sewsew(そうそう)手作りバッグ教室   かんたん!バッグソーイング       自由が丘・雪谷・向ケ丘遊園

しんぐうまりのミシンのある暮らし~

著書『大人が持ちたいバッグ』発売中!
ヴォーグ学園レッスンはじめています🌷

オカダヤさん新宿店で、作品展示とweb展示も!  2020/07/13

2020年07月13日 23時52分00秒 | 展示会
作品展示のお知らせ💠







新宿オカダヤさんで↑
展示いただいてるエコバッグ。

この前お知らせしましたが、
8月末まで、階段横のショーケース
にて展示されることになりました‼️



書籍で紹介されているバッグから
チョイスして展示してくださって
いるようです。

あとWeb展示も!⬇️

↑こちらをクリックして、



この、書籍掲載作品の
マイバッグweb展示のボタンから
入れます!



このWeb上のオレンジボタンを押すと、
作品の紹介が。





↑いろいろ使ってみて
作品を紹介してくださってます!

嬉しい!😃😃♡



⬆️こちらのエコバッグは、
カミングスーンなので
また、引き続き このページも
作品を紹介くださるようで、
期待です✌︎('ω')✌︎

このバッグのどこが使いやすいのか
ここまで
解説してくださるとは
なんか感動です😭

丁寧なお仕事です。
Webマガジンの域です。

ぜひ、web展示を
ご覧ください

そして、
新宿に行く機会がおありの方
ご覧くださいね〜〜╰(*´︶`*)╯




拡大↓




オカダヤ新宿店
新宿アルタのすぐ近所です!



コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アルチンボルド展に行って来ました❣️

2017年08月03日 22時52分49秒 | 展示会



この動物いっぱいの絵 何に見えますか?

今日、上野の国立西洋美術館で開催中
のアルチンボルド展に行って
来ました╰(*´︶`*)╯
コレ、動物だけで、皇帝の顔に作りあげてるのです。

有名なのは、この展示会ポスターにもなってるこの絵


おそらく皆さん見たことがある絵だと
思いますが、花だけで、皇帝を
描いています。
それぞれの花は、図鑑の挿絵のように
とても細かく 雄しべや 雌しべ、葉っぱの
葉脈まで、色合いもとてもかわいい‼︎
これは、四季の顔の「春」で
「夏」「秋」「冬」があるのです。
いつもはルーブルにある4枚の絵画。
この4枚が揃っての展示は 日本初だ
そうです。
ミラノに生まれて名もない画家だった
アルチンボルドが、ウィーンの
ハプスブルク家の皇帝画家になぜ抜てきされたかは、不明なのだそうですが、
お抱え画家としてはとても皇帝に
寵愛されたのだろうなぁと
分かります。

春、夏、秋、冬 と永遠の時の巡りは全て
皇帝のものという、礼賛の絵なのです。
四季折々、皇帝の治世が続くという表現。
この春夏秋冬は、
何枚もあるんです。寝室用にとか
宮廷のいろんなお部屋バージョンで
描かせたようで、お気に入りだったん
でしょう。

そしてあと、もう4作品これと同じく
四大元素 「水」「火」「空気」「土」
があるんです。
水も火も空気も土も 。。。
全て 皇帝のものという皇帝の礼賛の絵のシリーズ。
この8枚が揃う展示は世界初だそうで
8枚が同じ展示室だったので、
とてもこの部屋はコミコミでした

