daichanの小部屋

ある平凡な将棋指しの日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年最後の

2006-12-29 12:39:46 | 日記・雑談
昨日は今年最後のVS、そして今年最後の忘年会でした。
来年はもうすこし強くなりたいと思いました

年賀状も一通り出したので、これで無事年が越せます。

というわけで、今年最後の更新にしようと思います。皆様どうぞよいお年を。

週刊将棋

2006-12-27 15:43:07 | 告知・紹介
10大ニュースに注目してました。さぞや迷ったことでしょうね。あまりにいろいろなことがあった1年でした。

個人的には、今年は佐藤棋聖を中心に回った感が強かったので、羽生王座が上に来たのは意外でした。他では、24買収は入るかな、と思ってました。


レギュラーメニューですが、今週のレディースの観戦記は良かったですね。里見さんはまだ中学生、一晩寝て起きれば将棋が強くなっている年齢です。村田さんも、お兄さんとは小学生名人戦以来のライバルなので、注目していたのですが残念。
ともあれ決勝戦楽しみですね。僕の希望としては、今回は同世代の名人に頑張ってほしいですが、里見さんにも新人らしい戦いを見せてほしいですね。
コメント (1)

速報

2006-12-26 23:06:20 | 告知・紹介
一日二度の更新は控えるつもりだったのですが、速報記事を見つけてしまったので、貼っておきます。おそらく明日には各紙で報道されることと思います。
アマ王将がプロ再挑戦


いろいろと思うところはありますが、何はともあれ、頑張ってほしいです。

激動の一年を振り返る。

2006-12-26 13:53:21 | 日記・雑談
ちょっと気が早いですが。

本当にいろいろなことがあった一年でした。今後も含めて、こんな年はもうないだろうという気がします。

今年は二つのお年玉で幕を開けました。暮れのクリスマスプレゼントと合わせて、最高の年末年始でしたが間もなく深刻な不調に陥りました。全くの偶然ですが、ちょうど婚約発表した頃からだったでしょうか。
 春先には名人戦問題とのダブルパンチで、将棋はあまりやりたくないという状態でした。幸か不幸か対局もなかったので実際にしばらく将棋から離れることに決めました。来年からはもうこういう時期のないようにしたいものです。
 この春には「瀬川さん後」の問題として、プロ(フリークラス)・三段リーグ編入制度が成立しました。自分も委員の一人としてこの問題に関わったので、案が無事通ってホッとしました。この制度によって、今後は年齢に関係なくプロ棋士への道が開かれることになりました。名人戦問題の余波で世間の目がそれていた気もしますが、これも将棋界にとって非常に大きな出来事だったと思います。

 幸い順位戦開幕頃には調子が戻ってきて、まずまずの状態で迎えた夏、初めてギャモンで海外の大会に参加しました。そうそう簡単には参加できないと思うので、機会があって良かったです。パリとモナコで計10泊ほどの長旅を楽しく過ごしました。
 帰ってきてからも調子は悪くなかったのですが、順位戦の大阪遠征で大熱戦を落としたのを皮切りに、新人王準決勝、NHK杯2回戦と続けて大きい勝負に敗れました。内容はそれほど悪くなかったのですが結果が出ず、苦しい時期でした。自分の状態と結果が必ずしも一致しないのが勝負事の難しいところだと感じます。この3つに加えて、竜王戦や王位戦でも準決勝で負け、今年はあと一歩のところで結果が出ず、成績以上に苦しい一年だったと改めて思います。

 そんな中で、10月に竜王戦で昇級昇段できたのは本当に嬉しい出来事でした。この一番がなければ、今年は散々な年だったということになりかねないところでした。

 そして11月に結婚式を挙げました。準備が本当に大変でまたしても将棋どころではない毎日を過ごしましたが、多くの方に祝福していただいて、やって良かったかなと思いました。でももうイヤですが(笑)

 自分が結婚式でバタバタしているうちに、将棋界では、24買収ネット新棋戦誕生そして女流棋士独立準備と、大きな動きが相次ぎました。リンク先はいずれも「勝手に将棋トピックス」です。時間がたってから改めて読んでみると、本当によく整理されていることがわかります。
 名人戦問題に比べると全棋士の関心は低いように感じますが、自分はどれも非常に興味深く見守っています。いまは将棋界全体が、いろいろな点で大きく動く流れのように感じます。来年以降もこの流れは続くのかもしれません。

