TOYS倉庫

映画と本と関連フィギュアをマイペースに語ったりレビューしたりする憩いの場所

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホットトイズ ダークナイト ライジング キャットウーマン/セリーナ・カイル

2013-11-26 00:00:00 | バットマン


何気に再編集更新を続けていましたがこの更新で一区切り最後はダークナイトライジングからセリーナカイルのレビューです!!
今回は再編集ではなく完全新規レビュー!ダークナイト関連のレビューでセリーナだけ抜けていたのでここは補完しなければ、と思い久々にちゃんと撮影してみました



パッケージはベインと同じデザイン、サイズもコンパクトで置き場にも困らない親切設計
これぐらいのサイズが場所を取らなくて丁度良いよね





・全身

非常に薄手の素材を使用して衣装を再現、可動もほどよくしますしクオリティの高いバットマンやベインと並べても遜色ない辺りホットトイズの女性フィグの出来もよくなりましたねっ
画像だと玩具っぽさが出てしまいますが実物はグッド!可動と見た目の両立にしっかり成功しています



可動もバットマンよりも幅広い範囲を誇っていますし着膨れ感もなくすげぇっ





・HEAD

ゴーグルを付けないと髪の毛が広がり気味になる為よりドールっぽさが強調されてしまいますが
ゴーグルを取り付けてしまえばどこから見てもアンハサウェイのセリーナにしか見えません!!

お顔自体そっくりですがメイクが若干違和感があるっぽいので目の周りが隠れるゴーグルを装着することで素顔で感じる違和感を消しています
画像より実物の方が良い出来、といったパターンのフィグと言えますね

女性フィグのクオリティも上がってきているのを感じますよ



ゴーグルは画像のように可動し展開。かなり細く小さいパーツの可動なので破損しやすいと思いますから取り扱い注意!!



・付属品

・ハンドパーツ各種
・ハンドガン
・ゴーグル
・スタンド

今回購入したのは通常版の為以上が付属品の全てですがトイサピ限定版にはバットマンのマスクが付属



地味ですがここは外せない劇中でも印象的なハイヒールもしっかり再現
これがなければセリーナじゃないぜっ

その分安定性は若干犠牲になっている感じもしますがスタンドがあるので問題ないっす







・総合

バットマン、ジョーカー、ベインに続きリリースされたセリーナ/キャットウーマン
購入する前は正直不安が結構ありましたが結果的にはダークナイトライジングとしてホットトイズから発売されたフィグに外れ無しと言えるクオリティがセリーナにもありました

他のキャラに比べフィグ自体も付属品もボリュームはありませんが必要最低限のラインはきっちりクリアーしているので問題ないでしょう
植毛も他のキャラだと取り扱いが面倒ですがキャットウーマンの場合ゴーグルで抑える為まとめやすいメリットも

ホットトイズのダークナイトシリーズを集める上で外せない主要キャラクターの一人でもありますし実際に手に取ればいかにクオリティが高いかを実感できるのではないでしょうか



SCULPT ★★★★☆(4.0/5.0)
PAINT ★★★★☆(4.0/5.0)
OUTFIT ★★★★☆(4.0/5/0)
ACCESSORIES ★★★☆☆(3.5/5.0)
PACKAGE ★★★★☆(4.5/5.0)

TOTAL ★★★★☆(4.0/5.0)
コメント

ダークナイト・ライジング ジョン・ブレイク ZC TOYS NYPD グレゴリー その2

2013-11-22 00:00:00 | バットマン


ZC NYPDレビューの続きとして&新しいヘッドとキットバッシュの合体な記事ですっ
上の画像通りヘッドだけリリースされたそっくりさんヘッドを使いNYPD衣装とホットトイズゴードンの衣装もミックスし完成するのが今回紹介するジョンブレイクだぜっ



パッケージは非常にシンプルでこんな感じ



・HEAD

新興メーカーですが安定感のある塗装と造形で侮れない
よく見ればしっかり下眉毛まで再現しているしホットトイズの上げ続けたクオリティを無名メーカーも追いつけ追い越せと頑張っているのを感じる事が出来ます

