姫路城英語ガイドのひとりごと

姫路城英語ボランティアガイドでの出来事や姫路城のあれこれを綴ります。

姫路城天守はカラッポ?

2018年11月23日 | 作事
トリップアドバイザーの英語版を読むと姫路城が5点満点で4.5の評価がされていました。
まあまあかなと思っていると、なんと「とても悪い」”Terrible” という評価が少なからずありました。
“退屈。中は何にも無い”
“外観はきれいだけど、中は見る物がない。”
“お金を払う価値が無い”等々厳しい意見がありました。

でも、この感想は必ずしも誤りではないと思います。三左衛門がお城に興味がまだ無い時、彦根城へ行っても天守の中は何にも無くて拍子抜けした記憶があります。けれど、今ではこれが隠し狭間か、煙出しはどこだ、石落としがないとか当時はカラッポに見えた内部も見るところが一杯あります。基本的な知識があるのと無いのでは当たり前ですが見るところが大きく違います。

天守を見る時の一番基本的なこととは何でしょうか?
そう、天守は信長以外誰も住んだことがないという事です。天守は権威の象徴でありかつ戦の時の最後の砦なんです。住むところではないので家具なんか置いていません。はっきり言ってしまえば、平和時は大きな倉庫なんです。だから、中はカラッポなのは当たり前です。三左衛門は繰り返しこの事を説明します。





ご覧のように姫路城天守の内部は巨大な梁がむき出しで、天井がはっていません。天井がはっていないのは大抵倉庫とか物置きです。このことからでも天守は居住性が低いことが分かります。では、最上階はなぜ天井がはってあるのでしょうか?よく見ると壁の仕様も全然違う。



ほら、見る所がたくさんあるでしょう?
日本人観光客が長押の上にある釘のような物をじっと見て「あれは何なんだろう」と話しているのをよく聞きます。



そんな時はあれは火縄銃の火縄や弾薬袋を釣っていた釘で竹で出来ています。だから緊急時には火縄を引っ張って竹を折り火縄を掴んだのですよと説明してあげます。



これは武具掛け。火縄銃や槍をかけていました。その上には火縄や弾薬袋を引っ掛けていたフックの様な物も見えます。姫路城は有識者の助言?命令?で飾り付けをせず、素のままを見てもらうように主眼を置いているらしいです。しかし、説明がなければ全然わからない。まして、欧州からの観光客は自国の城と重ね合わせるから家具や調度品のない城は退屈でしょう。模型の火縄銃や槍を武具掛けに飾り、火縄や火薬袋を竹釘から釣っていたら理解しやすいのにとつい愚痴が出てしまいます。元々倉庫なんだから鎧、兜を保管している状態を見せれば良いのにと思いませんか?
素のままを見せている姫路城において外国語ガイドの役目は本当に大切だと自負していますが、ガイドがいなくても日本城郭が理解出来る姫路城であって欲しいと思います。ちなみに、西の丸百間廊下には説明パネルがたくさんありますが、残念なことにそこを訪れる観光客は少ないです。

おまけ(^^)
これは大天守にある煙出しです。平時は雨や鳥が入らないように漆喰で塗り固めていますが、いざの時はそこを破って火縄銃の煙を出すようにします。





コメント

たかが厠、されど厠その2

2018年09月09日 | 作事
随分前に「厠」について書きました。
その続きです。現存天守で厠、つまり便所があるのは姫路城だけです。では、姫路城天守群には何ヶ所の厠があるかご存知ですか?正解は3ヶ所です。それではどこにあるかご存知ですか?



ここは看板があるので大天守地下に入るとすぐ分かります。時々特別公開されます。

二つ目は1階に上がる階段の横にあります。



三つ目、これは難しい。もし、ご存知ならあなたは相当な姫路城通です。

実は大天守ではなく、ハの渡櫓の出入り口横にあります。つまり、天守見学ルートの出口横です。





石垣の所に厠の入り口が見えます。

さて、ここで問題です。西の丸百間廊下・長局はどこに厠があるのでしょうか?
実は無いのです。多分。
長局は侍女の居住空間と言われていますが、トイレ無くして生活ができるのでしょうか?
昼間は御殿の中、もしくは御殿の近くに厠がありそこを使ったのでしょう。けれど、夜は照明器具が無いし、出入り口の数も少ない百間廊下から外へ出てトイレに行くのは怖くかつ難行苦行だと思われます。本当に長局で侍女は寝起きしていたのでしょうか?それとも樋箱のようなポータブルトイレを利用していたのでしょうか?不思議でなりません。

但し、籠城戦の時、西の守りを固めるため、武士がそこで寝泊まりするのを想定していたとすれば厠が無くても合点がいきます。さてさていかがなものでしょうか?
コメント

平成30年度姫路城英語ボランティアガイド募集

2018年05月20日 | VEGA
姫路城外国語ガイド協会、通称 VEGA は6月から恒例の姫路城英語ボランティアガイドを募集します。
現在、VEGA の会員は42名、その内英語担当41名、韓国語担当2名、中国語担当3名です。事務所は姫路城管理事務所の建物内にあります。

