ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日…邦画ブームに黄昏の予感?

2008-12-01 23:59:32 | 映画・DVD
そう上手くも無いサブタイトルでお恥ずかしい…と思っているけど他に思いつかなかったピロEKです

今日から12月ですね
…ホント大人になってからの時間経過ってのは早いです


昨日はお酒飲んで眠たくなったので、お爺ちゃんの様な時間(20:00頃)に就寝した私。
なので、書き損ねた昨日の行動記録です。

昨日(2008年11月30日〈日曜日〉)は、嫁さんと一緒に買い物に出かけました。
…買い物といっても一番の目的はデパートへの支払いだったんですけどね(引き落とし日までに口座に入金するタイミングが無くて、仕方なく直接払いに行きました)。

で、それが終わってから“創作料理 一椿~和~”というお店(オバちゃん層向きなお店)でお昼の会席ってのを食べました。会席なんか出すお店で写真を写すのは憚られたので料理の写真はありませんが…前菜が3種、お造り、豆乳鍋やら、松茸の土瓶蒸やら、なんだか蕪のムースなんてのもあったし、揚げ物も…松茸ご飯、赤出汁、香の物…デザートも2種、他にも色々出てきて2,100円(税込)ってのは随分とリーズナブルなんじゃないのかナァ。それに美味しかったです
ただ難を言えば…お酒を出す店だからなのかまずは“ドリンクオーダーありき”なのな(お昼でも)、お冷は知らないけど、お茶も有料なのね。飲み物の料金が高いわけではないんだけど、なんだか馴染めない感じでした

その後も嫁に付き合って、バック売り場やら何やらをウィンドウショッピング。

さらにその後は通常の食料品買出し。

…実にオタク度の低い一日でした…と、締めくくりたいところですが…途中、オタ度の低さに耐え切れなくなった私はパソコンショップに行ったんだけどね。広告に載ってた899円の4GB USBメモリを買おうと思ったのですが、ポータブルHDD(250GB)の値段見て計算したらUSBメモリ買うのは止めて、今度コレ(ポータブルHDD)買った方が特かナァ…と、無駄使いをストップ

そんな日曜日でした。


で、今日ですが…仕事忙しかったなぁ
…あと、某イベントの限定プラモが届きました



…で、ここからは映画鑑賞記録。



「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
(監督:山崎貴、出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、2007年邦画)

2008年11月21日(金曜日)地上波放送、金曜ロードショーにて鑑賞。邦画のTV放送はヤッパリ早いですねぇ。
…例によって完全版では無いTV放送版を観ての感想。その分は差し引いてお読みください。



ストーリー
西岸良平によるコミック「三丁目の夕日」の映画化。映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の続編。
古行淳之介(須賀健太)と一緒に暮らす茶川竜之介(吉岡秀隆)のもとに、淳之介の実父川渕康成(小日向文世)が再び息子を連れ戻しにやってくる。茶川は「淳之介に人並みの暮らしをさせられる証しを必ず見せる」と頼み込み改めて淳之介を預かり、安定した生活のため芥川賞に向けて執筆を開始する。鈴木オートの鈴木則文(堤真一)をはじめとする夕日町三丁目の人々も茶川の応援をするのだが…。
詳しくは…http://www.always3.jp/





ピロEK的感想&点数
これは大好評だった「ALWAYS三丁目の夕日」の勢いに乗って作られた続編なんですよね
でも「ALWAYS 続々・三丁目の夕日」なり、「ALWAYS三丁目の夕日3」なりの話が伝え聞こえてこないところをみると、この「ALWAYS 続々・三丁目の夕日」はそこまでヒットしなかったみたいですね
私としても大評判、特に職場のY田さん(仮名)に大評判だった「ALWAYS三丁目の夕日」はレンタルビデオで観ましたが…この続編は結局TV放送まで待っちゃいましたから…そんなに魅力を感じなかったからココまで観なかった訳です。

で、TV鑑賞しての感想ですが…

これは安定・安心設計なのか、それとも保身・冒険心の欠落なのか…前の「ALWAYS三丁目の夕日」と変わらないというか、マンネリ感やグレードダウン感もあるというか…

正直私にとっては観なくても問題ない作品(この映画単品として全然ダメって事では無いですよ、私としては同じ作品を二本観せられても仕方ないって感じなワケです)。


そんな感じで特に思うところも無かった映画ですが…以下は思ったことをムリヤリ羅列してみますね。

東宝のロゴからシーンに入る冒頭の部分は…インディへのオマージュ

ゴジラは…あのシーンやりたかったんだろうなぁ…意味は分かりませんでしたけど
…そんなゴジラも含めて、CGのレベルは向上したんじゃないかナァ(技術というよりもセンス面で)…次回作があるとすれば、次はクレージー・キャッツを希望

