地域のために、利用者さまのために

REHA planning(リハビリ訪問看護ステーション東大阪)での日々の業務や、勉強会等の様子をお伝えしていきます。

事務所のホームページをリニューアルいたしました

2019-01-11 | 事務所のできごと

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします

先日、宝山寺さんのほうにもお参りに行きました

業務後に行ったので、暗い写真ですが、厳かで、歴史あるお寺です

今年も情熱をもって仕事していきます

さて、いつか宣言していましたが、ホームページのリニューアルが完了いたしました

といっても、保険点数や素材写真の調整等々、、、まだまだ改良していく必要はありますが

ようやくここまできました

株式会社RADIXという企業にたくさん助けていただきながら

この会社もとても熱意ある方々ばかりで、気持ちよく仕事ができています

ホームページは随時修正していきます

なにか気になる箇所、間違ってる内容があれば教えてください

ホームページアドレス、ブログへの転送などは今まで通りご使用いただけます

コメント

第5回 日本小児理学療法学会学術大会

2018-12-24 | 勉強会関連

こんにちは 理学療法士の丹野です

おそらく、年内最後の投稿となります

今年も一年、多くの方に拝見していただきました

ここに、感謝の意をお伝えいたします

第5回日本小児理学療法学会学術大会に参加してきました

分科会連合での学会ではなく、分科学会としては初めての学術大会で、

テーマは、『小児理学療法 アートとサイエンス』でした

まさに、臨床での経験と、科学的根拠の双方的な働きかけ、照らし合わせの機会となりました

特別講演が2題、臨床セミナーが2題、シンポジウムが1題、その他、一般演題48題、ポスター演題40題と多種多様な内容でしたが、

初日のみの参加となったため、ここに伝達します

専門的な内容になってしまいますが、最後まで読んでいただけたらと思います

 

理学療法士協会の重役が多数出席しており、大会に対する力の入りようがひしひしと伝わってきました

ボバース関連の学会ではよく言われていることですが、科学的根拠との照らし合わせを意識した発表が多かった印象があります

3つの会場に分かれていたので、聴講した5つの講演について伝達することにします


 ①まずは、大会長の日浦先生による「小児理学療法 アートとサイエンスの世界」ですが、普段聞き慣れた講義内容ではあるものの、

科学的根拠を意識し、またあえてボバースという単語を使わずに、わかりやすくお話しされていたのが印象的でした。


 ②次に、工学を専攻されている浅田先生による「もし、ロボットが痛みを感じたら」ですが、ロボットを医療に活用する最先端の世界を話していただきました。

AIの発展で、人間に近い、また人間以上の働きができてきている反面、患者と共感することや、患者の気持ちをイメージすることの難しさを問われていました。


 ③「痙縮に対する評価と治療」をテーマにした花井先生は、ボトックス治療を効率よくするためにどうすればよいかの内容をお話されました。

花井先生は、GMFCSのレベルを考え、注射とハンドリングを同時に行いながら、最適な部位、最適な量を探しながら施注していくとのことでした。

そうすることで、一部の筋レベルではなく、QOLの改善につながりやすくなると感じました。


 ④続いて、一般演題5題を聴講しました。支援学校等で働かれている先生方の発表でありましたが、総じて、他職種との連携のメリットデメリットを、実体感をもとにお話されました。

病院や医療機関だけではない場所でのセラピストの活躍に、新たな可能性を感じました。


 ⑤最後に聴講したのが、脳性麻痺を患いながら現役の医師として活動されている熊谷先生による「動きの誕生 身体外協応構造」でした。

「リハビリの夜」の著者でもある先生は、当事者(患者とは言わない)としての立場を非常に重要視され、良かれと思ってやる「先回り行為」に注意し、当事者が望む行動、タイミング、声かけを共有することが大事であるとおっしゃっていました。

