやってたり、音楽きいてたり」、「コンビニで支払いしてたり」がないのは仕方ないにしても、どこをみても単に「歩きながら電話」というシーンのかけらもない。いたたー!

たった、10年ちょっとだゾ。故竹内均先生のイマジネーションがそんなに貧困だったということもないのだろう。むしろ、本当にこの分野が想像も付かないように進んだのだと思う。googleなんて単なる優秀な検索エンジンと思っていたのは、ついこないだのことだ。

この世界で仕事をしていると結構、変化が連続的なんだけど、ふと15年前を振り返るとすごいギャップがある。このNewton特別号が編纂された80年代後半と言えば、私が入社したころ。思い返すと、インターネットのメールやニュースでは、漢字も使えず、Roma-jiか、Englishで書いていた。それでもアメリカにいる研究者とかに一日後にコンタクトできるメディア(エアメールなら1週間)に素朴な驚きを覚えたものだ。

さて、これから10年、15年どういう変化が起こるのか。いや、われわれが創っていくのか? つくづく面白い時代に生まれて幸せだと思う。

 

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 食の安全あれこれ | トップ | 経験的なSNS論(1ヶ月経過編) »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
古い雑誌って捨てられないです。 ( エンディ)
2006-07-31 17:41:41
確か、家には1985年の科学博のニュートンがあったはずです。

1985年はその科学博で、科学でもなんでもないお饅頭とTシャツを売っていたのはこの私。

89年というと、マッキントッシュでローカルネット作って、シスコがウンウンうなっていて、LANが引けずにターミナルサーバでつないでた時代ですね。

でも、あのころの方が相対的には知識は豊富だったような気がする。

エンディ@会社でプログラムかけないし。
相対的な知識量 (v6くるくる)
2006-08-02 15:32:56
相対的にみて知識が減っている、するどいですね。確かに私の実感でも、世の中とか仕組みが複雑になりすぎて、自分のもっている知識が「相対的」に足りない、知識だけでなく能力が「相対的に」足りない、気がしています。

これからの世の中は個人ということにもっとフォーカスがあたっていきますが、エンディさんのコメントをみて、それってつまり、個人と個人の連携・協調の重要さが再確認できた気がしました。
直感を信じる (tetsu)
2006-08-17 14:22:39
NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」という番組で、脳科学研究者の茂木健一郎さんが、直感についてこう語っておられました。



「最近の脳科学では、直感が大事だということが分かってきています。直感は、自分の経験、価値観、思いなどを、総合的に脳が無意識に判断して出した答えなのです。だから、壁にぶつかった時や重大な決断を下すとき、論理的思考よりも、直感を信じて行動することが大事です。」



「相対的に知識が足りない」というのは昨今のメディアを見ても、分かる気がします。



そして、何のための”知識”なのか、と考えたとき、それ以上に、自分らしさである”価値観”や”思い”を、大事にしたほうがいい、ということを”直感”が、気付かせてくれようとしているのかもしれません。

コメントを投稿

IT社会論とでもいうべきもの」カテゴリの最新記事