 そして最後に、このブログを始めたのも大きな出来事でした。以来ネットの前にいる時間は格段に増えたような気がします。自分が子供の頃はもちろん、つい最近でも考えられなかったことですが、いまやパソコンがないと生活できないと言ってもいいぐらいになりました。インターネットとの関わりは今後も重要になっていく一方だと思うので、どうつきあっていくのか来年以降も日々考えていきたいと思います。

 いいことも悪いこともあった年でしたが、充実した一年でもありました。来年が今年以上の年になるよう、頑張りたいと思います。

それではまた

チャレカ

2006-12-25 10:50:41 | ギャモン
昨日はギャモンのチャレンジカップでした。
出目悪く、散々な目に遭いました。
こんな4ぞろを予告通り振れる人が世の中に他にいるんでしょうか(笑)


夜は近くで食事して帰宅。
今年最後の散財でした。
コメント (2)

有言実行

2006-12-23 08:30:49 | 日記・雑談
というわけでもないですが、昨日は観戦記を読みに連盟に行ってました。決して暇ではないですが、これと言って用事があるわけでもないので日々が穏やかに流れていきます。

観戦記は、一にライター、二に将棋の内容だなあと思います。「長さ」とか「対局者」とか大事な要素は他にもあるんでしょうが、まずは書く人の技術と、将棋の内容が良いものでないと、面白くなりません。
当たり前のことを書いているように思われるかもしれませんが、実は必ずしも重視されてないように思うんですね。と、持論をメモしておきます。


夜は急な来客があり、すこしだけ将棋を教わりました。全く手が見えなくて完敗でしたが、まあ冬休みなのでいいでしょう(笑)

忘年会

2006-12-22 11:54:45 | 日記・雑談
昨日はかつての稽古先である学士会の忘年会に、夫婦で行ってきました。
そして素敵なサプライズをいただきました。見てる人はたぶん極めて少ないかと思いますが(笑)、どうもありがとうございました。

ここ2週間ばかり忘年会ラッシュだったのですが、一応昨日で入っている予定はすべて終わりました。今年も残りわずか、激動の年を振り返ったりしながら、心安らかに過ごしたいと思います。


竜王戦は最後まで本当に見事な内容でした。ファンの方も存分に楽しまれたシリーズだったのではないでしょうか。
コメント (1)

竜王戦

2006-12-21 12:26:26 | 将棋
昨日は幸いにも両者1分将棋の大熱戦を制しました。最後はあと歩一枚あれば詰まされているところ、偶然その一歩がありませんでした。
注目度の差は言うまでもないことですが、当人たちにとっては大きな勝負ですし、内容も充実したものがたくさんあります。こうして熱戦が陽の目を見ずに埋もれていくのは、棋士としてとても残念なことです。

ファニー君にプレッシャーをかけられたようですが、予告した通りopinionの次回更新は年明けの予定です。
と、ゆるやかに自分にプレッシャーをかけておきます(笑)


さて今日はいよいよ第7局の2日目です。
竜王戦中継サイト
これほどお互いに失うものの大きい勝負は、ここ1,2年なかったのではないでしょうか。要注目です。
コメント (4)

観戦記

2006-12-19 13:20:52 | 告知・紹介
忘年会続きでしばらく更新できませんでしたが、その合間にこんなものを見つけました。
梅田望夫さん


>せっかく巨額の契約金を支払って将棋タイトル戦を主催している以上、もう少しまじめに「将棋の魅力」を伝えることに、新聞社は真剣になるべきなのである。

こういう意見をきちんとした形で発信してくださる方がいるのは、本当にありがたいことです。

僕自身は、棋士の側こそ「将棋の魅力」を伝える(または、伝えてもらう)ことに、もっと真剣になるべきだと思っています。大事なことだと思うのですが、関心は総じて低いような気がします。
僕はデビュー以来自分の将棋の観戦記にはすべて目を通しているはずですが、たぶん少数派ではないかと思います。特に同世代の若手棋士には、まずは現状を知ることから初めてほしいですね。
観戦記については、思うことがたくさんあるので、いずれ改めてopinionでとりあげたいと思っています。


さて明日は仕事納めです。気分よく新年を迎えられるよう、頑張ります。
コメント (2)

将棋三昧

2006-12-16 11:14:09 | 将棋
昨日は朝棋譜並べ、昼練習将棋、夜順位戦観戦の三本立て。
特に夜中まで数々の激闘を研究するのは、僕にとって至福の時間です。
コメント (1)