今の量産品の塗装技術って凄い
赤みやそばかすもしっかり塗装、いやはや数千円のヘッドでこの塗装、良い時代だっ

顔も頑張ってる!他にも少し笑顔なジョセフヘッドもありますがシリアスな表情の方がキャラに合っているのでこちらをチョイス現状選択肢が2つしかないのさ





・衣装

衣装は上記でちらっと書いた通りZCのNYPDとホットのゴードンのミックス、装備類はまんまNYPDから流用
ショットガンはホットトイズ製、素体もホットトイズナロードショルダータイプ

スリムでも良いかなと思ったけどジョセフさん脱ぐと結構マッチョだったのでスリムだと変かなと着やせするタイプだね
あと身長的にベインと同じサイズにしたかったのも理由

実は役者さんはベインもジョンブレイクも同じ身長なのです
キャラのイメージではベインの方が大男でジョセフさんは華奢な人ってイメージなのにねっ







その内ホットトイズから出そうな気もしますが早くジョンブレイクが欲しかったのでキットバッシュしちゃいました
そしてするからには現状再現出来る限り忠実に、格好良くが目標でした

自分的には満足したので良しとしよう!!



コメント

ホットトイズ ダークナイト ジョーカー 2.0 DX11 限定版 ゴッサムシティサグ(サッグ)&起爆スイッチ

2013-11-20 00:00:00 | バットマン


ジョーカー2.0続いてのレビューは限定版に付属するピエロマスク&起爆スイッチの紹介!



・ピエロマスク

ダークナイト冒頭で銀行を襲撃したジョーカー以外の一味の中で一番台詞があり目立っていた暴漢(サグ)のマスクが付属しています
銀行強盗ジョーカーのマスクとほぼ同様な作りですが塗装が以前より進化していると言えばしている感じか
でも飛び抜けて凄い訳ではないのでおまけとしては嬉しいかな、といったレベル

劇中と比較すると全体的に丸い感じ、本物はもっとゴツゴツしつつ細めです
あとサイズが結構大きめなので劇中まんまとはいかないのが惜しいっ

後頭部にあるゴムは再現されていませんが取り付ける分には適度な硬さと柔軟性があり何も付けなくても被せた状態をキープ出来ます
このマスクの最大のメリットはこれがあれば後はキットバッシュで劇中に登場する脇役を完成させる事が出来ること



・起爆スイッチ

劇中クライマックスで船に乗る乗客と囚人双方の運命を握るスイッチを公式では初の立体化(非公式では2度ほど立体化しています)

起爆スイッチが入れられた箱は紙製、スイッチは綺麗に塗り別けられており良い感じですがさすがにオマケの域は出ませんね
あれば嬉しいけど無くても困らない、そんなパーツかと



・サッグのキットバッシュをしてみよう

手持ちのパーツや衣装でそれっぽくキットバッシュしてみた画像がでっす
マスクが前方向に結構出ている造形なので中にある顔がマスク表面まで届き辛く目の穴から眼球が綺麗に覗く様な感じにするのは難しいねっ







・総評

ジョーカー2.0限定版ならではの遊びが出来るおまけなのでキットバッシュする人にとってはプレイバリューがある程度あるかと
もういっその事ピエロマスクだけ全部セットで販売してくれても良かったような気もするけど…

コメント

ホットトイズ ダークナイト ジョーカー 2.0 DX11 再編集版

2013-11-19 00:00:00 | バットマン




ついにリリースされたホットトイズ4度目となるジョーカー2.0
4度も手を変え品を変え販売されていると言う事は人気を感じられる訳で現在の技術で再現されたジョーカー、期待しないわけが無い!
それではレビュー行ってみましょー!!



