ケイのひぐらし日記

3月にパートをやめ 年金生活に・・・  晴れの日は海へ山へ  雨の日は 家でクロスワード そんな毎日を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夫の検査入院

2017-01-31 17:45:36 | 夫の病院

30日、夫が検査のため苫小牧の泌尿器科に入院。

10時に病院に着きましたが、ある程度の検査は先週済んでいたので

簡単な説明のあとは病院着に着替えて、検査に備えて

待つばかり。

「鼻水が止まらない。」という夫に

「ゴルゴサーティン、一生懸命読みすぎたんじゃないの。」と

冗談で答えていましたが・・・

31日病院に行ってみると、夫がいない。

ベットも片付いており、部屋の名札もなくなっている。???

看護師さんに聞きに行くと、「インフルエンザで隔離されています。」

「え~!?」  「今日の検査は中止です。 退院してください。」

「え~!」  支払いを済ませ、次は9日に受診後、検査日を決めるとのこと。

夫は熱があり頭痛とくしゃみ・鼻水。 だいぶん調子が悪いようで

帰宅後ずっと横になっています。

早く良くなるといいのですが・・・

 

 

 

コメント

ワカサギ釣り・2匹の秋田犬

2017-01-29 21:27:06 | 釣り

冬の恒例、今日もまたまたワカサギ釣りです。

お天気も良く風も弱く、港の近くではエンジン付き

パラグライダーが飛んでいました。

錦大沼は日曜日なので、家族連れでにぎわっています。

  

私たちが行くころには帰る人もいて、空いている穴が

いくつかあり、どこが釣れるのか探しながら移動します。

常連さんが「ここ何日か釣れない」と。

「ポロトも釣れなくなったそうだ。」と情報を教えてくれます。

あまりにアタリもなく釣れないので、周辺へお散歩。

大きなワンちゃんを2匹連れ、散歩しているご婦人。

ワンちゃんは大きいけれど、リードを引っ張ることもなく

おとなしそう。

秋田犬の1匹は虎毛のようです。

写してもいいですかと声をかけると、「1匹は吠えるかも」

との言葉に、以前大きな犬に噛まれたことがあるわたしは

足がすくみ・・・離れたところから写させてもらいました。

昔、虎毛の秋田犬を飼ったことがありましたが、見た目と違い

飼い主にはとても従順でした。

わかさぎは4時過ぎてからアタリが出始め、5時近くなり

薄暗い中帰りました。夫20匹、私はようやく2匹。

なかなか釣れません。

 

 

コメント

夫の病院・雨のポロト

2017-01-27 14:55:01 | 夫の病院

今日は朝から雨です。

夫の前立腺の検査のため、苫小牧の病院へ。

エコーに何か写ったようで、来週再検査のため

プチ入院することになりました。

4日も必要なのかわかりませんが、

異常のないことを願って先生のおっしゃる通りに

するしかないですね。

帰りにポロト湖へワカサギの偵察に。

釣れ始めているという情報がありましたが、

さすがに雨の中誰もいませんでした。

  

コメント

今日もワカサギ

2017-01-27 14:30:00 | 釣り

26日、今日も晴れです。ワカサギ日和です。

樽前山は雪雲の中。

釣り人は少ないですが、いつもの面々。

昨シーズン初めてワカサギ釣りに来た時に教えてもらった

人も、魚群探知機を持って、今年初めて来ていました。

この日はこれまでで1番釣れないと、皆ぼやいています。

ベテランさんも2~30匹ほど。

時々山から吹くのか、寒風が駆け抜けます。

この日の管理人さんは話好き。

皆に話しかけ「私が行くと釣れるんですよ。」

その言葉通りとなりの人が何匹か上げはじめ、

私と話し始めると、隣の夫が釣れ始め!・・・

しかしわたしは釣れない。

結局この日夫は20匹ほど、わたしは今シーズン初の

ゼロ匹でした。

益々風も強く感じられ、わたしは先に車へ避難。

木立から見る夕焼けがきれいでした。

コメント

連日のワカサギ釣り

2017-01-26 10:58:03 | 釣り

25日、晴れているのでまたワカサギ釣りに出かけました。

お昼を食べてからだったので、着いて準備をするともう3時近くに

なってしまいました。

いつものメンバーも2人いるくらいであまり釣れているようではありませんが

やはり場所によっては釣れているところもあり、

回遊してきたときに深さを合わせてどれだけ釣れるか

ということのようです。

私は引きはあるのですが、なかなか釣りあげられない。

結局隣のおじさんのご指南を受けてようやく1匹。

夫は一時入れ食い状態で50匹近く釣っていました。

経験値の違いは大きいです!

お日様は照っていても吹く風は時に驚異的に(!)寒くあなどれません。

隣のベテランさんも「手から冷たくなる。」と早めに

引き上げていきました。

私たちは遅く行った分帰りも遅くなり、周りには誰もいなくなり、

薄暗がりの中を帰りました。

前よりずいぶん明るくなったので助かります。

 

コメント