BEAST SIDE 1

ジュエリーアーティストMARIのブログです。ジュエリータバサ/OPEN-G工房からの制作秘話、裏話、趣味の音楽の話など。

インスタから直接作品ページに飛べるようになりました♪

2018-06-20 10:47:00 | その他
インスタを始めてからちょっと不便に思ってたことが、写真にリンクを張れないことでした。

そのほうがいいこともあるとは思いますが、やはり作品の写真などは、興味をもっていただけたら詳細ページにご案内したいなと。

・・と思っていたところにcreemaから、それができる新機能のお知らせが届きました。


さっそく設定!

フェイスブックページとの連動になるらしく、そちらの審査もあって、1週間くらいかかりましたが、無事にリンクができることになりました。





上の写真がスマホでインスタの写真を開いた画面です。

写真をタップすると画面中央の商品名や価格が表示されたポップアップが出ます。

もう一度そこをタップするとcreema内に展開している作品の詳細、販売のページに飛んでいけます。

ちなみに、パソコンからだと、残念ながらこの機能は使えないみたいです。

ぜひスマホでお試しくださいね!


今後、たまにこういう形でUPしていきたいなと思います。


インスタのフォローも、よろしければぜひお願いします。





上の画面を読み取ってもいけるようですね。

またはこちらから




ジュエリーTABITHA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハワイアンリングのフィッティング調整

2018-04-29 11:38:13 | リペア、お手入れ
お花や葉などのモチーフが彫り込まれたハワイアンリング、一周ぐるっと彫りが入っているものが多く、リングがきつくなってきた場合などのお直しにはたいへん手間がかかります。




今回、お客様からお預かりしたリングです。

地金は14金ホワイトゴールドです。

はめられないことはないのですが、お指にきつく、つらいので、少しゆるくならないかしらというご依頼でした。

サイズは7.5番でしたが、できれば9番くらいにとのご希望です。


サイズを広げる修理には、リングをたたいて伸ばす、切って地金を足す、内側を削るなど、いくつか方法があります。

地金を足すような、表面の彫りに影響がでる方法の場合、サイズ修正後、その部分の彫り直しが必要になります。

彫りには職人一人一人の個性があるため、それをうまく修正するにはタガネの形状などで都度研究が必要になることもあり、どうしても工賃や時間がかかってしまいます。





今回はリングにかなり厚みがあり、内側を削って修正しても、充分しっかり感のあるリングとして仕上げられると思いましたので、彫りに影響のでないこの方法をご提案しました。




また、リングがきつい理由には、サイズ的な理由のほかに、内側の形状によるものもあります。

お預かりしたリングは内側が平らな形状でしたので、この部分にカーブをつけてあげることでも装着が楽になりそうでした。

ご希望のサイズアップは1.5番でしたが、内側の形状に丸みをつけることできつさがなくなる可能性を考え、1番アップくらいで様子をみていただくことにしました。


内側に日付などの彫りがございましたが、それらは消えてしまってかまわないというご許可をいただきました。





ヤスリやリューターなどで、内側を削って成形していきました。

リングサイズは1番UPで8.5番くらいにしてあります。






写真で、リングの下の方で光っている部分、ヤスリで角を落としていっています。

内側全体を、まんべんなくなめらかなカーブになるよう、調整していきました。









内側にゆるいカーブがついているのがおわかりいただけるかと思います。







内側を磨き上げ、外側は彫りの風合いをそこなわないよう、軽く照りをだすだけの磨きをしました。






試着していただいたところ、だいぶ楽になったとのことで、とりあえずこのまま様子をみていただくというご判断をいただき、お渡しをいたしました。



リングのフィッティング調整は、お客様の考え方など主観的な部分もあり、なかなか難しいのも事実です。

リングの形状や重さ、お客様のお指の形だけでなく、お仕事の内容や生活のご様子などによっても変わってきたりします。

お気に入りだったはずのリングが、いつの間にかしっくりとしなくなってきて、タンスの中で眠ってしまうこともありますよね。

そういうジュエリーのためにも、少しでもヒントになる情報を今後もご提供していけたらなと思っています。



ジュエリーTABITHA

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひねりラインのリング/若葉のグリーンキュービック

2018-04-18 09:56:19 | オリジナルジュエリー
ひねりラインのリング、桜色ピンクに続いて、若葉のグリーンキュービック、Creemaに展開しました。





