Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

衆院総選挙公示。党首討論で最下位争いをした岸田文雄自民党総裁と松井一郎維新代表(笑)。岸田氏は選択的夫婦別姓とLGBT法案に1対8で反対して孤立。松井氏はN国の立花氏以下で自滅ww

2021年10月19日 | ダメダメ岸田政権

上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村

社会・経済ランキング

 

 2021年10月31日投開票で、本日10月19日にいよいよ公示の衆議院総選挙。

 18日には日本記者クラブによる与野党の9人の党首による討論会が行われました。

 討論会には、与党から自民党の岸田文雄首相(党総裁)と公明党の山口那津男代表が出席し、野党からは立憲民主党の枝野幸男代表、日本共産党の志位和夫委員長、日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)、国民民主党の玉木雄一郎代表、れいわ新選組の山本太郎代表、社民党の福島瑞穂党首、「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」(NHK党)の立花孝志党首の7人が参加して行われました。

 

 党首討論で出色だったのは、山本太郎氏を選んだNHK党の立花孝志党首が、れいわは党として寄付を集めているが

「実際には2年前からその公約を掲げて奨学金が0になった、あるいは減額されたという人は誰一人いない」

として

「詐欺的な貧困ビジネスではないか。できもしない公約でそういった(経済的に苦しい)方からお金を集めるというのは」

と突っ込んだ場面。

 

 これに対して、山本氏は、選挙には資金がいるという当たり前の前提を述べた後

「市民の手で作られた市民政党」「みんなの力を合わせていくしかない」

と反論。

 さらに、れいわが公約が実現できていないのは大きな権力を手に入れていないから当たり前だろうといい、

「N党さんも、NHK、ぶっ壊せたわけではないですよね」

と山本氏らしく見事に切り返して、ギャフンと言わせましたww

 

 そのあとの記者からの質問で、今度は立花氏は党名変更を繰り返している理由をただされ、

「政党名を変えるたびに報道されるので、無料で目立つということで。明らかな戦略であり、5回、変えさせて頂いた」

と開き直って説明したのもネットで鍛えた機転の速さを示しました。

 なぜ、あえて当選者を出しそうもないN国の話からしたかというと、そんな弱小政党の党首に比べ、曲がりなりにも11人の衆議院議員を抱える日本維新の会の代表、松井一郎氏がいつも通りでひどすぎたからです。

 

 松井代表は、記者から関西以外で党勢が伸びない原因について聞かれたのに対して

「関西では実績を作ってきた。逆に言うと関東圏首都圏ではまだ実績がない」

と説明しました。

 いやだから!それは質問されてる事実だろ!!その実績がない原因を聞かれてるの!!

 そして、暴力事件など問題を起こした他党の出身者を候補者として擁立する姿勢をただされると、

「我々は再チャレンジは認めていこうと考えている」

と言ったんです(笑)。

 だから不祥事を起こしたばかりの人にチャレンジさせたらあかんやろ!というか、本人が再チャレンジするのは一向にかまわないけど、あなたの党が公認候補にする見識のなさと、そんな候補でも公認せざるを得ない人材不足が問われているんでしょうが!

 松井氏は昔から、ほんとにバ〇だ、ア〇だと思っては来ましたが、N国よりはるかに劣るとは恐れ入りましたwww

 

 でも、単独過半数を誇る政権与党の岸田首相もひどかったですよ。

 冒頭の画像のように市民の過半数が求めている選択的夫婦別姓について、党首でたった一人反対した岸田氏。

 

 立憲民主党の枝野幸男代表は岸田氏に

「法制審議会が進めるべきと答申を出して四半世紀。当事者はもう待っていられない。岸田さん自身が自民党内の推進議連の呼びかけ人だったはずなのに総裁になったとたんどこかに行ってしまった」

と突っ込んだんです。

 推進議連の呼びかけ人だった人が反対に回るだなんて、ブレる宰相岸田氏の象徴的な出来事ですからね。

 

 そしたら、岸田氏は

「私も地元で車座になって多くの皆さんとの意見交換をする中で、選択的夫婦別姓の問題を取り上げることもある」

と言いながら

「そういった際に、多くのお母さんから、子どもたちはばらばらの姓を選ぶのか、誰が選ぶのか、後で変えられるのかと疑問の声が出ている」

と言い出して

「引き続き議論していくことは重要」

と述べたんです。

 この人は森友事件などすべての疑惑事件について説明はするけど再調査はしないとゼロ回答なんですが、引き続き議論していくというのは、議論だけはしてもいいけど、絶対に選択的夫婦別姓制度は導入しないという意味なんですから、救いがたいです。

