Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

安倍首相、加計問題について「首相案件」と書かれたメモについては「愛媛県の作成したものなのでコメントを差し控えたい」(笑)

2018年04月11日 | 安倍自民党の危険性

 

 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画で柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が2015年4月に愛媛県職員らに「首相案件」と伝えたと記された同県の文書があることがスクープされました。

 森友学園の文書改ざん事件の陰に隠れた感のあった加計学園問題ですけど、防衛相の文書隠ぺい問題といい、こう次々と何故一気に出てくるんでしょうね。

 なんか、安倍首相の運勢がやっと衰退期に入ったのかなという感じがしないでもありません。

今日の柳瀬氏。言われた通りに動いてるだけなんでしょうに、大変なことになっちゃいましたねえ。

 

 

 この文書について、愛媛県知事も作成を認めたので、安倍首相はとうとうその存在を否定することができなくなりました。

 そこで、安倍首相は2018年4月11日の衆院予算委員会で、

「愛媛県が作成した文書についてコメントは差し控えたい」

と述べたというので、私は少し笑ってしまいました。

 だって、作成者が政府でないからと言って、コメントできないわけではありませんからね。コメントするかどうかと作成者がだれかは全くの別問題。

  この答弁に安倍首相の苦しさが現れていました。

 安倍首相はその上で、加計学園の獣医学部の新設については

「プロセスにおいても関わった民間人からは一点の曇りもないとの明確な発言が既に委員会であった」

と言い出しましたが、安倍首相が加計学園の獣医学部新設へ向けて国家戦略特区委員会で圧力をかけたかどうかなんて、民間人含め誰も調査も検討もしてませんからね。

 これも愚にもつかない言い逃れです。

 さらに、安倍首相は

「私から指示を受けたという方は一人もいない」

と述べたのですが、そりゃ、指示を受けた人がしゃべるわけないですからね。何の反論にもなっていません。

 

 たとえば、政治家が賄賂をもらう収賄罪という犯罪があるのですが、あの手の事件が発覚するのはいつも賄賂を贈った業者側、贈賄側からですね。政治家側から漏れることはありません。

 森友学園事件にしても、加計学園事件にしても、安倍首相側でないところから火の手が上がるのは当たり前なのです。

 さて、愛媛県の職員が作成したこの文書によると、柳瀬氏は15年4月に愛媛県職員らと面会した際、首相と学園理事長の加計孝太郎氏の会食についても言及したうえで、加計学園問題は

「首相案件だ」

と言っています。

 そこで、安倍首相は、立憲民主党の川内博史氏の質問に対し、加計氏とは2014年6月に1回、同年12月に2回会食したことを明らかにせざるを得なくなりました。

 首相の日々の行動は新聞各紙で逐一報道されてるんですが、こんな過少申告で大丈夫なんでしょうか。

 これらの答弁で明らかなように、もう安倍首相は森友学園問題及び防衛省の問題も相まって、常識的には「詰んで」いるんですが、ここから毎回驚異の粘り腰を見せるのがこの5年間繰り返されてきた悪夢ですから、もっともっと国民が追及しなければなりません。

 

 

実際、もっと小さな問題で総理を辞めた人もたくさんいたと思うんですよ。

この人の面の皮の厚さは尋常じゃありませんね。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

社会・経済ランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ政治社会問題ランキング 

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品



加計文書

「首相案件」愛媛県側認める 面会の秘書官発言

 愛媛県の中村時広知事は10日、県庁で記者会見し、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)による国家戦略特区を利用した獣医学部新設について、2015年4月2日に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会した同県職員が、柳瀬氏から「首相案件」と説明を受けていたことを認めた。職員は会談内容を備忘録として記録していたが、現在は残っていないという。安倍晋三首相はこれまで計画への関与を否定してきたが、国会で再び問題になるのは確実だ。

 加計学園の加計孝太郎理事長は首相の親友。同学園による愛媛県今治市での獣医学部新設について、内閣府が文部科学省に「総理の意向」と早期開学を促した文書が昨年5月に判明するなど、首相と計画との関連が国会で問題になってきた。

 政府が国家戦略特区に選定する過程で、愛媛県、今治市の職員と加計学園幹部が15年4月、首相官邸で柳瀬氏と面会していた可能性が浮上。柳瀬氏は昨年7月、国会で面会を否定した経緯がある。