相変わらず吉岡秀隆は吉岡秀隆で…苦手です
…ただね、この映画で日本アカデミー賞主演男優賞をとった吉岡秀隆が「賞を貰えるのは光栄ですが、それよりも仕事をくれ」みたいなこと言っていたは、なんだか可哀そうになりました…ヤッパリ使いづらい俳優なんですかねぇ…山田洋次も彼じゃ無くてキムタクとか使うしなぁ

今回は吉岡秀隆の過剰な(ウザい)演技につられてか堤真一までウザめの演技に感じてきます
逆に、もたいまさこなんかは別作品で感じたウザい印象が緩和。

堤真一の息子役が鎌鼬(お笑い芸人)のチャン・ドン・ゴン・ゲンの人に似ているって思ったの私だけ


(この写真だと子役の髪型がチョイ違うからあんまり似てないかな)


…あのハトコの女の子に「あなたがチュきだからー!」って言えばウケたのに

薬師丸博子の昔の恋の話は必要だったんですかねぇ
戦争が無かったら上川隆也と結婚してて違った人生が…玉○浩二と結婚していなかったかもですねぇ。

ヤッパリこの映画での小雪は良いです
小雪はあんまり好きなタイプじゃないのですが、この映画の小雪は良いです(前作の記事でも書きましたね)。
私はどうも…男性諸氏のご多分にもれず(?)水商売系の女性に弱いようであります。騙されるタイプ
とにかく、小雪演じるヒロミが帰ってきてくれて良かったですなぁ吉岡クン
こんな調子で内○有紀ちゃんも戻ってきてくれたらいいのにねぇ


ということで点数は3点(5点満点中)。
誉めていませんがダメダメ作品って事でも無いですよ。
…ただ無難に作った感は否めず。次回作を期待するような出来では無いです



補足・蛇足
茶川竜之介と淳之介の父親のやりとりの中で出てきた「お金より大切なもの」。
…大切かどうかは別として、お金が無いゆえの幸せってのは多分あります。…というか、先日経験したような気がします。

数日前給料日前だった我が家では嫁さんの財布に60円しか入っておらず、そんなタイミングで息子が「今度の週末、検定試験があるから交通費と食事代ちょうだい」と…検定試験は九州産業大学…うちからだと割と交通費がかかります
さて困りました嫁さんの財布には60円。支払があるので銀行口座から引き出しも不可です

同じ日、直後に娘が「今度、友達と小学校のバザーに行く約束して友達にバザーの食事券立替えてもらった。お金ないから600円頂戴」(このバザーは昨日あったみたい)と娘は600円で無茶苦茶怒られていました(無計画にお金を使うなと…)。

…その光景を観て私は滑稽で可笑しくて楽しませてもらいました
まぁ私の財布にお金があったから事なきを得たわけですが…お金があったら味わえていないねあの風景は…同じ怒られるにしても軽い怒られ方だろうからねぇ。

…さらに蛇足ですが…その後、嫁さんに聞いたんだけど、本当は財布に80円入ってたんだって(何だよそのサバの読み方)。



(当ブログ内の関連記事)
2006年10月17日 ALWAYS 三丁目の夕日…邦画マイブーム再燃なるか?



では今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (75)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月末日 | トップ | 決意(というほどのものでも... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは~♪ (ミチ)
2008-12-02 22:47:30
ピロEKさーん、女を見る目を養わないとぉ!
水商売系に弱い体質をなんとかしましょうよ(笑)

私もはっきり言って吉岡くんが苦手なんです。
この作品の中の堤さんのオーバーアクションもちょいと気になるし。
一番好きだったのはゴジラのシーン!!
目玉はゴジラだけだった? (Ageha)
2008-12-03 00:04:45
何?何が起こったん?!
と、いきなり取り残されましたが
でもオモロかったな~。
本編と全然関係ないけど。(笑)

お金より大切なもの。

・・・とはいいますが、やっぱり
先立つもんがないと
殺伐としちゃうのもたしかで。(笑)
豊かな世の中の今となっては
正直世の中金じゃんってのも正論で。
どうかすると愛さえも買える。(こらこら)

