トミーのブログ 1

園芸研究家(園芸家) 富山昌克(トミー)が日々に感じたことや書き留めておきたいこと。

富山蘭園は1952年設立。

2016年12月30日 12時32分45秒 | ~お知らせ~

2016年2月20 日 (土)14:00~16:15(受付13:30~)

2016年02月08日 19時50分51秒 | ~お知らせ~


***********************************
第17回草屋根の研究会のお知らせ
***********************************
■日程:2016年2月20 日 (土)

■時 間:14:00~16:15(受付13:30~)

■場所:御影公会堂 住所:神戸市東灘区御影石町4丁目4番1号

■ 参加費(会場・お茶&お菓子代):大 人・小学生1,000円/乳幼児無料

また、会員のご友人、会員以外の方は初回のみ参加 費+1,000円 でご参加いただけます。

■プログラム:

□ゲスト講演~第1部~
花田 佳明 先生
(神戸芸術工科大学 芸術工学部 環境デザイン学科 教授)
テーマ 『ラーニング・フロム・リノベーション』

□ゲスト講演~第2部~
富山 昌克 先生
(メリクロン&富山昌克オフィス&富山蘭園・奈良農場代表
 奈良県農業大学校・大阪ハイテクノロジー専門学校・大阪動植物海洋専門学校・大阪狭山市熟年大学・講師)
テーマ 『ガーデンにおける最強プランツと 草屋根植物への応用について』

□草屋根ユーザーズレポート
「郡家の家の草屋根の家」オーナー

□懇親会(お茶&お菓子付き)

※お茶とお菓子をご用意いたしますため、お申込みは、
2月15日(月)までに、草屋根の会事務局までお願い致します。

お申込み・お問い合わせは、
草屋根の会事務局まで、お電話にてお願いいたします。
お問い合わせ先:草屋根の会 事務局 TEL:078-846-5125

コメント (1)

堺市都市緑化センター友の会洋蘭部会のみなさんと

2011年03月01日 22時13分15秒 | トミー仲間への感謝!





お世話になりました。

ありがとうございます。

富山蘭園の洋ラン、よろしくお願いします。



あっ、トミー父ちゃんが輸入して選抜した優良個体だあああ~。

2011年03月01日 00時28分44秒 | 『ファミリー』への想い




ひさしぶりに遭った。


何年ぶりかな?


元気そうでよかったよかった。


ステラっていう個体名は

すべて

富山蘭園からでていったものなんだよん。
コメント (1)

■二男の昌克(まさかつ)

2010年02月13日 11時30分30秒 | トミー6兄弟の言い分(フィクション)
■二男の昌克(まさかつ)

富山昌克オフィスの代表。大学・専門学校の講師。会社顧問。園芸執筆業。バイオテクノロジスト。
趣味は絵画鑑賞、映画鑑賞、読書など。
普段は富山蘭園、メリクロンアーツ(植物組織培養研究所)の経営。講義やコンサルトなどを行う。
著書多数。『ラン科植物のクローン増殖』など。既婚。一姫二太郎の子を持つ。
富山昌克の脳内

ひとこと:『トミーのブログ』をいつもご観覧頂き、ありがとうございます。グルメリポーターの兄や出来の悪い弟たちが大変お世話になっております。兄弟を代表して厚く御礼申し上げます。基本的に飽き性の弟である昌香が珍しくもう5年近くこのブログを続けているようで、みなさまの暖かいご支援の賜だと感謝しております。今後ともご指導の程よろしくお願い申し上げます。





国際花と緑の博覧会が開催された日の朝刊に・・。

2009年10月24日 19時50分49秒 | 『トミーキャラ』の変遷
国際花と緑の博覧会が開催された当日の

日経新聞に掲載されたときの

カットされた画像(爆笑)。


なぜか

富山蘭園が掲載された。








1990年4月1日に開催されたので

撮影は1990年の3月後半だったような・・・。

当時26歳のトミー(汗)。

もう19年前なんだね。

下画像は最近のもの。

ずいぶん、顔が変わっちゃったなあ~。

コメント (1)

