新世界まちなか案内所NOW    

 Shinsekai Hondori Shoppingstreet Blog
 『新世界観光ブログ』観光案内所通信

新世界まちなか案内所 NOW

☆土曜・日曜日は新世界でお楽しみ下さい☆

2012年01月31日 | <新世界のイベント情報>
 毎週土曜・日曜日には、松竹芸能お笑い寄席「通天閣劇場TENGEKI」が
開催されてます。




毎回、若手芸人さんからベテランまで、豪華な出演者です。

通天閣、串かつ、その後は「TENGEKI」でお楽しみ下さい。

 2月の『TENGEKI』公演スケジュールは下記のとおりです。




 新世界へのアクセスは地下鉄・JR・阪堺電車・南海電車が便利ですが、特に難波、天王寺からの
アクセスは無料観光送迎バスがお得で便利です。
難波、天王寺から、あっという間に通天閣の下に到着です。

おまけに乗車は無料。

新世界名物にもなっている無料観光送迎バスをご利用下さい。



✪無料観光送迎バスの出発時刻等は下記ホームページをご覧下さい。
  ⇒http://www.shinsekai-bus.com/

■お笑い寄席『TENGEKI』は下記ホームページをご覧下さい。
  ⇒http://www.shochikugeino.co.jp/tengeki/

※NOTE;
 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

[編集部]
コメント

FM大阪「カモン ! EXPO大作戦!」☆

2012年01月31日 | <その他の情報>
 FM大阪
 「カモン!EXPO大作戦 !


 嘉門達夫さんがパ−ソナリティ−を務める番組で、毎週木曜日、深夜24時〜28時まで の放送です。

この番組の中、隔週で、新世界PR大使・OSAKA翔GANGSによる新世界紹介コ−ナ−があります。

翔GANメンバーが、実際に新世界で取材したり体験したり、それを番組でリポートします。

この日、いくつかの取材のひとつ、喫茶タマイチにお邪魔しました。

 取材したのは、もちろんコレ。



 「びっくりぜんざい」です。
丼鉢にお餅が4つ、かなりのボリュームに翔GANのチィちゃんとユカちゃんもびっくり。



 ユカちゃん、ぜんざいを見事に完食、大満足です。



 別の班では、アスカちゃんとモエちゃんが通天閣やスパワ−ルドで取材し、最新情報をゲットできたとか。

楽しい新世界情報が満載でしょう。

皆さ〜ん、木曜日の深夜は夜更かしをして、「カモン ! EXPO大作戦 ! 」をお聴き下さい。

□OSAKA翔GANGS+ブログ
  ⇒http://ameblo.jp/osakashowgangs/

□翔ギャン★Cheeのチィーッス♪ブログ
  ⇒http://ameblo.jp/cheeeeeen/

■FM大阪のHP
  ⇒http://fmosaka.net/index.shtml
 


←嘉門達夫O.Blog

※NOTE;
 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

[編集部]
コメント

無料観光送迎バスの行く先は?

2012年01月30日 | <その他の情報>
 新世界から難波に行くのに、最も便利な交通機関は無料観光送迎バスでしょう。
通天閣の下から30分毎に運行しています。



この日、通天閣下から無料観光送迎バスに乗って、行った先は難波にある「ホテル 一栄」です。

■ホテル一栄のイケメン支配人が、わざわざお出迎えしてくれました。



■写真がちょっと暗いので、撮り直し。



■ 無料観光送迎バスに乗るために、ホテル一栄まで行ったわけではありません。
ホテル一栄に行くために無料観光送迎バスに乗ったんです。

実は、ホテル一栄で浪速区商店会連盟の新年互礼会が行われました。

 ■最近、ツィッタ−を始められた浪速区の浅野区長さんからのご挨拶。



 ■浪速区商店会連盟の互礼会には、府会議員、市会会議員、それに日本橋・なんさん通り等、
  その他、浪速区の商店街から代表の方が出席します。

 ■さすが、ホテル一栄の料理は格別、毎年、楽しみにしている互礼会です。





■ところで、ホテル一栄には新世界PRブ−スも設置されてます。
まさに、新世界オフィシャルホテルと言えるでしょう。



もちろん帰りも、ホテル一栄前から無料観光送迎バスに乗って新世界(通天閣下)へ。

本当に便利な無料観光送迎バスですね。

皆さんも是非、無料観光送迎バスをご利用ください。

あ、ホテル一栄もご利用ください。

✪無料観光送迎バスの出発時刻等は下記ホームページをご覧下さい。
  ⇒http://www.shinsekai-bus.com/

※NOTE;
 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

[編集部]
コメント

☆新世界喫茶部ができました☆

2012年01月29日 | <新世界の出来事>
 新世界には多くの喫茶店があります。
約17軒の喫茶店があり、創業50年、創業80年というように、かなり古くから
営業されているお店もあります。