お金のない貧乏な状態であっても
そこに何か心を豊かにしてくれるもの、
支えてくれる誰かの愛情のほうが
生きていくうえで必要であるとは思いますけどね。

パート1と前編後編みたいな
つくりにはなってたんですけど
トーンがそのままだったので
同じ映画を2回見たような気に・・・なりますね。
言われてみれば。トホホ・・・。
茶川はどこに・・? (メビウス)
2008-12-03 01:33:10
ピロEKさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

やっぱり前作が大ヒットし過ぎるとその後の続編などは相当なプレッシャーにもなりますよね。本作も当時の前評判ではそれほど良く無かったのですが、個人的には前作と同じくらい面白かったですね♪特に一平と美加の恋模様が茶川とヒロミよりも甘酸っぱかったですw

そいえば茶川役の吉岡秀隆は今年何かの作品に出たんでしょうか?邦画あんまり観てないのもあるかもしれませんが、今年彼を見てないよーな・・?(汗
続編で (sakurai)
2008-12-03 08:43:43
満足したことはありませんが、これは無理して作らなくてもよかった作品でしたね。
ケンタ君が大きくなっちゃうので、むりむり作った感があふれてたような。
チャン・ドン・ゴン!!ヒットです。
mahirose cafe (mahirose)
2008-12-07 00:01:57
1作目は本当に感動しました。
2作目は最後のほうまで、失敗作かなとおもっていましたが、最後に感動してしまったmahiroseです。
私も (michi)
2008-12-07 19:15:45
マンネリ感を持ちつつも、
芥川とヒロミのラストにホッとしました。
泣いちゃいました。。。

ピロEKさん、お水ちゃんに弱いんですね。。。
私の友人も弱く、幸薄そうなところがツボなんだそうです。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(ミチさん、Agehaさん、メビウスさん、sakuraiさん、mahiroseさん、michiさんへ))
2008-12-13 22:56:21
★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>水商売系に弱い体質をなんとかしましょうよ(笑)

体質なんですかねぇ(?)…個人的かどうかは別として体質といえば体質なんでしょうねぇ
水商売系の女性ってのは…まぁ営業とは分かっているんだけど…こちらのこと好きみたいな反応するじゃないですか(って知らないか)…まぁ営業とは分かっているんだけど…こちらとしては“ぽわ~ん”となります…まぁ営業とは分かっているんだけど…幸いお金が無い私が深みに嵌る事は無いんですけどね

>私もはっきり言って吉岡くんが苦手なんです。
>この作品の中の堤さんのオーバーアクションもちょいと気になるし。

最近調子のよい堤真一は置いといて…
仕事の無い吉岡秀隆を無下に批判するのは可哀想かナァなんて思い出した私です。
まぁ…たくさん出てきたら出てきたで気持ち悪いとか思っちゃうんだけど…。

>一番好きだったのはゴジラのシーン!!

あのまま昔風のゴジラで2時間の方が好みの映画だったかも(平成ゴジラより面白そうな気も…)?
あのゴジラはローランド・エメリッヒ以来のCGゴジラ(?)でしたね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★Agehaさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>何?何が起こったん?!
>と、いきなり取り残されましたが
>でもオモロかったな~。

あのゴジラはつかみとしてはOKだったのかな?(映画の世代の方にも?)
着ぐるみのゴジラよりもCGの方が迫力あるナァとか言うと、ゴジラファンに怒られますかね?

>お金より大切なもの。

お金より大切なものってのはあると思います。
っていうか、お金は元々到達点じゃないですからねぇ…
でも、お金か?それ以外の幸せか?…っていう勝手な二極化にするのはこのビンボー人どもの自己正当化というか、言い訳というか、そんな感じがして…なんで淳之介の父親が淳之介を人間性の部分でちゃんと育てないと決め付けちゃってる脚本なのかナァ?
淳之介の年齢を現代に換算すれば…60歳ぐらいですか。そのぐらいの年齢の方々だと定年迎えた普通のおじさんより経営者と呼ばれてる人たちの方が人格的に立派な人が目立つ気がするんですけどね。気のせいかな?