ムシトリスミレ

2009年03月30日 19時25分23秒 | 『花・野菜・果樹』に対する想い
食虫植物。

葉っぱがベタベタのヌルヌルです。

コバエがくっついています。

富山蘭園では

もう半世紀、栽培増殖中~。

カトレア・ラビアータ アルバ‘カベルード’

2008年11月10日 07時41分08秒 | 『花・野菜・果樹』に対する想い
富山蘭園・奈良農場で育成しております。

20年前に限定メリクロンを作りましたよん。

ラビアータはカトレア原種のなかで

栽培が一番容易だと思います。

下の画像はラビアータのノーマル個体。


もう冬ですね。

2007年12月19日 09時54分40秒 | トミーの仕事場
富山蘭園・奈良農場の2階部分にあたる一角。

バードバスがある。

野鳥もいっぱいくる。

とてものどかなところ。

ここにもトミーの原点がある。

哲学はこんなところで生まれてくる。

富山蘭園・奈良農場

2007年09月17日 13時44分15秒 | トミーの仕事場
奈良県五條市にある農場。

両親が住んでいます。

トミーにとっては、新生かつ神聖なるところです(笑)。

いつかはトミーも移り住む予定です。

オープンセミナー

2007年03月08日 20時28分34秒 | トミーのひとりごと
バイオ技術指導 オープンセミナー開催
 
  3月9日(金) バイオ技術指導の『体験入学 』開催致します。


メリクロンアーツ&富山蘭園・奈良農場をトミーがご案内いたします。

大阪府藤井寺市にある植物組織培養室を見学して頂いた後、
弊社の車で移動して、奈良県五條市にある農場へ行きます。
午後5時に藤井寺駅で解散予定。

集合場所:3月9日(金)午後1時 近鉄南大阪線 藤井寺駅改札
募集人員:6名

ご見学の目安時間
午後1時:藤井寺駅に集合
午後1時~2時:弊社オフィス&植物組織培養培養室
午後2時~5時:五條農場
午後5時:藤井寺駅で解散

お陰様で、1名オーバーの7名の方々がご参加されます。

ありがとうございますっ!

15年ほど前から、弊社で行っているセミナーです。
いままで、全国から様々な職種の方々が参加されました。

コチョウラン生産者、マンゴー生産者、
 ミニ洋ラン生産者、ストレプトカーパス生産者、
  キュウリ生産者、東洋ラン生産者など
   様々な農業従事者がうまれております。

トミーはいつも本音しかお伝えしないからねっ!

明日、7名の皆様、お待ちしております。

トミーと一緒にロハスに生きていきまっしょい。

LOHAS= Lifestyles of Health and Sustainability

健康と環境、持続可能な社会生活を心がける生活スタイルだよん。

オープンセミナーは満員です。

2007年03月05日 12時38分17秒 | ~お知らせ~
バイオ技術指導 オープンセミナー開催
 
  3月9日(金) バイオ技術指導の『体験入学 』開催致します。

メリクロンアーツ&富山蘭園・奈良農場をトミーがご案内いたします。

大阪府藤井寺市にある植物組織培養室を見学して頂いた後、
弊社の車で移動して、奈良県五條市にある農場へ行きます。
午後5時に藤井寺駅で解散予定。


お陰様で募集人員がいっぱいになりました。

ありがとうございます。わくわくしますね~。たのしみん。

昌克です。(その2)

2007年02月18日 11時25分46秒 | トミー6兄弟の言い分(フィクション)
 本日は、園芸研究会の2007年度総会に出席します。園芸研究会は園芸文化を高めるためのもので、メンバーは関西を中心に構成されています。園芸に関する様々な職種の方々の集まりなんです。素晴らしいひとたちの集まりなので、いつも勉強させて頂いております。