 本当にこんなにブレるわ、煮え切らないわの人が総理大臣では、この後コロナ第6波が来てもひどいことになりそうだし、だいたい日本経済の立て直しなんて無理でしょう。

 こんな自民党にまた議席をたくさんやっていては世も末ですよ。

2017年の安倍氏とまったく同じ光景。

 

 

 

ところが、岸田氏は悪い意味で目立たないので、うちのブログで岸田氏を表題にしたときは手ごたえがはっきり悪いんです(笑)

安倍元首相や菅前首相のように見るからに悪人(失礼!)だと、読者の食いつきもいいのですが、岸田氏は良くも悪くも本当に個性がなくてつまらない。

誰もそんなに関心がないんですよ。

このままだと、いい人のふりをして周辺事態法や国旗国歌法などの悪法をたんまり残していった小渕恵三化するのは必定と思われます。

よろしければ上下ともクリックしていただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

 
社会・経済ニュースランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

 

 

2021年10月18日 16時26分 JST ハフィントンポスト

選択的夫婦別姓、LGBT法案に賛成なら挙手を ⇒ 自民党の岸田文雄総裁だけ挙手せず。理由は?【党首討論会】

衆院選公示の前日にあたる10月18日、日本記者クラブで開かれた9党首討論会の一幕です。

ISSEI KATO via Getty Images
10月18日の党首討論会でガッツポーズを取る自民党の岸田文雄総裁

「選択的夫婦別姓、LGBT法案に賛成の方は挙手を」。与野党の9党首の中で8党首が手を挙げたが、自民党の岸田文雄総裁だけ手を挙げなかった。衆院選公示の前日にあたる10月18日、日本記者クラブで開かれた党首討論会の一幕だ。

 

■8党首が手を挙げたが、自民党の岸田総裁だけ挙手せず

討論会の第二部で会場から各党首への代表質問があった。その中で、2022年の通常国会に「選択的夫婦別姓を導入するための法案」と「LGBT理解増進法案」を提出することに賛成する場合は挙手をするように、それぞれ各党首に促す質問があった。

結果は両方とも、8党首が手を挙げたが、岸田総裁だけ挙手しなかった。岸田総裁はその理由について問われると、選択的夫婦別姓については「国民の皆さんの意識がどこまで進んでいるのか考えていくことが重要」。LGBT法案については「議員立法の議論を踏まえた上で法案の取り扱い方については考えていくべき。時期を確定することは避けさせていただいた」と話した。

両方とも賛成した与党・公明党の山口那津男代表には「自民党をなぜ説得できないんですかね」という質問が飛んだ。これについて山口代表は、公明党が選択的夫婦別姓を早くから主張してきたが、自民党内でも「最近は理解を示す、賛成する人も増えてきました」と変化の兆しがあると指摘。「ぜひ自民党には合意を作っていただきたい」と注文した。

―― それではジェンダー・多様性について伺います。2つたて続けに挙手をお願いします。来年の通常国会に選択的夫婦別姓を導入するための法案を提出することに賛成の方は挙手をお願いします。LGBT理解増進法案を来年の通常国会に提出することに賛成の方も挙手をお願いします。ありがとうございます。それでは岸田さん。二つとも岸田さんだけ挙手されませんでした。それぞれ理由を教えてください。

岸田氏:選択的夫婦別姓については先ほど質問の中でもお答えした通りです。国民が社会全体として受け入れるに当たって、この多くの国民の皆さん、町で生活してる多くの方々、この問題についてどこまで意識が進んでいるのか。この点について、政治に関わる立場からしっかり考えていくことが、この問題を考える上で大変重要なポイントだと思っています。

LGBT法案については、議員立法で議論するなかにあって、さまざまな議論が行われてきたことは承知をしています。是非、この議論を踏まえた上で法案の取り扱い方については考えていくべきであると思います。今、この段階で一律的に時期を確定することは避けさせていただいたということであります。

 

―― もう一問だけ。山口さんにお聞きします。どうして公明党は、自民党をなぜ説得できないんですかね。両法案についてです。

山口氏:公明党は早くから選択的夫婦別姓、案も出し、主張してきました。その当時と比べると、自民党の中が、以前は「丸ごと反対」という方が多かったのですが、最近は理解を示す、賛成する人も増えてきました。それだけ理解が広がっているとみるべきだと思います。

