ありがとう倶楽部

新潟市の歯科医院すずきデンタルクリニックで働くメンバーが日々の思いを綴るブログです。

今年は

2021-01-15 | Weblog
新年明けましておめでとうございます。
すずきデンタルクリニック矯正担当小栗です。

皆様は今年のお正月どう過ごされましたか?
昨年の今頃は中国武漢で何か酷い肺炎が流行っている程度でしたが、
たった1年でこんな状況になってしまうとは想像もつきませんでしたね。
そのため今年のお正月は帰省せずのんびり過ごされた方が多いと思われます。

私も普段であれば年明け元旦から実家の名古屋に帰省しておりましたが、
今年はコロナの影響でカミさんの実家阿賀野市でゆっくりしてきました。
ただ天気予報通り毎日雪でほとんど家も出ず、
食っては寝てのぐうたら生活のため年末年始で2キロ太りました!
私にとってステイホームは体に良くないようです。

そんな新年を迎えた小栗ですが、年末に大きな買い物をしました!
もう実家には帰らず新潟永住を決めたので
近年は土地や売家、マンションなどに目を向けておりました。
色々考えた結果一戸建てを建てることを決め
先月ついに土地を購入してしまいました。
これから上物をどうするか検討となりますが、
何とか今年中には新居に移りたいと思います。
また何かありましたらこちらでも報告しますね!

まだまだコロナの猛威は収まりそうもありません。
明日から新共通テストを迎えますが、
受験生の皆さん自分を信じて頑張ってください!
以上小栗でした。




コメント

除災招福

2021-01-10 | Weblog
こんばんは。
新潟市の歯科医院 すずきデンタルクリニック受付の小林です。


2021年がはじまりました。
私は無事、本厄を終えて今年は後厄です。
毎年行っているのですが、今年も休診日の木曜日に弥彦神社にお祓いに行ってまいりました。


何と今年は偶然弓始神事の日に行ったので、初めてみることができました。




今年の五穀豊穣と除災招福を祈念する特殊な祭典、だそうで、私がみていた時は全て命中!良い始まりをこの目で拝見でき、とてもよかったです。



ここ数日の大雪に、終わらない感染拡大、まだまだ不安な日々は続きますが、平穏な日々ももうすぐそこ、、と信じて。


最後になりましたが、今年もどうぞ宜しくお願い致します。
コメント

良き1年に

2021-01-05 | Weblog
新潟市の歯科医院 すずきデンタルクリニック の院長、鈴木政弘です。

新年おめでとうございます。今年も、4日より医院は診療を開始しました。
昨日・今日と、急患の方は多くなく、当院の患者さんは無事に年越しされた方が多かったものと安堵しております。

新型コロナウイルスの出現で、世の中が一転した昨年一年間でした。まだまだ感染は収まる気配を見せませんが、当初のわからない事尽くめで恐怖・不安感が大きかったのに比べると、いろいろなことが明らかにされてきて、現在の不安な気持ちは当初より大分軽くなっている気がいたします。ワクチン接種が来月末から開始されるというのも明るい兆しですね。

歯科治療は、当初感染リスクが高いと危険視されましたが、現在まで、歯科治療現場で感染が発生した事例は報告されていません。
当院では、昨年3月、4月は通院を躊躇われた患者さんも少なからずおられましたが、それ以降は通常に戻り、現在は逆にクリーニングの予約が取りにくい状況となり、特に土曜日は大変ご不便をおかけして心苦しく思っております。

常日頃、お口の健康が身体全体の健康に繋がる事をお伝えしてきて、その事を理解され定期的なメンテナンスにいらして下さる患者さんが着実に増えていることを大変嬉しく、また有り難く思います。

箱根駅伝のCMで、サンスターが赤ちゃんと綺麗なモデルのお婆さんを登場させ、「100年食べる、100年しゃべる、笑う」それを可能にするのがお口の健康として、一人ひとり、自分らしく輝いた人生、豊かな人生を送るためにも、お口のケアを大切にしていただきたいという内容の印象的なCMを流していました。昨年も確か同じCMを使っていて、このブログでもお伝えしたのですが、改めて素敵なメッセージだと思いました。

コロナ禍で大変な世相ではありますが、コロナをきっかけとして今が時代の大きな変換点であることに気づかせてくれ、その変化を加速させてくれているプラスの面も多い気が致します。
何とか東京オリンピックも開催され、長年停滞気味であった日本の活力も上向きに転じ、良き1年となるような気が致します。楽観的すぎるでしょうか?