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★メビウスさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>そいえば茶川役の吉岡秀隆は今年何かの作品に出たんでしょうか?邦画あんまり観てないのもあるかもしれませんが、今年彼を見てないよーな・・?(汗

ウィキで調べたら、2008年のお仕事は…ナレーターが1本、CMが1本。
辛い目にあってるのかも知れませんね。可哀想になってきました

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>チャン・ドン・ゴン!!ヒットです。

この記事内の写真だとイマイチですが、本編中だとかなり似てたんですよね。
そればっかり気になって、彼に関連するエピソードはあんまり覚えていません

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★mahiroseさんへ★

たくさんのコメントありがとうございます

>2作目は最後のほうまで、失敗作かなとおもっていましたが、最後に感動してしまったmahiroseです。

失敗作とまでは思わないんですよ私も。
ただ、少々無難に作りすぎたかな(?)という感じは受けちゃいますね。

では、またきてくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★michiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>私の友人も弱く、幸薄そうなところがツボなんだそうです。

ああ~、そういう部分はあるかも…。
何故にこういう因果な職業を選ばないといけないのかなぁ…なんて考えるとほっておけなくなる気持ちになるというか…ほっときますけど

では、またきてくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞募集中 (日本インターネット映画大賞)
2008-12-20 08:37:31
突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
まぁ確かに (kino)
2009-05-06 01:15:53
私もテレビ放映をさらに録画してたのを最近みたもので
今頃のTB返しとコメントご容赦くださいませ。

まぁ前作と変わらないけど、やっぱり泣けてしまうとこも
ありました。
でも、それってなんだか製作サイドにまんまと
乗せられてるみたいで、ちょっとやだな、と
思う部分もあるんですけど・・・。
やっぱり「3」はないんでしょうかね。
あったら またテレビ放映で観ると思いますが。
★★コメントありがとうございます~その2~★★ (ピロEK(kinoさんへ))
2009-06-14 11:26:34
★kinoさんへ★

いつもコメントありがとうございます。
こちらも「亀は意外と速く泳ぐ」同様、コメントを頂いてから結構時間が…重ねて申し訳ありません

>まぁ前作と変わらないけど、やっぱり泣けてしまうとこも
>ありました。

映画では割と泣くタイプの私なのですが…
このシリーズでは泣かないんですよね何故か…特にこの二作目は…。
私も「3」があればTVで…でしょうね多分。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