 しかし、朝日新聞は10日朝刊で、柳瀬氏が県職員らに「本件は、首相案件」などと発言したことを記した文書を写真付きで報道。これを受けて中村氏が庁内を調べたところ、職員が「間違いなく自分で書いたものだ」と認めた。会議に参加し、口頭報告のため内容を記録したという。

 共同通信が入手した文書によると、柳瀬氏との面会より前に、首相と加計氏が会食した際、下村博文文科相(当時)が「加計学園は課題への回答もなくけしからん」と述べたことが話題になった。学園幹部はこのことに言及し、対策について柳瀬氏に意見を求めた。柳瀬氏からは「国家戦略特区の提案書とあわせて課題への取り組み状況を整理して、文科省に説明するのがよい」との助言を得たという。

 また、同じ15年4月2日、内閣府の藤原豊地方創生推進室次長(当時)との面会では、藤原氏から「要請の内容は総理官邸から聞いている」「政府としてきちんと対応しなければならない」などの発言があった。

 中村氏は会見で、職員は既にメモを破棄しており、データも残っていないと説明した。文書が報じられたことについては、備忘録を基に文科、農林水産両省や内閣府を訪問した際に「置いてきた可能性は否定できない」と述べた。文書の内容には「真面目な職員が書いた」と自信をにじませた。

 これに対し、現経済産業審議官の柳瀬氏は10日、「国会でも答弁している通り、当時、首相秘書官として日々、多くの方々にお会いしてきたが、自分の記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはない」とのコメントを発表した。中村氏の記者会見後も、経産省内で「テレビを確認したが、朝のコメントの通り」と記者団に語った。

 首相は昨年7月24日の衆院予算委員会で、計画を知った時期について「17年1月20日」と説明した。しかし、今回判明した文書が事実なら、首相は15年4月以前に計画を認知していたことになる。野党は真相解明のため、柳瀬氏らの国会招致を求めている。【花澤葵、木島諒子、中川祐一】

 

 

 
学校法人加計学園の岡山理科大獣医学部=愛媛県今治市で10日、本社ヘリから三村政司撮影
 
 
 学校法人「加計(かけ)学園」による国家戦略特区を利用した獣医学部新設計画を巡って、愛媛県や今治市の職員が2015年4月、柳瀬唯夫首相秘書官(当時)らと面会した内容を記録した文書が残っていた。安倍晋三首相らの関与をうかがわせるやり取りが事実なら、これまでの政府の国会答弁は次々に崩れかねない。安倍政権に緊張が走った。

計画知った時期矛盾?

 柳瀬氏が「首相案件」と発言した文書は存在するのか。注目された10日の記者会見で、愛媛県の中村時広知事は「職員による備忘録だ」と認めた。文書が残っていないため、今後の国会論戦で政府側は内容の信頼性を問題にするとみられるが、中村氏はそれを見越したかのように「県の職員は文書をいじる必然性は全くない。県庁の職員は本当に真面目」と強調した。

 

 首相の友人の加計孝太郎氏が理事長を務める加計学園の獣医学部新設計画を巡っては、愛媛県と今治市が07年から構造改革特区で申請してきた。しかし、14年までの計15回の申請はいずれも却下。中村氏は会見で「岩盤がいかに固いか、皆が感じていた」「今治市にとって、本当に長年の悲願だった」と述べ、文書を認めたことと計画への支持は別問題だという姿勢を示した。

 安倍首相は昨年7月、衆参両院の予算委員会で、計画を知った時期について「17年1月20日」と説明した。国家戦略特区諮問会議で加計学園が事業者に認定された日で、首相が知ったのは会議の直前だという。首相が加計氏と食事やゴルフを重ねたことはよく知られているが、首相は同7月24日の衆院予算委で「『獣医学部を作りたい』ということはなかった」と答弁した。

 その後も首相は「私から指示を受けた者は一人もいないことは、委員会の審議で明らかになっている」(昨年11月28日の衆院予算委)と再三、述べている。

 しかし、野党は一貫して首相の説明を疑問視してきた。「首相案件」という柳瀬氏の発言が事実なら、首相は15年4月以前から認知していたことになる。

 柳瀬氏は10日に発表したコメントで、獣医学部新設計画が国家戦略特区の追加規制改革事項として決定されたのは16年11月であり、具体的な地点の選定手続きは同氏が秘書官の職を離れた後だったと指摘。「私が外部の人に、この案件が首相案件になっているという具体的な話をすることはあり得ない」と反論した。

会食で話題に?

