漢和辞典ファン日記

初心者ですが漢和辞典ファン。漢和辞典に見つけるあれこれを記事にしてまいります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「餡」とは何か。

2009-04-10 11:34:30 | 日記
bean jam bread or anpanどうやら日本語の「餡」は英語では「bean jam」というのかな。辞書に載ってただけだから、一般にそう言われるのかどうかはわからないけど。

で、「日本語の」と書いたのは「餡」を「あんこ」や「くずあん」と理解するのは日本語用法だと書いてあったから。じゃあ本来はなんだよと言えば「まんじゅうなどの中に入れる、甘い物や肉・野菜など」(新漢和大字典)。

のわっ。てえと中国じゃあ「あんまん」も「にくまん」も、みんな「あんまん」なのかな。ってか、日本風のあんまんってのは日本にしかないものかな。

まあ、好き嫌いが多くて中華料理はほとんど食べられないんだけど、確かに「餡」をそのような意味で使うことがあるのは知っている。

ちなみに「あんかけ」ってのはなんだろうな。中国語風の意味で野菜やら肉やらがかかってれば「あんかけ」なんだろうか。そう思って『広辞苑』を見てみた。すると「くずあんをかけた料理」とある。む~ん「くずあん」ってなんだ。なんとなく日本風な「餡」のイメージもするけど、それはたぶん違う。中国風の餡の「のこりもの」みたいなイメージかなあ。

そんな馬鹿なことを考えつつ「くずあん」をやはり広辞苑で見てみた。「葛粉でとろみをつけた餡」だとのことだ。ただそれだと日本風の「餡」との違いが(すくなくともぼくには)わからない。続きを読んで納得した。「だし汁を醤油・味醂などで調味し、葛粉を水で溶いたものを加えて、混ぜながら煮立てて透明にする。餡かけ料理に用いる」とある。なるほどなあ。

ちなみに「調味」という単語を自分で発したのは二十年ぐらいぶりだな。もちろん「調味料」という形では使ってたけど「調味する」と動詞で使ったのは本当に久しぶりだ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「髪」は「長い友だち」だっけ? | トップ | かわいそうな「熊」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事