75 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (Sweet*Days**)
監督:山崎貴  CAST:堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、小雪 他 昭和34年、高度成長期が始まろうとしていた日本。完成したばかり...
ALWAYS続・三丁目の夕日 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
冒頭に登場するゴジラは、アメリカで作られた恐竜ゴジラは言わずもがな、これまでのどの日本のゴジラ映画よりも、リアルで迫力がある。このままゴジラで通して欲しいと思ったくらい。冒頭が良すぎるというのはちと問題だろうが、最新のVFXが懐古趣味を実現させる象徴がゴ...
★ALWAYS 続・三丁目の夕日 (スナフキン・レポート♪)
久々に、映画を見ました・・・。「ALWAYS 続・三丁目の夕日」  公式ページは、こちらあの“パッチギ”の井筒監督が、ラジオで「・・・・・マンガが原作・・・テレビ局・・・」“ウンダラコウダラ・・・・”って言ってましたが、ワタシはスクリーンに広がる昭和3...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
栄養不良(?)でも淳之介、あれから4ヶ月で育ちまくりw ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版]posted with amazlet on 08.03.18バップ (2008/05/21)売り上げラン...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
日本アカデミー賞を総なめにし、話題となった「ALWAYS 三丁目の夕日」 の続編です。 昭和34年の春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていました。取引先も増え、経営も軌道に乗ってきた鈴木オートに、事業に失敗した親...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (豪の気ままな日記)
よく続編は駄作と言うけれど→そんなことは無かった 評価☆☆☆☆ さわやかな笑いと感動でアカデミー賞他、映画賞を総ナメした前作から2年。「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の公開が愈々、始まりました。続編というのは大概が前作に比べると評判の良くないものが多...
ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007年) (勝手に映画評)
舞台は前回から一年後の昭和34年。建設中だった東京タワーも完成し、東京の空に聳え立っています。そんな三丁目の日常が再び帰って来ました。 始まりがいきなりゴジラ?です。と言っても、それは茶川(吉岡秀隆)の作品のようです。でも、茶川の作品と言うことはゴジラじ...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は喧嘩ばか...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (そーれりぽーと)
前作の公開時には「全然原作の“三丁目の夕日”と関係ないやん」と決め付けて劇場では観ず、後日友人宅で無理やりDVDを観せられて、なんだかんだ感動してたかも(汗) あの時観せられていなかったら、今週末は別の映画を選んでただろうななんて思いながら、『ALWAYS 続・...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (華待月)
  11月3日 封切りの日に行って参りました。  続編は前作を越えられないっていう変なジンクスがありましたけれど この映画に限っては違いました。ますます昭和34年にどっぷりと浸かってしまって・・・  前作から2年たっているけれど設定は4ヵ月後...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (バビロン21)
2005年の公開からちょうど二年目。国民的大ヒットを記録した超 話題作が帰ってきた--- 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 「おいおい、帰ってくるなよ!」 ‥‥そう。正直言って、この映画の「続編が作られた」という情報を 知ったときには、まずは率直にそう...
映画 【ALWAYS 続・三丁目の夕日】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 大ヒット作『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編。前作終了から4か月後、昭和34年の夕日町三丁目に住む人々の姿を描く。 大ヒット作の続編というのはかなりハードルが高いものですが、意表をつく始まり方ですっかり引き込まれました...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (あーうぃ だにぇっと)
監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆/堤真一/薬師丸ひろ子/小雪/堀北真希 /須賀健太/小清水一揮/もたいまさこ/三浦友和/マギー /温水洋一/神戸浩/飯田基祐/ピエール瀧/小木茂光 /小日向文世/吹石一恵/福士誠治/貫地谷しほり /藤本静/浅利陽介/小池彩...
今日も夕陽は綺麗・・・。  ~「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (取手物語~取手より愛をこめて)
冒頭のゴジラはやってくれたなという感じ。
「ALWAYS  続・三丁目の夕日」 (森の中の一本の木)
 ああ、やってくれましたよね。オープニングシーンから涙ですよ。もちろん嬉し涙です! いやいや、嘘ですよ。本当に涙なんて出てません。レトロな感じのTOHOと文字が出て、あの音楽が聞こえてきたら嬉しくなって、アハハと笑っていました。いや、もしかしたら無意識に手...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (Yuhiの読書日記+α)
前作がとても良かったので、続編ができたら絶対に見に行こうと思っていた「ALWAYS 続・三丁目の夕日」をようやく見に行くことができました! キャストは前作に引き続き、吉岡秀隆、堤真一、小雪、掘北真希、薬師丸ひろ子のほか、今回は渡辺いっけい、上川隆也なども出演...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ひめの映画おぼえがき)
ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版] 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太...
【ALWAYS 続・三丁目の夕日】 (+++ Candy Cinema +++)
監督/山崎貴   脚本/山崎貴、古沢良太   原作/西岸良平 『三丁目の夕日』(小学館ビッグコミックオリジナル連載)    製作年度/...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 [結論として凡作] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 監督:山崎貴 …「続編が前作を越えることはない」というあまりによく使われるので自分では使いたくないフレーズをためらわずに使うことができる格落ち続編。 前作をせいぜい佳作くらいにしか思っていない自分なので、今回は凡作というところ。...
