ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】魍魎の匣…原作にとらわれない(?)作品

2008-12-15 23:04:12 | 映画・DVD
毎回記事の冒頭には近況だの雑談だの書く私ですが…
今回映画記事の内容が長すぎて、投稿限界イッパイイッパイなのです



なので早速、本日は映画鑑賞記録です



「魍魎の匣」
(監督:原田眞人、出演:堤真一、阿部寛、椎名桔平、2007年邦画)

TSUTAYAさんで「ピアノの森」「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」「少林少女」と一緒にレンタル(一緒に「人志松本のすべらない話」も嫁さんが借りました)。
鑑賞日時をメモっていなかったので間違ってるかもですが…確か2008年12月6日(土曜日)に鑑賞した作品です。



ストーリー
京極夏彦原作小説の映画化。映画「姑獲鳥の夏」の続編。
太平洋戦争後間もない頃の東京。若い娘のバラバラになった腕や足が見つかる事件が世間を震撼させていた。同じ頃元女優の柚木陽子(黒木瞳)の娘、柚木加菜子(寺島咲)が行方不明になり、薔薇十字探偵社の榎木津礼二郎(阿部寛)は加菜子の捜索を依頼される。一方、作家の関口巽(椎名桔平)は雑誌編集者の鳥口守彦(マギー)、中禅寺敦子(田中麗奈)と共に不幸をハコに閉じ込めるという教団と接触する。すべての事件は複雑に関連し合い、それぞれの謎を整理するため彼らは古本屋であり陰陽師にして拝み屋の中禅寺秋彦=京極堂(堤真一)のもとに集まる。
詳しくは…http://www.mouryou.jp/




ピロEK的感想&点数
この「魍魎の匣」という作品は、この百鬼夜行シリーズだか京極堂シリーズだかの中では随分と人気のあるエピソードみたいで…今回観た映画の他に、コミック化もしてるし、なんだかアニメにもなってるみたい…アニメはキャラクター原案がCLAMPって事で「コードギアス」みたいな京極堂を見させられるかと思うと二の足を踏みますが(公式HPみたら、なんだか「ツバサ・クロニクル」みたいな木場とか榎木津とかが…)。とにかく人気があるのでしょう。
そんなに人気のある原作小説…今考えれば「姑獲鳥の夏」の映画化も「魍魎の匣」映画化の布石だったのでは(?)と思うほど。

そんな世間からの期待の高いなかで作られたであろうこの映画「魍魎の匣」ですが…

100%期待裏切ってるでしょこの映画の仕上がり

前半は頑張って京極夏彦の世界を再現しようとしてるなぁ…と思ってたんですけどねまぁこのままでは絶対に原作と同じストーリーにはならない時間軸のズレなんかが気になりつつもね…。
中国ロケと思しき戦後日本の再現もナカナカ良い感じだったし…
各キャラの性格が微妙(もしくは大きく)違うのも気になってたけど…まぁこいつは…詳しくは後で書くけど…映画なりのアレンジだと思えば納得出来てたんだけど…


以下は私の思うダメポイントの羅列ね。
まずは細かい部分から…

原作読んだ人は等しく同じことを思ったと思うのですが、この映画はストーリーにアレンジを加えてるだけでは無くて…兎に角原作とは違います…まぁそれには脚本家の原作への理解不足やら、役者の力量やら、予算の都合やら…まぁ色々要因があるとは思うんだけど許容できる範疇じゃないものも多いです

京極夏彦自身もビックリしたというストーリーアレンジは…まぁOKとしますけど…あのアレンジは折角面白い話を“あえて”面白くない話にシフトする有り様ではあったけど…まぁ諸事情から仕方ないんでしょう…多分

配役キャラ設定には気になる部分が多くて…
折角スタッフも結構入れ替わって、「姑獲鳥の夏」では関口役だった永瀬正敏も降板してるわけでしょ…この機会に原作イメージに合う配役をやり直しても良かったんじゃないですかねぇ

