!! Me gusta el flamenco !! 衣装・小物 制作販売 *cesta de costura*

『フラメンコとスペイン・手作り衣装のお話。』

アトリエ*セスタ・デ・コスチューラ*

*コルドベス・ハットとフラメンコ衣装パート2* [ Sombrero cordobés Parte2 ] 

2016-10-18 20:40:35 | フラメンコ衣装制作&リフォーム・スペイン旅・Flamenco

¡ HOLA !

昨日に引き続き「コルドベスと衣装のお話」パート2です。

パート1はこちらから見てね!

 

今回は、『Tanguillo(タンギージョ)』です。

タンギージョはアンダルシアの南西部カディスという港街で生まれた歌で、一般的には『Tanguillo de cádiz(タンギージョ・デ・カディス)』と言います。

TANGO(タンゴ)にスペイン語の縮小辞 LLOを付けて『Tanguillo』謂わば「小さい可愛いタンゴ」みたいな感じでしょうか?

 「カディスのカルナバル(謝肉祭)」 で古くから歌い踊られているひとつだそうです。

 

タンギージョの曲説明する時によく「港街カディスらしい陽気で粋な歌」なんて書かれていますが

私が以前に立ち寄ったカディスの街は粋で陽気な港街というか??

海岸沿いのテトラポットの上で猫ちゃん達が日向ぼっこしていて、旧市街の細い路地に入ると窓からインコの鳴き声が聞こえてくる

なんかホンワカした「江ノ島」みたいな・・・・感じでした。

 

タンギージョは私が大好きな曲の一つで、フラメンコに出逢って最初の頃に習いました。

その頃はどんな曲とも知らず、パソを覚えるのに必死で・・残念ながらこの曲を楽しむには至りませんでした。

その後、しばらく立ってから  EvaYerbabuena (エヴァ) が ''Lluvia'' 中で

リズミカルでちょっとコミカルに舞ったタンギージョを見て『また踊ってみたい』思いがフツフツと湧いてきました

もちろん!!Evaとその舞踊団のようにはいかないけれど・・

仲間を集って踊ったタンギージョ。

衣装はパンタロネスで軽快に鯔背な感じにしたいな〜なんて!ちょっと無謀でしたが(笑)

自分達なりにこの曲と向き合い、皆んなで意見を出し合って振りを考え、

個性のぶつかり合いでたまに険悪になったり、先生に叱咤され落ち込んだり

始めてのギター合わせでは、思ってた以上の速いテンポと慣れない2拍3連のリズムに撃沈。

と、まあ今思えば・・沢山の思いが詰まった大切なタンギージョになりました

 

衣装製作もフラメンコも一筋縄ではいきませんね〜。。

でも・・だからハマってしまう(笑)

 

そして!もう一点は、ガラッと変わって・・アンダルシアの青い空とカディスの海を思い出させるような

ターコイズブルーとサンドベージュのボランテが華やかなワンピースに

背中がパックリ開いたスタイリッシュなチャレコ(ベスト)の組み合わせです。

チャレコは衣装製作直前に観劇した『スペイン国立バレエの公演』からヒントを頂いて製作しました

 

余談ですが・・フラメンコという舞踊は、もちろん!基本はあるけれど

良し悪しは、好み次第みたいな所があるなぁと私は思っていて

きっと他の舞踊も同じなんだろう?と思いますが、フラメンコの群舞は特に難しいではないだろうか?