前作よりも更に良い!『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (水曜日のシネマ日記)
2005年に劇場公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編です。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 吉岡君、もたいさん、受賞! (銅版画制作の日々)
吉岡秀隆君、日本アカデミー賞最優秀男優賞、受賞! もたいまさこさん、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、受賞! (もたいさんの受賞はそれぼくでした。すみませんm(__)m)   おめでとうございます 昨年12月11日に、東宝シネマ二条にて鑑賞しました。宮...
ALWAYS 続・三丁目の夕日~ネタバレ感想! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
ALWAYS続・三丁目の夕日ですが、前作から4ヶ月後ということで茶川(吉岡秀隆)と淳之介(須賀健太)は一緒に暮らしています。鈴木オート(堤真一)の家に親戚のお嬢様が来たりもしますが、淳之介の父親(小日向文世)が再びやって来ます。(以下に続きます。ネタバ...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (ラムの大通り)
----この映画、前作『ALWAYS 三丁目の夕日』は大ヒットだったよね。 日本アカデミー賞も独占したし。 「うん。今回もヒット間違いなしだろうね。 ただ、個人的にはデジャヴというか、 既視感にとらわれてしまったね」 ----どういうこと? 「登場人物がほとんど同じの上、...
お金より大事なもの。~「ALWAYS 続・三丁目の夕日」~ (ペパーミントの魔術師)
最初はサブタイトルを「日本橋と”プー”」にしたろかと 思いましたわな。(ノ*゜▽゜)ノ でもそれじゃ~あんましなので。 今回は薬師丸ひろ子演じるお母さんにも ちょっぴり甘いおもひで話がこの場所で出てきます。 んで家に帰ったら、鈴木オートは モモヒキ姿で大の字、起...
金曜ロードショー『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (闘争と逃走の道程)
 この記事は、作品の公開当時、劇場で観た感想を書いたものですが、今日『金曜ロードショー』で放送されたのを再観賞したので、最アップし...
ALWAYS 続・三丁目の夕日(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】山崎貴 【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子/他 【公開日】2007/11.3 【製作】日本 ...
★「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末レイトショウは、前作で日本アカデミー賞を総ざらいしたものの続編。 主演??の吉岡秀隆の演技には、いささかハテナマークを付けたくなるひらりんですが・・・ 同い年の薬師丸ひろ子もいい味出してるし・・・ 堤真一のべらんめぇオヤジもさまになってるし・...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」□監督・脚本 山崎 貴 □原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、須賀健太、小清水一揮、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 ■鑑賞日 11月3日(土)■劇場 チネチッタ...
Always 続・三丁目の夕日 (迷宮映画館)
淳之介はそろそろ限界かなああ・・・。
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」面白かったけど、惜しい^^ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
前半は、コメディっぽい可笑しい部分も多くて、そういう内容は大好きでした。物語の3分の2までは、5つ☆だったんだけど、惜しくも小説の...
2007-74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 評価:★★★★☆ 待ちに待った感じの続編です。 前作を公開前日に日本テレビで放送していましたね。 映画館によっては500円で鑑賞できる期間も設けていました。 今回...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (Akira's VOICE)
良い話やけど,印象は大味。
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (日々のつぶやき)
監督:山?貴 出演:堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、堀北真希、小日向文世、もたいまさこ、三浦友和 「昭和34年。淳之介と二人静かに暮らしていた茶川の元に再び父親が連れ戻しにやってくる。鈴木オートでは、親戚の子供美加を預かることになった。そして六
ALWAYS 続・三丁目の夕日(映画) (漢方薬剤師の日々&映画)
いきなりかい! って思わず叫びそうになるオープニング! これは痛快でしたねー。 かなり焦りました。 でもやっぱり「続」って難しいですね。 前回の感動以上のものをどの場面にも求めてしまう自分がすごく残酷{/face_ase2/} すでに3丁目界隈の事情が分かっているだけ...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 ('07初鑑賞129・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 11月3日(土・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:15の回を鑑賞。
★ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007)★ (CinemaCollection)
昭和34年、日本の空は広かった。 映時間146分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2007/11/03ジャンルドラマ/ファミリー【解説】西岸良平の人気コミックを実写映画化し大ヒットした人情ドラマの続編。前作終了時点から4ヶ月後の東京下町を舞台に、夕日町三丁目....
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (メルブロ)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 187本目 上映時間 2時間26分 監督 山崎貴 出演 吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 もたいまさこ 三浦友和 薬師丸ひろ子 須賀健太 評価 7点(10点満点) 会場 新宿バルト9  一昨年の大ヒット作で、日本アカデミー賞を取り...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」芥川賞を目指して1つになった三丁目の人たちの絆 (オールマイティにコメンテート)
「ALWAYS続・三丁目の夕日」は2年前に公開された「ALWAYS三丁目の夕日」の続編で前作から4ヵ月後の昭和34年を舞台に三丁目の人たちの生き様と芥川賞受賞候補になるか?というストーリーである。昭和の良き時代の光景を懐かしみながら、その時代に生きる人たちの人との...