個人的に一番違うのは木場修太郎
これが「ピアノの森」の記事の途中で書いた…「声優は上手いなぁ…演技はダメでも」と思った理由
原作の木場修太郎は「魍魎の匣」では最重要人物
そんな重要人物の配役に宮迫博之は…確実に役不足だと思うんだよね
(個人的には『ベタだけど寺島進とかに変更すれば良かったのに』とか思います)
…宮迫博之では役不足じゃないかと思っていたのは私だけじゃなくて…多分、監督とか脚本家も同じこと思ってたんじゃないの…重要な役割を廃されて…キャラ的にもあえて残念な扱いにされちゃってる

…で、木場(宮迫)が役不足な分、活躍するのが青木文蔵(堀部圭亮)
青木の分際(!)で列車事故に立ちあっちゃって…この部分原作だと木場なんだけどねぇ
このままでは青木の分際(!)で大活躍かよ!…このままでは青木がかなり忙しい役になっちゃうんだけど…

…そんなこんなで青木が忙しい分、原作での青木の最重要シーンは榎木津(阿部寛)の役回りに…。
あのシーンには戦いが含まれちゃったから、阿部寛の見せ場としてはアリなんだろうけど
この映画の中の榎木津は兎に角活躍し過ぎ、働き過ぎ
榎木津がそんなに働くわけないじゃん。青木の代わりならまだしも、京極堂の肩代わりまでいくつかやってたような…榎木津なのに捜査させちゃダメじゃん

…椎名桔平に配役が変わった関口巽は鬱でもなければ「姑獲鳥の夏」の傷を引き摺っているでもない凄くまともな人物に…まぁコレはこれで問題ありませんが…原作のままの関口だったら話長くなりだからねぇ…関口の陰鬱描写に割く時間は無かったのでしょう…ストーリー変更してまで映画の時間枠に入れ込んだ脚本だからね
(陰鬱関口役を再現したいなら…私の苦手な吉岡秀隆なんか良いかも知れません…『嫌だなぁこの人…イラつくなぁ』なんて思わせれば成功だよね?…関口役の場合

…鳥口守彦役のマギーも何となくイメージ違うかなぁ…言い間違えしないのは上記関口の陰鬱描写同様に尺の問題(?)なんだろうけど、もっと若いバカが原作のイメージかも

…弁護士の増岡も原作では今後登場するキャラ。今後は味方の事が多いんだけど…元光ゲンジ(もしくは元イーグルス)のあの人はイメージじゃないなぁ

…まぁ言い出せば美馬坂幸四郎の配役にしろ、寺田兵衛のキャラにしろ、久保竣公の配役&キャラにしろ違うという思いが…言い出せばキリが無いですねぇ
(久保竣公はクドカンよりも神経質そうな男前配役の方がイメージかな…個人的には成宮寛貴とかがイメージに近いです)

…柚木陽子のキャラは原作通り(※アラサーだけど20代前半に見える女優。ホントは加菜子の母親だけど姉ということにしている人物)だと流石に黒木瞳では無理と思ったんだろうねぇ…無理のない設定に変わってました

…で、肝心の主人公京極堂なのですが…後で書きます


ここまでは気になるポイントとしては細かい部分


問題の多くは映画の後半部分にございます。
最初の方にも書きましたが…この映画前半は悪くないんですそんなに…。
ただ、後半が極端に残念な感じで…特に匣の中に入ってからが…アラアラという感じでして

ショッカー改造手術のような加菜子ちゃんの扱い
…ちゃちな特撮での爆発が起こったかと思いきや…急に崩意味不明な壊し始める建物
久保竣公の最後の扱い何故に韮沢靖クリーチャーもどき扱いに…手袋の中身が弱いのは許容したけど、こいつは頂けません
柚木陽子の秘密をあろうことか自力で解明しちゃう木場…これで主人公京極堂の必要性は半分ぐらい無くなった気が…

…で、特にダメだったのは鎖にぶら下がって落ちまいとする京極堂を助けようとする関口巽…なんだよ~アレ…京極堂のキャラは台無し…怒りというより笑いが…その部分はバカバカしくなって面白かったけど、実に残念なシーン


