ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】戦場でワルツを…私の記憶からは大川興業のネタぐらいしか出てこない

2011-04-19 22:16:01 | 映画・DVD
まずは近況報告。

先週は夜勤だったのですが、お仕事は暇でした…ずっと忙しめだったので少し休めて良かった感じですが。そんな暇な週なのに2011年4月16日(土曜日)は夕方からお仕事。

2011年4月17日(日曜日)は、ほとんど寝て過ごしました
最近こんな週末が多いです…あんまり良い傾向じゃない気がする。
夕方からちょこっとだけ出かけてお買い物に…食料品の買い出しに行った後、ブックオフに立ち寄り漆原友紀の「水域」上下巻をゲット(※各400円…そういえばずっと散在報告を書いていないです)。ブックオフでは個性的(?)なしゃべり方の店員がレジ対応してくれました。で家電量販店で「インセプション」のブルーレイを買おうかと売り場に行くも品切れ。でもう一件、先に食料品を買いに最初に行ったスーパーとは別のスーパーにこちらでも個性的(?)なしゃべり方の店員がレジ対応…なんかああいうの(っていっても伝わっていないと思いますが)流行っているのでしょうか…で帰宅後Amazonで「インセプション」のブルーレイを発注。そんな一日(というか数時間)でした。

2011年4月18日(月曜日)の夜はブログを更新しようかと思ったのですが、いやその前にすることがあるよ…と、先日購入していた「ロビン・フッド」を観賞。記録は後日

で、本日2011年4月19日(火曜日)は帰宅後に先日録画していた「気分は上々」を観て爆笑。
…なんであの番組終わっちゃったんだろう…ゆるく面白かったのに。



以下は映画観賞記録です。



「戦場でワルツを 完全版」
(監督:アリ・フォルマン、声の出演:アリ・フォルマン、ミキ・レオン、オーリ・シヴァン、2008年イスラエル・アニメーション)

TSUTAYA DISCASさんから「インセプション」と一緒に届いた一本。2011年2月27日(日曜日)の夜に観賞しました(ブルーレイ)。



ストーリー
アリ・フォルマン監督の体験を元にしたアニメーションによるドキュメンタリー作品。
レバノン内戦で殺した26匹の犬に復讐されるという悪夢に悩んでいる戦友の相談を受けるうち、アリ・フォルマンは自分の記憶に抜け落ちている部分がある事に気づく。記憶の空白を埋めるためにかつての戦友達の元を訪ね歩くアリ、結果蘇ってきた記憶はベイルート、サブラ・シャティーラ難民キャンプでの虐殺事件に関わる体験だった。
詳しくは…http://www.waltz-wo.jp/





ピロEK的感想&点数
こいつは情報の少ないままTSUTAYA DISCASの予約リストに追加していた作品。通常版を予約していたのですが、しばらくすると「完全版」なるものの新作リリース情報が来たので、そちらに切り替えました。但し通常版と完全版の違いは全然理解できておりません

で、私としては個性のある芸術的なアニメを観る予定だったんですけどねぇ
実際にはアニメで作られたドキュメンタリー映画…いや記憶を元にした作りものなんだからドキュメンタリーと言ってしまうには少しだけ弱いかも知れませんね。
私が思っていたような芸術的部分は冒頭の犬のシーンぐらいぐらいかな。

話の内容は…週時期馴染みの少ないレバノンとかイスラエルとかパレスチナの内戦(?)…と、ほら内戦なのかそうじゃないのかどうかも、どこまでが同じ国なのかも、不勉強な私には理解できていない感じで。
勿論テーマ的に戦争の悲惨さと異常性を訴えているというぐらいは分かったのですが、背景について不勉強ゆえ基本どの話だか分からないといった具合で。