ALWAYS 続・三丁目の夕日・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
昭和は遠くなりにけり・・・・ 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は、タイトル通り2005年に公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」の完全な続編。 前作は...
315「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(日本) (CINECHANの映画感想)
夕日が目に沁みるぜ  昭和34年春。オリンピック開催も決定し、高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた日本。  夕日町三丁目の鈴木オートも取引先が増え、軌道に乗ってきていた。そんな鈴木家に則文の親戚の娘、美加がやって来る。父親が事業に失敗したため、...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (UkiUkiれいんぼーデイ)
続編作って、コケたらどうしようと心配していた関係者各位の皆様へ いやいや、全く心配要りませんよ!!! 素晴らしい出来栄えを堪能させていただきました。 byしがないブログ管理人より 冒頭いきなり ゴジラが東京の街を破壊し、その間を鈴木オートの社...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (2007) / 日本 (NiceOne!!)
監督:山崎貴原作:西岸良平出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子公式サイトはこちら。<Story>昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度成長時代に足を踏み入れることになるこの年。黙って去っていったヒ...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度成長時代に足を踏み入れることになるこの年。黙って去っていったヒロミを思い続けながら、淳之介と暮らしていた芥川のもとに、川渕が再び淳之介を連れ戻しにやって来る。人並みの暮らしをさせることを条件に淳之介...
ALWAYS 続・三丁目の夕日(映画館) (ひるめし。)
昭和34年、日本の空は広かった。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (えいがの感想文)
続編とは期待外れに終わるもの、っていうのは定説であるし、 観るまでは、悪く言うと、1作目の大ヒットで味をしめたのかあ、 と、ちょっとがっかりもしてた。 やすやすとブームに乗ってたまるか。と心のどっかで思ってた。 ハズレはしないだろうがもう展開読める...
[映画]ALWAYS 続・三丁目の夕日 (落とし穴には気をつけろ!)
くうぅぅ~、やられた。久々に映画館で大泣きしてしまった お涙頂戴の仕掛けポイントだって分かってるのに、一度涙腺が緩むとダメだねー。でもいいんだ、泣くとすっきりするから 今回は冒頭から驚きの映像でガゴーンとかっとばしてくれます。合成丸分かりの安っぽいテイ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
どんなに時代が変わろうと、変わらない大切なものがきっとある。昭和34年__日本の空は広かった。前作を超えるVFX技術により、当時の風景を完全再現。観る人すべてを、心温まる“昭和”の世界に誘います。 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は...
映画[ ALWAYS 続・三丁目の夕日 ]3人で見る夕日だから、美しいんだ (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ ALWAYS 続・三丁目の夕日 ]を新宿で鑑賞。 日本アカデミー賞を総ナメにした前作[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]。 思えばレビューで、この作品を絶賛していたんだっけ。・・・ということでシリーズ2作目もやっぱり観ました。泣かせどころは、ある程度予測はついて...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』試写会にて。 (キマグレなヒトリゴト)
夕日の美しさは時と一緒にいた人によって決まるのかも。
ALWAYS 続 三丁目の夕日 (描きたいアレコレ・やや甘口)
最初のシーン、好き!だなぁ。 前作は映画館で観たんですが、TVで直前にやっていたので、やっぱ、すぅ~と『ALWAYS』の世界に浸れました。他...
真庭市への旅1(三丁目の夕日のロケ地を訪ねて) (読書と時折の旅 (風と雲の郷本館))
 真庭市は、岡山県の北部にある、人口約53,000人の市で、鳥取県との県境に位置している。2005年3月に5町4村が合併して誕生したまだ新しい市だ。蒜山高原や湯原温泉など観光名所も多い、岡山県下で最大の面積を誇っている。 ちょっと前に、この真庭市に行く機会があっ....
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (アンナdiary)
前作も良かったけど、今回も良かったよ♪ てっきり先週末の興行成績は1位かと思ったら2位でした。 1位はミラ・ジョヴォヴィッチ主演、人気ゲームを映画化した大ヒットシリーズ 第3弾「バイオハザード?」3位はガッキーの「恋空」
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (2007) 146分 (極私的映画論+α)
 昭和34年、日本の空は広かった。
ALWAYS 続・三丁目の夕日/吉岡秀隆、堤真一 (カノンな日々)
初日に観ることになりましたけど、特別楽しみにしてたわけじゃないんですよね。絶対混むの分かってたし平日のほうがヨカッタんだけど、チケットが先行発売になって上映時間もわかったから予定を組みやすかっただけのことで、ま、お祭り映画だし盛り上がる分には世間的には...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (花ごよみ)
吉岡秀隆、堤真一、小雪、 堀北真希、前作のキャストが今回も勢揃い。 見る前からワクワクします。 監督は最初、続編を作る気持ちはなくて、 周囲から勧められて やっと、重い腰を上げて、 この映画を作ったということです。 出演者達も、はじめは2年のブランクを気に...
「つくりもの」のやさしさ~『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (真紅のthinkingdays)
 昭和34年、完成した東京タワーに程近い夕日町三丁目。駄菓子屋を営む文学 青年茶川(吉岡秀隆)は淳之介(須賀健太)と暮らしている。...
映画を観た~ALWAYS続・三丁目の夕日~ (垂直落下式どうでもいい話)
『ALWAYS続・三丁目の夕日』を観ました。 合いたい人がいる。 待っている人がいる。 ストーリー&解説:昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度成長時代に足を踏み入れることになるこの年。黙って去っていったヒロミを思い続けながら、淳之...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (映画チラシ館)