点数は2点(5点満点中)。
前半の頑張り、猟奇シーンの頑張り、原作ではあり得ない榎木津の頑張りなんかに免じて1点は回避
実は前作「姑獲鳥の夏」は評判の悪さから観ていないんですけど…両方観た嫁さん曰く「姑獲鳥の夏」の方がまともだったとのこと

…あと伊佐間が出なかったですねぇ(蛇足ですが私の伊佐間のイメージはベタに佐々木蔵之介)
伊佐間の重要なセリフは…関口の奥さん(篠原涼子)のセリフに差し替わっていました
…その後の重要な描写が…アレも残念…思いだしたら、やっぱ1点にしようかなぁと思い始めました

原作未読な方は読んでみてください。当記事に同調していただける方は多いのでは無いかな(?)。
あ、読むときはちゃんと「姑獲鳥の夏」から順番に読んでくださいね。
それに両方厚いし常用漢字じゃない漢字が満載なのでご注意ください



補足・蛇足
本文中が十分に蛇足&補足風味な内容になっちゃったのですが…更にいくつか書いちゃいます

【宮迫博之と黒木瞳】
何故かこの二人、共演作品が多くないですか??
「魍魎の匣」もだし、「Mr.インクレディブル」でも…TVドラマでも恋人役があったような…今後は「20世紀少年」の第二部以降でケロヨンとケンヂのお姉さんは絡むキャラ。
…どちらかのお気に入りなのかなぁ
…どちら方向から見ても何となく気持ち悪いなぁ
…ホントのところは日本の映画界の層の薄さ故の偶然かな


【次回作】
この映画自体がアレだったので次回作ってのは難しいでしょうねぇ…多分。
とはいえ構想はあるのかも…あるのだったら気がかりが…。
このシリーズでの次の話は「狂骨の夢」
“朱美”という人物を中心にいつもの面々が事件に関わっていくんだけど、本を読んでる側にも、登場人物達にも下手をすると“朱美”本人にも辻褄が合わない部分がドンドン出てきて…って話なのですが…まぁオチは伏せておくとして…ビジュアルの無い小説だから成り立つお話だったんですよね。

…う~ん…「トムとジェリー」の中で下半身しか映らない黒人のお手伝いさんが登場する話ってあるじゃん…あの演出方法なら成り立つかも

…まぁ私の心配している部分が成り立ったとしても…後半の謎解き部分…「魍魎の匣」でいうと研究所内に入ってからぐらいのくだりが…ず~っと暗闇の中なんだよね「狂骨の夢」って



今日は長くなってしまいましたので…ここまでで止めます。
…面白かった映画よりもダメだった映画の記事の方が記事にしやすいですねぇ…長くもなります…これって私の人の悪さ故なのですかねぇ



(当ブログ内の関連記事)
2007年06月06日 【小説】姑獲鳥の夏
2007年07月21日 【小説】魍魎の匣
2007年10月15日 【小説】狂骨の夢
2008年01月09日 【小説】鉄鼠の檻
2008年06月02日 【小説】絡新婦の理



では今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★

コメント (10)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
« 【コミック】FRONT MISSION D... | トップ | 近況報告 12月17日版 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2008-12-17 11:12:31
京極堂シリーズはかなり読んでますけれど、ピロEKさんみたいに詳細を覚えていないためにどこがどう改悪されていたのかも分かりません(汗)
ただ、京極堂シリーズを読みながら自分の中でイメージしていたものとは全くかけ離れていた感じです。
読者それぞれの頭の中で終えておいた方が良かったですよね?
具体的な映像を示されると「なんか違う!」って拒絶反応が出ちゃいます。
「姑獲鳥の夏」を見たときもぶっ飛びましたが、今となっては実相寺監督の揺れる映像がちょっと懐かしくなりました。
こんにちは。 (えい)
2008-12-18 08:21:04
「姑獲鳥の夏」は読んだのですが、
「魍魎の匣」は未読です。
映画を観たとき、
研究所に入ってからが
急にオモシロくなくなってきて、
その理由がこちらのレビューを拝見して
分かった気がしました。
京極堂を (sakurai)
2008-12-19 09:11:40
お読みになっていたんですね。
尊敬します。
一度挑戦しましたが、・・・・断念しました・。
よって、何の思い入れも、登場人物に対する既成概念も0だったので、結構満足しました。
ウブメよりも見やすかったというそれだけですが。
あたしは、とにかく見てて「ボクシング・ヘレナ」を思いだしてしまって、無性に再見したいのですが、ないようです。
吉岡君、いいかもしれませんね。いらつかせる存在ですもの。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(ミチさん、えいさん、sakuraiさんへ))
2008-12-20 20:59:45
★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>具体的な映像を示されると「なんか違う!」って拒絶反応が出ちゃいます。