そんな難しい群舞を四人で気持ちを一つにして、大人の茶目っ気たっぷりに明るく軽快に舞っていた皆さん

衣装製作に携われて本当に楽しかったです。

ありがとうございました。

 

 
さてさて、私は大好きなスペインワインと抜けられない(笑)フラメンコに触れるために
明日10/19〜二週間、渡西してまいります
 
セビージャを訪れる度に、気になるシガー色のパナマ素材のコルドベス・・
しばらくは使うこともないであろうに、もしかしたら買ってしまうかも。
散財しないように気を付けて行ってきま〜す。

 

ではまた ¡Hasta luego¡ 

 

衣装・リフォーム 製作・販売

アトリエ*cesta de costura*  

Tomomi Sato

衣装制作・リフォームのご相談 ご依頼は コメント欄にご記入下さい。

(コメント内容は非公開ですので、どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。)

*大変恐れ入りますがコメントには必ず返信用のアドレスを記載して下さい*

 

ハンドメイドマーケットminne

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

*コルドベス・ハットとフラメンコ衣装パート1* [ Sombrero cordobés Parte1 ] 

2016-10-17 18:14:21 | フラメンコ衣装制作&リフォーム・スペイン旅・Flamenco

¡ HOLA !

またまたお久し振りです。

10月に入って、だいぶ秋も深まってきましたね!

なんだか今年は衣替えのタイミングが分からず・・未だ、夏物と冬物が混在しています。。

そ〜そして!私の場合、この時期いつも困るのが帽子。

パナマ帽にするか?フェルト帽にするか?本当に迷います。

 

そんな訳で?今日は「コルドベス」のお話で〜す。

フラメンコでよく使われる Sombrero(帽子)

通称「Cordobés(コルドベス)」本来の意味は「コルドバの・・」です。

コルドバはスペイン・アンダルシアの北東の方にあり、世界遺産「メスキータ」を中心に

名産の銀細工や革細工などなど、こじんまりと可愛いらしいお店が並ぶ街です。

上の写真は、以前コルドバに行った時に見かけた観光馬車のおじ様達!

な〜んか近所を散歩するような日常着にコルドベス・ハットをかぶっていて

「かわいい〜?!」(笑)思わずシャッターを押していました。

 

と、前置きはこのぐらいで・・

この帽子を使ってよく踊られる『Garrotín(ガロティン)とTanguillo(タンギージョ)』

いつも思い浮かぶ言葉は「粋・鯔背・伊達男」・・どこかクールで遊び心ある!みたいな感じです。

そんな思いで製作した衣装を何点かご紹介しまーす!

 

今回 Parte1 は

北スペイン・アストリア地方の舞曲がアンダルシアでフラメンコになった!と言われている「ガロティン(Garrotín)」

「ガロティン」とは、麦を脱穀するのに使った棒のことだそうで、私的には仕事歌や収穫祭の歌のイメージが強いのですが・・

Pregúntale a mi sombrero~ 「私の帽子に聞いて!」なんて歌詞で始まる 陽気でリズミカルな楽しく明るい曲です。

 モスグリーンのコルドベスに青リンゴ色のサパトス。とってもお洒落な芦野さん。

『こんな衣装が着たいんです』と衣装写真を張り合わせたマップを持って来て下さり

ボランテ(フリル)部分もティアード型にしたい!!とのこだわり。

期待に応えられるように・・色々考えるのが楽しくて制作中もワクワクしました。

本番の踊りにも、彼女の強い意志が現れていて小意気な姿に惚れ惚れしました

 

いつもチャキチャキっとしていて凛々しい美香さん。

チャコールグレイのスーツストライプの身頃に11段もあるフリフリボランテを付けて

所謂、甘辛MIXコーデのように仕立てたワンピース。

まさに伊達な感じで、どこか中性的な雰囲気を持つ彼女の魅力にピッタリでした

 

ガロティンの衣装どうでしたか?

お写真掲載にご承諾いただいたお二方、ありがとうございました。

 

次回 parte2 は「Tanguillo (タンギージョ)」の衣装を紹介します。

是非また読んで下さいね〜

 

¡ Hasta luego !

 

 

衣装・リフォーム 製作・販売

アトリエ*cesta de costura*  

Tomomi Sato

衣装制作・リフォームのご相談 ご依頼は コメント欄にご記入下さい。

(コメント内容は非公開ですので、どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。)

*大変恐れ入りますがコメントには必ず返信用のアドレスを記載して下さい*

 

ハンドメイドマーケットminne

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする