Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『フェイシズ』 (2011) / アメリカ・フランス・カナダ

2012-05-15 | 洋画(は行)


原題: FACES IN THE CROWD
監督: ジュリアン・マニア
出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ 、ジュリアン・マクマホン 、サラ・ウェイン・キャリーズ 、マリアンヌ・フェイスフル
観賞劇場: ヒューマントラストシネマ渋谷

公式サイトはこちら。


同じ日にミラの『エターナル』が観たかったので、それじゃ一緒に観ちゃいましょうとミラ祭りにしちゃった。
ただ結論から言うとこちらの方が断然私は好きかも。


相貌失認という障害があることは今回初めて知りました。
遺伝性・後天性、どちらも発症することがあるらしく、今回の映画の場合は頭を強く打ったことによる発症でしたが、誰にでも起こる可能性があるわけです。 頭を強打した影響で、人の顔を認識する部位が損傷されてしまうからだそうです。


人間の顔を認識・識別する機能は側頭葉・後頭葉に偏在する「顔領域」と呼ばれる部位に依存しているとされ、この脳神経が何らかの原因で機能障害を生じることにより相貌失認に至ると考えられている。 ・・・wikiより


顔というのはその人を表す象徴的なもので、もしそれが区別できなかったらと考えてみるとわかるが、大切な人だとわかっているのにその人の顔が分からない辛さ、顔を見る度ごとに違う人に見えてしまう切なさ。自分の不甲斐なさと共に周囲の理解のなさも、ことごとく苦しみの種になってしまう。
また認識できない相手にしてみれば、いつも自分のことをわかってるんだかそうじゃないんだかが不明で、適当に相槌を打たれていたり場合によっては無視されているように感じたりということもあるそうで、本作の中にもその心境は再現されていました。
顔のパーツはわかるものの、それが合わさって「顔」となった場合に認識できない。 であれば小物や服装、髪型、声で見分けるしかない訳なんですが、そういう要素が変わってしまったならば再度認識できなくなる・・・という症状もエピソードに生かされていました。

事件の影響で相貌失認になってしまったアンナ。 周囲はわかってあげているようでも、いざ自分が認識されていないとわかると、その反応は様々である。 ブライスのように失望して心ない言葉を浴びせる者もいるだろう。
原題の"FACES IN THE CROWD"を想像してもらうとわかるように、群衆の中から自分にとって大切な人を見つけることが、この症状を持つ方たちにとっては至難の業なのかもしれない。 だが同時にその中にも自分を理解してくれる人がいると確信したい希望も含まれている。
土壇場でケレストがアンナのために取った動作。 これは彼女の心に寄り添わないとできないことであり、それだけ彼はアンナを深く愛したのだろう。 誰が自分の味方なのかを表面で判別することは難しい。そして自分の大切な人がこのような症状を持ったとしたら、どこまで寄り添ってあげられるのか。愛した人に寄り添うことの美しさを感じた作品でした。
ミラの演技はこの役をとても深く理解しているように見えました。 またアンナの不安や症状を的確に表現するために、1つの役に何名ものスタントを起用して(ブライスに至っては15名!)、細かく描写するなど工夫が見られます。


★★★★ 4/5点




Comments (12)   Trackbacks (10)   この記事についてブログを書く
« 『ヴィダル・サスーン』 (201... | TOP | 『恋と愛の測り方』 (2010) /... »
最近の画像もっと見る

12 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みえこ)
2012-06-05 09:45:53
そんな病気があるのですね~私も初めて聞いた病名です。
怖い病気ですね。
なかなかの高評価の映画なのですね(^^)
みえこさん (rose_chocolat)
2012-06-05 16:39:07
私も初めて聞いたよ。でも苦しんでいる方もいらっしゃるんだなって。
その苦しみはよくわかりました。
掘り出し物。 (BC)
2012-06-12 22:33:34
rose_chocolatさん、こんばんは。

【未体験ゾーンの映画たち2012】って
愛すべきB級な掘り出し物がありそうなんだけど、まだ1本も観ていない。。。
この作品も面白そうだね。
BC。さん (rose_chocolat)
2012-06-15 15:04:14
えっと、これはそのシリーズじゃないんですよね。一般公開です。
未体験ゾーンは『エターナル』の方ですよ。

とは言っても、あくまでB級ですから、全てがあたりとは言えないかな。
私は未体験ゾーンシリーズでは『ある娼館の記憶』が好きですね。
こんばんは♪ (maki)
2012-10-06 22:53:11
コメントありがとうございました

アンナが鏡に向かって何度も顔をこすり付けたりするところ、彼女の苦しみが伝わってくるようでよかったですね
それとケレストのラストの行動は、「ヒゲ認識」があったとはその時は彼はわからないものの、元の姿に保とうとする愛情表現だと私も思います
もう一捻り欲しい脚本がちょっと残念ですね
makiさん (rose_chocolat)
2012-10-07 07:40:42
>もう一捻り欲しい脚本がちょっと残念
なんですよねーこれ。あまりにも最後が雑だったので・・・