 ただ、愛媛県の文書には、15年4月2日に県や今治市、加計学園幹部が柳瀬氏らと面会する前に、首相と加計氏が会食した際、計画が話題になったことを示す部分がある。同じ日の内閣府の藤原豊地方創生推進室次長(当時)との面会では、藤原氏が「要請の内容は総理官邸から聞いている」「国家戦略特区の手法を使って突破口を開きたい」などと述べた。国家戦略特区は首相官邸主導の仕組みだけに、官邸の関与をうかがわせる発言だ。

 柳瀬氏は昨年7月25日の参院予算委で、今治市職員らとの面会について民進党議員から質問され「記憶をたどる限り、会っていないと思う」と繰り返した。文書が判明したことで、本当に面会していなかったかどうかが改めて問題になる。

 今月3日、加計学園が運営する岡山理科大の獣医学部は開学し、加計氏は「世界に冠たる獣医学部に高めたい」と胸を張った。【畠山哲郎】

自民幹事長「うんざり」

 森友学園に関する決裁文書改ざん問題などに隠れた格好になっていた加計学園の問題が再燃し、政府・与党は動揺している。柳瀬氏は10日、愛媛県や今治市の職員との面会を重ねて否定したが、安倍政権への逆風は強まるばかりだ。

 菅義偉官房長官は10日、杉田和博官房副長官を通じ、内閣府と文科、農林水産、厚生労働各省に文書の存在を調査するよう指示した。中村知事によると、県職員が作成した備忘録は残っていないが、同県は引き続きデータを探す方針。政府も放置できなくなった。

 「首相案件」という柳瀬氏の発言の真偽を巡って野党が攻勢に出るのは確実だ。自民党の森山裕国対委員長は記者会見で「首相秘書官がこんな先走ったことを言える状況だったのかなという気がする。本当にあったのかよく分からない」と述べ、首相側近も「メモの内容は疑わしい」と火消しに回った。

 しかし、与党内では相次ぐ問題の発覚に政府への不満が募っている。自民党の二階俊博幹事長は会見で「国民もうんざりしているだろうが、われわれもうんざりしている」。公明党の山口那津男代表も「関係部署で説明責任を尽くすことが大切だ」と突き放した。

 自民党の石破茂元幹事長が「政府が言ってきたことが正しいと証明する責任は政府の方にある」と述べたように、具体的に反証しなければ政府はますます分が悪くなる。昨年10月の衆院選で自民党が圧勝してもなお「モリ・カケ」問題や日報問題がくすぶるのは、説明責任を十分に果たせていない政権にも原因がある。

 こうした中、麻生太郎副総理兼財務相と二階氏は10日夜、東京都内で会談し、「この難局に、麻生派と二階派が力を合わせて政権を支える」と確認し合った。

 立憲民主党など野党6党の国対委員長は10日、国会内で会談し、愛媛県側との面談に出席したとされる柳瀬氏らの証人喚問を要求することで一致した。11日には首相が出席する衆院予算委員会の集中審議が予定されており、野党はさらに追及を強める構えだ。立憲民主党の辻元清美国対委員長は「首相主導だった疑いが濃厚になった」と述べた。【浜中慎哉、立野将弘】

 
 
 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

社会・経済ランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ政治社会問題ランキング 

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (44)   この記事についてブログを書く
« 4月10日(火)のつぶやき | トップ | 4月11日(水)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

44 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
チェックメイト晋三、カウントダウン? (諦めぬ理屈屋)
2018-04-11 20:02:01
首相秘書官が「首相案件」だと具体的に丁寧にアドバイスしていたと愛媛県庁職員が丁寧にメモを取っていた。それを県庁の最高責任者が信頼できるものと明言した(笑)。
完全に終わったな。愛媛県知事が世田谷区長や宝塚市長と同じような政治的キャリアならネトウヨがこぞって陰謀、陰謀と狂信的デマを垂れ流すのだろうが、さあてのうww
秘書官の暴走?
そんな戯言を信じるほど世の中優しくない。
万万が一、そんなデンジャラスな首相秘書官だとしたらそれならそれで、とてもじゃないがそんな秘書官を使っている総理大臣に日本の運営を任せてはヤバイ、ヤバすぎる。
どっちに転んでも安倍晋三の信用度は大暴落!
もう安倍晋三を庇い立てできる要素は何もないですな。おそらく自民党がたわけでなければ安倍離れで権力ゲームを始めるでしょうな。

