sugger's blog@三宅島

イルカたちから教わったこと。
三宅島に移住して12年目になりました。
島の自然や生き物たち、魅力をお届け♡

いよいよですね!!

2008年06月30日 | 日記

昨夜は南っけの風だったのでとても蒸し暑い夜となりました
今シーズン一番の暑さだったような気がします。っていっても、25℃ぐらい
だったんですけどね。

今年は涼しい日が多く、まだ扇風機も出していません。夜もひんやりして過ごしやすいです

しかし、昨夜は湿度100%だったので、ものすごい湿気トイレの壁から水滴が
滴ってました・・・

先日、Iさんからたくさんのタカベをいただきました。

suggerが好きな魚TOP3に入る魚です築地ではかなりの高級魚。

たくさん頂いたので実家にも送ったのだが、かなり好評でした
関西ではなかなかお目にかかれないので「なんていう魚だっけ??」となかなか名前を
覚えてくれない母・・・。

「タカベです!!」

 

昨日はJさんからキンメを頂いたので煮付けにしていただきましたが、毎日高級魚が
食卓にならび、贅沢と同時に、とてもありがたい事です感謝です!!

 

さて、6月も今日で終わりとなりましたね。半年があっという間でした

島では19日20日に行われる「牛頭天王祭」の準備も始まり、提灯が出始めました。
いよいよ夏本番です!!

明日から7月。今年は梅雨明けが早まるといっていましたが、明けたら暑い夏が
待っていることでしょう

 

今年の夏もいい思い出をたくさん残しましょうね~

 


『三宅島自然ガイド』絶賛好評中です!!

ご購入は下の本をクリック 
       ↓

 

 

ランキングに登録していますワンクリックお願いします      

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

デラックスオープンカフェ♪

2008年06月29日 | 日記

友人たちとの島内散策ですが、お天気にも恵まれてとても充実した時間を過ごす事が
できました

海岸沿いではハマカンゾウが咲き乱れています。

こちらがハマカンゾウ。色はスカシユリとそっくりですが、近くでみると違いが分かります。

そして、そろそろハマゴウも咲き始めました!

ハマゴウのアップ。

今回のオープンカフェはイスを出してちょっと贅沢に開いてみました

デラックスオープンカフェとでもいいましょうかねっ(笑)

 

Kさんとまったり夕暮れまで過ごす事ができました

 

今回はKさんと共に初めて島を訪れてくれたろう話者のAちゃん、Mさん、Fさん。

みなさんに島内を案内したが、コミュニケーション手段が手話だったため、手話ができる
Kさんを橋渡しにして色んな事を学ぶ事ができました

とりあえず、レンタバイクをして車とバイク2台で島内を1週

ルームミラーを見てちゃんと付いてきてくれているか確認したら、Aちゃんのウインカーが
付きっぱなし・・・。しかし、彼らは無音の世界。

スクーターのウインカーの「カチッカチッカチッ」という音も聞こえないのだ。
そうなれば、自分が点滅しているところを確認しなければ付いたままだという
事は当然分からない。

コミュニケーションも手と口元で見るので、少し離れてしまったりしても大きな声で
呼んでも当然、振り向いてくれない。

いつも普通に行っている行為だが、ハッと気づかされた事がたくさんありました。

友人を介して初めて出会えた出会いだったので、何だか自分の価値観が広がった
ような気がします。

みんな始めての三宅島でたくさん感嘆してくれ、楽しく過ごしてくれていたようだった
ので、とても嬉しい

 

また来てね~

 


『三宅島自然ガイド』絶賛好評中です!!

ご購入は下の本をクリック 
       ↓

 

 

ランキングに登録していますワンクリックお願いします      

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大海原へ出るための学び舎

2008年06月29日 | 三宅島

昨夜はバドサークルの仲間が赴任期間を終え内地へ帰っていく為、送別会が
行われたので少し顔を出しに行ってきました

出会いがあれば別れもあり、気がつけばバドのほとんどの人が赴任者。
今年いっぱいで島を後にしていく人がかなりいて、島人としては寂しい現実・・・
でも、そんなみんなの心の中にはたくさんの三宅島での思い出でいっぱいで、
それが新天地での活力になってくれたらいいな

Mさん、赴任生活お疲れさまでしたこれからは家族水いらずな生活で心機一転
頑張ってくださいねー

 