昭和の雰囲気を色濃く残す新世界、それは喫茶店にも象徴されているように思います。

最近のオシャレなカフェではなく、新世界にあるのは喫茶店です。

タバコが吸える、新聞や雑誌がある、メニューを見るとミックスジュ−ス、ホットケ−キ、
チョコレートパフェなど、これぞ喫茶店。

新世界といえば串かつ、そんなイメージが定着していますが、実は喫茶店も多いんですよ。

そこで, 「新世界の喫茶店」をPRしていこうと喫茶店の若手が集まり、
新世界喫茶部」を立ち上げました。


新世界に来たら喫茶店に行ってみようかなと思ってもらえるような企画を考え、
昭和の喫茶文化を発信し、新世界の喫茶店の存在をクロ−ズアップしていきたく思います。

100周年を迎える新世界、喫茶店は頑張っていますよ!

※NOTE;
 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

[編集部]
コメント (1)

いろんなお店で新世界ハイボールが飲める!

2012年01月29日 | <新世界のお店情報>
 串にレモンを刺して、マドラ−代わりにしてハイボールを飲む。
これが新世界流のハイボールの飲み方…これぞ新世界ハイボール

どこまでも串にこだわる。
これが新世界流儀っちゅうもんですな(笑)

 ところで、新世界ハイボールって、どこで飲めるの?
現在15店舗で展開されてますが、そのうち、いくつかを紹介しましょう。

ファミリーマート新世界店前にある串かつ「ヤマハチ商店」、新世界ハイボールの撮影では、
よく協力してもらってます。

串かつダイニング「ひろたか」でも、新世界ハイボールは人気急上昇。

通天閣本通商店街にあるイベント会場「新世界ルナストリート」や韓国居酒屋「(ハレル)」でも取り扱っているらしい。

そして、新世界100周年実行委員会の委員長のお店、リビングハウス「満津弥」でも飲めますよ。

新世界ハイボールが飲めるお店はますます増加傾向。

新世界100周年を機に考えられた、新たな新世界名物「新世界ハイボール」、今年は新世界100周年に乾杯〜☆

 1月25日の讀賣新聞(夕刊)に新世界ハイボールのことが掲載されました。 



※NOTE;
 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

[編集部]
コメント

大スポ撮影☆番外編

2012年01月28日 | <新世界の出来事>
 吉野悦世さんに協力してもらった大スポ(大阪スポーツ)の撮影が終わり、
あとは掲載を待つだけ。

 撮影後、「新世界ルナパークパフェ」を食べたいと、吉野悦世さんから
リクエストがありました。

最新の新世界情報に精通されている吉野悦世さん、さすがです。

ルナパークパフェをやっている喫茶「DEN・EN」が定休日だったので、通天閣本通商店街
にある甘党「三好」に行くことに。
大スポの記者さんも同行し、新世界ルナパークパフェを体験しました。

甘党「三好」さんでは、只今、試作中ということで、あくまでも試作品を出してもらいました。
2月には、もう少し色付けをして商品として提供する予定だとか。
2軒のお店で新世界ルナパークパフェを食べれるようになるわけです。
まさに新世界の新名物ですね。

 甘党屋さんならではの味わいがあり、その上、ボリュームがあります。
吉野悦世さんも感激の表情。



 御自身のブログ用にパシャリ。



 大スポの記者さんも大満足。



 甘党「三好」さんでは、2月から始めるそうなので、是非、お立ち寄り下さい。

吉野悦世ブログ★えつぞうの独り言★
  ⇒http://ameblo.jp/etsuzo/

※NOTE;
 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

[編集部]
コメント

★浪速区長さんがツィッターを始めました★

2012年01月27日 | <その他の情報>
 情報発信の方法には、いろんな方法があります。

 町内会では回覧版、掲示板、もちろん新世界にもあります。
企業から個人に至るまで、ホームページやブログでの情報発信は当たり前の世の中ですね。

この度、浪速区の浅野区長さんが、ツィッターを始められました

行政からの情報は、堅苦しいイメージがありましたが、ツィッターなら手軽に見れるし、すごく身近に感じます。

新世界100周年にもあらゆる協力をしていただいている浅野区長さん、情報発信に対する熱意と行動力は素晴らしい!

