乾酪庵 Cottage de fromage

とりあえず登録してみました。
主にスピリチュアルな活動をした時に記録していく予定です。

'18年末紅白歌合戦の感想を書いてみたよ

2019-01-16 21:55:05 | 日記

あれこれ書きたい書きたいと言いながらブログ自体放置してるアカウントはこちらです。

もうあけましておめでとうございますというタイミングでもないですね。申し訳ないです。しかし誰も待ってないと思いますし大丈夫でしょう(開き直り)。

特に理由があったわけではなく、10、11月がんばりすぎたのかな。思えば12月は一回しか更新してないです。きゃー。

書きたいことはあるんですけど、どうしましょうかね。今日はリハビリ代わりに軽い話題にしておきますか。

 

紅白の話でも。
私はウッチャンのファンです。しかし前も言いましたように、紅白の司会をしているウッチャンも、深夜に若手と絡んでるウッチャンも同じように好きなのです。

 写真AC

だから私にとって、紅白は名誉だとは思うけど、ウッチャンのたくさんあるキャリアの一つなので。もし彼が年末年始家族と水入らずで過ごしたいとか、田舎に帰ってのんびりしたいとか思ってるならぜひそうしていただきたい。

ただウッチャンのお嬢さんはお父さんに紅白の司会やってほしいらしいですね。そんなこと言われたらお父さんはり切っちゃうよね。

で、当日は絶対に笑ってはいけないとザッピングしながら視てましたので、意外と大事なところ視てませんですよ。筋肉体操とかね

しかしまぁ、チャンネル変えると、小芝居(コント?)してる、巨大化してる、踊ってる、牛が出るといった感じであれこの人司会者だったよねと確認したくなりました。総合ってそういう意味?w

 

内容についてはカオスさが話題になってましたよね。まぁそれだけ去年は目玉になるような歌手とかヒット曲が少なかったって事かもしれません。コラボとか企画もので盛り上げる方向に行かざるを得なかったというところかも。

ヒット曲がないというのはある意味時代の流れというか、歌番組は軒並み視聴率が取れないらしいので、そんな中紅白はよく頑張ったと思います(何故か上から)。

平成最後でしたしね。NHK的には、というか、国民的には本当はSMAPに〆てほしかったところだと思うんだ…。

と、どこかで見た記事の受け売りのようなことを書いております f^^;。

 

サザンと米津玄師はチャンネル変えないで視た。米津玄師さんの歌声いいですよね…。心の底の出づ水(いずみ)から涙の成分を両手でそっと掬い上げるような声、だと思ってます。涙は当然lemon味です。

 

笑ってはいけないも面白かったです。ただ、ずっと面白かったので意外とポイントで印象に残ってないです。記憶力の問題かもしれない強いて言うならユータッチマイパ~イの三人娘がずっと頭から離れないんですが。

 

といったところで。
本当にどうでもいい話題でした。悪しからず。

書くとなるとどうしても長文になりがちなので、それもマメな更新ができない一因ですね。
善処します。。

コメント

円結び縁ターテイナー愛さん『星に刻まれた魂の自分を知るお茶会』

2018-12-13 22:45:57 | スピ参加、交流体験

思ったほどスピ充できずにいる今日この頃です。スピ充ってなんだよ

こんばんは、どうもぼくです()。

 

先日久々にスピっぽいことして参りました。

 

星に刻まれた魂の自分を知るお茶会 – 渋谷イベントスペースのシェアビズBlossom

 

 写真AC

渋谷のシェアビズBlossomは、以前根本さんのエドガーケーシー上映会でお世話になったとこです。スピ系やセラピーなどのイベント、交流会を行っているので興味ある方はチェックしてみてはいかがでしょう(回し者ではない)。

 

今回参加した『星に刻まれた魂の自分を知るお茶会』。「星読み診断結果」という鑑定書を主催者の愛さんが作って下さり、それを元に色々お喋りする企画でした。

 

占星術で、年齢によって影響を受ける天体が違う、という考え方があります。これを『年齢域』といいます。

  • 月   0〜7歳
  • 水星  7〜15歳
  • 金星  15〜25歳
  • 太陽  25〜35歳
  • 火星  35〜45歳
  • 木星  45〜55歳
  • 土星  55〜75歳
  • 天王星 75〜84歳
  • 海王星 84歳〜
  • 冥王星 死後

※占う人によって微妙に違うことがあります。

 

といっても、私は聞いたことはあったけど意識したことは無かったんですけどね。
愛さんはこれをもとに私の人生の傾向を説明してくださいました。

ラミネートしてくださってる。ご丁寧にありがとうございます。

 

私は学生時代~若いうちは個性を重んじ自由を好む傾向があった。

平等って言われたんですけどどうなんでしょう。例えば性別によって扱いが変わるのってある程度はしようがないと思ってます。前提条件が違うのに平等にこだわりすぎるとかえって辛くなりませんか。

扱いが違うのはいい。ただし最近のあるニュースは、「ウチは女子の定員はこれだけです」って最初に言うべきでは。それを言わないしわ寄せが一所懸命勉強した高校生の女の子に行くのは理不尽、みたいな話をしました。

そういう意味では平等である必要はないけど公正であってほしいとは確かに思っている。

 

ある年代からは数年おきに引きこもりと動き回るのを繰り返すらしい。

引きこもりといっても、芸術とかインスピレーションといった良い面を伸ばせればいいのだが、そうでないと社会に適応しにくくなる時期があるかも、ということ。

またそろそろ潮目が変わりそう。吉と出るか凶と出るか

 

けっこう心当たりがありましたですよ。

 

私にはない視点の話しが聞けて新鮮でした。他にもじっくり色んな話ができて楽しかったです。

お世話になりました。またお会いしましょう。

 

愛らんどエンターテイメント – 円結び縁ターテイナーが贈る珠玉のエンターテイメント!!