憎しも憎しな安倍晋三を徹底的に吊し上げてやりたいが(笑)そこはぐっと我慢して、地道にこやつらの悪事を事実のさらなる積み重ねで保守層の安倍離れを促進させることが得策でしょう。
総裁選まで首相の座にしがみつきモードで逃げ切ろうというのが安倍晋三の魂胆だろうが、そうは問屋は下ろさんぞ。
アッキーたちの証人喚問にこの新事実で加計事件も国会招致で追い詰めよう!
sera masanori janaiga... (1jAP)
2018-04-11 22:28:04
 をう、をう、
をう、をう、
 をう、をう、をうぅーぅ

あんたにーぃ、あげーぇたぁーぁ、学部新設の件うぉーぉーーっ
 今更、かえせぇーぇーとわぁーぁー
いわなーぁいわぁーぁー

 せやけどな、アホなオッサンらのニギニギ政治で注目されてしもて知名度抜群の呪われた学園の学生は前途多難やろな。”儲け優先・儲け本位の獣医”なんぞを養成しょったら色々ヤヤコシイで。命を扱うという意識が希薄な獣医を世に出していっこったら。
 木偶のキシの孫に躍らせてる傀儡(くぐつ)が居るのは確かだが、やりたい放題し過ぎの放蕩ボンボンには”私腹を肥やさず傀儡としての役回りをのみキッチリ全うせよ”との地方辞民盗員のお叱りもある事くらいはわきまえよと言っておいてやりたい。
あの強大なロシア帝国は、その貴族の叛旗で半分は崩壊し、あとの半分が労農叛乱によって倒されたという事も参考までに知っておけとも。(微笑)
 平家のようになった辞民盗中央には地方の不満は見えないらしいが、壇ノ浦の藻屑となり、名物のフグにつつかれる最期か、総大将ムネモリのように狼狽えて恥をさらすかというその最期は地方からはじまるのだろう。舐めすぎぬ事だ。
思い出すのは竹下登 (タカニシ)
2018-04-11 23:44:36
この件と直接には関係ないけど、リクルート事件で支持率ガタ落ちの中で首相を辞める羽目になった(もしくは首相をクビになった)竹下登が思い出されます。

人一人自殺に追い込んでおきながら恬として恥じないところもそっくり。 
Unknown (宇治金時)
2018-04-12 14:30:41
皆さん加戸守行氏の先の答弁を聞かれてないのでしょうか。テレビマスコミは、加戸氏はまるでこの世に存在しなかったように無視しましたから、ご覧になっていないかたも多いかもしれません。ぜひ「加戸守行」で検索してユーチューブで国会中継をご覧下さい。安倍首相には何も問題がない事がはっきりしています。もう解決している案件です。そこから考えたら今回の話もまったく問題のない話です。しかし左派の皆さん、憲法改正反対なのでしたら、国民がいいかげんうんざりしているモリカケ話や、つまらない揚げ足取りで攻めず、真っ正面から憲法論議をされたら良いのです。戦後今に至るまで、朝日新聞社や反日マスコミはどれだけの嘘話、揚げ足取りで政治を動かして来たのでしょう。インターネットのない時代ですから今までは独裁的に思い通りに国を操ることができて来たのかもしれません。マスコミの力はそれほど大きいものですから。馬鹿な国民なんてチョロいものよと、かげで高笑いしていたかもしれません。今明らかに常軌を逸した朝日新聞のヒステリックな報道は、今までのように思い通りにならない事にいらだち、わめきちらす幼児のように見えます。
何も問題無い訳無いでしょ (リベラ・メ(私が本物))
2018-04-12 22:14:47
何も問題無い訳は無いでしょ。“変な答弁”をするから、おかしくなるんでしょ。現に問題が芋づる式に出てるじゃない。
Unknown (宇治金時)
2018-04-12 23:58:45
「問題ない訳がない」と、これこそが朝日、テレビマスコミの報道の成果でしょう。安倍さんは悪いことしてそう、麻生さんて口が曲がって悪そう、昭恵さんてなんとなく嫌い、等々。しかしよく思い返してみて下さい。朝日やテレビマスコミが今までどれだけの嘘、捏造、印象操作を繰り返してきたか。かつて森元首相や中川昭一さんも、テレビで悪い印象を流し続けられ潰されました。本当に酷い話しです。純真な方ほど騙されやすく洗脳されやすいかもしれません。反対に、全てわかっていながら安倍批判をする確信犯もいます。それが一番邪な連中でしょう。例えば野党議員。安倍批判をする事によって、ある一定の層の支持を確保し、まともに政治などすることも無く、ただ批判するだけが仕事。そして議員特権の甘い汁を吸い続けるのです。このような議員、政党に日本を任せるわけにはいきませんし、彼等にはそんな気もないでしょう。
Unknown (篝)
2018-04-13 01:07:16
愛媛県と柳瀬さんの面会記録農水省でも見つかる
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6278821
これで柳瀬さんの記憶も戻られるでしょう
宇治様へ
カト前知事の発言なら見ましたよ
かけありきだったと認める発言としか読めないですがユーチューブは地域により内容が違うんですかねw
宇治金時さん、元気ないみたいね、ダイジョブ? (バードストライク)
2018-04-13 01:32:12
♪ もう、終わり〜だね
安倍ちゃ〜ん w