・衣装

今回のジョーカーはKATOさんプロデュースの衣装も売りの一つ
彼の衣装は一着所有していますがさすがにハンドメイドのアーティスト作だけあり非常に丁寧な仕事でした

今回のジョーカー衣装はさすがにそれと比較すると量産品レベルに落ちてしまっている部分を感じてしまいますがそれは比較した場合でして
逆に言えば量産品として見ればかなり健闘、進化していると思います

コートは質感がDX01から全くの別物、質を向上させて生地自体の厚みが増しています、計4枚重ね着をしているのに一番上にこんな厚みのあるコートを着せてそれでも着膨れしない辺りさすがの一言
中に着ているジャケット(スーツ)も綺麗なシルエットでグッド
パンツも個人的にDX01で実物と比較して見た時に感じていた細くしフィット感を出せば良い訳じゃないんだな、といった印象を見事にイメージに近づけています
フィットし過ぎない、太すぎない緩やかでいて綺麗なラインがしっかり感じられ文句無し







全体的な色味が明るい感じに変更されましたが個人的には大歓迎、ただしDX01が良いという方もいますし最後は好み?

靴も造形からライブに変更されリアルに

素体も今回新しい物が使用されジョーカーらしいボディラインの再現に一役買ってくれています
腕だけアドヴァンス系タイプが使用されているので袖をまくってもリアルな造形の腕が露出され取調室シークエンス再現に抜かりなしといった感じ
足首が旧タイプに変更されている為可動し辛い違和感を感じるかもしれませんが可動ポイントを把握すれば特に問題はないかと



・HEAD

最初に受けた印象は銀行強盗ジョーカーノーマルヘッドのリメイクがDX01で同じく銀行強盗ジョーカーのオールバックヘアーヘッドの進化系が今回の2.0ヘッドなのかな、と
正直表情のチョイスがホットトイズは毎回に似ているものを選ぶのが残念ですが似ている表情だからこそ進化もよくわかります

DX01で違和感のあった眼球の質感はシリーズが続いていく内に改良が続けられ今では違和感を感じない程進化をしています
その進化をジョーカーにフィードバックした訳ですから今回の2.0に関してはそういった違和感やおもちゃっぽさが一切無くなりました

高解像度のカメラで撮影したアップの画像を見るとフェイスペイントの所々に印刷によるものとわかる部分はありますが肉眼で見るサイズならば全く気にならないので減点評価にはならないでしょう
幾度と無くリリースされてきたジョーカーなので新鮮さは感じませんが背面の髪の毛モールドも以前の物より遥かにリアルでシャープな造形になっていますし技術力の進化を様々な部分で見て取れます



・HEAD2

二つ目の笑い顔ヘッドは今まで真顔がほとんどだったホットトイズ商品とは思えないくらい大笑い表情で立体化
歯や口内がはっきり見えるほど口を開いたヘッドは意外と無いので新しい挑戦なのでは?

メイクの崩れ方もこれが量産できるとは…と思える質感ですし今回のジョーカーから新しく加わった汗によるテカリも良い感じ(人によってはテカリは嫌かもしれませんが)
取調べ室のジオラマ背景はこのヘッドの為と言って過言ではないでしょうから売りの一つであることは間違いありません



・付属品

・グロック17
・MK760短機関銃
・レミントンM870(NEW)
・ナイフ
・バタフライナイフ(NEW)
・小型ナイフ?(NEW)
・靴の隠しナイフ×2(NEW)
・鉛筆(NEW)
・手錠(NEW)
・札束
・ジョーカートランプ14枚
・取調室ジオラマペーパー(NEW)
・テーブルとライトと椅子(NEW)
・ハンドパーツ各種
・DXライトアップスタンド

さすがDXといった感じの大ボリューム、ただでさえ大きなパッケージのDXシリーズですが今回の商品、収納を相当コンパクトにしてあるにも関わらずいつもより若干大きくなっていました







靴の隠しナイフは小さな穴がソールとのつなぎ目にあり差込式になってま~す



レミントンや靴の隠しナイフは特に劇中での印象にも残っているので嬉しい付属品だと思います
取調室シークエンス再現の為相当ボリューミーな付属品が多数付いているのが凄い

画像を見ていただければわかりますがテーブルのライトは足がしっかり可動、しかも金属製で折れる心配無し
ケーブルはテーブルの裏に差込、ライト自体は磁石でがっちり引っ付きます

ナイフ類もスライドやバタフライナイフの可動をしっかり再現
最近のホットトイズ製品は銃器等に塗装されているシルバーの発色と質感が非常に良いのですが今回もしっかり受け継いでいますね







バットマンがあれば劇中の1シーンを自宅で再現出来るぜっ







鉛筆はテーブルに専用の穴が開いているのでそこに差込ましょう!