映像的には、好みとも嫌いとも言えないというか、そのどちらも含まれているというか、私にとってはそういう中途半端な位置のものでした。

ということで何も語る事は無いので早めに点数に行こうと思いますが
何しろ分からなかったんだから採点は難しいですねぇ
映像の芸術性だけを考えても3点(5点満点中)ってところかなぁ。
(映像も)最初に思っていたほど好みでも無かったです



補足・蛇足
レバノンって言っても、この映画で描かれている舞台の当時は子供だもんなぁ。
記憶探っても大川興業のネタぐらいしか出てこないです。
レナウンのCFソングの替え歌で“レーバノーン、レバノン、レバノン…ってヤツ

あと大川興業では、アフリカドン…とか、当時の放送コードってゆるゆるだな



今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

コメント (3)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« 【映画】インセプション…ノー... | トップ | 【映画】エクスペンダブルズ…... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2011-04-20 02:56:35
TB ありがとうございます

アニメでドキュメントという新鮮さ
独特のタッチの画で興味深かった。

たしかに、予備知識があればなぁと思いました。

しかし、最後のあのシーンは印象深かったです
アニメのドキュメンタリー (sakurai)
2011-04-20 22:04:42
てのはありえないですが、ドキュメンタリーのしたかったんだけど、映像がないから絵にしちゃったのです・・・ってことだったんでしょうかね。
ほんとにこの辺の状況はとてもじゃないけど、わかりません。でも戦争はとにかく悲惨なんだ!ということだけはわかったような気になりました。てことでいいんじゃないでしょうかね。

「インセプション」お買いになるんですね!あれはほんとに面白かったです。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(リバーさん、sakuraiさんへ))
2011-06-06 12:44:54
★リバーさんへ★

いつもコメントありがとうございます。

>しかし、最後のあのシーンは印象深かったです

最後のシーンというと実写部分になるのでしょうか。
アニメで一本映画を作って印象深いのが実写部分となると、この映画のコンセプトが正しかったのかどうか微妙になっちゃいますね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます。

>ドキュメンタリーのしたかったんだけど、映像がないから絵にしちゃったのです・・・ってことだったんでしょうかね。

そういう理由でやむを得ずアニメなのか?
あえてアニメなのか(とっつきとか、表現を和らげるためとか)が良く分かりませんね。
双方の良いとこどりが本来の目的なのでしょうが…

>「インセプション」お買いになるんですね!あれはほんとに面白かったです。

買いました…でも、まだ観れていないんですけどね
買っちゃうとこういう感じなんですよね…。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