次々見つかる面会記録
↓ ↓
〇 柳瀬氏と愛媛県の面会記録、農水省でも発見
〇「愛媛県などが陳情に来る」 官邸が文科省に伝達

週刊文春。
> もはや死に体になった安倍首相は、早ければトランプ米大統領との首脳会談を終えた後、退陣するのではないだろうか /

トランプとの首脳会談、ヤメレ(怒)‼︎
「〇チガイに刃物」で、どんな超弩級の売国商談を決めてくるか分かったもんじゃない‼︎
さっさと辞めて法の裁きを受けろ‼︎
(以上、清く正しく美しい一日本国民より、安倍へのメッセージ)

Unknown (宇治金時)
2018-04-13 08:12:14
加戸守行さんの獣医学部新設の方針に賛同し、12年も前から手を上げていたのは、加計学園ただ一校だったのですから、自分にとって加計ありきだと言ったのであり、安倍さんはまったく関与していなかった事もはっきり言われていましたよ。民主党政権時代に岩盤規制を突破してもらえそうだったが、やはりだめだった。(当時、玉木雄一郎をはじめとする数名の民主党議員に、獣医師会から献金があった事は事実です)安部政権になり初めて岩盤規制が突破され、ついに長年の夢であった獣医学部が新設されました。加戸氏も安倍政権も、獣医師会の固く閉じた岩盤規制には大変ご苦労された事でしょう。当然さまざまな話し合い、打ち合わせがあるでしょう。当たり前の話です。それの何が悪いのでしょうか?お聞かせ願いたいですね。獣医師会が自分たちの利益を減らさないために固く閉ざして来た岩盤規制を、安倍さんは(まだわずかではありますが)崩しました。献金などに惑わされず、地方の小さな案件に対しても誠実に対処したのです。映画化して欲しいくらいな良い話しだと思いますよ。
宇治金時さんへ (kei)
2018-04-13 14:49:41
獣医学部の新設が良い事ならば、「加計ありき」だろうが「安倍総理のお友達」だろうが、堂々としていればよいものを、獣医師会が指摘する規制の理由を無視して強行するから批判をされているのです。

>「獣医師会が自分達の利益を減らさないため」

とんでもない大嘘です。
学生が増えれば教師や講師の仕事も増えて(現役の獣医師は大学講師も兼任しています)獣医師の利益は増えます。
それでも新設をさせないのは、国際的に通用するハイレベルな獣医師教育の必要性が有るからです。
ハイレベルな教育をするには学生数と講師数のバランスを保つことが必要です。

全国的に現役の獣医師が少ないので、学生の定員も限られる中、無理やり開校した加計学園は現役を退いたり経験が浅い教師や講師しか集められなかったそうですが、そんな教育機関を多額の税金を投入して作ることが「岩盤規制の突破」だとすると、「国家戦略」というのは、「誠実な教育を放棄してただ金集めに使える学校を作る」だけの、「日本破壊戦略」としか思えませんね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安倍自民党の危険性」カテゴリの最新記事