最初の 動物いっぱいの絵は、「土」の
絵なんです。
つまり、大地に息づく動物たち。
それで、皇帝の顔になってます。
どうなってるの?と
いくらでも 足を止めて見ていられる絵
ですよね。
1566年の絵なんですが、この時代
動物園のようなものは当然なく、
世間の人々は アフリカにいるライオンやヒョウなんかも見ることもない時代。
そこに、世界で初と言われる
動物園をウィーンに作ったのは
このマクシミリアン2世皇帝だそうです。
毎日、デッサンに通って動物を描いて
リアルな動物を見て作られた作品だから
とてもおもしろいですね。昔の絵に出てくる動物ってちょっと変?なところが
あったりしますがちゃんと見てるから
描けてるんでしょうか。
見て描いても、画家によっては
えっ?というのも正直ありますよね。
寄せて絵にしてここまで描けるのは、
とてもセンスがイイのだと感心しました。
このアルチンボルド以降、
真似する画家もいて、その作品も
数点展示がありましたが。。。
気持ち悪かったり、収まりが悪く
一言でいうと センスが悪かった(笑)

アルチンボルドは、ミラノ時代に
この寄せ絵の練習をした絵が残っていて
色々思いついて描いていたのでしょう。

私が何よりおもしろいと思ったのは
このアルチンボルドという画家は、
ハプスブルク家の宮廷内の祭行事を
いろいろ任される 総合プロデューサー
だったこと。
本当に面白いアイデアマンだったに
違いないと思うのです❣️
宮廷内で、とても大切な結婚式の
絵コンテ的なものも展示があり、
あと衣装も 動くとドレスが揺れて、
こう動くといった細かい絵のモデル画
もありました。

皇帝ゆかりの王族貴族の結婚式や
戴冠式などの祝祭行事の企画演出を
担当してた皇帝画家なんか聞いたこと
ありません。
なので、こちらがメインで当時先端の
イタリアミラノから引っ張られたのかも
しれないなぁ?とふと思いました。

この時代、催事ごとは
「国防」の意味で重要だったようで、
権力の大きさ、豪華さを示すことが、
国の資金力であり、経済基盤が強固なこと
を示す。だから、遊んでるようで、実は
国防の意図があり大切だったようで。
他の国が見て、戦意喪失させるのが目的。

結婚式はぜったいに豪華で派手なこと❗️
と張り紙を貼って守られてた事ぐらい
大切なことだったのでしょう。
でないと 弱く見られるという。。。
大切なことだったんですね。

ということで、とにかくセンスに光る
アルチンボルドの絵をぜひぜひ
堪能しに 夏の国立西洋美術館に
行って見てください❣️
四大元素の「水」とかはグロくて
おもしろいですし。。。
長話になるので、この辺で(笑)

最後に、
アルチンボルドに肖像画を描いて
もらったらどうなるか??

フレームの前に立つと 約10秒後に自分の顔の絵を画面に表してくれるコーナー
があり、並んでみました✌️

体を張るのもお恥ずかしいですが💦
正面と横顔。。。ん?どうでしょう。
なんとなく?でしょうか⁉️
嬉しそうで、すみません💦(笑)

他の方もどんな感じか、並んでる時
見ていると、ぜんぜん似てない方も
ありました。ちょっとぽっちゃりした方
とかは、野菜で顔幅を大きくしたり、
お子さんも小さくしたりして、輪郭や
髪の長さなどは合わせてる感じでした。

面白い企画です。
不忍池のハスも満開なので、
足を運んで見てください
9月24日まで‼️

http://arcimboldo2017.jp/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ホビーショー2017

2017年04月28日 22時45分01秒 | 展示会



ホビーショーに行って来ました!
日本ヴォーグ社のブースでは、
5月2日発売の「すぐれものポーチ」
の書籍が先行発売されていて、
いい位置に平積みにされていました❣️
私の作品も展示があり、記念に撮影📷
後から気付いたのですが💦撮影禁止の
パネルの前で思いっきり撮ってました。。。f^_^;

私の著作本もありましたよ

今日は、午後から駆け足での見学でしたが、
色んな材料を調達して、足もクタクタ💦
このホビーショーは、3日間通しチケット
で、色んな手芸体験ワークショップが 開催されてます。
毎日通われる方尊敬します。
ビッグサイトにて、明日までです(^ー^)
スワニー
木馬
コットンファミリー
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

