漢和辞典ファン日記

初心者ですが漢和辞典ファン。漢和辞典に見つけるあれこれを記事にしてまいります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

割り算の答えは「商」だが…

2009-04-20 13:04:47 | 日記
do you like math ? もしかして「和差積商」という言葉も死語になったかなあなんて考えていたんだけど、今でも算数で教えるみたいですね。

で、いつ聞いたのか忘れたけど「」という言葉は商(殷)が滅ぼされたとき、生き残った人々が商売を主に生活するようになって、その際に算術が必要となったからだという話を聞いたことがある。ずっと「本当かなあ?」と思ってたんだけど、そうか、漢和辞典でチェックすれば良いんじゃんね。

『新漢和大字典』を見てみた。曰く「殷人は…周に滅ぼされたのち、その一部は工芸品の行商を業とし、中国に商業がはじまったので…」。

ははあ。割り算の答えとしての「商」の成り立ちじゃないけれど、周に滅ぼされた商ってのは合ってるようだ。関係しそうだってことで割り算の答えを「商」と呼び始めたのは、一応ストーリーとしては納得しやすいかな。

ちなみに「士農工商」に引きずられるわけじゃないけれど、熟語の中に「商」が出てくると、なんとなく「形而下の」なんていう意識も持ってしまう。否、これはあまりに個人的な印象かな。だけど「商量」という熟語もある。

『日本語漢字辞典』では用例として漱石の『明暗』を挙げてる。「彼はお延に事情を打ち明ける苦痛と、お秀から補助を受ける不愉快とを商量した」。

む。これは文脈によっては形而下は形而下かもしれないけれど、字それ自体に対する印象は改めなきゃな…<だからそんな印象を持ってる人は滅多にいないってば…

明暗 (岩波文庫)
明暗 (岩波文庫)
posted with amazlet at 09.04.20
夏目 漱石
岩波書店
売り上げランキング: 53596
おすすめ度の平均: 5.0
5 明治人の人間関係描写が秀逸
5 明暗の意味
5 ソリストだらけの協奏曲
3 久しぶりの漱石で明治時代を再認識した
5 続きを読みたい絶筆(「続明暗」は読みたくないけど


わり算わかったよ (算数たんけん)
まつい のりこ 松井 幹夫
偕成社
売り上げランキング: 540237
コメント   この記事についてブログを書く
« 俳句の「俳」は芸人の意味?! | トップ | 「駄」は本来「つまらぬ」の... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事