商品に鉄パイプとRPGロケットランチャーは付属していません



・総評

出す度にホットトイズの進化を感じるジョーカーですが今回もさすがの一言
フィグ本体、ヘッド、衣装、小物、質、ボリュームがこれまでリリースされたジョーカーの中で一番高いのは間違いありません

ダークナイトライジングのバットマン、ベインの素晴らしいクオリティに負けないのは素直に嬉しい
きっと今回で最後になるであろう(もうさすがに当面無いよね)ジョーカー、買って損になる事はない!!

ただし手に取った時の感動や新鮮さがこれだけのクオリティでありながら薄いのは4度リリースされたて来たデメリット
とは言うものの全て購入してきたから感じる印象なので最初に今回のジョーカーを手に入れる人は幸せ間違いなし!

ホットトイズのジョーカーを1体だけ買うならどれと聞かれれば今回の2.0!



SCULPT ★★★★☆(4.8/5.0)
PAINT ★★★★☆(4.8/5.0)
OUTFIT ★★★★☆(4.9/5/0)
ACCESSORIES ★★★★★(5.0/5.0)
PACKAGE ★★★★☆(5.0/5.0)

TOTAL ★★★★☆(4.9/5.0)
コメント

ホットトイズ ダークナイト・ライジング バットマン 再編集版

2013-11-16 00:00:00 | バットマン


前倒しのリリースには驚きましたが待ちに待ったダークナイトライジング バットマンがやってまいりました!それではレビューご覧下さい!!



パッケージは見慣れたいつものDXシリーズ仕様
地味にパッケージもお金かかってるよねDXシリーズ、シンプルにして少しでも安くしてくれないかな…



・バットマンHEAD

一目見てわかりますが非常に良くなりました!マスクのバランス、形、これまでリリースされて来たニューコスバットマンの中でも屈指のクオリティでしょう
DX02のバットマンを個人的にスルーした原因はマスクの形と首の細さ、眼球の質感が気になったからでしたが今回のDX12版はそんな気になった部分の不満が解消されより劇中に近いバランスになっており大満足!

初期のDXシリーズではどうしても気になった眼球の質感も回を重ねる毎に改良された最近の物に関してはほとんどデメリットを感じさせない程の物になっていますね



フェイスパーツによる表情の豊かさも魅力の一つ
マスクの形も良し、眼球の質感良し、表情も3種類付いている、文句無しのプレイバリュー!

真顔はオールマイティに、力み口は力強いポージングに、歯を見せた口はアクロバティックなポージングにとディスプレイの幅が広がり価格の高さを忘れる程楽しめると思います



・ブルースウェインHEAD

神がかったサンプル画像と比較すると印象が違うなぁ、しかし実際に手に取りますと凄まじいクオリティであることがよくわかり限定ビギンズ版ウェインヘッドから一年足らずなのにいかに進化したかを実感出来るかと
似てる似てないは買った人の主観次第ではないかと思いますね

個人的には髪の毛モールドのシャープさ、肌の塗装、等特に不満は見出せませんでした量産品でよくぞここまでクオリティを上げてきたと言いたい!
ただただサンプル画像があまりに凄すぎた、今後のホットトイズの課題はサンプルが凄すぎる点に尽きるのではないでしょうか

完全にクリスチャンベイルとは言えませんが現状最高のブルースウェインヘッドなのは疑う余地の無い事実でしょう
ネックジョイントのサイズが通常のホットトイズ素体とは若干違う為そのままでは取り付けられないことが様々な場所で言われているようです

しかしこの趣味を続けている方々ならば予備のネックジョイントは持っているでしょうしそれをちょっと加工すれば取り付けられるので問題はそれほど大きくはないのでは?