皆さまにも健康で良き1年となりますこと、お祈りしております。



コメント

令和2年

2020-12-30 | Weblog

 新潟市の歯科医院すずきデンタルクリニック、歯科衛生士の山際です。


 今年も残すところあと一日。

当医院は、今日から来月三日までお休みを頂いております。私は、今日はキッチンの大掃除に奮闘しておりました。


 この一年は新型コロナウイルスに翻弄さられた一年になりました。未だ、第三波の収まりの兆しがみられませんが、3密をさけたり、手洗いうがいマスク着用を徹底し予防に心がけましょう。お口のお手入れもお忘れなく‥

 

 さて来年は、丑年。

わが家は次男坊が年男です。

そこで、丑年さんの特徴をみると‥


真面目で、努力家。家族を大事にする。

しかし、他人に弱みを見せれない性分とか怒らせたら怖いなどもあるようです。


なかなか当たっている感じがします。

一般的なものですが、皆さんの周りの丑年さんは、どうでしょう‥


 2021年は「辛丑(かのと・うし)」だそうで、その意味するものは、衰退や痛みが大きければ命の初動が大きくなり、芽吹きが大きければその分、激烈に枯れる。辛いことが多いだけ、大きな希望が芽生える年になることを指し示しているようです。

色々な意味で、もうしばらくの我慢が必要そうです。


それでは、良いお年を‥





コメント

習慣づけ

2020-12-25 | Weblog

こんにちは。新潟市の歯科医院 すずきデンタルクリニックの五味沢です。


今日はクリスマスでしたね。

朝、子どもたちははしゃいでました()


楽しい年末ですが、コロナの感染者が日々増加していて心配です。


新潟市の多くの小学校で冬休みに入りました。

冬休みなど長期の休みは不規則になりがちです。

そんな時こそ虫歯予防で気をつけてほしいことがあります。

①ダラダラおやつを食べない。時間と量を決める

②あめ、キャラメルなど口の中に長く残る

 ものは食べない

③飲み物はジュースではなくお茶で

④フロスをする

⑤口呼吸はやめる


フッ素や歯磨きだけでは、虫歯は防げません。

これらのことを気をつけてみてください。


それでは良いお年をお迎えください。

コメント

マスクの下で

2020-12-20 | Weblog
こんにちは。すずきデンタルクリニック、歯科衛生士の伊藤です。
急激に寒くなり、雪も舞い散る日々です。コロナに翻弄され続けた1年が終わろうとしています。去年の今ごろは、次の年がこんな一年になろうとは、想像もしていませんでした。

もはやマスク生活はすっかり日常風景となり、外を歩く人々はみんなマスクをしています。
夏ごろから、患者さんへのクリーニング中に、ちょくちょく感じていたことがあります。
それは「歯に着色がみられる患者さんが増えたなぁ」ということです。
マスクをしていると、それだけでなんとなく息苦しく、マスクの下で、お口を開けている人が多いのでしょうが…
マスクをしていても、お口が開いてしまっていては、お口の中が乾燥してしまいます。乾燥すると、歯は着色しやすくなります。
その他にも、お口呼吸の弊害が、複数起こりやすくなります。

①虫歯や歯周病になりやすく、口臭の原因にもなる
②歯並びが悪くなる
③風邪やアレルギーになりやすい

などです。
それに、今後マスクをしなくてもいい生活が戻ってきた時に(一刻も早くそうなってほしいです)、マスクの下でついてしまったお口を開けっ放しの習慣は、簡単には直らなくなってしまっていることでしょう。
一度そうなってしまった習慣を変えることは、容易ではありません。