 また末弟の雅がブログアップしていますね。申し訳ありません。お恥ずかしい限りです。彼は彼なりに精一杯生きておりますので、長兄として優しく彼を見守っています。ブログをご覧の皆様も大きな心で見守ってあげてください。

 次男の昌香は、明後日東京で大きな講演をひかえておりますので、なにやら本人も責任を感じているらしく、ロードワークにでかけております。彼はちゃらんぽらんな性格ですが、ここ一番のときに、陰でこそこそ人目につかないように努力しています。ただの馬鹿ではないと思うのですが、いまだにプロレスラーデビューを企てているようで、困ったものです。講演とランニングはどう関与するのか?僕にはわかりかねますが、これまたいたしかたないことです。

 僕は普段、会社のこと、研究のこと、教育のことで多忙極まりないのです。なかなかこのブログにも投稿できないのですが、著書、連載、講義などで僕の仕事に触れることもできますから、今後ともご指導の程をよろしくお願い申し上げます。

 メリクロンアーツ・トミーオフィス・富山蘭園奈良農場 代表 富山昌克

ちょっと真剣に、・・・。

2007年02月04日 23時50分27秒 | トミー流・哲学
この3年間、ボク個人のビジネスの将来像をずっと真剣に考えていた。

 厄があけたので、そろそろ新しいことをはじめようと思う。

メリクロンアーツの世界。

富山昌克オフィスの世界。

富山蘭園・奈良農場の世界。

この3つはすべて業務が異なる。

さらに『リーズナブルなフラワーの世界』を構築していこうと思う。

新たな4つめの世界。

いままで、公共な放送や民放にずっとお世話になっていたため、
 敢えて意識的に、いや、信じられないほど、
  富山という固有名詞のつく仕事は、水面下のものに抑えてきた感がある。

当然、社会の歯車の一員でもあるから、
 従来の仕事はすべて遜色なく今まで通り進めていくつもりだ。

そのなかで、新しい世界観の構築。
 そこには、『トミー』も『富山』という固有名詞は存在しない。

 「えっ!トミーだったの?」という世界を創り上げる。

とうとう、新たな動きのはじまりだ。
 完全に独立した『フラワーライン』を創り上げるのだ。

 この新たな世界にご興味のあるかた、お手伝い下さるかたは、
  弊社までご連絡ください。
   HPにメールボックスがあります。そちらをご利用下さい。

                 
コメント (3)

終わりました。

2007年01月14日 23時20分13秒 | トミーのひとりごと
ビジネスパートナーさんの社長様が打ち上げをしてくださいました。

今回のイベントは、ボクの念願でした。

トミー父子が惚れたラン科植物を
  ぜひ阪急のフェニックスさんでディスプレイしたい。

ホントに純粋な思いでした。

富山蘭園の商品は一鉢もフェニックスさんでは販売しておりません。
 過去、交配育種やフラスコ苗生産に関する情報提供はいたしました。
  ですから、

今回のソフロニティスの交配親はすべてちゃんとしたものです。

ボクは1店員さんとして、誠意を尽くしました。

これでいいんだと思います。

わが国で、大きなラン展が衰退していく時代背景のなかで、

ランなんて、いままで知らなかったひとたちに
 ソフロニティスをアピールさせて頂いただけでうれしいんです!

中学生や二十代のカップルさんたちが、ソフロニティスをご覧になって、

「可愛いっ!」「めっちゃ、可愛いやん!」「ラメはいってるううう~」

  って口ずさんで頂いただけで幸せでした。


ボクが感じる可愛さはこれでよかったんです!

それだけでいいんです。


お客様から、今後進むべく道をいろいろ教えて頂けました。


クリエイティブ阪急㈱の社長様、常務様、リーダー様、店長様、副店長様、
スタッフさんたちの動きに対し、心から御礼申し上げたいと思います。


ご来店頂いたお客様、本当にありがとうございました。

いつまでも感謝の念を持ち続けたいと思います。

本当にありがとうございました。

園芸研究家 富山昌克
コメント (4)