コメント

桜井識子さんと四谷於岩稲荷田宮神社

2018-11-22 23:56:34 | 神社仏閣、パワスポ

先日、愛読している桜井識子さんのブログに、四谷怪談で有名なお岩さんの話題が上りました。

於岩稲荷田宮神社 〜東京都中央区〜 | 桜井識子オフィシャルブログ「~さくら識日記~」

 識子さんのお岩さん話し一連

詳しくはリンク先を読んでいただきたいのですが。要点を言うと

 

  • 四谷怪談は夫が妻を×し、それを恨んだお岩さんが祟りを起こす話し
  • 実際のお岩さん夫婦はとても仲が良かった
  • 家計は火の車だったが家の庭にある屋敷神を篤く信仰し、夫婦の努力もあって家は再興した
  • 近所の人もあやかってお参りに来るなど評判になった
  • お岩さんの死後、200年も経って、当時江戸で話題だったいくつかの事件を元に「東海道四谷怪談」というお芝居が書かれた
 
  • (ここからは識子さんがお稲荷さんに聞いた話し)お岩さんは、死後何度かの転生を経てあの世へ帰った後、自分が日本で怪談の主人公にされていることを知ってショックを受けた
  • その感情がお岩さんを縛り付け、次の転生もできないしそこから動けない
  • これは神様にもどうにもできない。本人が解くしかない
  • しかし大勢の人に誤解されている現状ではそれもままならない…

 

というお話しでした。そこで、人気ブロガーの識子さんがそこに導かれたのかもしれません。

お岩さんゆかりの神社は中央区新川と新宿区左門町(四谷)にあるのですが、ちょうど四谷に行く用事があったので行ってみることにしました。

 

この日も雨

住宅街の中にあります。

雨が激しくこの後用事があったこともあり、あまりゆっくり撮影出来ませんでした。

 

死後の世界のことは私には分かりませんが。本人には何の責任もないところで他人に思われていることがそんな風に影響するなんて、誰が思うでしょうか。

お岩さんを追い詰めた人たちも、悪気なく何百年も前の怪談を信じただけです。

誰も悪くないのに、そんな風になってしまうことがあるんですね。

 

しかしよく考えれば似たような話は現世でも間々ある話です。
史実、有名人、実生活を問わず、噂や人の話しだけで誰かを決めつけてはいけませんね。

 

このことは私のブログにも書きます。識子さんほどの影響力はなくても一人でも誤解している人が減るように、お岩さんが安らかな気持ちになりますようにとお祈りして、神社を後にしました。

ちなみに私は気付かなかったんですけど、すぐ近所に似た名前のお寺があるらしいので注意してください。

 

四谷於岩稲荷田宮神社 | 神社と御朱印

コメント

大宮八幡宮の鎮守の森・和田堀公園

2018-11-18 22:32:05 | 神社仏閣、パワスポ

今回は三部作のエピローグ(終章)って感じ。

つ 大宮八幡宮 序章本編

今回散策した和田堀公園

大宮八幡宮はが有名です。あと本編でも書きましたが、小人さんがいるという噂があります。
実は何年か前にも来たことがあるのですが、その時は桜が綺麗でしたよ。

今回は時期的に桜はムリですね。小人に期待

 

いそうですよね。

タイトルが鎮守の森となってますが、勝手に言ってるだけで正確な定義は分かりません。
でも如何にもって雰囲気がします。

境内と公園の境界がよく分からない。

こんなうっそうとした森を延々と歩む。

 

この辺は公園。あまりにも広大で、入口付近をうろうろしただけ(笑)

この季節、日暮れが早いし、これ以上はムリと判断。
結果ほとんどずっと(笑)

 

公園の外です。善福寺川。

鳥さんこんにちは。

 

こんな感じで私の大宮八幡宮探訪は終わりました。落ち着いた雰囲気の気持ちのいい場所でしたよ。
パワーがいただけたでしょうか。分からないけど、神様にご挨拶できたのは嬉しかったです。

 

 

 

会えたのかな?

コメント

秋晴れの杉並大宮八幡宮

2018-11-18 10:00:00 | 神社仏閣、パワスポ

先日訪れたばかり大宮八幡宮に縁あって再びやって来ました。

この日は良いお天気でした。

大宮八幡宮といえば、小人さんがいるという噂があるのですが…。

うん、流石、商売上手ですなぁ。(神社とこの看板は直接関係ないと思います)

手水…これって、皆さんなんて読みますか。

私これ最初に『ちょうず』って覚えたものですからいまだに『おちょうず』って言ってしまいます。

 

家で改めて画像を確認してびっくりしたんですけど、なんと本殿の写真が一枚も無い Σ(゚Д゚; あほ

そんな訳で前回雨の中撮った写真を加工してみました。

じゃん

雑ですみません インチキはこれ一枚だけです。

ちなみに本殿の中では、お宮参りでしょうか、赤ちゃんがお祓いをしていただいてました。
巫女さんが舞ってました。

 

犬夜叉いそう。

 

ラウンジがありました(前回余裕がなくて  気付かなかった)。しばし休憩。

お抹茶と葛餅。

ごちそうさまでした。

 

こちらは境内も相当広いのですが、すぐ近くの和田堀公園が広大なのですよ 次回はそのお話し

コメント