配役だったり、キャラクターの性格・挙動だったり…ってのは原作読んだ人それぞれにイメージがあるでしょうから、とやかく言っても仕方ないところはあるのでしょうが…
この映画の場合、何故あんな風なストーリーにしたのかがまず不思議。なんなのでしょうねぇ?

>「姑獲鳥の夏」を見たときもぶっ飛びましたが、今となっては実相寺監督の揺れる映像がちょっと懐かしくなりました。

「姑獲鳥の夏」の方がまだ…という意見は嫁からも聞いたので、やっぱり観て見ましょうかねぇ。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★えいさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>研究所に入ってからが
>急にオモシロくなくなってきて、

原作は勿論…
研究所に入ってからが急に面白くなるんだけど…どうやって間違ったらこうなっちゃうんですかねぇ

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>一度挑戦しましたが、・・・・断念しました・。

私は…普通に読んでいると眠くなったり(枕に丁度良いサイズということもありますし)…眠れなくなったりと様々な弊害があるので、主にお風呂で何日もかけて読んでおります。
お陰で本はフニャフニャになっちゃいますが、まぁ中古購入なので…ちなみに「魍魎の匣」は湿気で弱った為なのか(?)真ん中から裂けました

>あたしは、とにかく見てて「ボクシング・ヘレナ」を思いだしてしまって、無性に再見したいのですが、ないようです。

私は「ボクシング・ヘレナ」は観ていないので本来は何も言えないのですが…
原作で最初に手足を無くすのは柚木加菜子。
その柚木加菜子が色々な事情から、研究所の外に連れ出されて持ち運び用の箱の中に入っている所を、久保竣公が偶然目撃(この時点で加菜子は生きております)。その箱の少女を自分も作りたくて久保竣公が猟奇的な事件を繰り返す…というお話。
原作は描く順番、時間軸がバラバラのパルプフィクション方式なんですけど、映画とは全く違う時間軸が…
原作の場合の久保竣公の犯行目的は少女を生きたまま箱に入れたい…なのでより「ボクシング・ヘレナ」と近いのかも(?)知れないですね。

>吉岡君、いいかもしれませんね。いらつかせる存在ですもの。

どうも干されている感じの吉岡君。
こんな風に彼の働き口を考えてあげる私って…優しくないですか?

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
こんばんは (michi)
2008-12-27 19:08:42
TBありがとうございました。
ちょっと難しいところがある映画だったので
原作を読み復習しょうかなと思っていたのですが、
挫折してしまいました。。。。汗
でも京極堂シリーズだかの中では人気なんですね!
もう一度チャレンジしてみようかな。。。
★★コメントありがとうございます~その2~★★ (ピロEK(michiさんへ))
2008-12-31 09:09:04
★michiさんへ★

いつもコメントありがとうございます
本年はお世話になりました。

>原作を読み復習しょうかなと思っていたのですが、
>挫折してしまいました。。。。汗

原作は厚いですからねぇ…しかもナナメ読みでは絶対に理解出来ないという内容の濃さで
心中お察しいたします。

>でも京極堂シリーズだかの中では人気なんですね!