でも、アンナが苦しんでいる様子は切なかったです。
愛しているのに愛せない、みたいなね。
こんにちは♪ (yukarin)
2012-10-19 12:51:28
古い記事にすみません~
私も「相貌失認」というのは初めて知りました。
最愛の人も、自分の顔も認識できなくなるなんて怖いですよね。
アンナの苦しみがすごく伝わってきて切なかったです。
ミラの演技はとても良かったですね!
yukarinさん (rose_chocolat)
2012-10-19 14:50:14
女性にしてみたらとても悲しい話じゃないかと思いました。
なのでこの映画、男性にはあまり評判がよくないんですね。それもわかる気がします。
男性にしてみたら、女の顔なんて整ってれば何でもいい、みたいな思想がありますからね(苦笑)でも女性はそうじゃないです。
ミラはその心情をよく汲み取っていたと思いますけどね・・・。
TBエコーありがとうございました (せつら)
2012-11-11 19:44:31
相貌失認という障害を題材にしたサスペンスで面白い設定ですよね
サスペンスとしてはハリウッドでは王道とされるパターンですけど
ミラさんの顔が認識できないという苦悩がよく描かれていてよかったです。
せつらさん (rose_chocolat)
2012-11-11 20:55:10
はじめまして こんばんは。
コメントありがとうございます。

>顔が認識できないという苦悩
相貌失認という症状は詳しくはないのですが、自分の大切な人が認識できないというのは辛いでしょうね。

post a comment

Recent Entries | 洋画(は行)

10 Trackbacks

フェイシズ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】今回はほとんどノー知識です。サスペン
フェイシズ/Faces in the Crowd/アイディアだけが良い作品の系譜 (LOVE Cinemas 調布)
『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチが製作総指揮と主演を務めるサスペンス・スリラーだ。主人公は連続殺人犯に襲われ犯人の顔を見たにも関わらず、頭を打った後遺症で人の顔が判別できない相貌失認になってしまった女性。彼女の身に迫る危険をと恐怖心...
[洋画] 顔の区別がつかなくなる「フェイシズ」 (窓の向こうに)
観て良かった。こういう作品と出合えるから、映画はやめられない。 題名フェイシズ(原題:Faces in the Crowd) 制作総指揮ミラ・ジョボビッチ 監督・脚本ジュリアン・マニャ 出演ミラ・ジョボビッチ(アンナ)、ジュリアン・マクマホン(ケレスト、刑事)、サラ・ウェ...
フェイシズ (いやいやえん)
あれっジュリアン・マクマホンさんがこの作品に出てた。 ミラ・ジョヴォヴィッチ主演。「相貌失認(人の顔や表情が区別できない記憶障害)」と言う実際に稀にあるケースを元に、恋人と順風満帆な生活を送る小学校の女性教師アンナが殺人現場を目撃してしまった事から...
フェイシズ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【FACES IN THE CROWD】 2011年公開 アメリカ/フランス/カナダ 102分監督:ジュリアン・マニャ出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ジュリアン マクマホン、マイケル・シャンクス、デヴィッド・アトラッキ 恋人のブライスとの結婚を控え、順風満帆な日々....
フェイシズ (Faces in the Crowd) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジュリアン・マニャ 主演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 2011年 アメリカ/フランス/カナダ/イギリス映画 103分 サスペンス 採点★★ 同じ人に2回自己紹介してしまうほど、人の名前と顔を覚えるのがイマイチ苦手な私。「○○さんってさぁ~」みたいな話題に混じ...
『フェイシズ』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2011年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:102分  原題:FACES IN THE CROWD  配給:日活  監督:ジュリアン・マニャ  主演:ミラ・ジョヴォヴィッチ      ジュリアン・マクマホン   ...
フェイシズ (銀幕大帝α)
FACES IN THE CROWD/11年/米・仏・加/102分/サスペンス/PG12/劇場公開(2012/05/12) -監督- ジュリアン・マニャ -脚本- ジュリアン・マニャ -出演- *ミラ・ジョヴォヴィッチ『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』・・・アンナ *ジュリアン...
フェイシズ (こんな映画見ました~)
『フェイシズ』---FACES IN THE CROWD---2011年(アメリカ/フランス/カナダ )監督:ジュリアン・マニャ 出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ、ジュリアン・マクマホン、サラ・ウェイン・キャリーズ 、マイケル・シャンクス 人の顔や表情を識別できない&ldq...
「フェイシズ」 (或る日の出来事)
人の顔や表情を識別できない「相貌失認」となった女性が、殺人犯に狙われる。