それから現代社会が変化してますから、外国人のかたで日本で暮らす人、いろんな名前を複合的にもたれている方もいらっしゃいますし、別姓の国から来た人もいますし、また1人っ子同士の結婚で、どっちかしか選べないことに不満を持つ若い人も増えています。そういう今日的な変化もよく受け止めた上で、ぜひ自民党には合意を作っていただきたいと、強く求めたいと思います。

 

 

 衆院選公示に先立ち、18日に開かれた日本記者クラブ主催の党首討論会。各党党首の訴えから、多様性や外交・安全保障、政治の信頼回復など主な争点を巡る立ち位置が明確になった。白熱した論戦を交わした各党は19日から、12日間の選挙戦に突入する。(我那覇圭、井上峻輔)
日本記者クラブ主催の公開討論会で、夫婦別姓の賛否を問われ自民党総裁の岸田首相(中)を除き賛意を示す各党党首=18日、東京・内幸町の日本記者クラブで

日本記者クラブ主催の公開討論会で、夫婦別姓の賛否を問われ自民党総裁の岸田首相(中)を除き賛意を示す各党党首=18日、東京・内幸町の日本記者クラブで

◆両肘を付けたまま

 両脇に並んだ8党の党首が全員、高々と手を挙げる中で、岸田文雄首相(自民党総裁)だけはテーブルに両肘を付けたまま。来年の通常国会に、選択的夫婦別姓を認める法案を提出することの賛否を挙手で問われた際の「8対1」の光景は、多様性を巡る最大与党の消極姿勢を際立たせた。
 「社会全体で受け入れるにあたり、どこまで国民の意識が進んでいるのか」。首相は導入への疑問を口にしたが、今年3月、制度の早期実現を目指す議員連盟の呼び掛け人に名を連ねた。同様に挙手を求められた性的少数者(LGBT)への理解を促す法案を来年の通常国会に提出することにも唯一、賛意を示さず、安倍晋三元首相ら党内保守派への配慮をにじませた。
 制度の早期実現を公約した立憲民主党の枝野幸男代表は「多様性のある社会を進めていく上で、大きなハードルは夫婦別姓が進まないことだ」と指摘。各種世論調査で過半数が賛成していることなどを挙げながら「なぜこんなに当たり前のことが通用しないんだというのが当事者の声だ」と自民党との違いを強調した。

◆外交安保…争点明確に

 外交・安保分野でも、自民党の保守層への意識が鮮明になった。
 自民党は防衛費に関し、公約に「対国内総生産(GDP)比2%以上も念頭に増額を目指す」と明記。今の1%前後からの倍増となり、首相は討論で「数字ありきではない」と説明する一方、2%に達する可能性までは否定せず「大事なのは安全保障環境が大きく変化していることだ。予算ありきで国民の命を守れないことがあってはならない」と語った。他国の領域でミサイルを迎撃する敵基地攻撃能力の保有を巡っても「選択肢の1つとして考える価値はある」と主張した。
 立民、共産、社民、れいわ新選組の野党4党は、集団的自衛権の行使容認など安保関連法の違憲部分廃止を共通政策に盛り込む。枝野氏は「専守防衛の現実的な外交・安保政策を採る」と自民党と一線を引いた。
 野党は衆院選を「国政私物化疑惑にまみれた安倍・菅政権」(共産党の志位和夫委員長)への評価が問われる戦いだと位置付ける。立民は政権交代すれば、森友・加計学園や「桜を見る会」の問題に関する真相解明チームを立ち上げると公約している。
 首相はこの日も一連の問題に関し「必要なら説明を続けていく」と繰り返すばかりで、国政への信頼を損ねた「説明しない政治」への問題意識は乏しかった。2019年参院選の広島選挙区を巡る大型買収事件を巡り、党本部から1億5000万円もの巨額資金が提供された理由の説明を地元県連から求められていることにも「党のガバナンス(統治)の問題」とかわした。

 

 

れいわ・山本太郎氏に「貧困ビジネス」指摘 NHK党・立花孝志氏が口撃

 立花孝志氏

 衆院選の公示を19日に控え、18日、都内で日本記者クラブが主催する党首討論会が行われた。討論会の様子はNHK総合で放送された。

 討論会には与野党9党の党首が出席。討論の中で「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」(NHK党)党首の立花孝志氏が、れいわ新選組代表の山本太郎氏の姿勢に対して「貧困ビジネス」とインパクトの強い言葉を投げかけた。

 それぞれの党首がテーマを明らかにして、自身の意見もまじえて相手を指名するという議論。野党からの質問が岸田文雄首相に集中する中、立花氏は山本氏を指名した。

 続けて「本当に言い方悪いと思うんですけども」と前置きして「詐欺的な貧困ビジネスではないか。できもしない公約でそういった(経済的に苦しい)方からお金を集めるというのは」と指摘した。さらに、山本氏が国債を発行して予算に充てるという考えを示していることを例に「党としても、お返しする前提で借金をすればいいんじゃないか」と提案し、見解を求めた。

 山本氏は、現状の選挙制度ではある程度のお金は必要であることを認め、大政党は企業などの献金によってバックアップされていると強調。れいわ新選組は「市民の手で作られた市民政党」で「みんなの力を合わせていくしかない」と答えた。

 公約が実現できていないのは大きな権力を手に入れていないからと力説。「N党さんも、NHK、ぶっ壊せたわけではないですよね」と切り返した。立花氏は、NHKの収入が年間220億円下がっていること、受信料についての裁判をしている人を「無料で支えております」と“成果”を強調した。

 

 

 

よろしければ上下ともクリックしていただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

 
社会・経済ニュースランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 自民党の選挙公約を作ったの... | トップ | 自公維の無能炸裂。甘利幹事... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中身のない第一声 (ゴメンテイター)
2021-10-19 18:08:57
最下位の方の第一声がテレ朝newsに出ていました。

「皆さん方が汗水たらして働いていただいたその税金の使い方を政治家が考えていく。それを行政組織で実施していくだけの話。
 だから分配しようと思えば、まず一番最初にまず改革をやる。分配するための原資、お金をどうするか、まず今までの税金の使い方でおかしいねと無駄なところ、ここをグーっとメスを入れていく。
 それから成長して企業がもうけていただいて、そういう形で法人税を上げていく。
 それから人が集まって、個人の税を上げていく。
今までの納税者から見て全く納得できない税金の使い方を見直してそこで財源を確保する。
令和の時代にふさわしい日本をぜひ我々につくらせてください。」

法人税の税率を上げるのではなく、大企業をもうけさせて税収増を図るようです。「人が集まって、個人の税を上げていく」というのはどういう意味なんでしょう。「集合税」のようなものを作るんですかね。3人以上集まったら税金を取るとか。
全体に、ぼんやりと当たり前のことをもっともらしく言い、「問題ありの税の使い道を見直す」ことぐらいしかはっきりとは言ってません。
消費税を5%に下げないんでしょうか。ベーシックインカムは? 
まさか、税収が増えるのを寝て待ち、その後にやれたらやるということでしょうか。

ところで、某党が政政党名をコロコロ変えている理由は、最初の政党名から「から国民」が取れたからじゃないですかね。
ブラックジョークのようなニュースが (時々拝見)
2021-10-19 20:26:25
小渕氏、いろいろオブツを残しましたね。
森氏やら同じ苗字の議員やら。

N国、言いにくいので、わかりやすくウってつけたら?と以前思いました。ウN国以下と書いても、ウエヌコクイカで問題ないと思いますし。

さて、ホリエモンのミュージカル以上(以下?)のブラックジョークのようなニュースをさっき知りました。なんでも、結局、トランプ氏に名前をきちんと覚えてもらえず、Mr.アビーと呼ばれて安倍晋三氏がユーチューブのチャンネル(番組?)を開設するんだそうです。
店はつぶれる、人は倒れる、安倍氏くつろぐ、で懲りてなかったようで。怖い物見たさ以外、誰が見るのかとか、なぜチャンネル名をアベシチャンネルにしなかったのか、謎です。
捧げぬ~捧げぬ~シンゾ~は捧げぬ。
Unknown (ewkefc)
2021-10-24 04:37:47
『衆院総選挙公示。党首討論で最下位争いをした岸田文雄自民党総裁と松井一郎維新代表(笑)。岸田氏は選択的夫婦別姓とLGBT法案に1対8で反対して孤立。松井氏はN国の立花氏以下で自滅ww』に対する意見
https://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/1059da374d814a2a54b851a63588af30

>これに対して、山本氏は、選挙には資金がいるという当たり前の前提を述べた後「市民の手で作られた市民政党」「みんなの力を合わせていくしかない」と反論。

民主主義とは主権者が政治の主体者であると同時に客体者でもある政体ですが、主権者の意識が余りにも客体者然としており、自分が国家を運営している主体者という意識が軽薄です。
自分の代わりに活動してくれる代表者なのですから、政治活動を寄附で支えるのは当然です。
寄附で代表者の政治活動を支えれば、歳費は削減できます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。