このシリーズは>「姑獲鳥の夏」から順に読んでいく事をお勧めします。
「魍魎の匣」が人気があるのは、この作品からが京極堂シリーズが本調子になるからだと私は理解しています。
ここから先は複雑になりすぎちゃうし(今読んでる「陰摩羅鬼の瑕」は割と単純っぽいですけど)、丁度良い塩梅の作品って事もあるのかもしれないですね。チャレンジした時は感想をお聞かせくださいませ。

では、また来てくださいね。来年もよろしくお願いいたします。
はじめまして (ロミオ)
2009-05-16 18:40:27
映画を見てしまいました。何故か見てはならない箱の中身を見てしまった気分です。

これは明らかに原作レイプでしょうね。

アレンジして面白いなら、まだ救いがありますが。

僕はこのシリーズで魍魎の匣しか読んでいないのです。今は姑獲鳥の夏を読み初めています。多分分厚い本をあまり読んでいない人にとって、魍魎の匣が読みやすいと思います。話の流れとしては魍魎の方が面白い。
★★コメントありがとうございます~その3~★★ (ピロEK(ロミオさんへ))
2009-06-21 22:03:32
★ロミオさんへ★

はじめまして。コメントありがとうございます
反応が遅くなってしまい申し訳ありません(このコメントがロミオさんの目に触れているかどうか心配です

>アレンジして面白いなら、まだ救いがありますが。

そうなんですよね。
撮影したシーンだけでも繋ぎ直せば何とか原作の筋通りにも出来そうなものですが…なんでこうなっちゃったんですかねぇ。

…あと非常に申し訳ないのですが、ロミオさんのブログなりを追跡できていません。
私がTBしに行った先の方なんでしょうか(?)
改めて教えていただければ助かります。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願い致します。
Unknown (Unknown)
2019-02-06 12:28:21
宮迫いらない
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK)
2019-02-11 09:52:49
Unknownさんへ