戦場でワルツを (だらだら無気力ブログ)
イスラエル人のアリ・フォルマン監督が自身が一兵士として参加した80年代の レバノン戦争の経験をもとに、戦争によって引き起こされる凄惨な現実を 描いたドキュメンタリー・アニメーション。 戦場での記憶が抜けおちている主人公が、かつての戦友たちを訪ね歩いていく ...
アニメじゃない (宇宙のめいぐると)
「戦場でワルツを」
『戦場でワルツを』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----今日は、ここでは珍しいアニメ。 フォーンは、ちょっといや~な予感。 だって、えいはアニメには詳しくないし、 これまでにもツッコまれて、困っているのを何度か観ているし…。 ところが、これは普通のアニメとは違うのだとか…。 いわゆるドキュ・アニメ(なんて言...
戦場でワルツを・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「戦場でワルツを」は、イスラエルの映画監督アリ・フォルマンによる、自身の記憶を巡る長編ドキュメンタリーアニメーションという異色作だ。 本年度の米アカデミー賞外国語映画部門で、「おくりびと」の対抗...
戦場でワルツを (LOVE Cinemas 調布)
第81回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。『おくりびと』のおかげで惜しくも受賞は逃したが、下馬評ではコチラが大本命だった作品。イスラエル人のアリ・フォルマン監督が自らの戦争体験をアニメーションで綴ったドキュメンタリーだ。旧友との再会で失っていた自...
『戦場でワルツを』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:イスラエル+ドイツ+フランス+アメリカ合作映画、アリ・フォルマン脚本・監督・製作。
レバノン内戦を知ること (笑う学生の生活)
17日のことだが、映画「戦場でワルツを」を鑑賞しました。 ドキュメンタリー作品  とはいえ、アニメで描かれるのが新鮮かな 戦場ということで レバノン侵攻が題材の戦争モノ 監督が自らのレバノン侵攻の記憶を取り戻す旅を描く 独特のアニメタッチが私的にはGood なん...
虐殺行為を告発するだけで反省の無い映画だ、戦場でワルツを (オヤジの映画の見方)
アニメーションで表現したドキュメンタリーで、実写より不気味な感じが良く出ている。しかし、この映画は単に戦争で封印した自分の記憶を蘇らせるだけに終わっている。意図的にサブラ・シャティーラの大虐殺を防がなかった反省がまるで無い。
戦場でワルツを / VALS IM BASHIR/WALTZ WITH BASHIR (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今年のアカデミー賞外国語映画賞で受賞した「おくりびと」の対抗馬で本命と思われていた作品 1982年にレバノン・ベイルートの難民キャンプで起きた、 キリスト教徒軍によるパレスチナ難民の大虐殺を描いたドキュメ....
戦場・・・ (Akira's VOICE)
「カティンの森」 「ディファイアンス」 「戦場でワルツを」 
『戦場でワルツを』 (こねたみっくす)
もしこの映画を実写化したら、恐らく世界各国で上映禁止になっていたのではないか。そう思えるほど、ショッキングな映画でした。 アカデミー外国語映画賞にノミネートされながら ...
戦場でワルツを(2008) (銅版画制作の日々)
 過去が、語り始めるVALS IM BASHIRWALTZ WITH BASHIR レバノ~ン♪レバノ~ン♪ この歌が印象的 これは監督自身の経験を元に製作した自伝的ドキュメンタリー。 ドキュメンタリーのアニメ化というのは珍しいですね。アリ・フォルマン監督が何故アニメにこだわったの...
戦場でワルツを (風に吹かれて)
消し去った記憶の真実公式サイト http://www.waltz-wo.jp/監督の実体験をアニメーションで映画化今年のアカデミー賞外国語映画賞で、本命と思われていた作品。 2006年のイスラエル、冬
戦場でワルツを (迷宮映画館)
うーん、斬新だが・・・。
「戦場でワルツを」 恐怖で歪む記憶と事実 (はらやんの映画徒然草)
ドキュメンタリーでありながら、アニメーションという手法が話題になっているのが、本
「戦場でワルツを」:西日暮里駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
こんなところに、カラオケスタジオが・・・。 俺も一曲歌うかな。 何の歌? 千昌夫の「星影のワルツ」とか。 あなた、ひょっとして戦前の生まれ? イスラエルのレバノン侵攻以前の生まれではある。 1982年、キリスト教徒軍によるパレスチナ難民の大虐殺を招いた戦い...
戦場でワルツを (5125年映画の旅)
2006年、アリ・フォルマンは兵役時代の友人と再会し、彼が当時の悪夢に悩まされている事を聞く。それからフォルマンは不思議な夢を見るようになり、19歳の時に参加したレ ...
「戦場でワルツを」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                            「戦場でワルツを」 シネ・スイッチ銀座にて。 監督・脚本・音楽 アリ・フォルマン イスラエルの映画監督アリ・フォルマンが“アニメーション”で自らのレバノン戦争従軍の記憶を追う、異色のドキュメンタリー...
■映画『戦場でワルツを』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
2009年度の第81回アカデミー賞外国語映画賞部門で、『おくりびと』と受賞を争ったアニメーション映画『戦場でワルツを』。 一兵卒として戦争に参加していた男の、個人的な記憶をたどるドキュメンタリーです。 戦争という体験が、いかに人間の心に大きな痕跡を残すのか...