Creema販売ページ♪


ななめにのびる帯状の部分だけマットな仕上げにし、萌える若葉を思わせるグリーンキュービックをかわいらしく石留めしました。

石の左右にはtabitha(タバサ)の特徴でもあるタガネによる手彫りをさりげなく入れてあります。






ピンクも引き続き、ご注文いただければお作りいたします。








Creemaにての販売になります。

ぜひぜひチェックしてくださいねww


Creemaでの販売ページです♪



よろしくお願いいたします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「Rock Bar テキサスフラッド15周年記念キーホルダー」製作しました

2018-04-15 11:52:05 | オーダーメイドジュエリー
四ッ谷3丁目のロックバー「テキサスフラッド」さんの15周年記念に、お店の常連さんの方々からプレゼントを作って欲しいというご依頼をいただき、TABITHAで製作させていただきました。



お店のロゴをモチーフにしたシルバー950製のキーホルダーです。


素材もアイテムもすべてお任せいただいたので、さて何をお作りしようかとかなり悩んだのですが、やはり低音増量でブルースやハードロックが流れるお店の雰囲気に合うようなものをと考え、このデザインになりました。



製作過程を簡単に・・。



しっかりとしたシルバーの素材感を楽しめるものがいいかなと、SV950の2mmの板材を使って製作することにしました。





板にロゴをケガいて、中を糸鋸で抜きます。

板厚2ミリはけっこう大変です。







ロゴを抜いたところで、リューターで彫り崩していきました。イメージとしてはごつごつした岩の感じが出せたらいいなと。







全体に彫り崩しをいれたところで、周りをカットします。







カット後、全体をバフで磨いたところです。

今回のデザインは、ザクザクした感じがいいかなと思ったので、磨きすぎないようにしました。







丸カンと2重カンをつけ、銀いぶしで色を黒ずませて完成です。







ポーチを付けてプレゼント梱包しました。







裏側の感じです。







光が抜けるとお店のロゴが映ります。







お店の15周年会で常連のみなさんと一緒にマスターにプレゼントしました。






とても喜んでくださり、このショット。






地金を糸鋸でガリガリと切っていくのは、大変ではあるのですが、けっこう気持ちよい作業だったりします。

シルバーの物作りの、原点のような作業が多く、かなり夢中になってしまいました。

今回の記念品を私に任せてくださったご常連のみなさん、本当にありがとうございました。

そして、テキサスフラッドさんには、今後も末永く大人の隠れ家として、四ッ谷3丁目で大人のロックを聴かせていただけたら嬉しいです。

私もまた、ふらっと遊びに行かせていただきますね。



ロックバー テキサスフラッド

ジュエリーTABITHA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SV950ピックチャーム/もちろん1個からご注文OKです

2018-04-05 22:02:57 | メタルプリント
先日、メタルプリントのピックチャーム、「一個の注文でも大丈夫ですか?」というお問い合わせをいただきました。

もちろん、「一個から、しっかりレイアウトしてお作りしていますので、ご注文お待ちしております」とお伝えしました。




もともと一個単位でお作りしているものなのですが、やはりバンドさんだったり、サークルさんだったり、同じ絵柄で複数枚製作させていただくことは多いです。

また、バンドさんやショップさんのグッズとして販売されている場合は、受注のあった時に1枚、2枚と追加のご注文をいただく形もあります。


でも、基本は一個からのオーダーメイド販売です。






複数枚のご注文の場合には、数や納期、またオプション等の内容によって、お値引きさせていただいております。

お見積もりは無料ですので、ご遠慮なくお問い合わせください。







ピックチャームは、Creemaのほうでも販売を開始しました。



基本的に、私が一人で製作しておりますので、一日に仕上げられる数は限られてきますが、その分、小回りのきくご対応ができると思っております。

個人的なご注文も、また、複数枚ご検討中の方も、「こんなのできる?」 は、とりあえずご相談くださいね。










メタルプリントOPEN-G

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タガネ彫り☆彫りあときらきらリングUPしました

2018-03-08 16:36:15 | オリジナルジュエリー

毛彫りタガネでこつこつ彫りこんだ平打ちリングをCreemaにUPしました。
彫り跡がキラキラと輝き、いろいろな表情をみせてくれるリングです。



厚みは約1.5ミリですので、幅に対して薄すぎず厚すぎず、ちょうどよい付け心地だと思います。






普段づかいをしていただいて自然に入っていく傷も、そのまま味わいになるデザインです



シルバー925製ですので、時間とともに色の変化があります。
装着し続けている場合は、彫り跡もなじみ、輝きや全体の色にまとまりがでてまいります。
空気中にそのまま保管しますと、シルバーならではの黒ずみが進みますが、気になる場合は市販のシルバークロスや液体クリーナーなどできれいになります。