>宮迫いらない

いらないですね。
無理やりなキャスティングです。

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

36 トラックバック

魍魎の匣 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ハコの中には 何がある?』  コチラの「魍魎の匣」は、京極夏彦さんのベストセラー京極堂シリーズ映画化第2弾となる、12/22に公開されるすべての人の想像を超える超高速展開サスペンス!!なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪  2005年に公開された「姑...
映画 【魍魎の匣】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「魍魎の匣」 京極夏彦のベストセラー・シリーズの映画化第2弾。 おはなし:戦後間もない東京で美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し、探偵の榎木津(阿部寛)が行方を追うことになる。一方、作家の関口(椎名桔平)と記...
『魍魎の匣』(2007) (【徒然なるままに・・・】)
京極夏彦のベストセラー小説<百鬼夜行シリーズ(京極堂シリーズ)>の第2作だそうで、第1作『姑獲鳥の夏』に続いて映画化されました。 前作を観た際には何だか狐につままれたような印象が残りましたが、それでもシリーズ化されたら次も観に行きたいなぁ、などと記して...
『魍魎の匣』 (ラムの大通り)
----これって京極夏彦の原作でしょ? このシリーズ、『姑獲鳥の夏』も映画化されたよね。 監督が実相寺昭雄から原田真人か…。 まったく違うタイプの感じ。 「うん。ただ、主要キャストは関口役が 永瀬正敏から椎名桔平に交代した以外は、ほとんど同じ。 “京極堂”シリー...
魍魎の匣 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
京極夏彦原作、原田眞人監督。1952年の日本の風景は中国産偽装日本の風景のようで、中国の地方都市近郊特有の紫がかった薄茶色の靄のような雰囲気が立ちこめる。日本にはないレンガの街並み、明らかに日本と異なる民家の屋根瓦、蘇州とおぼしき運河とか、風景自体が魍魎な...
魍魎の匣 (Akira's VOICE)
原作ファンの皆さん! 予習はしないでおきましょう!
「魍魎の匣」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「魍魎の匣」公式サイト京極夏彦原作の第2弾。さしてキャストに違和感感じなくなってるのは1作目の「姑獲鳥の夏」で免疫できてるから??でも 関口役が永瀬正敏から椎名桔平へ変更されててびっくりしました!あんな体格いい関口君て?!て思っ...
魍魎の匣 (迷宮映画館)
京極の題名は、変換で出てこない・・・。
魍魎の匣 (映画鑑賞★日記・・・)
【魍魎の匣】2007/12/22年公開(2008/01/04鑑賞)製作国:日本監督:原田眞人原作:京極夏彦 『魍魎の匣』(講談社刊)出演:堤真一、阿部寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木瞳、宮藤官九郎、柄本明日本人はハコ好き。そこにハコがあればあけてみたくなるもの~
魍魎の匣 87点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
分かいドライバー 公式サイト 京極夏彦の看板シリーズである『京極堂シリーズ』から、2005年に実相寺昭雄監督により映画化された『姑獲鳥の夏』に続き、シリーズ二作目の同名小説を原田眞人監督により映画化。 原作の京極堂シリーズは、文庫で見るとタテだかヨコだ...
魍魎の匣 (そーれりぽーと)
豪華なキャスティングと、東京事変の曲に誘われて『魍魎の匣』を観てきました。 ★★★ 京極堂シリーズ第二段なのか… えー!これって『姑獲鳥の夏』と同じシリーズだったの? などと、観終わって帰ってから気がついた俺。 いくら『獲鳥の夏』が★1個しか付けない程に面...
★ 『魍魎の匣』 (映画の感想文日記)
2007年。「魍魎の匣」製作委員会。    原田眞人監督・脚本。京極夏彦原作。   この原作はめずらしく読ん...
[遅ればせながら、映画『魍魎の匣 』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
▼公開から三週間ほども経過したのだが、いつものMOVIX昭島に『魍魎の匣』を観に行った。 面白かった^^ 私は、原作の京極夏彦著作に人並みにはまった時期があって、京極堂シリーズ第四作の発売『鉄鼠の檻』発刊の時にはサイン会にも赴いたほどだ。 その時、応援...
「魍魎の匣」京極堂のはしゃぎっぷり (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
待ちに待った『魍魎の匣』 どんだけ応募したか分からないのに、ついに試写会は当たらず、なんとか手に入れたものの京極堂を愛してやまないねえね(高2)に取られてしまった。 このたび、ようやく公開を待って観る事ができた。
【映画】魍魎の匣 (新!やさぐれ日記)
■状況 シネマックス足利店にてレイトショウで観賞 ■動機 篠原涼子ファンに連れられて ■感想 いや、面白かったんだが、なんだろう・・・ ■あらすじ 戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し、探偵の榎木...
『魍魎の匣』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「魍魎の匣」  □監督・脚本 原田眞人 □原作 京極夏彦「魍魎の匣」 □キャスト 堤 真一、阿部 寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木 瞳、柄本 明、宮藤官九郎 ■鑑賞日 1月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5...
「魍魎の匣」試写会 (今日という一日。)