また、あらゆる事象に対するレビュワーに、当事者を入れる運動も増えてきていることを教わりました。
 

 「科学的根拠」、「共感」、「共有」、「当事者」などを強く感じさせられた学会であり、小児に携わる立場としては、アップデートできて非常に満足しています。

また、懐かしい先生方や、お世話になった上司、学生時代の恩師にも会うことができました

みなさんに一歩でも近付けるよう、また頑張らないと

 

コメント

運動器機能予備調査 in マザーズハウス

2018-11-28 | 事務所のできごと

こんにちは 理学療法士の丹野です

今期の冬は暖冬になるかも、とのニュースを拝見しました

暖冬の良し悪しはあるとは思いますが、バイクで訪問している身からしてみれば、少しホッとしています

 

定期的に放課後等デイサービスのマザーズハウスさんに訪問指導を行っているのですが、

先日伺った際には、大阪府理学療法士会が行っている学校保健運動器健診と同様の調査を行ってきました

運動器健診とは、学校、学校医、支援教諭と連携しながら、運動器疾患などの早期発見に貢献するために行っている事業のことです

簡易なテストではありますが、一度に多くの子供の、身体的な変化や徴候を評価することができます

テスト内容は、四肢・体幹の左右差や可動性、片脚立ちやしゃがみ込み動作におけるバランス能力などの項目が含まれます

14人、テストすることができました

今後も定期的に行い、隠れた問題やポジティブな変化を、スタッフらと共有し、

子供や保護者の方々にもお伝えしていけたら、と思っています

テスト自体も、和やかな雰囲気の中、行うことができました

コメント

WORKMANの性能がすごい

2018-11-19 | 便利グッズ

いよいよ寒くなってきました

こんにちは  理学療法士の丹野です

今はやりのWORKMAN Plusをご存じですか

この前ミヤネヤで特集されていたのですが、現在は関東にしか店舗がないため(関西進出も予定中!?)、

今探している防寒着を、オンラインで注文するか迷っていました

従来のWORKMANはあちこちにあるので、似たものがあるかもしれないと思い、フラッと行ってきました

すると、アウトドアやスポーツウェアがたくさん置いてあるじゃないですか

もちろんワーキング、カジュアル、足袋、軍手等も大量に置いてありますが、全体的におしゃれで機能的なものばかり

DIAMAGIC DIRECTというジャンパーと、WARM ASSISTという防寒手袋を購入しました

 

ジャンパーは、『防寒』、『防風』、『防水』、『ストレッチ』、『軽量』に特価しており、バイク運転時の雨にも対応できるすぐれもの

かなり軽いのに暖かいため、冬はこれ1着で大丈夫そうです

お値段なんと、税込み2900円

 

動きやすい

手袋は、『防寒』、『撥水』に優れており、お値段なんと680円

二つとも、機能面、デザインともに非常に優れているため、いい買い物ができたと感じております

他にも魅力的な商品が多数ありましたので、興味のある方はぜひ行ってみてください

コメント

ホームページ、求人、放課後等デイサービス、ホームページ訪問者

2018-10-17 | 自主練習、姿勢調整

ずいぶん久しぶりになってしまいました

理学療法士の丹野です

なかなか更新できていませんでしたが、久しぶりに投稿します

いくつかご報告

①ホームページリニューアルプロジェクトを立ち上げました 12月中には一新できるかもしれません

②indeedさんでの求人募集を始めました 早速いくつかご応募いただいています

③放課後等デイサービスへの訪問指導も開始しています

それに伴い、改めて、発達障がいについて、勉強し直しているところです

④いつの間にか、ホームページ訪問者が20,000人を超えました

 

本当なら、これらはひとつひとつ報告すべきことではありますが、このたび、まとめての報告になってしまったことをお詫びいたします

ホームページ訪問者も、当初の予想を大きく超えての20,000人達成になりました

いつもチェックしていただきまして本当にありがとうございます

今後ともよろしくお願いいたします

ホームページが新しくなる際にはまた報告させていただきますね

コメント