・バットスーツ

ダークナイトニューコスバットマン、DX02バットマンとの最大の違いはやはりバットスーツでしょう
前回までの全身ゴムスーツとは全く違う形での再現を目指した今回のライジングバットマン

布生地の上にアーマーを装着するタイプに変更された為より劇中に近いスーツに
実はダークナイト公開時にDCダイレクトがリリースしたバットマンが今回のDX12タイプのスーツになっていましたが着膨れ感マックス!
ホットトイズはさすがですね、着膨れ感皆無でございます



可動に関しては布生地に変更になった恩恵から肘関節は驚くほど動かしやすくなり範囲も広がりまましたが
逆に下半身はシルエット重視の為かニューコスバットマンと比べても可動範囲が狭くなってしまいました





肩は動きますが範囲は可も無く不可も無くな感じで驚きはありません
足首は今回タカラのジェネクスコアバットマンと同タイプのパーツ分割になった為素晴らしく広い範囲を保持
胸、腰は、多少動きますよ な感じ



マントは長さ、質感共にニューコスより好みになっていました、程よい柔らかさと長さがありデイスプレイてる時にも自然なたれ方をしてくれます
肩付近には針金が縫いつけられており膨らみを防止、今までずっとバットマンシリーズを出し続けているだけあり痒いところに手が届く、そんな印象

ユーキュリティベルト1(磁石付き、ボムガン装着用)は固めで胴体にフィットしたサイズ
ユーキュリティベルト2(グラップルガン装着用)は柔らかく若干ゆとりのあるサイズとなっています



ガンを構えたりももちろん出来ますが肩の可動が多少邪魔になる感もありますが不可能ではありません
どちらかと言えば肘の可動を最大限に引き出せる握り拳でのファイティングスタイルが一番構え易いでしょう



・付属品

ハンドパーツ各種
ライトアップ機能付きスタンド
グラップネルガン
バットラング×2
小型爆弾×2
ボムガン
EMPブラスター(ライトアップ機能付き)
バッドポッド用EMPブラスター装着パーツ
ユーキュリティベルト1(磁石付き、ボムガン装着用)
ユーキュリティベルト2(グラップルガン装着用)

DXシリーズ恒例のライトアップ機能付きスタンド
雪はペイントで再現、台座の高さがあるのでディスプレイする時にマントが自然なフォルムになるように計算されている印象







ボムガンは画像のように可動します
基本的にはDX02バージョンと同じ仕様のようでペイントが変更になった物



EMPブラスターは1/6サイズの武器ですがライト機能が付いておりしっかりライトアップしますが電池の残量が少ないのか購入時から暗め
地味に握りタイプのハンドパーツとイマイチかみ合わせが悪い気がする…

あと意外と気付かなかったりするのはEMPガン先端部分のスライドギミックが画像のように後ろに少しスライドさせ銃身部分を引き出すことが出来ますよー
光らせるとこんな感じになります。劇中ではあっさりな印象しかない武器ではありますがしっかり立体化してくれたのはありがたい



























・総合

ホットトイズバットマンの集大成といっても過言ではないクオリティとボリュームでのリリース年々高くなる価格を考慮しても満足出来る素晴らしい商品です
フィグ自体の出来もずば抜けて素晴らしいですしDXシリーズの特徴である眼球可動や表情の変更、付属品の豊富さ

どこを見ても隙のないものになっていると思います。これまでリリースされて来たどのニューコスチュームバットマンより優れている商品だと胸を張って言える程今回のバットマンは素晴らしい!
最初にね、これをリリースしてくれていれば浪費はしなかったよね(皆もきっと)

ノーランバットマン3部作完結にふさわしいバットマン、買わない理由はない!



SCULPT ★★★★☆(4.8/5.0)
PAINT ★★★★☆(4.8/5.0)
OUTFIT ★★★★★(5.0/5.0)
ACCESSORIES ★★★★★(5.0/5.0)
PACKAGE ★★★★☆(4.8/5.0)

TOTAL ★★★★☆(4.9/5.0)
コメント