マスクをしていてもお口は閉じるように意識して、来年じゅうには、マスクをしなくてもいい生活に戻れることを期待しましょう。
コメント

散歩は良薬

2020-12-15 | Weblog
こんにちわ。
新潟市の歯科医院 すずきデンタルクリニック歯科医師の小澤です。
今朝は今年一番寒かったのではないでしょうか?
布団から出る決心がつきません。誰か暖房のスイッチ押してくれないかなあ。
猫の手は揃っていますが、使い物になりません。
スマホで遠隔操作出来る家電、そんな物はいらぬと思っていますがあれば便利ですよね。
さっさと起きよう、今晩からタイマーにすれば良いだけのことでした。

話は変わって、今回は先日我が家のポストに入っていた「チラシ配付員さん募集」のチラシ内容が素晴らし過ぎるのでご紹介します。(一部簡略してあります)

〜スキマ時間のウオーキングに、1日5000歩が要介護を遠ざける!
運動不足は万病のもと、歩くことを習慣に。
激しい運動をしなければならないということではなく、日常的に歩くことを意識すれば、さまざまな病気にの予防につながると言われています。
1日2000歩で寝たきりが、4000歩でうつ病が、5000歩で要介護、認知症などが予防出来るそうです。
ちなみに、
7000歩でガン、動脈硬化、骨粗鬆症
8000歩で高血圧、糖尿病、脂質異常症、メタボ(75歳以上)
10000歩でメタボ(75歳未満)が予防出来るそうです。
歩くことで、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌が促されて大脳の働きを良くしたり、ストレスを減らす効果もあります。また、適度な運動で夜もぐっすり眠れるようになります。
歩くことはとても大切ですからポスティングを始めて、自分の習慣に取り入れてみましょう!
「人間にとって最良の薬は散歩である」 byヒポクラテス(医学の父)
「すべての運動の中で、歩くことが最も素晴らしい」 byフリードリヒ・ニーチェ(ドイツの哲学者)〜  


ヒポクラテスの時代、紀元前から最良の薬は歩くことと言われていたんですね。
私は性別や年齢的にも骨粗鬆症が心配なので散歩で7000歩が目標。
身体だけではなく顎の骨も骨密度の低下により痩せてきますので、十分な栄養と適度な運動による刺激が必要です。
口腔周囲の骨や筋肉、機能が衰えないよう、食事には噛み応えのある食材を取り入れ良く噛み、食間にはガムを噛んだりしてこちらのエクササイズも併用していきましょう。


目まぐるしく日常が変わっていく一年でしたが、
元気があればなんでも出来る!(健康であればなんとかなる!)

今年も一年ありがとうございました。
みなさま、良いお年をお迎えください。






コメント

今年一番売れたものは

2020-12-10 | Weblog

こんばんは。新潟市の歯科医院、すずきデンタルクリニック、歯科医師の堀です。



今朝の佐潟です。白鳥を見に行ってきました。


早いもので、いつの間にやら師走です。今年の流行語大賞は「3密」。その他、トップ10にコロナ関係の言葉が多数入っていました。また、今年一番売れた商品は「マスク」だそうです。次いで、殺菌消毒剤、体温計、うがい薬などが続いています。2019年の1位はタピオカなどのデザートドリンク、2018年はサバ缶だったそうで、大きな変わりようです。コロナに始まり、コロナで暮れようとしている一年でした。皆様はどんな一年をお過ごしでしたでしょうか?



仕事も日常生活でも感染予防に腐心し、自粛、自粛で何をするにもコロナが脳裏をかすめ、大変、窮屈な毎日でした。そんな中でも、何とか楽しみを見つけようと工夫を凝らす日々でした。


閉塞感に満ち満ちた期間でしたが、嬉しかったこともありました。


先日、長年の夢だったピアニスト、フジコ・ヘミングさんの演奏会に行くことが出来ました。フジコさんの指先、体全体から紡ぎ出される調べに大きな力をもらったように感じたひと時でした。


