わかめました(T0)

ブログぢゃないづらボログづら
(gooの仕様変更で直リン以外の画像は縮小表示されるづら)

きっかけからの初腕

2018年07月12日 11時58分59秒 | その他@マイコン
・年々ぢわぢわ低下する視力、
 氣付けばモニター替えて6年も経ってるし、デカいの買っちゃう?
          ↓
・しかし23吋ですら極薄設計のお蔭でコンポ棚へ置けてたのに27吋とか無理ぽ
 (ちな20吋は収まってた
          ↓
・You向き変えちゃいなYO!


・・・ってなワケで、初めてVESA腕を導入してモニターを左へ向け、27吋化達成。

上下左右回転自由自在☆

・・・いんや、
俯角だけはモニターの重さに負けるのでネヂ固定必至でしたとさ。

アセ言うな

2018年07月11日 14時00分45秒 | その他@マイコン
6年ぶりにヂスプレーを替えてみた。


製品のチャ一ムポイント

・ スリムベゼル
  (実画面はベゼルよりも結構狭いが強度的にしゃあない)

・ 価格
  (タヰミングさえ合えば尼のタイムセール&クーポンで¥14K台)


今迄使ってたの奴と比べると

↑ パネルがIPSからVAになってギラつきが減った・・・かな?

↑ 画面が拡がった
  (ドットピッチは変わらづ)

↑ VESAマウント対応
  (前の奴も対応はしてたが実用性低し)
 
↕ 電源がアダプター式ぢゃ無い

↓ 厚みが増した
  (っつ~か、前の奴の構造が変態過ぎた)

↓ 設定がタッチ式ぢゃ無い
  (安物ですし・・・)

↓ 付属のDVIケーブルが短め
  (仕方が無いので今まで使ってたHDMIケーブルを流用)

続・ザムに至る道

2018年06月11日 12時29分20秒 | ρsο2@ゲエム
ネタ画像は大概ツイにうpしまうのでボログは開店休業状態・・・

以前のザムネタのその後とか
例によってちょこちょこ手直しは割愛

01・・・サイドバーニアで鳩胸化してVer.3.x(前回の最新)

02・・・Ver.4.x 巾を詰めて脚のニョキニョキ感を強調、
    背中を埋めと主砲を兼ねれるアクセのおかげでゴウボ以外のボディーも使えるやうに。
    画像は同様に胸とスラスターを兼ねさせたVer.4.2

03・・・02の胸アクセが縮小の仕様上、明所だと色味が違い過ぎてまうので
    スラスターは諦めて他の新規アクセでスッキリさせたVer.4.5

04・・・遂に足爪アクセが加わったので、胸アクセを以前の奴に戻し
    肩飾りの枠を足に回したVer5.x

で、当然替えるよね~

2017年11月26日 12時13分13秒 | グラボ@マイコン

数世代にわたって使いまわされる黒カナブンメッキのクウラ
多様な取り付け穴にも対応、っつ~か初めてネヂ位置替えた・・・


今回のクウラ交換はGPU放熱よりもメモリーの熱を散らしたい措置
メモリーシンクも貼ったほうがいいけど面倒だからいいやw



ハァンとカバーはオリヂナルの使いまわし、アルミ線で3点留め
さしづめ2.7スットロ仕様といったところ


もふベンチ回しても余裕の熱さまシンク★

本当はこの右のクウラで済まそうと企ててたけど
穴の位置が合わづに断念・・・








ひっぺがしは自己責任

2017年11月25日 15時54分43秒 | グラボ@マイコン
使い始めてはやひと月、初期不良も無さ氣なので
久々にクウラをひっぺがしてみまそた。


クウラ固定ネヂの1つに封印シール有り
保証さいなら~


電源回路の件は前々回に述べた通り
クウラ取り付け穴も旧モデルより減らされて融通が利かなくなった


旧モデルよりも基板が少し延ばされ、
メモリー用の電源回路やハァンコネクターはこちらに移された


メモリーはマイクロンのD9SXD


こんなペラいアルミムクのシンクなのに
ハァンは爆音ぢゃないし、温度もまぁまぁとかGPUどんだけ発熱控えめ


ちな今回はグリス再利用につきGPUの画像は梨!