先日、Kさんと長太郎池でシュノーケリングをしました
只今、黒潮が青ヶ島あたりまで南下しているため水温は20℃なかったくらいで
ロンスプではちょっぴり寒かったなぁ

でも、たくさんの幼魚が大海原での生活を前に成長している姿を見ることが出来ました

サンゴやイソギンチャクも元気に生きています。

ウツボものんびりとまったりと暮らしてました。

夏トビもつかの間の休息をしに長太郎へ。
トビ以外にも、メジナやタカベの幼魚が大海原へ出るために群れとなり生きている姿を
観察することができました

浅瀬ではアメフラシも水の流れに身を任せて・・・

 

そして相方はひたすらまちぼうけ?・・・(しかも、ちょっとひっっぱられ気味

やっぱり水の中は落ち着く。なんか上がった後は心身ともにスッキリ!!
Kさんは9ヶ月ぶりの長太郎。「やっぱいいわ、ここは」とただいま~帰ってきたよっていう
顔でいつまでも海を見つめていました

みんなに「帰ってきたよ~」っていってもらえる長太郎がいつまでも変らずあり続けて
欲しいな・・・。

 

 


『三宅島自然ガイド』絶賛好評中です!!

ご購入は下の本をクリック 
       ↓

 

 

ランキングに登録していますワンクリックお願いします      

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異空間!!新スポット【阿古溶岩原】

2008年06月27日 | 三宅島

今日は内地から友人が来島していたので島内観光のドライバー兼ガイドとなり
散策してまいりました。

天気も曇りの予報だったが、晴れ間や青空も見られ晴れ女たちのお陰で
楽しい1日を過ごす事ができました

 

友人以外はみんな三宅島が初めてで、suggerはみんなにどうしても見せたい場所が 
たくさんあり(笑)限られた時間でどこへ行こうか迷ったが、これは外せない!!

 

そう、昭和58年の噴火時に溶岩で埋まってしまった
旧阿古小中学校の溶岩原です。

今までは、道路から校舎内に流れ込んでいる溶岩を外からしか見る事ができませんでしたが、
今年の春に遊歩道が作られ、実際に溶岩原のど真ん中を歩く事ができるようになりました。

まさに異空間です

学校の体育館の屋根や校舎の屋上が見えていますが、屋根があるって事は立っている
場所はすでに2階以上の高さの溶岩があるって事なんですよ。

この黒くてゴツゴツしたものがすべて溶岩。

 

実際、日本でこんな体験ができるところってそうないと思います


この辺りには当時、(昭和58年)民家が520戸ほどあったのですが、400世帯ほど
埋まってしまいました。しかし、死者は1人も出ませんでした。

モノトーンな世界ですが、恐怖感はなく、むしろ自然のエネルギーを肌で感じられるこの
空間はとても貴重で、そこから感じられるパワーは半端ない


 

これこそ、三宅島が誇る「火山島の魅力」のひとつだと思います


 

 


『三宅島自然ガイド』絶賛好評中です!!

ご購入は下の本をクリック 
       ↓

 

 

ランキングに登録していますワンクリックお願いします      

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ついにここまできたか・・・

2008年06月25日 | 三宅島

今日は雨が降るかと思いきや、ぽつぽつ降った以外は曇り空で何とか
持ちこたえてくれました

気温は23℃とそんなに高くはなかったが、湿度が半端ない・・・
週末の夜中の湿度は100%になってたくらいですから・・・
日中でも90%超えてる時結構ありますこうなればカビとの戦いです!!

今日は仕事が終ってから自然ガイドのミーティング。
いよいよ今週末からツアー対応が始まりますガイドはNさんとKさん。
suggerは7月吉日にデビューですおもてなしの心をもって喜んで頂けるよう頑張ります

 

ミーティングの帰りに久しぶりにガソリンを入れました。
暫定税率復活後はまた再び値上がりし、いくらになっていたかと言うと・・・

な・な・な・なんと!!

只今、レギュラーが235円(?)でございます

今日は10000円では足りませんでした・・・びっくりです!!
ついにここまで来たか・・・って感じですが、小笠原ではレギュラーが300円(?)だと。

電動自転車本気で考えてます。

 


『三宅島自然ガイド』絶賛好評中です!!

ご購入は下の本をクリック 
       ↓

 

 

ランキングに登録していますワンクリックお願いします      

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加