というわけで、是非、浅野区長さんのツィッターもご覧下さい
  ⇒http://twitter.com/naniwaku728


 △浅野 浪速区長

なお、同ツィッターは大阪市浪速区役所HPからもアクセスできます。↴
  ⇒http://www.city.osaka.lg.jp/naniwa/

※NOTE;
 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

[編集部]
コメント

☆節分には願いを込めて恵方巻☆

2012年01月27日 | <新世界の出来事>
 節分の日は暦の上で春を迎える立春の前日にあたるので、
一年の災いを払うための厄落としとして「豆撒き」が行われています。
また節分には「恵方巻」を食べる慣習もあります。
恵方巻は、節分の夜にその年の恵方に向かって目を閉じて一言も喋らず、
願い事を思い浮かべながら太巻きを丸かぶりするのが習わしとなっています。

 今年の恵方は北北西

恵方巻を予約するなら新世界市場の「えんむすび」をご利用下さい。
予約は、1月31日までだそうです。





「えんむすび」の営業時間は、午前8時から売切れまで。
日替わり弁当もオススメですよ。
売切れるまでに、お買い求め下さい。



参考:フリー百科事典『ウィキペディア』

■「新世界市場」の所在地→新世界商店街地図 ・⑦新世界市場(地図はコチラ


※NOTE;
 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

[編集部]
コメント

吉野悦世☆大スポの撮影(その2)

2012年01月26日 | <新世界の出来事>
 大スポ(大阪スポーツ)の撮影は続きます。

 吉野悦世さんが持っているのは、新世界ハイボール
串にレモンを刺してマドラ−代わりにして、ハイボールを飲む。
これが新世界流儀、新世界ハイボール!



 場所は、串かつダイニング「ひろたか」、ここでも新世界ハイボールを
飲むことができますよ。



 新世界での「遊び」と言えば、スマートボ−ルでしょう。



 大スポの記者さんも楽しんでおられました。



そして、新世界デ−トプランのラストは、ジャンジャン横丁の「誓いの鍵」で決まり。



 南京鍵に2人の願いを書いてください。
そうすれば、2人の願いが叶い、永遠の愛が結ばれる…かもしれません(笑)
南京鍵は大西たばこ店で販売しています。



 大スポの記者さんは「誓いの鍵」の制作者、お好み焼き「狐狐」のマスターにも取材です。



 ミナミやキタ、アベノではなく、彼女をデ−トに誘うなら新世界。
大阪の中の大阪、ディープな街「新世界」で、2人のディープな時間をお過ごしください。

寒い中、いろんなポ−ズをとって撮影に協力していただいた吉野悦世さん、お疲れ様でした。



大スポ掲載日が決まれば、当ブログで報告します。

吉野悦世ブログ★えつぞうの独り言★
  ⇒http://ameblo.jp/etsuzo/

※NOTE;
 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

[編集部]
コメント

むんむの「やってるデー!フライデー!」今回のゲストは?

2012年01月25日 | <その他の情報>
 新世界串かつキャラクターくしたん」のテ−マソングを作詞作曲し、
新世界でも活動を展開している「むんむ」はラジオのパ−ソナリティ−としても活躍してます。

毎週金曜日 20時~21時に生放送!

ラヂオきしわだ
FM79.7MHz


[番組名]
むんむの「 やってるデ−!フライデ−!!

 ゲストが登場する日もあったり、新世界情報コ−ナ−もあったり、楽しい番組です。
聴ける地域が限定されてますが、「ラヂオきしわだ」のホームページからでも 
聴くことができます。

その番組に、「新世界の歌姫吉野悦世さんがゲストで出演することになりました。

 昨年のジャンナリエ点灯式に吉野悦世さんとむんむが出演したのがきっかけで、
今回、ラジオのゲスト出演になりました。

吉野悦世さんが出演する日は、1月27日(金)の放送です。

吉野悦世とむんむのト−クは、きっと、新世界おもしろネタが満載でしょうね。
是非、お聴き下さい。

☐「ラヂオきしわだ」のホームページ
  ⇒http://www.radiokishiwada.jp/

吉野悦世ブログ★えつぞうの独り言★
  ⇒http://ameblo.jp/etsuzo/

むんむのホ−ムペ−ジ
  ⇒http://ip.tosp.co.jp/i.asp?guid=on&I=munmu319

※NOTE;
 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

[編集部]
コメント