GPUのコスパすばら

2017年11月11日 15時57分09秒 | グラボ@マイコン
シングルハァンでアルミシンクな安クウラだけど
pそ2(1600x800窓、60fps、設定ほぼ高)程度なら発熱も騒音も無問題。

・・・夏はどうだか知らんけど。



ミリ夕リ一クラス()

2017年11月10日 13時39分41秒 | グラボ@マイコン
去年発売された製品が改良(?)されて9月に発売。
旧製品を引っぺがした画像とかはこっち(勝手)

要点

 ・ 14nm FinFETプロセスで省電力
 ・ 補助電源コネクター無し
 ・ メモリーバス128bit
 ・ 短基板(旧製品よりは延びた)


 ・ クウラはアルミのムクのシンク
 ・ 今回もクウラ交換しないから部品の詳しい実装はわかんにゃい


 ・ アルミ塊下のメモリーチップ2個が冷えなさそう・・・


 ・ 旧製品では3+1フェーヅだった電源が2+1に、こちらは2フェーヅ側


 ・ メモリー用の1フェーヅは熱源の分散を狙ってか基板の端に


冷却のほうは暫くしたらクウラ付け替えればいいけど、
省電力な石とはいへ電源部がショボひ・・・10年前のグラボかな?

微星 G丁Χ1050丁i OCV1

2017年11月10日 12時44分28秒 | グラボ@マイコン
田各歴
X700Pro ρsο用に買った
X1600Pro ROPが少なくてゴミだった
X800GTO 元々こっちにするつもりだった
X1950GT プレー動画キャプ用に買った
HD4670 コンパクトな割に性能が良いので買った
HD5750 ρsο2用に修理上がり品を格安で買った・・・がw
HD6850 5750がトホホだったので余裕を持たせた
R7 265 短い基板の奴に替えたくなった
RX 460 265が急屍したので
RX 460(NITRO) 叩き売られてたので



今回は単に興味本位で。
っつ~か、いつものアングルで撮り忘れてた・・・

煙突効果を活かすクウラ

2017年09月06日 14時45分54秒 | クウラ@マイコン
基本的にCPUクウラは
電源回路周りも冷ましてくれるトップフロー派なんだけど、
このケースに関しては折角の煙突効果が勿体無いと思ったので
サイドフローなブツに替えてみまそた。

今回導入したクウラはこちら(いつもの丸投げ)
特徴
 ・シンクの奥行きが短めで風の抜けは良さ氣
 ・そのぶん足りなくなる表面積は巾でフォロー
 ・周辺回路の冷却はシンク下部よりハミ出た14cmハァンに多少期待
 ・ネヂ留め式でクウラの向きは90°融通が利く

ただし今回の場合、

マザボの電源回路が純正バックプレート前提の配置故に、
新クウラの正方形なバックプレートだと
保護ウレタンを貫いたコンデンサー等の足にネヂ圧が集中してしまうので

それ以外の箇所に厚めのプラ板を挟んでプレートを浮かせてある。

ちなみにハァン風向きの図(矢印の太さが風量(のつもり))



続・ドッドル4

2017年07月29日 14時38分38秒 | システム@マイコン
去年買うたDDR4-2400
使い始めてSPDを見たらネイティブ2400ぢゃ無かった件。

当然のことながらマザボの自動設定だと2133扱い。
BIOSでXMPの2400設定に変えると
起動しないままエラー音でBIOS設定を戻される。

手動設定でレイテンシー多めにすれば2400でLINPACKも完走できるけど、


なんか大差無いから自動の2133でもいいや。(橙2400・茶2133)



・・・最近の約半値で買うた代物だし。