友達からのお誘いで「魍魎の匣」の試写会に行ってきました。ベストセラー小説「京極堂(百鬼夜行)シリーズ」。いくつかの謎が絡み合うミステリーです。 ストーリーの前半は登場人物の把握に加え、時間軸が行ったり来たりして、かなり頭を使います。ラストになってハコ...
魍魎の匣(映画館) (ひるめし。)
すべての謎はハコの中
魍魎の匣 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
それは決して開けてはいけない匣__箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物――箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。 物語の舞台は1952年の晩夏。東京で行方不明になった少女たちの四肢が、箱詰めで見つかる...
「魍魎(もうりょう)の匣(はこ)」(2007・日) (ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー)
京極夏彦の「京極堂」シリーズ二作目が 監督および関口役を変えて再び映画化。 「魍魎の匣」映画版、やっと観ました。 久々に原作を読み直してから観るか~、と本を読んでから 映画館に行ったのですが。 ……あまり意味がなかった。 というのは、多少設定が同じ...
魍魎の匣 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました <新宿ミラノ> 監督・脚本:原田眞人 原作:京極夏彦 戦後7年の東京。探偵の榎木津礼二郎は、元映画女優の柚木陽子から娘の捜索を依頼される。同じ頃、売れない作家の関口巽は、少女バラバラ連続殺人の記事を書くために、記者の中禅寺敦子と新興宗教“...
魍魎の匣 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
魍魎の匣 スタンダード・エディション小説と映画は別物なので、大胆な換骨奪胎はよしとする。だが故・実相寺昭雄の後続が、品位に欠ける娯楽系監督原田眞人で良かったのか?との疑問が残った。少女連続失踪と謎のハコ事件に京極堂らが挑む物語は、複雑でまとまりがなく、...
3「魍魎の匣 もうりょうのはこ」(日本) (CINECHANの映画感想)
この結末を君は知ることができない  戦後間もなくの東京。美少女連続殺人事件が世間を騒がしている。そして元・女優、陽子の娘が行方不明になり、探偵・榎木津が捜査を依頼される。一方、作家・関口と記者・敦子は、不幸を匣(はこ)に封じ込める謎の教団の陰謀を掴むべ...
魍魎の匣 (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞魍魎の匣 2007年/日本/133分 監督: 原田眞人 出演: 堤真一/阿部寛/椎名桔平/宮迫博之/田中麗奈 公式サイト 昭和27...
魍魎の匣☆独り言 (黒猫のうたた寝)
監督が違うと、これだけカラーが変わるのか~っと・・・思った京極夏彦原作の『魍魎の匣』これ、実は原作読んでしまったんだなぁ~でも、結構忘れてる部分もある(笑)原作の感想はこれかつて、榎木津が視えるようになったきっかけは戦時中・・・ある男久保と遭遇したこと...
日本?(映画/試写会:魍魎の匣) (美味!な日々)
映画『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』の試写会に行ってきました。原作はいわずと知れた京極夏彦の京極堂シリーズ。分厚すぎて読んだことありませんけどね(笑)。。ちなみに映画1作目も観ておりません。。。
魍魎の匣 (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「魍魎の匣」の感想です
魍魎の匣 (とりあえず、コメントです)
京極夏彦氏のベストセラーが原作の『姑獲鳥の夏』に続くシリーズ第2弾です。 実相寺監督の前作とはガラリと変わった雰囲気で楽しかったです(^^) ある日、元女優の柚木陽子(黒木瞳)の娘加奈子が失踪した。 その失踪には遺産騒動が絡んでいると感じた彼女は、娘を救う...
●魍魎の匣(2) (映画とワンピースのこでまり日記)
思ったよりエグかったわ・・・。
『魍魎の匣』 @丸の内TOEI (映画な日々。読書な日々。)
戦後間もなくの東京。元・女優、陽子の娘が行方不明になり、探偵・榎木津が捜査を担当していた。一方、作家・関口と記者・敦子は、不幸を匣(はこ)に封じ込める謎の教団の陰謀を掴むべく調査していた。更に巨大なはこ型の建物の謎を追う刑事・木場。全ての事件は、複雑に
「魍魎の匣」 (てんびんthe LIFE)
12月17日「魍魎の匣」試写会 一ツ橋ホールで鑑賞 前作もみていないし、京極作品も読んでいないので、この作品がどうのといえないんですが、豪華キャストをみる作品ですかね? ミステリーなんでしょうが、匣のなかは結局よくわからなかったし(ちょっと寝たかしら...
「魍魎の匣」:豊洲駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}遠くのほうにぼんやりと浮かび上るあの建物は何かしら? {/kaeru_en4/}うーん、魍魎の匣かな。 {/hiyo_en2/}そんな縁起の悪いこと、言わないでよ。「魍魎の匣」は映画だけでたくさんよ。 {/kaeru_en4/}でも、意外におもしろかったぜ、原田真人の「魍魎の匣」...
映画評「魍魎の匣」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・原田眞人 ネタバレあり
魍魎の匣 (caramelの映画日記)
【鑑賞】丸の内TOEI 【公開日】2007年12月22日 【製作年/製作国】2007/日本 【監督】原田眞人 【出演】堤真一/阿部寛/椎名桔平/宮迫博之/田中麗奈/マギー/黒木瞳/宮藤官九郎/柄本明/寺島咲/谷村美月 【原作】京極夏彦「魍魎の匣」 戦後間もない東...
『魍魎の匣』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し探偵の榎木津(阿部寛)が行方を追うことになる。一方、作家の関口(椎名桔平)と記者の敦子(田中麗奈)は不幸をハコに閉じ込める教団に遭遇。榎木津、関口、敦子ら...
映画『魍魎の匣』(お薦め度★★) (erabu)
監督・脚本、原田真人。2007年日本。ホラー映画。出演、堤真一(中禅寺秋彦・京極