ケイのひぐらし日記

3月にパートをやめ 年金生活に・・・  晴れの日は海へ山へ  雨の日は 家でクロスワード そんな毎日を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

旭川~栗山~帰宅

2016-10-11 12:08:05 | 道内旅行

次の日、旭川のビジネスホテルを出発し12号線に入り途中から芦別へ

抜ける道路へ。

  

この辺りはどこも美瑛のようなパッチワークの畑の風景がひろがっています。

この日の気温はこの秋一番の冷え込みでしたが、寒さにまけず紅輪(コウリン)タンポポ

が咲いています。

芦別には寄らず赤平へ。「カバンのいたがき」の工場がありますが今回はスルー。

娘がどうしても行きたいというので、植松電機のロケット工場へ。

連休のためかしまっており見学はできませんでしたが、敷地内においてある

ロケットの模型(?)を撮影。

  

夢をあきらめないで実現させた植松さんは講演会で話すことも多く

新聞にも載る有名人ですが、こんなに大きな施設になっているとは思いませんでした。

ここから裏道に入り、途中の神社の近くで銀杏が落ちているのをゲット。

  

砂川の12号線沿いはスィーツロードでおいしいケーキ屋さんが

並んでいます。その一つ、ナカヤでアップルパイを購入。棚の飾りつけが

かわいいので思わずパチリ。

  

三笠の道の駅で娘が「鶏醤」を買ってくれました。おいしいんだって・・・

楽しみです!

  

お昼は栗山のさくら亭で。娘はこの時期限定の「たち」(タラの白子)のフライ。

夫はヒレカツ、わたしはカキフライ。どれもボリューミーでサクサク。

お値段もリーズナブルで大満足でした。

裏に栗山公園があり腹ごなしにお散歩。

  

ミニ動物園もあり,えぞしかややぎ、ポニーやうさぎなどなど

売っているえさをあげたりできてけっこう楽しい所でした。

  

その奥に御太子山栗山寺があり横の道をずっと登っていくと

ファーブルの森観察飼育舎があります。

栗山町のカントリーサインに「おおむらさき」が描かれており、

なぜ?と疑問に思い、ぜひ行ってみようと思っていたのです。

北海道ではエゾエノキの木に卵を産みつけるそうで、その木の葉の

ところどころに青虫やさなぎがぶら下がっています。

  

こんなかわいいい写真もありますと係りの方が見せて下さいました。

係りの方がずっと付いて説明して下さるので栗山町のおおむらさきのことが

よくわかりました。来年の夏10日間だけ舞うおおむらさきを是非

見に行きたいと思いました。

  

付録:これはキアゲハの幼虫とさなぎ。飼うとかわいいですよと係りの

若い女の方が手に乗せて見せて下さいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 富良野・美瑛・旭川へ | トップ | ポンちゃん行方不明 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さち)
2016-10-15 09:02:13
写真がとてもきれいに撮れていてすごいと思いました。
腕上げましたねっ!

コメントを投稿

道内旅行」カテゴリの最新記事