漢和辞典ファン日記

初心者ですが漢和辞典ファン。漢和辞典に見つけるあれこれを記事にしてまいります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

俳句の「俳」は芸人の意味?!

2009-04-16 14:53:52 | 日記
books from amazon最近ちょっと俳句の勉強をしています。自分で作りたいってんじゃなくて、芭蕉なんかをちゃんと解釈したいんですよね。不勉強にして、今は有名な句しかわかりません。過去にも何度か勉強しようと思ったことはあったんだけど…。

そんなこんなで「俳句」の「」の字を漢和辞典で見てみたんだけど、こりゃあ驚いたな。

『新漢和大字典』によると「」は会意兼形声。そこには驚かないけれど、続きに驚いた。曰く「非は、羽が右と左に逆に開いたさま。…俳は『人+音符非』で、右と左にわかれてかけあいの芸を演じる人。のち、訳者をいう」。

むむ。コンビ漫才のことなのかよ!

あまりに意外なことが書いてあるんで辞書一冊では当然不安。だから『漢辞海』なんかも見てみるんだけど、まあ似たようなことが書いてある。

俳諧って語ももともと「おもしろい言葉」とか「冗談」ってな意味だったそうな。まあ日本語の俳句ももともとは言葉遊びみたいなところがあったみたいだしな。俳優という語も「芸人」とか「道化役者」の意味だったとのこと。

ちなみにいずれの辞書でも日本風の「俳句」なんかは日本語用法ということになっています。あ~、驚いた。

芭蕉俳句集 (岩波文庫)
松尾 芭蕉 中村 俊定 岩波書店 売り上げランキング: 71816
おすすめ度の平均: 5.0
5 子供のような<求道者>5 芭蕉俳句集成の貴重なテキスト
コメント   この記事についてブログを書く
« 「及」は肩に手がかかる象形... | トップ | 割り算の答えは「商」だが… »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事