UPしたのはサイズ#13.5 1点ですが、他のサイズもお作りしますのでご相談くださいね。


Creemaタバサ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひねりラインのリング/春色ピンクキュービック

2018-02-18 21:51:25 | オリジナルジュエリー
春色コーデにあいそうなピンクキュービックを使ったリングをCreemaにUPいたしました。



手元にキラりと輝くさりげない春色ですから卒業式や入学式などにも合いますし、春色コーデのポイントにもなると思います。





石の両側には、TABITHAの特徴でもある手彫りをさりげなくお入れしました。


写真の緑の石はグリーンキュービックです。こちらもご注文いただければお作りいたします。





斜めに流れる帯上のマット仕上げの部分は、お使いになっているうちに自然と磨かれ光ってまいりますが、それがまた深みや味わいになってまいります。
長くお使いいただくことで、新品の時から変化していく表情も楽しんでいただけるリングだと思っております。



現時点では、Creemaでの販売になっております。

ぜひとも、こちらからチェックしてくださいね。


春を感じる桜色ピンクキュービックリング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Creema(クリーマ)に出店しました

2018-02-07 13:26:41 | 展示会、個展、お店
ハンドメイドの作家さんが作品を出品、販売するマーケットプレイス「Creema」(クリーマ)で、タバサのジュエリーの販売をはじめました。






Creema内 タバサのページはこちらです。





Creemaのサイト内には、多くの手作り作家の皆さんが素敵な作品をたくさん出品されていて、見ていると時間を忘れてしまいます。

私もぜひともお仲間にいれていただこうと思って、いくつか出品させていただきました。

ぜひ、ご覧になっていただけたらと思います。

また、簡単なアカウントを作られますと、お気に入りの作家さんをフォローできたりしますので、ますます楽しいです。

私もこれからどんどん品物を増やしていきたいと思っておりますので、フォローしていただけたらうれしいです。


現在、掲載しているジュエリー達の一部です。












Creema内 タバサのページはこちらです。



また、Creema出店記念として、TABITHAのジュエリー(メタルプリント品は除く)を、本サイトのほうでも消費税サービスで販売させていただいております。


ぜひぜひ、この機会に、ご利用くださいませ。





ジュエリーTABITHA

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご結婚25周年のペアリング

2018-01-08 22:17:31 | オーダーメイドジュエリー
2018年も穏やかに年が明けました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



本年最初の記事は、2017年の年の瀬、クリスマスイブの日にお渡しさせていただいたペアリングです。


プラチナ950 手彫りリング「月桂樹」(ダイヤモンド彫り留め)











ご依頼のお客様はご結婚25周年をお迎えになられた素敵なご夫婦。

今までずっとお付けになられていた結婚指輪が少しきつくなってこられたこともあり、25周年の記念に新しくペアリングをお作りになりたいとのことでした。


デザインのご相談をさせていただいた際、TABITHAのサイトで展開している手彫りリングをたいへんお気に召していただき、こちらの「月桂樹」のアレンジで製作させていただくことになりました。

(サイトはこちら → ジュエリーTABITHA 手彫りリング


TABITHAのサイトではシルバー925での展開ですが、今回のオーダーはプラチナ950です。


ご相談の中に「石を入れたい」というご希望があり、月桂樹の中にメレーダイヤをさりげなく、そして印象的に埋め込んだデザインということで、進めさせていただくことになりました。