タティングレース展示会 日本橋三越にて

2017年01月25日 21時37分42秒 | 展示会




久しぶりの投稿です❣️
息子の受験まであと少し。
受験料を振り込んだり、
願書を郵便局から簡易書留で送ったり、
その日その日を忘れ物がないよう
過ごしております

さて、そんな中、
今日は 日本橋三越へ🏬
タティングレースの作品展に行って来ました😀
津田翔子さんとおっしゃる
私の義理の母の親友で、
50年近くなさっているタティングという技法の編み物で作品を作ってらっしゃいます!
素晴らしい数々のネックレスや
ブローチ、ピアスなどのアクセサリーが
並んでいました✨

タティングレース(英: tatting lace)は、
シャトルと呼ばれる舟形の小さな糸巻きに
巻いた糸を使って結び目を作っていく
レースの技法です。


とにかくひとつの作品が細かく
何年もかかるショールなどもありました。
50年独学でなさってきた作品は
とても素敵な芸術品です❤

編み物が 全く出来ない私は、
とにかく尊敬のまなざしで
眺めて帰ってまいりました。

これは、津田さん作の 私のネックレス❣️素敵でしょ⁉️
お気に入りなので、当日もして行ったんですよ〜(╹◡╹)
写真では 分からないかもしれないですね。

日本橋三越本館の5階の
ステーショナリー売り場の向かい
吹き抜け天井が見えるコーナーです。

31日まで開催中ですヽ(^o^)



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マリメッコ展

2017年01月13日 19時40分42秒 | 展示会

マリメッコ展@Bunkamura渋谷

昨日、マリメッコ展へ行って来ましたヽ(^o^)

マリメッコの生地で作った洋服とカバンのコーディネートです♪( ´▽`)

ずーっと行きたかったので、やっとです😁
平日でしたが、割と人も入ってました。


さて、展示を見て回っていると

学芸員さんに 呼び止められ💧
焦りました(๑˃̵ᴗ˂̵)
好きなファブリック名を
紙に書き留めていたら、急にです💦

それは、ボールペンでしょうか?と尋ねられました。
ハイ。そうです。
そうしましたら、このエンピツでお書きくださり、

ボールペンでの記入はご遠慮願います、、、と。
えっ??
何が間違ってたのか分からず、
なぜか聞いてみると、
もし、ボールペンで誤って作品に
インクが付いてしまってはいけないので。。。ということでした。

そんなことかと、びっくりしました。
私、美術展によく行ってますが
今まで自分のペンを出してメモったことが
そう言えばなかったかなぁ???

別になんてことないのですが、
初めてのことで、勉強になりました(^-^;

こういう機会に好きな生地の名前や、 私の好きな生地のデザイナーさんを
メモってたのです(^ν^)

みなさんがよく知る、
ウニッコのケシの花柄

この生地のデザイナー
であるマイヤ・イソラさんのデザインの
生地がやはり一番好きな柄も
多いです。一部ですが、紹介します。


あと、日本人のデザイナーさんも
数名いらっしゃり、脇阪克二さんの
生地も好きです。



この方は、現在、
なんと、マリメッコのあと
京都の生地ブランドの会社SOU・SOUで
テキスタイルデザイナーとして
活躍されているそうです

展示されていた服には、ジャックリーンケネディさんが

来ていたデザインの青いワンピースなどもありました。

1951年設立のブランドで、女性の体のラインをきれいに見せるために 締め付けて

美しさを出していた時代から解放されて、ゆったりとした服の走りだったようです。

ブランド設立当初から、服飾だけでなくインテリアも含めたブランド

コンセプトを売りにしていたところが新しかったのではないかと思いました。

アメリカ進出は早かったのですが、ニューヨーク5番街にフラッグショップが

できたのは、2009年だそうです。

この展示会では、 マリメッコのデザイナーごとに分けて

展示されていたので 見やすく、好きな生地のデザイナーを

私の中で整理できました。


渋谷文化村にて2月12日まで開催中ですヽ(^o^)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする