一緒に歩こう♪

キャバリアぺぐ+アメコカぽん → アメコカぽん+キャバリアちゅう太 →キャバリアちゅう太

南部藩は桃源郷。

2009年08月08日 | Weblog

私が盛岡という地名を始めて意識したのは

この歌からだったと思う。

緑の町に舞い降りて

だけど正直、その時はこの歌が持つ空気を理解することは出来なかった。

 

ぺぐぽん県から、7時間。

幾度も砦のような山を越え、川を渡り、小さな平野を走った先に

 

このなだらかな優しげな山に守られ

森に慈しまれた町はあった。

 

東北のこの地の歴史をひも解くと

必ずや度重なる大飢饉と

蝦夷(えみし)と呼ばれた、人でない者が棲むと称された過去が

姿をあらわす。

それは『働けど働けど』と歌った石川啄木の歌、そのものであり

私のイメージでもあった。

 

確かに冬のこの土地は厳しい灰色の日が続くのであろう。

そして、そんな日が1年のうちの長い期間を占めているのではないのか?

と想像する。

 

だけど

だからこそ

この季節の美しさはより一層輝いているようにも思える。

美しい。

 

 

ここへは、ぽん母さんのブログで

この国見温泉が紹介されていたことが

事の始まりでした。

『当時かっていた犬のどうにもならないアトピーがみるみる良くなった』

これを読んで思い出したのが

しつこいカビに悩まされ頑張っていたマリちゃん。

温泉の効能にも水虫(真菌)って書いてある。

これなら! 

いや、こんなに遠くては行くわきゃねーな。

と思いつつも、紹介のメールをいれておいた。

 

それから数日後。

『宿を取った!』

行くんだそうな。。

アホなと思ったり、さもありなんと思ったり。

 

行きますよ。私も!

何をしに?

何って・・・行くことに意味があるんです!

 

仕事の勤務表をみれば休みは8月3日の一日だけ。

足かけ二日。実質一泊一日の日程なれど

困難は人を奮い立たせるものです。

行って、遊んで、帰って、仕事をこなす。

それで1クール。

 

疲れましたよ。

眠かったし。

2人は相変わらずのお騒ぎ犬だし

チュウ太はギャンギャンとよく吠えていた。

ぽんちゃんは、いつものように疲れ果てては壊れて吠えが止らなくなる。

 

お決まりのマリちゃんとのケンカも、またあった。
が、般若顔は撮れてない。

ブログ用の写真はほとんどはオチリばっかで使えないし。爆

 

だけどね~

あの大らかで優しい空気と景色

すばらしい温泉。

行ってよかったと

行かなければ分らなかったと、素直に感じます。

 

 

心配されたマリちゃんのカビも

1日目と2日目で、既に患部の赤味が違ってきていました!

ほら、温泉浴3日目にしてこんな安らかな表情。

きっと、きっと良くなるねっ♪

 

ぽん母さん。

おかげで皆が良い時間を過ごせました。

ありがとう!!

そして、ぽん父さん。

暗い夜道をわざわざ来てくださって

ありがとう!!!

その上、たくさん地元のお土産を頂き

毎日楽しませていただいています。

 

ぽん太君。ラッキー君。

ウチの2匹、感じの悪い犬でごめんよ~

お友達ワンコに評判が悪いんです。 爆

許してつかんさい。

 

そして、そして

漫然と行きたいと思いつつ、尻込みをしていた私を

グイと引っ張ってくれたマリちゃん。

またまたぺぐぽん一家、お世話になりました。

今のあなたは痛々しいけど

でもマリちゃんは、今だって可愛いマリちゃんのままだよ。

がんばれ~

 

またあの素敵な盛岡

行こうねっ♪

コメント (10)