まずベースのリングを作ります。
もちろん、原型からの手作りです。

内側に記念日とイニシャルの刻印をとのご注文でしたので、この段階でレーザー刻印でお入れしました。







次に「月桂樹」の彫りをお入れしました。

TABITHAの「月桂樹」は、直線上に同じパターンを繰り返すデザインではなく、波打つようにゆらぎがあるのが特徴です。

今回はそのデザインの中にメレーダイヤを入れるので、その部分も見当をつけながら彫ってあります。

写真の中で赤い点があるところにダイヤモンドを入れます。










デザインの中にダイヤモンドが入りました。

一本のリングにそれぞれ3ピースづつ、ダイヤモンドをお入れいたしました。














彫りのアップになります。

ダイヤモンドは上品質で照りのよい石をお選びしておりますので、さりげないデザインの中でも真の輝きがあります。








ケースにお入れして、ちょうどクリスマスイブの日にお渡しすることになりました。

サイズもちょうどよく、たいへん喜んでいただきました。




長年苦楽を共にされたご夫婦が、新たな節目につくられるペアリング、本当に素敵なことだと思います。

このペアリングに、お二人の新たな歴史が刻まれていくのでしょう。






*******



新しいペアリングをすぐにおつけになってくださったお二人、ご用意させていただいていたケースにはそれまでつけていらした結婚指輪を二つ並べて納められ、大切にお持ち帰りになりました。



年末に、とても感動的なお仕事をさせていただけて、2017年のよい締めくくりとなりました。


ジュエリーTABITHA 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

受け継がれる形見のジュエリーのリフォーム

2017-10-31 12:46:55 | オーダーメイドジュエリー
ご両親やご祖父母様、またご親戚の方などから形見として受け継がれているジュエリー。
なつかしい思い出と共に、大切にお持ちの方も多いかと思います。

今回、作らせていただいたのは、ご祖母様から形見としてご依頼主様に受け継がれた、赤くきれいな石のリングのリフォームです。


完成品はこちらです。





こちらが最初にお預かりしたリングです。









きれいな赤い石(おそらくガーネットだと思われます)が透かしの入った石座に留まり、細身の腕がついた素敵なリングでした。
地金は14金ホワイトゴールドです。





ペンダントトップへのリフォームをご希望でしたので、石座はそのまま残し、周りに枠をつけることをご提案して、以下のようなデザインに決まりました。





まず、慎重に石をはずします。







石座にあわせ、ワックスで回りの枠の原型を作ります。






斜めからみた感じです。







ワックスから18金ホワイトゴールドにキャストしました。






パーツをそれぞれきれいに仕上げ、もともとのリング枠のほうも腕を慎重に切り離しました。







各パーツをロー付けし、磨き仕上げをして、空枠の完成です。






石座も綺麗に仕上げなおしをし、新しく作った外枠の部分と一体感がでるようにしてあります。







最後にはずしておいた石を留め直します。








デザインの段階では、新しく作るパーツの上部と下部にメレーダイヤをいくつか入れることも考えておりましたが、空枠ができた段階で御依頼主様とご相談したところ、メレーはないほうがすっきりとしていいかも・・というお話になり、メレー無しで仕上げることになりました。




そして、完成です。











もともとの石座をそのまま使用させていただいたので、もとのリングの雰囲気を引き継げたのではないかと思います。







今回、リングの腕の部分は、思い出と共にしまっておけますよう、そのままご依頼主様にお返しすることにいたしました。





先日、御依頼主様に、無事にリフォームされたペンダントトップと、思い出のリングのパーツをお渡しいたしました。

たいへん喜んでくださり、お母様にもご報告をしてくださいました。

また、このジュエリーを今後も次のご世代に引き継いでいきたいとのお話をしていただき、こちらも感激してしまいました。







製作を終えて・・・


シーズンごとに流行のアクセサリーを楽しまれることも素敵ですが、こうして何十年も引き継がれていくジュエリーをお持ちになる楽しさ、そして気持ちの豊かさ、とても素敵なことと思います。

ジュエリーに使われる金やプラチナ、シルバーなどの地金、そして宝石の数々は、長くその姿を保つものが多く、また一度輝きを失っても、磨きあげるとまた美しく輝きだすことも多くあります。

だからこそ、形見として受け継がれることも多かったのだと思います。


今回、製作時間をかなりたっぷりいただいてしまって申し訳なかったのですが、なんとか、ご納得いただける形にして差し上げられて本当によかったです。

私にとっても、とても思い出深いお仕事となり、大切なお品物のリフォームをお任せくださったご依頼主様には心より感謝いたしました。



ジュエリーTABITHA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加