さて、そのコンサートですが、検温、アルコール消毒液の後、入場して、観客席は一つ置きに空席を設けてあり、全員がマスク着用、と感染予防対策がとられていました。


管弦楽団の演奏もあったのですが、

吹奏楽器の方以外は指揮者も演奏者もマスク姿で、リハーサルかと見まごうような光景でした。これが今後、新しい演奏会様式になっていくのかもしれません。


マスク着用が飛沫拡散を予防する効果があることはスーパーコンピュータ富岳で実証されました。また、マスクの素材の違いによる拡散防止効果の高低も検証されています。

 

マスクが感染予防だけでなく、重症化を防ぐ効果もあるのではないかという記事を国際感染症センター忽那医師が書かれていました。まだ仮説ということですが、動物実験でマスク装着を想定した実験群では感染しても症状が軽かったそうです。ヒトにおける調査でも、マスク着用が広く一般に定着してからは感染者の中で軽症者、無症状者の占める割合が大きくなっているという報告があるそうです。


新型コロナだけでなく、インフルエンザや風邪などの予防にもなりますので、マスクをしない手はないと思います。これからの季節は防寒にもいいですね。マスクの需要は今後も増え続けそうですね。


ワクチンの開発も進み、諸外国では接種が始まりました。日本でも来年にも開始されるとの報道がありました。未来は明るいと信じています。


少し早いですが、皆様、どうぞよい年をお迎えください(^-^)v

コメント

健口通信

2020-12-05 | Weblog
皆様いかがお過ごしでしょうか?
第2波が収まることなく第3波が来てしまい
収束どころかコロナの猛威はまだまだ進行形です。
皆様も気を緩めることなく予防の意識を保ちましょう!

そんな歴史的な年となったこの1年も残すところあと3週間余り。
今回の すずきデンタルクリニック のブログは
私的にも忘れられない1年となった小栗が担当致します。

こちらのブログでは
皆様の健康維持や健康増進の手助けとなるための情報をお届けしておりますが、
その中で『歯周病』と全身疾患との関わりについていくつかお話があったと思います。
特に糖尿病との関わりについてはもう当たり前のようになってますよね。
最近では痴呆との関わりや更には手術後の経過にも影響しているということで
お医者さんの方から歯医者に行くよう勧められる機会が増加しております。

そうなってくると今後医療保険などの契約条件の項目で
虫歯や歯周病、残っている歯の本数など口腔内に関する指標が
より一層重視され、厳しくなってくると思われます。

予防の意識が高いのか実際の治療費が高額だからかは分かりませんが
欧米では7〜8割の人が定期的に歯医者に通院しているそうです。
日本では歯医者に定期的に通院している人は3割程度と
まだまだ予防の意識は低く、
何らか症状が出てから歯医者に行く人が大半を占めています。

口腔内を清潔に保つことは、未だ猛威を奮っているコロナだけでなく
例年より激減しているもののインフルエンザにも有効な予防対策となります。
皆様ももっともっとお口の健康に目を向けましょう!

そろそろ今年の漢字の時期ですね!
今年は『禍』『蜜』などコロナ関連の予想が多いようですが
私の予想は『炎』で!(肺炎の炎じゃなく煉獄さんの赤く燃え盛る魂の『炎』で)
以上小栗でした。皆様よいお年を!






コメント

キシリトールチョコレート

2020-11-30 | Weblog
こんばんは。
新潟市の歯科医院 すずきデンタルクリニック受付の小林です。

外に出るとたくさんのお店がツリーを飾って、クリスマスを感じる季節になりました。
先日ケーキ屋さんに行ったらクリスマスケーキの予約を開始していたので、早々と予約してきてしまいました。
我が家の今年のクリスマスケーキはホワイトチョコレートチーズケーキです。

当院でも、冬季限定商品
「歯医者さんが作ったチョコレート」
今年も登場しております。




2週間お試し用のサイズのみの取り扱いです。
美味しくサプリメント感覚でむし歯予防ができます!
気になっていた方、是非お手に取ってみてください。




チョコレートといえば、私はチャーリーとチョコレート工場の大ファンで何十回と観ているのですが、近々原作が同じ方の映画がはじまるようですね。
早く観たくてワクワクしております!
コメント