2007年 146分 監督 山崎貴 出演者 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子、もたいまさこ、三浦友和、須賀健太 昭和34年春、東京オリンピックの開催が決定し、夕日町周辺でも開発が進みつつあった。 鈴木オートには事業で失敗し出稼ぎに行くことの...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ビデオ鑑賞日記)
2007年 146分 監督 山崎貴 出演者 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子、もたいまさこ、三浦友和、須賀健太 昭和34年春、東京オリンピックの開催が決定し、夕日町周辺でも開発が進みつつあった。 鈴木オートには事業で失敗し出稼ぎに行く...
ALWAYS 続・三丁目の・・・SP!? (風我)
11月3日(土)から公開となった『ALWAYS 続・三丁目の夕日』(山崎貴監督)の舞台挨拶で、突然男が乱入、吉岡秀隆(37)、堤真一(43)等が取り押さえるハプニングが起きたとか・・・。 事が起きたのは東京有楽町の日劇1での2回目の舞台挨拶。6番目の堀...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」、好調スタート (のほほん便り)
たしかに、先週末、オンエアされた、第一作目に対し「…やけに、タイアップCMが多いなぁ… それだけ、大きく期待されてるのね」と、えらい感心させられましたが、 興収2日で、5億を超す勢いとは! 考えてみると原作は、本当に長く続くシリーズですもんね。珠玉...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 nostalgia for the good old days (俺の明日はどっちだ)
前作に続いて冒頭に「TOHO SCOPE」のロゴが映し出されたあと突然始まるVFXを駆使した『ゴジラ』に苦笑。 そしてなんとミゼットがドリフトまでしてしまうその疾走感には思わず笑ってしまった。 それはともかく、そんな贅沢なオープニングの後に展開される物語は、テイ...
★ 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (映画の感想文日記)
2007年。2007「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会。    山崎貴監督・脚本。西岸良平原作。
*ALWAYS 続・三丁目の夕日* (Cartouche)
{{{   ***STORY***            2,007年   日本 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (POCKET BASE)
大ヒットした前作からちょうど二年。また、三丁目の住人たちに会える。続編が発表されてから、公開をずっと待っていた映画、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を観てきた。 前作での映像シ...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (てんびんthe LIFE)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」試写会 よみうりホールで鑑賞 年末に向かっての期待作はこの作品と思っている人もたくさんいると思います。前作が思いもよらぬ大ヒットの秀作だったので続編がこんなにも早く出来上がりました。確かにこれは「続」なんですよ。2作...
2●ALWAYS 続・三丁目の夕日 (レザボアCATs)
これを、実は年明け一発めに見てしまいました。それもお正月。気分は、初日の出ならぬ、初夕日。母と一緒に、母が喜ぶような映画が、元旦に見たかったのです。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ダラダラ生活 日記)
仕事の帰りに観てきました。 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆・堤真一・小雪・堀北真希・もたいまさこ     三浦友和・薬師丸ひろ子 原作:西岸良平「三丁目の夕日」 会いたい人がいる。 待っている人がいる。 映画とてもよかったです♪ 仕事帰りで疲れてたけど心が温...
ALWAYS 続・三丁目の夕日☆独り言 (黒猫のうたた寝)
冒頭シーン・・・まさかの巨大なゲスト(笑)あれに対抗できるのは、やっぱり鈴木オート!!!なぁんていうので、かなり受けての本編突入です。昭和34年の風景は、相変わらず懐かしいもの感じさせてくれました。でも、たった4ヶ月なのに時代はどんどん流れていくものでタ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ネタバレ映画館)
テレビのドラマ~♪、ヤクザのドラマ~♪と、嵐を呼ぶ男がやってきました。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (日々緩々。)
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を観て来ました。 公式サイトはこちら→http://www.always3.jp/ あらすじ(goo映画より)----- 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は 高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。 取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 58点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ゴジラは東京タワーを破壊した事が……ある。 公式サイト 西岸良平の漫画『三丁目の夕日』シリーズを原作とした、山崎貴監督による2005年公開映画の続編。スタッフ、キャストともども、ほぼ前作と同じメンバーが揃っているのは嬉しい。 本シリーズの売りは何と言っ...
映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を観て (KINTYRE’SDIARY)
101.ALWAYS 続・三丁目の夕日■制作:東宝■製作年・国:2007年、日本■上映時間:146分■鑑賞日:12月8日、有楽座(有楽町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・VFX:山崎貴□脚本:古沢良太□原作:西岸良平□プロデューサー:安藤親広、山....
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (こんな映画見ました~)
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 2007年(日本) 監督: 出演:吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、小雪、堀北真希 昭和34年の春、日本は東京オリンピックの開催が決定し、高度経済成長時代を迎えようとしていた。 そんな中、東京下町の夕日町三丁目では、茶川(吉岡秀隆 ...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 相変わらず・・・ (目の中のリンゴ)
録画を消化せねば!と、 二日がかりで鑑賞です。 他にも観たい映画は溜まっているのに、 つい、ハズレのない、気楽に楽しめるものを 選んでしまう私。 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (2007年・日本) 前作(感想はコチラ)は、斜に構えて観たわりに まんまとハマって...