私達はチケット売り場から中に入った所で、こんな感じで外国人からの依頼を待ちます。



その日によりますがだいたい15〜30分ぐらいで依頼があります。案内は約2時間30分です。でも、熱心なお客さんだと3〜4時間の場合もありますし、電車の都合で1時間の場合もあります。最初にお客さんの都合を聞くのが肝心です。下の写真は私達がガイドをした後に書く日報です。ガイド時間が色々であること、そして、お客さんの国籍も本当に色々だということがわかってもらえると思います。



姫路城ガイドですから、シルバーガイドさんに負けないぐらいの姫路城の知識はもちろん必須です。だからといってもお城の事を説明するだけではありません。歴史、日本文化、政治等々色々な質問があります。日本を旅行していてやっと英語が通じる日本人と出会ったという感じなのでしょうか、ここぞというばかりに質問をぶつけてきます。でも、ボランティアですから、もちろん報酬はありません。交通費も食事代頂けません。お客様から頂けるのは心のこもった感謝の言葉だけです。

筆記の1次試験と2ヵ月にわたる城内研修を経て行われる2次試験に合格すると、あなたはもう姫路城英語ボランティアガイドです。好きな時にお城へ来て、自由にガイドが出来ます(入城料は要りません)。



ノルマとかもありません。但し、ガイド回数が1年間に10回以下だと肩たたきがありますのでご注意を。入会2年で170回ガイドをした会員もいます。私達はそういう熱心な志願者を求めています。
募集要領は以下の通りです。なお、受験料に500円必要ですが城内研修は無料です。


平成30年度 姫路城ボランティア外国語ガイド 募集要領

姫路城外国語ガイド協会(VEGA)は、姫路城に見学に来られた外国の方々を外国語でガイドするボランティア 活動(無料)を行っています。この度、平成 30年度の新入会員(英語)を募集します。

1. 応募資格
(1) 満 20 歳以上であること
(2) 外国語(英語)は英検準1級同等の能力があること
(3) 日本史は高校卒業程度の知識があること
2. 申込期間、方法
6 月 1 日(金)~6 月30日(土)(必着)まで
往復はがき往信用に住所、氏名(ふりがな)、年齢、職業、電話番号、返信用宛名面に住所・氏名記入 の上、姫路城外国語ガイド協会(VEGA)までお送りください。
〒670-0012 姫路市本町 68 番地 姫路城管理事務所内
姫路城外国語ガイド協会(VEGA) TEL 079―285―1146 FAX 079―222―6050

3. 選考方法
(1)1次試験(英語、日本史に関する筆記試験)
● 日時 7 月 15 日(日) 受付 午前 9 時 30 分~10 時
● 試験 午前 10 時~12 時
● 場所 姫路城内迎賓館  受験料500 円を申し受けます。

(2)2次試験(実地試験)
1次試験合格者には所定の城内研修を行った後、2次試験を行い、最終合格者を決定します。
● 日時 9 月9 日(日) 10 時~12 時
● 場所 姫路城内



コメント

不思議な出格子窓の石落とし

2018年04月23日 | 作事
姫路城大天守には大きな出格子窓があります。矢印のところです。



その出格子窓には大きな石落としがあります。



ここから石を落としたり、鉄砲を打ちます。でも、上の写真をよく見てください。石落としの下には屋根があります。だから、石を落としても下の屋根に当たって攻撃側には当たりません。これっておかしいですよね(^^;;

実は仕掛けがあるのです。下の写真をみてください。



ほら屋根に穴が開いているでしょう。そこから石が落とされたり、鉄砲で攻撃されたりするのです。出格子窓の下には屋根があり、さらに左右の石落としからは遠いから、出格子窓の下は安全と思った攻撃側はひどい目にあうという仕掛けです。これって結構外国人に受けるネタです。それにしても恐るべし姫路城。
コメント

20年超英語ボランティアガイド表彰

2018年03月04日 | VEGA
先日、姫路城を守る会創立50周年式典がありました。その式典において、姫路城外国語ガイド協会(VEGA)現会員42名の内、20年以上英語ボランティアガイドを続けてきた13名が表彰されました。




三左衛門もその内の一人です。在籍が長ければそれで良いというわけでは決してありません。三左衛門のガイド回数は600回そこそこですが、ガイド回数が1000回以上の会員が3名、2000回以上の会員が2名、なんと3000回以上の会員が2名もおり、今も現役でガイドを続けています。交通費、食事代も全く頂いていない、無報酬の私達、姫路城外国語ガイド協会(VEGA)はそれを誇りに思っています。

三左衛門もいつのまにかガイドを始めて20数年になりました。色々な事情があり年間ガイド回数は減っていますが、先輩達同様ライフワークとして英語ボランティアガイドをこれからも続けていきたいと思っています。
引き続き姫路城外国語ガイド協会(VEGA)へのご支援をお願い申し上げます。

コメント (2)