sugger's blog@三宅島

イルカたちから教わったこと。
三宅島に移住して12年目になりました。
島の自然や生き物たち、魅力をお届け♡

伊豆諸島シンポジウム2019

2019年02月23日 | 自然ガイド キュルル

先日、都内で開催された環境省主催「国立公園 伊豆諸島を考えるシンポジウム2019」に

参加してきました。

 

 

 
大島在住の環境省武藤レンジャ―による国立公園としての保全と活用についてのプレゼン。

伊豆諸島は富士箱根伊豆国立公園に指定されています。
エコツーリズムの理念に沿って、持続可能なやり方で活かしていくには??

このシンポジウムではこれらをみんなで考えていくことに・・・




活動事例として「大島ジオパーク推進委員会」の臼井さんからの発表がありました。



大島に移住して3年。8島を巡りこのように思ってらしゃいます。
示し合わせていた訳ではなかったのに、私と同じような思いをもってらっしゃった事が
とても嬉しかったです^^


そして、伊豆諸島自然史研究会より八丈島の岩﨑さんによるプレゼン。
2007年に八丈小島の野ヤギの駆除が完了し、そこからクロアシアホウドリが営巣、
産卵するようになったそうです。
その調査報告などを発表して下さいました。

今季は27個の卵が孵化しているようです^^
フワフワの毛に覆われたヒナたちが元気いっぱい巣立つ日が楽しみです

 

そして、今回は伊豆大島、八丈島に続き、三宅島の事をお話させて頂きました。



自然ガイド「キュルル」としての活動報告をさせて頂きました。
保全活動、環境教育活動、島の魅力発信や素材発掘を行いながら、ガイドとして島の自然を
利用しながら活動している事例を紹介しました。



これ!!
これが伊豆大島の臼井さんと同じ思いだった言葉です!!
私も友島を訪れたり、友島で暮らすガイドさんたちのお話を聞いていると
やっぱりこれにたどり着く。。。


今、伊豆諸島をアイランドホッピングする、これが熱いんです!!!




私のあとは、我らがつくば大学の上條先生による「伊豆諸島植生研究グループ」による
活動発表でした。

 
三宅島にも頻繁に足を運び、学生とともにフィールド調査してらっしゃる先生は、
伊豆諸島をこよなく愛するお方です。

そんなこんなで、各島の熱いプレゼンが終了~

 

その後は参加者全員によるワークショップ。

 

4.5人のグループになって、持続可能なやり方で伊豆諸島を盛り上げていくには
どんな事を行っていけばよいか?国立公園として保全しつつ活かしていくには?
などのディスカッションを行いました。

 

4時間のシンポジウムは大盛況でした❗️❗️

各島在住者や研究者、行政、伊豆諸島をこよなく愛する方々が集結し熱い思いを
共有させて頂きました。

 

お陰様で、とても刺激的で心揺さぶられる時間でした✨✨

 

 

環境省の皆さんはじめ、お声かけ下さりありがとうございました🙇‍♀️

 

 

つづく・・・

コメント

新年会&定例ミーティング

2019年01月12日 | 自然ガイド キュルル
先日は自然ガイドキュルルの今年初の定例ミーティング&新年会を兼ねてリターノへ。













モニターツアーやノルディックウォーク、巨樹ツアーなど...春までも盛りだくさん。



今年も島の自然を楽しむと共に保全活動やPR、新たな素材探しなど精力的に頑張ろう❗️❗️
コメント

新刊ミヤケンシスができあがってきました!!

2018年11月20日 | 自然ガイド キュルル

私たち自然ガイド「キュルル」はアカコッコ館ブースにて活動報告を展示させてもらいました。





野鳥の会の本部の手嶋さんと♡
手嶋さんはアカコッコ調査やカンムリウミスズメ調査の際は毎度来島しているレンジャー。



若手メンバーも増え、総勢13名。
楽しく活動しています!!





去年に引き続き、ウミガメの調査に関する周知もさせてもらいました。Nくんありがとう!!



ミヤケンシスVo.21も新刊が出来上がってきましたよ。




去年の三宅島の自然に関する様々な調査報告や活動報告が執筆されています。
私もここ6年ぐらいウミガメの産卵&孵化調査について執筆させてもらっています。





数に限りがありますが、無理配布なので興味がある方は、アカコッコ館までお問い合わせ下さいませ。




産業祭に合わせて友好都市である小金井市議、高遠町議、そして、みなかみ市議の皆様、
友好都市協会の皆様が今年もご来島。


友好都市である小金井市の市議である遠藤ゆりこさんとも4年ぶりの再会できました💕




いつもオシャレでお美しく、アクティブでパワフルなお方で尊敬します♡


翌日日曜日は小金井市議の皆さんのガイドでした。



つづく...

コメント

母親が産む場所で明暗が分かれた

2018年11月01日 | 自然ガイド キュルル
日曜日は午後からウミガメ調査隊のメンバー&レンジャーと孵化調査に行って来ました。






今回は2カ所の産卵穴で卵🥚が見つかりました。

1カ所は掘り当てられなかった場所でしたが、孵化した跡が見られたので
掘ってみたところ、やはりありました。








今回は1カ所は125個中116個孵化というなかなかいい状態。
もう1カ所は台風や高波で水没してしまっていたようで、110個中33個しか孵化しておらず。









母親がどこに産むかで、明暗が分けられる結果となりました🐢



今回は小さな調査隊も参加してくれ、レクチャーから熱心に聞いてくれ、
精力的に穴も掘ってくれてとても助かりました‼️

アカウミガメとアオウミガメの違いもすぐ分かるほど‼️頼りになります❣️






ウミガメ調査隊のみなさま、ありがとうございました‼️
コメント

今季初!!!

2018年08月04日 | 自然ガイド キュルル
レンジャーとウミガメ調査隊のメンバーで産卵調査に行ってきました。



今季初✨✨
アオウミガメの卵を確認しました‼️






右が往路で左が復路。



今年はなぜかアオウミガメ🐢ばかり💦
過去最高の16上陸。



台風の波にさらわれないで孵化できる事を祈って✨✨
コメント